豆知識

遺品整理

遺品の供養の手順・時期・依頼先・料金をご紹介―供養する意味は?

遺品整理をして残さないと判断した遺品は、捨てることになります。
ゴミとして処分できれば簡単なのですが、心の負担を考えるとそのまま処分するのはおすすめできません。

供養をして処分する方法がありますが、供養方法や供養先が分からず、遺品整理が止まってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では、供養する意味、供養を行うタイミングや依頼方法についてまとめました。
また、遺品供養の中でも困ってしまう仏壇の供養方法は特に詳しくご紹介します。

遺品を「供養する」とは?

遺品を「供養する」とは遺品に宿っている魂を抜くことと言われています。

「遺品には魂が宿る」と考える日本の風習があります。神社で神主が祝詞をあげたり、お寺で僧侶がお経を唱えて遺品の中に宿る魂を抜く行為が供養と考えられています。

供養は仏教独特の風習であり、供養の方法に決まりはありません。
そのため、遺品に対して手を合わせ、故人に寄り添ってくれたことに感謝の気持ちを伝えるだけでも供養になります。

また、遺品整理を行う中で仕分けや分別、処分作業を通して遺品と向き合うことも供養の一つと考えることができます。

故人の大切にしていたものや故人との思い出の品を捨てるのに抵抗があるという人は多いでしょう。抵抗があるものを捨てるということは、かなりのストレスがかかります。遺族の精神的な負担を減らすためにも、供養をすることは大切なことなのです。

供養をする時期

供養する時期に特に決まりはありません。供養をする上で大事なことは、気持ちの整理がついた時に、無理をしないで行うことです。

遺品整理と同じタイミングで供養することが多いので、四十九日や一周忌などの節目を目安に始める方が多い傾向にあります。

節目のタイミングだと親戚が集まることも多く、供養の考えや形見分けなどの話し合いもできるためトラブル回避にも繋がる良いタイミングです。遺品整理を始める時期が分からない方は節目を目標に始めてみましょう。

しかし、賃貸契約などの関係で葬儀直後から遺品整理を始める場合もあります。その場合は、家を明け渡さなければならない期日があるため整理を始める時期も早くなります。

反対に遺品整理や供養の時期が遅くなるケースとして、故人との別れに気持ちの整理がつかず、大事な遺品を供養・処分するのに抵抗のある人は時期を考え直し、自身に合ったタイミングで遺品整理や供養を行いましょう。

供養が必要な遺品とは

遺品整理,供養

遺品のすべてを供養しなければいけないという決まりはありませんが、そのままゴミとして処分するのは気が引けると感じるものは供養した方が気持ちが楽になります。

遺品供養が必要であるものとして、故人が大切にしていたもの、また毎日使用していた眼鏡、時計、寝具、衣類が一般的です。
他にも思い入れの強い人形、ぬいぐるみや気持ちのこもっている写真、手紙、日記なども思い入れが強いとされますので、供養してから捨てた方が良い遺品です。

その他にお守りや仏壇、神棚など神社やお寺に関係する遺品も供養をしたほうがいいでしょう。

ただし、故人が生前に残しておいてほしいと希望していた遺品については、形見にして極力、処分しないようにしましょう。

供養を受け入れてもらえないもの

依頼する場所によっては供養を受け付けていないものもあります。
場所によって供養を受け付けているものが異なるので、まず供養先に供養と処分ができる品か確認してから依頼することをおすすめします。

特に仏壇、神棚、位牌など神仏に関わるものが供養できる場所は限られています。

また、近年環境破壊などの問題からガラス、金属、陶器などの不燃物は断られるケースが多くなっています。不燃物を受付してもらえる場所でも、持ち込みの際に不燃物と可燃物の袋を分けて持ち込む必要があるケースもあり配慮が必要です。

供養の方法は2つ

供養の方法には大きく分けて2種類があり、まず1つ目が現場供養、2つ目合同供養です。
供養したい遺品が部屋いっぱいにあるときは現場供養、少量の場合には合同供養を選択される方が多いです。

