tel

豆知識

遺品整理

遺品整理の料金は4つ+αで決まる!いい遺品整理業者の方が安い理由

持ち主がいなくなった瞬間から家、土地、物はすべて遺品になります。生活していた状態で遺品整理をするには時間と人手が必要ですので、遺品整理先が遠方な場合や期日が迫っているときには遺品整理業者を依頼する方も多くなっています。

遺品整理の料金は不透明な部分が多く、業者から言われた料金に疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

この記事では遺品整理業者に依頼した場合の相場料金と安くするコツ、同じ間取りなのに遺品整理業者によって料金が5万円以上も違う理由をご紹介します。

遺品整理の料金相場

遺品整理,料金

遺品整理の料金相場は部屋の広さで大体の見積もりを出している業者が多いです。

遺品整理をする部屋が広いほど遺品の量も増えるので、作業時間やスタッフの人数も増え、部屋が広いほど料金は高くなります。

遺品整理業者は見積もりの際に遺品の量を見て、トラック何台分に相当するのかで計算します。トラック1台当たり8万円+人件費が基本的な料金の考え方です。

料金表

ReLIFEに掲載している遺品整理業者から集計した料金相場で、記載されているのは作業料金や処分料金の合計価格です。

5年前に比べると平均価格は数万円程度安くなっています。2010年からの10年で遺品整理事業に参入する業者が増え、価格競争が激しくなったことや遺品整理業界全体の透明化が進んだことが理由に考えられます。

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

料金の内訳

遺品整理料金は「車両費」「人件費」「作業費」「処分料金」と「オプション料金」の合計からできており、「車両費」「人件費」「作業費」「処分料金」を基本料金やパック料金と表記している遺品整理業者が多いです。

基本料金に含まれるの作業内容は大きく3つにわけることができます。

1.遺品の仕分け作業
依頼者にヒアリングし、必要な物と処分するものに分ける作業です。貴重品や思い出の品など遺すもの、買取品以外は全て処分するので、資源別に分別していきます。分別したら段ボールに詰め、搬出しやすくします。

2.運び出しとトラックへの積み込み
室内での遺品の仕分けと分別が終わったら、家具や家電から食器など細かいものまで運び出し、トラックに詰めていきます。

3.簡易清掃や貴重品の捜索
他社との差別化をはかるために「貴重品の捜索」や「簡易清掃」を無料サービスとして提供している遺品整理業者も増えています。
遺品整理業者のスタッフは年間100件以上の遺品整理を行うため、貴重品の場所や探し物の感が優れています。貴重品の捜索では「品物名」と「数」を伝えると、コートのポケットから印鑑や鍵など細かいものを見つけてくれます。

オプションサービスにはエアコンの取り外しやエレベーターなしのマンションの5階作業など特殊作業や供養、特殊清掃費用などがあります。その他のオプションサービスの内容やそれぞれにかかる料金は次の項でご紹介します。

遺品整理の料金の決まり方

遺品整理,料金

遺品整理にかかる料金は、「遺品の量」、「遺品の質」、「建物や道路の状況」、「オプション料金」この4つから計算されます。

ここからはどの遺品整理業者でも共通にかかる費用をご紹介します。

遺品の量

遺品整理,料金

遺品の量が多ければ多いほど、「仕分け作業にかかる時間」、「スタッフの人数」、「トラックの台数」がかかり、料金が高くなります。
遺品の量によって金額が変わってくる項目は、以下になります。

人件費
遺品整理を行うスタッフにかかる人件費は、1人1日につき約1万円です。

冷蔵庫やタンスなどの大型家具・家電を搬出するには、最低でも2人は必要になりますので、ワンルームであっても2人以上の人件費がかかります。
遺品整理をする部屋が増えると、スタッフ1人が追加されると考えてください。

人件費を削りたいからとスタッフを減らすのはおすすめしません。作業スタッフの人数が減ると、作業時間が長くなるので本来1日で終わる遺品整理が2日工程になることもあり、結果、高くなってしまうからです。

スタッフの人数は訪問見積もり時に見積もりスタッフの経験と知識から決まります。
優秀なスタッフであれば適正人数を割り出してくれますが、経験が浅いスタッフの場合には、必要人数より1~2人多く見積もられてしまうこともあります。

