豆知識

遺品整理

遺品整理業者の選び方・失敗しない3つのポイントでトラブル回避する

遺品整理は自分で行うものと思い込んでいませんか。遺品整理は人生で何回もあることではありません。そのため「どのように片付けたらいいのか分からない」という人も多いでしょう。

困った時は遺品整理業者を頼るのも一つの手段です。
国内には1万件を超える遺品整理業者が存在します。これだけの数があると遺品整理業者に依頼するにしても、どこに依頼したらいいのか迷ってしまいます。

そこで、今回は「失敗しない遺品整理業者の選び方」について解説します。

1.優良な遺品整理業者を見つける3つのポイント

遺品整理業者,選び方

まず1万社以上ある遺品整理業者から見積もりに来てもらう遺品整理業者を選ばなくてはいけません。

遺品整理で利用したことのある業者を「知人から紹介してもらう」というのが最も信頼できる選び方ですが、利用したことのある知人がいる方も少ないでしょう。
そのため、一般的にはインターネットやチラシを使い遺品整理業者を見つけます。ここでは見積もりに来てもらう遺品整理業者を選ぶ時に注目する3つのポイントを紹介します。

1-1.遺品整理の料金体制が分かりやすい

遺品整理業者,選び方

なんと言っても料金の分かりやすさが大切です。

インターネットやチラシに遺品整理費用の記載があるかを確認します。記載がある場合でも「1万円~」と最低金額しか記載がない場合は注意が必要です。最低料金のみを参考にして見積もりに来てもらったら100万円以上と見積もられたケースもあります。

1LDK:8万円~20万円のように間取りごとに料金の記載があることや、最高料金の記載、オプション料金が明確に記載されている遺品整理業者を選びます。

1-2.遺品整理業者の店舗・倉庫が近い

遺品整理業者,選び方

遺品整理業者の本店や支店、倉庫が遺品整理先から近い遺品整理業者を選びましょう。

遺品整理の作業場所から本社や支店が近い遺品整理業者に依頼すると、移動時間がかからないため迅速な対応が可能です。また交通費がかからないため費用も安く済みます。エリア圏外や、エリア圏内でも遠い場所だと出張費として数千円加算されることもあります。

地元の業者であれば粗大ゴミの捨て方も熟知していますし、ハウスクリーニングなど提携業者も紹介してくれます。近くの遺品整理業者はインターネット検索で「遺品整理 〇〇市(市町村)」と検索すると比較的近くの業者を探すことができます。

1-3.サービスが充実

 

遺品整理業者,選び方

遺品整理業者のオプションサービス内容を確認します。

身内が亡くなると「遺品の回収・処分」だけでなく「遺品の買取」「不動産の買取り」「ハウスクリーニング」「リフォーム」「自動車・バイクの手続き」などしなければならないことは多岐にわたります。

上記の内容をすべてできる業者もあれば、「遺品整理はできるけど買取はできない」、「供養やハウスクリーニングはできない」と業者によってできるサービスは様々です。
譲れないサービスがある場合は初回の問い合わせで確認しましょう。自分の求めているサービスを網羅している業者であれば1ヶ所ですべての作業が完結できます。「ワンストップ」が可能な遺品整理業者に依頼すると手間や時間が省けて便利です。

遺品整理業者の中には自社でサービスを行っていなくても、提携先を紹介してくれる場合があります。ただし、業者間で紹介料が発生し、費用が高くなる可能性があるので、できれば自社で完結できる遺品整理業者を選びます。

2.遺品整理業者を選ぶ時は3社からの見積もりが必須

遺品整理,見積書

優良な遺品整理業者を選ぶためには『必ず相見積もりを取ること』が大切です。

前項で3社から5社の遺品整理業者に見積もりに来てもらうことをおすすめしましたが、見積をとったからといってトラブルが防げるわけではありません。ここからは相見積もりの際に気をつけるポイントを紹介します。