1.孤独死や事故死の場合は現場供養

遺品整理,供養

現場供養は訪問供養や自宅供養とも言い、僧侶が故人の家など遺品整理先に出向き、その場で読経して供養する方法です。

孤独死や自殺などがあったアパート、マンションの管理会社や大家さんからの依頼が多いのもこの現場供養です。自宅や依頼した場所での立ち会いが出来るので、供養をしているところを実際に見ることが出来ます。

また、僧侶が来てくれるので物を運び出す必要がありません。洋服・本など細かい雑貨類から大きい家具家電までまとめて供養ができることも特徴です。車がない方にも便利な方法でしょう。

現場供養の料金は高め

現場まで僧侶に来てもらう出張費がかかるため、合同供養よりも費用が高くなる場合が多いです。供養費用に加えて、交通費やお礼なども必要なになるケースもあるので、失礼がないよう事前に確認します。

2.少量の場合は合同供養

合同供養とは寺院などで指定された日に持ち込まれた遺品をまとめて供養することです。

合同供養には遺品を火で燃やして物を処分する「お焚き上げ」と、遺品を前にして僧侶がお経を唱える「読経」による供養という2種類の方法があります。どちらの場合も寺院で行うことが一般的です。

神社ではなく、僧侶が遺品整理業者の倉庫へ出向き、遺品整理の際に預かったものをまとめて読経供養する合同供養の方法もあります。

神社の供養

神社も定期的に供養を行っていますが、受け付けているものは「御札・破魔矢」など神仏に関わるものと限られている場合があり、生活用品などの遺品は受付していないケースが多く見られます。

合同供養は料金が安め

合同供養のメリットは供養費用が現場供養に比べて安いことです。

遺品を運ぶ手間がある分、料金は安く済みます。また、供養から処分まで供養先に任せられることもメリットの一つで、供養先の遺品整理業者や寺院が供養後、分別作業を行い処分の手配をしてくれます。

合同供養は他の遺品とまとめての供養になるので場所によっては立ち会いができない場合があることがデメリットです。合同供養の日にちは寺院によってバラバラで、毎月〇日と日にちが決められている場合もありますし、一定の量が溜まってから合同供養する寺院もあります。

供養証明書の発行や、供養中の写真を提供してくれる寺院もあるので、「供養されたか」心配な場合は上記のような証明サービスがある寺院や遺品整理業者に依頼しましょう。

合同でも個別でも正式な方法で供養してもらえるため心配はありません。

お焚き上げをしない寺院が増えている

近年では環境問題への配慮や近隣からの苦情にも繋がるためお焚き上げをしていない寺院も増えてきています。

十数年前であれば寺院では、遺品を燃やして供養する「浄火供養」という方法が一般的でした。お焚き上げを行わない寺院では、合同供養終了後、各自治体の基準に従い遺品を分別し、処分する方法をとっています。

お焚き上げは遺品を処分するだけでなく、故人の冥福を祈るお別れの儀式ととらえることができます。昔から火には浄火の力があるとされてきました。そのため遺品を燃やすことによって、ものに宿った魂を天に還すことができると考えられています。

お焚き上げを希望する場合は、供養先に事前に確認しておくことが大切です。

どんど焼きとお焚き上げの違い

どんど焼きは供養の場ではないので、供養を含め生活用品は受け入れていません。

どんど焼きはお正月に家の前に飾っていたしめ飾り・松飾りなどのお正月飾りを燃やすのが主目的で、1月15日前後に全国の神社や寺院で行われます。無病息災、厄払い、商売繁盛など一年間の無事を願う行事です。償却するものは「御札・破魔矢」など神社に関係のあるものに限られます。

そのためお焚き上げとは別のものです。お焚き上げとはものに宿った魂を抜くことで、目的が違うため、どんど焼きには遺品を持ち込まないようにしましょう。

当り前ですが、遺品の中でも御札や絵馬などはどんど焼きに持ち込めます。

遺品供養の料金は依頼先によって異なる

供養の依頼は自分から寺院に直接供養を依頼する方法と、遺品整理業者や葬儀業者、仏具店などの専門業者に供養の依頼を行い、専門業者から寺院や神社に供養を依頼してもらう2種類の依頼方法があります。