見積もり書をもらったらスタッフの人数を確認しましょう。1ルームなのに7人以上が作業にあたる場合など、上の料金表よりも多いと感じたら遠慮せずにその理由を聞きましょう。
「半日で終わらせるため」など、納得できる理由と妥当な金額であれば問題はありません。

トラックの台数
遺品整理業者は2トントラックをメインで使用し、1台当たり8万円が加算されます。
遺品の2割以下は遺族が形見分けとして引き取ることもありますが、8割以上は不用品として遺品整理業者が回収するため、引越し時と同じ容量の車両が必要です。

部屋数と必要な2tトラックの台数の目安は以下の表になります。

間取り 合計料金相場 車両台数
1R・1K 30,000円~80,000円 2トントラック半分
1DK 50,000円~120,000円 2トントラック1台
1LDK 70,000円~200,000円 2トントラック1.5台
2DK 90,000円~250,000円 2トントラック1.5台
2LDK 120,000円~300,000円 2トントラック2台
3DK 150,000円~400,000円 2トントラック2台
3LDK 170,000円~500,000円 2トントラック3台
4LDK以上 220,000円~600,000円 2トントラック4台以上

例えば、1Kの部屋で標準的な遺品の量であれば2tトラック半分以下になので、遺品整理料金は40000円程度に収まります。
形見分けについては【形見分けはいつ?誰に渡す?形見をもらった時の正しいマナー】をご覧ください。

作業時間
作業時間は、スタッフの人数と技術に比例します。スタッフが多ければ作業時間は短くなりますし、スタッフが少なければ長くなります。また、スタッフが社員ばかりで構成されたチームであれば、仕分け作業や運び出しも早く進みます。

派遣バイトは基本的に運び出し作業しかできないので、効率が悪くなり、作業時間が長くなります。

1日のうちで遺品整理が行えるのは、朝9時~夕方5時の間です。
早朝、深夜の遺品整理は騒音トラブル、ご近所トラブルに繋がりやすく、スタッフが稼働できる時間は1日8時間と労働基準法で決められていることが背景に挙げられます。

遺品の量=作業時間

遺品整理,料金
遺品の量も、作業時間に関わってきます。量が多ければ、仕分け、梱包、搬出作業に時間がかかり費用も高くなります。

また、遺品整理中は依頼人の立ち会いが必要な事が多いですが、立ち会いとは遺品整理を一緒に行うという意味ではありません。中には、依頼者がスタッフと一緒に遺品内容を確認しながら作業を進めたいというケースもありますが、これをすると作業時間が伸びます。

依頼者が処分するかどうかの判断に時間がかかる、想い出に引きずられてしまう場合が多いからです。もし、何か見つけたい遺品があるなら、遺品整理業者に依頼する前に済ませておくことをおすすめします。

そうすれば、作業時間が短くなり費用を抑えることができます。料金を安く抑えたいなら、遺品整理業者と一緒に作業をするのはやめておきましょう。

遺品の質

遺品整理,料金

遺品の質によって、遺品整理料金が10万円以上変わることがあります。

遺品整理業者が引き取った遺品は、2つに分けられます。

1つ目はリユース・リサイクルするもので2つ目は廃棄処分するものです。リユース、リサイクルできるものが多ければ廃棄処分費用が抑えられるので、料金が安くなります。

例えば、コレクションフィギュア、ゴルフクラブ、市場価値がある家電などはリユース・リサイクルに出すことができ処分費用がかかりません。
反対に、ゴミ屋敷状態の家や需要がないタンスやテーブル、食品ゴミが多いと処分費用がかかり遺品整理料金は高くなります。

古物商許可を取得している遺品整理業者の場合、市場価値のある遺品は買取、遺品整理全体の料金から差し引いてくれます。また、訪問見積もり時に遺品を現金で買い取りする業者もあります。

買取対象となる家具や家電は、「遺品整理料金を安くするコツ」の項目でご紹介します。

ゴミ屋敷の片付け方と費用は【ゴミ屋敷の片付けるマインドと費用―片付け業者に依頼すると10万以上】をご覧ください。

ゴミ屋敷の解決方法は【ゴミ屋敷のトラブル事例と原因ー住人の共通点・根本的に解決する】をご覧ください。

建物や道路の状況

建物や道路の状況によって遺品整理料金は変わってきます。

建物
同じ間取り・遺品の量・遺品の質であっても6階と1階にある部屋では上から下へ降りる作業時間が増えるので、かかる費用も違ってきます。また、高層マンションなど管理組合の規約が厳しい場合には、廊下やエントランスなど運び出し経路全てに養生作業が求められこともあります。