2-1.3社以上の訪問見積もり

3社以上の遺品整理業者に見積もりに来てもらうことが理想です。

遺品整理業者が遺品整理先を確認した上で金額を出すことを「訪問見積もり」と言います。

見積りをとる際のポイントは条件や追加オプションを揃えることです。
揃えることで後から比較しやすくなります。

遺品整理の費用は遺品の量や質、建物の場所で変動するので、遺品整理業者は実際に現地を確認しないと詳細な見積書を出すことができません。そのため電話やメールなど口頭だけのやり取りで出した見積金額は正確な見積とは言えません。

訪問見積もりのメリット

遺品整理業者に現場を確認してもらうことで「予想以上のゴミがあった」という理由での追加請求を防ぐことができます。
他にもテレビやエアコンなどのリサイクル料がかかるリサイクル対象家電があることを確認した上で、処分料込みの見積書を作成してもらえるため、見積と実際の作業費用が相違するといったトラブル防止にもなります。

「実際にスタッフと顔を合わせることが出来る」ということも重要なポイントです。名刺を持っているか、服装に清潔感があるかと言う点からも信頼できる遺品整理業者かをチェックできます。

時間や労力はかかりますが、訪問見積もりを行うことをおすすめします。

2-2.見積書の内容を比較する

遺品整理業者,選び方

3社以上の遺品整理業者の見積書を比較することも遺品整理業者を選ぶ上で大切です。

もらった見積書は総額を見るだけでなく料金の内訳が細かく書かれているかを見ることが重要です。

遺品整理の作業内容を比較する

「作業一式」と曖昧に書かれている場合は注意が必要です。作業当日、見積書に入っていない作業を行い、追加料金を請求されるケースがあります。しかし、遺品整理を依頼することが初めてで「見積書に何が書かれていないのか分からない」と言う人も多いでしょう。

複数社から同じ条件で訪問見積もりをしてもらっていれば、見積内容を比較できます。同じ作業を依頼したのに記載がない項目がある場合は契約前に追加料金が発生するか確認しましょう。

キャンセル料や追加料金を比較する

作業内容だけでなく追加料金やキャンセル料金についても比較しましょう。
見積書の備考欄などに「追加料金は発生しません」と一言書いてもらうとトラブルを避けられます

3.契約する遺品整理業者の選び方と3つのポイント

遺品整理業者,選び方

以下、3つのチェックポイントをクリアできた遺品整理業者に頼めば、高い確率で満足のいく遺品整理になります。

料金やサービスは表面的なことなので交渉次第でなんとかなる場合もあります。遺品整理を満足させるためには目に見えないところまで確認します。

ポイント1.スタッフの対応が好印象

見積もりや電話の対応が心地よいスタッフがいる遺品整理業者を選びましょう。

大切な遺品を扱ってもらう人を判断するために、スタッフの対応を確認することは重要なことです。分かりやすい点では親切な対応や丁寧な言葉遣いができているかを確認します。

スタッフを見極める方法

最初に電話やメールで質問や相談をします。
例えば「○時に作業をしてほしい」、「なるべく静かに作業をしてほしい」などの常識的な範囲内の要望を伝えスタッフの反応を伺います。

次に、態度や言葉遣いだけでなく、ホームページに書いてあることと違うことを言っていないかを注意しながら、話の内容をしっかり聞くことも大切です。ホームページに見積無料と書いてあるのに「見積料は〇〇円で…」と話している中に矛盾点がある場合があります。

それを指摘し、困ってしまうようなことがあれば悪徳業者である可能性もあります。丁寧な遺品整理業者は業者側から「供養するものはありますか?」「ハウスクリーニングは必要ですか?」と見積りに入れるサービスの要望を聞き出してくれます

このように依頼者の要望を聞き出し、アドバイスをくれる遺品整理業者は信頼できますし作業中にイレギュラーなことが起きても柔軟に対応してくれます。

遺品整理は心の整理でもあるので、スタッフや業者との相性は遺品整理の満足度を大きく左右します。料金や日程の都合がついても自分と合わない、不安だと感じたら契約するのを止めましょう。