その他にも神具は神社、個人の供養は寺院で行うと考えます。
料金とメリット、デメリットについて紹介します。

1.寺院や神社に依頼

自ら寺院や神社に供養を依頼する方法です。

寺院と神社のどちらに依頼するのかの違いですが、神具は神社、遺品の供養は寺院で行うと考えます。場所によって檀家や氏子のみ受け付けているところと、全国どこからでも供養を受け付けているところがあります。
供養を行っていない寺院や神社もあるので確認してから依頼しましょう。

遺品を持ち込む

供養してほしい遺品を寺院や神社に持ち込み供養を依頼する合同供養が主流です。

訪問供養や遺品を袋やダンボールに詰めて郵送で依頼を受け付けている寺院や神社もあります。供養の方法は宗派によっても違うので、まずは菩提寺に確認しましょう。

寺院や神社に依頼することのメリットは信仰している宗派の方法で供養を行ってもらえることです。

また、寺院や神社での合同供養は月に1回程行われています。供養と処分を同時に任せられますが、合同供養の日にちが決まっている場合が多く、持ち込める遺品の量も決まっているため注意が必要です。

寺院や神社で遺品供養する料金

供養する品物や大きさによって値段が変わります。合同供養の場合、供養費用の相場は御札、お守りは100円~、人形は1体500円~、段ボール1箱3000円~のように大きいもの程、料金が高くなります。
名目はお布施として支払いますが、料金に相当するものと考えます。

仏壇の場合は魂抜きが必要で、その際住職に渡すお布施は3~5万円が相場です。
寺院によっては金額を提示してくれるところもあるため悩むようなら事前に寺院に聞くと失礼がありません。

「お気持ちで」と言われるケースもありますが、その場合は自分自身の経済状況に合った金額をお渡しします。ただし、4は「死」を連想させる数字として好まれないので4万円は避けたほうがいいでしょう。

現地供養の場合
現地供養の相場料金は20,000円~70,000円です。

合同供養と同様にお布施として支払います。
寺院によって変わるので直接確認した方がいいでしょう。現地までの交通費が別途かかる場合もあります。特に決まりがない場合はお車代として5,000円~10,000円程を包んで僧侶に渡しましょう。その時、お布施とお車代は 必ず別で包むようにします。

寺院や神社は利益団体ではないので、どこに依頼しても金額の差はあまりありません。住職の人柄など供養する方の心が満たされる寺院を選ぶと心の整理にもつながります。

郵送で遺品供養を依頼する

遺品整理,供養

郵送での遺品供養を受け入れている寺院もありますし、郵送限定で遺品の供養を受け付けている神社もあります。

供養料金は段ボール1箱辺り5,000円~10,000円です。これはあくまでも寺院や神社に支払う金額であり、送料が別途1000円~2000円かかりますし、梱包資材も自分で用意します。

神棚と位牌の供養は特別

神棚や位牌は郵送供養を受け付けていないケースもあります。受付している場合でも料金が10,000円~30,000円と通常の供養の金額とは変わるケースもあるので事前に相談してから依頼しましょう。梱包の手間や送料を考えるとダンボール箱に入る写真や手紙、時計や眼鏡など小物類や人形などの軽くて小さい遺品に利用しやすい方法です。

葬儀業者に依頼

葬儀業者から寺院や神社に依頼してもらう方法もあります。

近年のニーズに合わせて葬儀業者が遺品整理や遺品供養のサービスを行うことが増えてきました。依頼者も葬儀と併せて供養を依頼できるため手間がかかりません。また、遺品を合同供養の日程まで葬儀会社が預かってくれるため、手元に残しておく必要がありません。

しかし、供養は葬儀や遺品整理のオプションサービスになることが多いです。供養だけを直接依頼する場合に比べて葬祭費用、遺品整理費用がかかるため料金は高くなる傾向にあります。

郵送で供養を受けている葬儀社もある

また葬儀を依頼していない葬儀業者に供養だけを頼みづらいと考える方もいるでしょう。
そのような場合は郵送で供養の受付を行っている葬儀業者もあります。特に人形の郵送供養を格安で行っている葬儀業者が多いため、人形やぬいぐるみの処分に困っている方は利用してみてはいかがでしょうか。

仏具店に依頼

遺品整理,供養

遺品の供養を受け入れてくれる仏具店もあります。

仏壇の供養のついでにその他の遺品もまとめて引き受けるケースが多いです。新しい仏壇を購入した場合は前の仏壇の引き取り、供養の割引サービスなどもあるためおすすめですが、処分だけの場合は遺品供養を依頼しにくいと感じることもあります。

仏壇は仏具店で供養するのがスムーズ

買い替え時にしか引き取りをしていない仏具店もあり、引き取り処分だけの時には費用が50,000円以上かかることもあります。仏具の買い替えがある方は仏具店に遺品の供養相談をしてみるのもおすすめです。

遺品整理業者に依頼

遺品整理,供養

遺品整理業者でも供養をサービスの一環として行っています。遺品整理業者に依頼すると供養の他に遺品の分別、運搬、処分まで遺品整理のすべてを一つの窓口で完結できる点が最大のメリットです。

供養や仏壇処分のサービスを行っていない遺品整理業者では、提携業者や寺院を紹介してくれることもあるので見積もり時に相談してみるといいでしょう。

遺品の供養だけでは引き受けてくれませんので、遺品整理と同時に依頼することが一つのハードルです。

遺品整理業者で遺品供養する料金

遺品整理,供養

遺品整理業者で遺品整理を依頼すると供養サービスが無料でついてくることが多いです。段ボール箱2箱までなど数量に決まりはありますが、小物や写真など小さいものであれば大抵のものが入ります。

遺品整理業者は月に1回くらい提携する寺院から僧侶を呼び、合同供養をしているので無料にできる業者が多いのです。現場供養を希望の場合は、代行して僧侶と手続きをしてくれる遺品整理業者もあります。その場合は遺品整理費用とは別に20,000円程の費用がかかります。

遺品整理業者での供養に立ち会うことができない場合に供養証明書の発行している遺品整理業者もあるので、見積もり時にスタッフに確認します。

遺品整理業者がそっと供養するケース

遺品整理,供養

良い遺品整理業者は経験値が高く、感覚も優れているので依頼者に寄り添いそっと供養してくれるケースもあります。
例えば、不倫相手からの手紙や写真など遺族が気分を害するものは気づかれないようそっと捨てる配慮もしてくれます。その際、必要と判断すれば倉庫に持ち帰った後で供養もしてくれるでしょう。

遺品整理業者を利用するのであれば、遺族の気持ちも汲み取ってくれる遺品整理業者を選ぶ事をおすすめします。【良い遺品整理業者の選び方】をご参照ください。

仏壇は供養した方が良い

仏壇を処分する時は供養をする必要があると考える方が多いでしょう。仏壇があるということは先祖代々のお家であることが多いでしょう。仏壇には先祖それぞれの魂が宿っていると考えられます。魂を抜きとるために他の遺品と一緒ではなく仏壇を単体で供養した方がとされています。

仏壇を処分する時には「閉眼供養」を行い、魂を抜いてから捨てた方が良いとされています。閉眼供養は魂抜き又はお精抜きとも言います。
反対に仏壇を購入した時には開眼供養をしています。開眼供養も法要の一つで、本来自然に寄り付いて宿る、故人の魂を呼び覚ますという意味を持っていて、魂を仏壇に入れることを言います。

ただし、浄土真宗では「魂が宿る」という考えがないため開眼供養、開眼供養と言う言葉は使いません。代わりに入仏法要、還仏法要と言われる読経の儀式が供養として行われます。
仏壇を処分する機会がある場合は供養してから処分するようにしましょう。

仏壇を粗大ゴミで捨てることはできる?