ポイント2.遺品整理に必要な許可や資格を持っている

依頼するサービスに必要な資格や許可を取得している遺品整理業者を選びましょう。

遺品整理には様々なサービスがあり、それぞれに必要な資格や許可があります。
資格がなくても遺品整理業を開業できるため無資格、無許可で営業している遺品整理業者も数多くあります。

その中で、資格があることは勉強や情報収集をしている遺品整理業者であることの証明になります。また、資格の取得にはコストがかかりますが、費用や時間を投資だと考え取得し、情報を更新している遺品整理業者の方が質の高いサービスを提供してくれるでしょう。

資格や許可は無くてもいいが…

資格を持っていなくても勉強や情報収集といった企業努力をしている業者もたくさんあります。

例えば、地元で評判の良い企業や営業年数が長く経験と実績が豊富な企業はそれだけで安心できます。

優良な遺品整理業者が取得している資格と許可

遺品整理業者,選び方

以下、遺品整理に関する資格、許可をご紹介します。

遺品整理士
一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している「遺品整理士」という資格があります。

遺品整理の正しい知識や心得を習得するため2ヶ月程講座を受講し、適切と判断された上で取得できる資格です。
遺品整理士認定協会では、遺品整理士の資格を習得し、適正な業務を行っている業者を「優良事業所」として紹介し、2020年8月現在、登録企業は863社です。
1万社の中の863社ですから、信頼できる業者であることを示す一つの基準となります。

一般廃棄物収集運搬業許可
家庭から出た不用品を収集・運搬・処分するには「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っていなければなりません。許可を持っていない場合は許可証を持った業者に委託し、遺品を処分する必要があります。

許可を持っていない業者の中には適切な処分を行わず不法投棄を行う悪徳業者もあるため一般廃棄物収集運搬許可を取得していない遺品整理業者には遺品の処分方法を確認しましょう。

古物商許可
中古品、リサイクル品など一度消費者の手に渡ったものを古物といい、その取引をするには都道府県の公安委員会が発行する許可証が必要です。
遺品をゴミとして収集・運搬・処分する時に古物商許可は不要ですが、遺品や家財を査定、買取する時に古物商許可証が必要です。
許可がない業者が買取を行うことは違法ですので、遺品の買取を希望する時には古物商許可を取得している遺品整理業者を選びます。

一般貨物自動車運送事業許可もしくは貨物軽自動車運送事業の届出
複数の荷主の貨物を有償で運ぶための許可です。無償で運ぶ場合には許可は必要ありませんが、運賃を取り、形見分けの配送や実家の遺品を今住んでいる家に運ぶときなどに必要な許可です。

遺品整理業者に形見分けを有料で依頼する時には一般貨物自動車運送事業許可もしくは貨物軽自動車運送事業の届出を取得している遺品整理業者を選びます。

事件現場特殊清掃士

遺品整理業者,選び方
孤独死や自殺のあった部屋など悲惨な状態になっている特殊な現場を清掃することを「特殊清掃」といいます。害虫、体液、ウイルス汚染された部屋の消臭、原状回復を行う心構えや専門知識を得るために約2ヶ月間の講座を受講し資格を取得します。

特殊清掃を依頼する場合は資格を取得したスタッフが在籍する遺品整理業者を選びましょう。

遺品査定士
遺品の査定と買取に特化した専門家です。
遺品整理士認定協会が開催する、遺品査定士認定講座のレポート試験に合格後、遺品整理士認定協会の認定会員として登録されます。

『遺品査定士』は、ご遺族に寄り添い、遺品の適正な説明と査定・買取を行います。遺品の買取や査定がある場合に遺品査定士の資格を持ったスタッフが在籍する遺品整理業者を選びます。

内装仕上工事業など施工内容に応じた許可
リフォームの費用が500万円以上かかる場合、内装仕上工事業の建設業許可が必要になります。遺品整理後の大掛かりなリフォームも依頼したい時には内装仕上工事業など施工内容に応じた許可を取得する遺品整理業者を選びます。

ポイント3.遺品整理の契約書を発行しているか

遺品整理業者,選び方

万が一、トラブルに発展した時に備え、遺品整理の契約書を発行している遺品整理業者を選びましょう。

総務省が2020年3月に「遺品サービスをめぐる現状に関する調査結果報告書」を発表しました。その調査で、遺品整理の作業を行う時に契約書を交わしていない業者が約4割もいました。見積書で代替していたケースも確認されました。

遺品整理は相続など決め事も多いためトラブルが多くなりがちです。作業日、作業内容、キャンセル料、手付金などは契約書に記載があればトラブルを防ぐことができます。トラブルを未然に防ぐためにも契約書を交わす業者を選択するのがいいでしょう。
また、着手金を支払った後連絡が取れなくなるトラブルもあります。料金は必ず後払いにしましょう。

4.遺品整理を行う業者の種類

遺品の整理だけではなく・買取・処分・供養など「遺品整理全般のサポート」をしている業者のことを遺品整理業者と言います。
遺品整理を行うのは遺品整理専門業者だけではありません。遺品整理の作業を行っている4種類の業者ついてそれぞれの違いと特徴を紹介します。

4-1.遺品整理専門業者

遺品整理,資格

その名の通り遺品整理を専門に扱っている業者で、特殊清掃、遺品の買取が出来る遺品整理業者は半数以上です。

遺品整理を行ってきた実績が豊富であるため信頼できる業者が多いです。遺品の供養、不動産売買や相続の手続き、生前整理など遺品整理に関する知識も持っているため遺品整理だけでなく、遺品整理に関するサービス全般も一緒に依頼できる業者が多い事が特徴です。

初めて依頼する方や遠方で立ち会いができない方、遺品整理を行う時間や体力がない方にも遺品整理に関する知識、実績から「遺品整理のプロ」である遺品整理専門業者を選ぶのがおすすめです。

4-2.不用品回収業者

自分で捨てるものと遺すものの分別ができている方は不用品回収業者も選択肢に入れられます。

近年、不用品回収業者が遺品整理を代行して行う事が増えてきました。
現代のニーズに合わせて以前は不用品回収業者だったが遺品整理専門業者に切り替えたというパターンもあります。

特に親が亡くなった後は不用品が大量に出るため不用品回収を得意としている業者に依頼することもあります。不用品回収業者は遺品の仕分けには慣れていないので供養や形見分けに関するアドバイスは期待できません。

遺品整理専門業者に依頼するより費用が安いため、不用品回収業者を選ぶ方もいます。

4-3.清掃代行業者

遺品整理業者,選び方

清掃代行業者にはハウスクリーニングなど「普通の清掃」を行う業者とゴミ屋敷や孤独死などがあった部屋を元通りの部屋に戻す「特殊清掃」を行う2種類の業者があります。

このうち遺品整理を兼ねている業者は特殊清掃を行う業者です。不用品回収業者と同様に現代のニーズに合わせて遺品整理専門業者に切り替えたパターンもあります。
「特殊清掃」を得意としている清掃代行業者は体液や血液の清掃、消臭に特化しているため孤独死や自殺があった現場の遺品整理を検討する方は特殊清掃専門業者を選ぶことをおすすめします。

4-4.便利屋

遺品整理業者,選び方

いわゆる「なんでも屋」であり、どんな仕事も引き受けますという業者のことを便利屋と言います。
人口の少ない地域でよく見られる営業形態で便利屋として庭の草刈りや買い物代行など生活のサポートを中心に営業し、業務の一環として遺品整理を行っています。遺品整理の経験数が少ないので供養や相続問題など専門知識を持っている便利屋は少ないです。

5.遺品整理業者とのトラブル事例4つと解決方法

遺品整理業者,選び方

遺品整理業者の中には残念ながら悪徳業者も存在します。

遺品整理サービスの契約で国民生活センターに相談されるトラブル件数は毎年100件前後もあります。相談内容は高額なキャンセル料や見積金額と支払金額の相違などのお金に関わること、契約したのに作業を行ってくれない、処分する予定でないものを勝手に捨てられたなどがあります。