閉眼供養をして魂を抜いた仏壇は単なるモノになるので、粗大ゴミとして処分することも可能です。ただし、自治体によっては仏壇を粗大ゴミとして出すことを禁止しているところもあるので、自治体のホームページや役所で確認してから捨てます。

心理的に抵抗のない場合は粗大ゴミとして処分しても法的な問題はないのですが、閉眼供養をしたからと言ってゴミの集積場に仏壇を捨てるのは親族や近所付き合いを考えるとおすすめできません

粗大ゴミとして捨てる場合には、処分場へ持ち込み処分することが近所の目を気にならない方法です。

仏壇の処分はどこに依頼すれば良いか

菩提寺がある場合は、まず相談してみましょう
菩提寺に依頼した場合、自分で寺院まで仏壇を運ぶ必要があります。大きな仏壇を運ぶのは近い距離でも大変です。

閉眼供養をして、後は処分するだけという時は不用品回収業者や廃棄物処理業者に依頼しましょう。引き取り、運搬、処分をまとめて依頼できます。

閉眼供養を済ませていない仏壇は遺品整理業者か仏具店に依頼すると閉眼供養、引き取り、運搬、処分までをすべて任せることができます。自身が必要としているサービスを行う業者に依頼しましょう。

故人がキリスト教徒の場合の遺品供養

遺品整理,供養

故人がキリスト教徒で遺族が仏教徒だった時など、宗教が違えば供養の方法も違うのかと悩む方もいるでしょう。
例えば、キリスト教に関わるものはイエス・キリストや聖母マリアの像・絵画、十字架、ロザリオ、聖人や聖女が彫られたメダルなどがあり、聖品または聖具と言います。

キリスト教では「聖品・聖具はお祈りをするための道具」と考えられているのでそれらに神様が宿っているとは考えられていないのでキリスト教では供養の習慣もありません

供養とは遺族の気持ちを軽くすることでもあるので寺院で供養しても構いません。基本的に供養の方法に決まりはないため、公序良俗、法律に違反しなければ何でもありとされています。

遺品の供養に関する相談

ReLIFEに寄せられた遺品の供養に関する相談と解決方法をご紹介します。

元彼からもらった指輪の供養

遺品整理,供養

遺品の供養について相談です。

1年前に交通事故で亡くなった元彼からもらった指輪などを捨てられずに持っています。
今の彼氏に見つかり喧嘩になってしまい、どうしたらいいのかわからず相談しました。

指輪の他にも二人で写っている写真やライター、ぬいぐるみなどがあります。

もっとたくさん持っていたのですが、この1年の間に徐々に減らしていきました。

これらのものは私の中で特に思い出が深く捨てられません。もう元彼とは会うことはできませんし、
今の彼を大切にしたいと思っていて、未練なども全くありません。

捨てた方がいいのでしょうか?捨てるならどうしたらいいのでしょうか?
(20歳・女性・埼玉県在住)

自分のタイミングで…

元彼との突然の死別とても辛かったことと思います。

遺品整理は心の整理でもあるので、相談者様が「遺品が亡くなっても大丈夫だ」と思えた時が遺品を処分するタイミングです。

今の彼も大切だけれど、元彼との思い出を無かったことになってしまうのが辛いという印象を受けました。
思い入れのある遺品とのことですので、処分する前には遺品の供養をすることをおすすめします。

少量なので寺院に持ち込み、個別供養か合同供養をしてもらうか郵送での供養を受け付けている寺院に依頼する方法が最もスムーズです。どちらの場合も供養と処分を引き受けてくれるので、分別をする必要はありません。

遺品整理を通して気持ちにも整理がつき、今のパートナーともよりまっすぐに向き合えるようになることと思います。

遺品の供養は必要なのか

「遺品供養は必要なのか」と考えている場合は供養することをおすすめします。供養することは、故人を思い出すきっかけであり、改めて故人に感謝したり、愛情を深めたりする機会となります。

物は廃棄してしまえば元に戻ることはありません。少しの後悔が、後から大きな後悔となってしまう場合もあります。また供養することで悲しみから前に進むきっかけとなる場合もあります。

なんとなく供養するのではなく、心を込めて供養を行うことが大切です。処分してしまう後ろめたさがなくなり、自分自身の気持ちの整理できるよう供養を行いましょう。

しかし、すべての遺品を自分で供養しようと思うと時間も労力もかかります。「遺品の供養をしたいけど自分ではどうすれば良いのか分からない」と迷っている方は遺品整理業者に頼ってみるのも1つの方法です。

ReLIFEでは供養ができる遺品整理業者もご紹介しています。右下のチャットやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。