実際に国民生活センターに相談された内容を紹介します。

トラブル事例1. 契約をせかされた

『見積りの際「今日決めたら安くなる」「今契約すればすぐに作業を始める」とせかされて即日契約し、その時に費用324,000円のうち24,000円を払いました。

しかし作業がなかなか始まらず、見積書を見返すと作業日は今月末までと書かれていました。遺品整理業者に「賃貸契約の期限もあるので早く作業を始めてほしい」と連絡したのですが、見積書の期日には余裕があり問題ないと言われてしまいました。

契約時には期日の説明はなく、作業を始めてくれないならキャンセルをしたいと思っています。』

トラブル事例2. 高額なキャンセル料の請求

遺品整理,悩み

『見積もりを取り遺品整理費用370,000円で契約をしました。しかし後日200,000円で作業を行ってくれる業者を見つけたため契約のキャンセルを申し出たところ、キャンセル料は170,000円と言われました。契約時にキャンセル料についての説明はなく、高額で納得できません。』

契約は慎重に!キャンセル料も確認!

契約内容について十分に検討をしないまま契約したことがトラブルに繋がった例です。
具体的な作業内容や費用が記載されていない書面を交付されることもあるので、その場で決めるのではなく、必ず見積書を確認して内容を把握してから契約をしましょう。

今回のようにすでに契約してしまった場合でも契約書にキャンセル料金について詳細な記載がなければ交渉の余地はあります

キャンセル料金の相場料金と正当性

一般的にキャンセル料は前日キャンセルの場合は請負金額の50%、当日キャンセルの場合は請負金額の100%のキャンセル料を請求されるケースが多いです。

1つの予約がキャンセルされることで予定に穴が開いてしまい、遺品整理業者側が数十万円以上の損害を負ってしまいますので、それを補填するためにキャンセル料が定められています。ホテルや旅館のキャンセル料をイメージすると分かりやすいです。

ただし、遺品整理業界にはキャンセル料について明確な規定がありませんので、遺品整理業者ごとにキャンセル料金が異なります。契約の前にキャンセルの発生時期と金額について遺品整理業者に確認するとトラブルを防げます。

トラブル事例3.見積書の2倍の費用を請求された

遺品整理業者,選び方

『訪問見積りに来てもらい、他社の見積りと比較しても条件が良かったので依頼することにし、作業にも立ち会いました。見積書の金額は141,000円でした。

トラックに荷物を詰め込むと40,000円先払いしないと廃棄処理できないと言われ払うことになりました。その作業が3往復続き、その都度40,000円払いました。最終的な請求額は320,000円になっていました。

見積もりの時点で廃棄費用や費用が追加されることは聞いていないため見積り金額以上は返してほしいです。』

契約内容を書面に残す遺品整理業者を選ぶ

このように見積り金額の2倍以上の金額を請求されるケースもあります。契約の際に追加料金の有無を確認し、書面に残してくれる遺品整理業者を選びましょう。

トラブル事例4.遺品を勝手に処分された

遺品整理,選び方

『見積りをとり一番安い業者に遺品整理の作業を依頼しました。

不用か必要かの判断を出し、近くの作業員に伝えていたが処分しないように伝えたものが翌日なくなっていることに気がつきました。原因は別の作業員が不用と判断して持ち出していました。遺品を乱暴に扱うなど作業も雑な業者でした。どうにかして処分されたものを取り戻したいです。』

処分しない遺品は自分で守る

遺品整理業者による盗難や紛失の被害が増えています。本やホビーなど一見すると価値がわからないものもあるため注意が必要です。大切なものは作業員が分かるように印をつけたり、コーナーを作り遺品整理に携わるすべての方が明確に分かるようにしトラブルを防ぎます。

優良な遺品整理業者はトラブルを防ぐ

優良な遺品整理業者はスタッフ全員で遺品の仕分けを周知できるように、部屋の片隅を養生テープで囲い「絶対触らないでコーナー」を作り間違って遺品を処分しないような予防策を作っています。

他にも各部屋に仕分けの判断ができる人を配置するため、立ち合い人数を増やすことも有効です。

6.料金が安い遺品整理業者は何が違うの?

遺品整理業者,選び方

遺品整理業者を選ぶ時に大きな基準となるのが料金です。遺品整理業界に統一された基準がないので遺品整理業者によって料金には大きな差があります。

遺品整理には経費が掛かります
例えば、消費者に20万円を請求していても、スタッフ一人につき1万円×3人、処分費用約5万円、車両費約5万円と大半が経費で消えてしまいます。結果、純粋な利益は3〜4万円しかありません。

そこで遺品整理料金が良い業者と悪い業者の料金の下げ方の裏側を解説していきます。

6-1.良い遺品整理業者は企業努力で安くしている

遺品整理業者,選び方

企業努力で安くしている場合、3つのケースがあります。

スタッフのレベルが高い

まず1つ目に作業員の1人ひとりの能力を高めて作業効率をあげ人件費を安く抑えているケースです。トラックに効率よく詰め込むことで必要以上の大きさのトラックを使用せず、見積の精度を高め適正なトラック台数と人数を計算することができます。

見積りに自信がないと、大きめのトラックを使用したり、作業員の数も多めになるので作業費、人件費に数万円の違いが出ます。

自社で完結できる

2つ目に、特殊清掃や家財の買取から売却、不動産の売買を自社で行い、他社への委託手数料を抑えています。海外リユース業者やリサイクル業者と連携し、廃棄物処理のコストを企業努力によって削減しているケースもあります。

遺品をリサイクルできる

3つ目に、処分費用を安くしているケースもあります。分別作業に力を入れて、リユース・リサイクルできる遺品は売却して処分費用を減らします。分別作業に力を入れている遺品整理業者は遺品を丁寧に扱うことができる業者でもあります。

6-2.悪い遺品整理業者は無理をして安くしている

 

先程述べたように遺品整理費用の経費は遺品の廃棄処分費用とスタッフの人件費で大半が消えてしまいます。無理をして安くしている業者は以下の2つのことが考えられます。

不法投棄

まず1つ目に、廃棄費用を削るために不法投棄をしている業者です。違法行為であるのと同時に環境破壊にも繋がります。不法投棄は依頼した側も罪に問われることもあり注意が必要です。

スタッフのレベルが低い

2つ目に、人件費を削るために必要人員以下のスタッフで行ったり、作業員の給料を減らしているケースです。この場合、時間も負担もかかるためスタッフのモチベーションも下がります。
遺品整理を作業として早く進める結果、対応や遺品の扱いが雑になり、質の高いサービスは期待できません。

悪い遺品整理業者はしつこい

遺品整理業者の中にはしつこいセールスをかけてくる業者もいます。
しつこい遺品整理業者ほど依頼が少ない証拠です。また「うちが一番安いです」といった費用の話しかしない遺品整理業者は作業やサービス面で魅力が乏しいとも考えられます。

他社の悪い評判を吹き込み、他社を蹴落として契約しようとする遺品整理業者もおすすめできません。

遺品整理業者の本質を見抜くことが選ぶ鍵

料金・対応・速さ何に重点を置くのか優先順位を決めて、遺品整理業者を選ぶことをおすすめします。費用は気になる点ではありますが、金額だけで選ぶと悪徳業者の可能性もありトラブルに巻き込まれるかもしれません。

遺品整理業者に依頼すれば、遺品の整理、買取、処分、供養と自分の必要としている様々なサービスを受けることが出来ます。そのすべてを任せるからこそ信頼できる遺品整理業者を見つける必要があります。

故人が残した大切な遺品に敬意を持ってくれ、遺族には寄り添い支えてくれる「遺品整理のプロ」を見つけましょう。

遺品整理業者,選び方

ReLIFEでは遺品整理業者の選び方に迷っている方に向けてチャットやお問合せフォームから無料で相談を受け付けています。【全国の優良な遺品整理業者ページ】ではおすすめする理由を画像・動画と共に掲載しています。