道路の状況

遺品整理,料金
家の前、敷地内にトラックが駐車するスペースがあると料金は安くなりやすいです。
駐車するスペースが敷地内にない場合、道路に停車することになりますが、家の前の道路が狭い場合(車一台すれ違うことができない)、遺品の回収に使うトラックを駐車できず、離れた場所に停めることになります。

そうすると、搬出後の移動時間が余分にかかり作業時間が伸びます。また、狭い道路に停車できたとしても他の車の迷惑にならないよう、常に動かせるように車両用スタッフを配置することもあります。その場合はスタッフ人数が増えるので費用は高くなります。

オプション

基本作業の他にも、遺品整理業者がオプションとして設定している作業もあります。料金の発生するタイミングやサービス、金額は遺品整理業者によって違うので契約前に確認します。

無料オプション例
以下のオプションは無料で設定されていることが多いです。

・女性スタッフ指名
・作業後の簡易清掃
・近隣へのあいさつ
・弁護士や解体業者、不動産業者の紹介
・形見品の郵送

有料オプション例
以下の作業は有料オプション設定されているケースが多く、料金は業者によって異なります。

・遺品の供養やお焚き上げ
・エアコンの取り外し
・水回りのハウスクリーニング
・原状回復リフォーム
・特殊清掃
・消臭作業
・害虫の駆除
・家屋の解体
・空き家の管理
エアコンの取り外しや特殊清掃は遺品整理業者にまとめて依頼すると、整理作業の合間に行えるので別に時間をとらなくてもよいといったメリットがあります。また、遺品整理業者によっては、自社で全てオプションを行うところもあれば、系列会社や提携会社を紹介するところもあります。

供養やリフォームは提携業者に依頼しているケースも多いので、中間マージンが発生していることも考えられます。安さを追求するのであれば、自分で手配した方がいいですが、遺品整理全てを任せた方が時間の短縮と負担の軽減につながります。

お焚き上げについては【お焚き上げの3つ効果・供養方法と依頼する場所から費用】をご覧ください。

特殊清掃については【特殊清掃と遺品整理・賃貸物件の場合の費用】をご覧ください。

新型コロナウィルス感染症対策

遺品整理,料金
遺品整理業者も、新型コロナウィルス感染症対策には力を入れています。

見積もりは以前であれば、電話もしくはインターネットで見積もり依頼後、訪問見積もりが一般的でした。しかし、緊急事態宣言の発令により、県外への移動を避けなければならない状況が続く時には、オンライン見積もりに対応する遺品整理業者も増えています。

遺品整理業者に鍵を郵送し、電話やテレビ通話などオンライン上で金額や作業内容の確認から金額交渉、契約まで家から出ることなく進められます。契約成立後は回収後の写真を送ってもらうことで作業内容の確認を行います。

貴重品が遺品整理先にないことが分かっている場合や、信頼できる遺品業者に頼むことが前提です。

マスク着用・検温・消毒
コロナ感染症対策としてスタッフは、マスクの着用、毎朝の検温、消毒の徹底を行っています。作業を行った後、部屋全体やドアノブに除菌作業サービスを提供している遺品整理業者もあります。

感染症対策を行っている事は必須条件ではありませんが、対策をしている遺品整理業者は利用者の気持ちを大事に考えている確率が高いので、作業全体を通して高い満足を得やすいです。

地域

遺品整理業者の店舗や倉庫から遺品整理先が近いほうが、価格は安くなります。それは、移動距離が少ない方が、遺品整理業は効率的にスケジュールを組むことができるからです。

例えば、遺品整理先が店舗から4時間以上かかる場合は、4時間の間に2件以上近場の現場作業ができるので、移動時間分の料金が加算されます。
なので、同じ市内か県内にある遺品整理業者の方が料金は安くなります。

遺品整理料金を安くするコツ

遺品整理,料金

遺品整理の料金は計画的に行うと安くなります。
ここからは遺品整理業金を安くするコツを4つご紹介します。

遺品の量を減らす

遺品の量が減れば、「人件費」「車両費」が減るので、遺品整理料金も安くなります。

遺品の中でも、体積が大きいタンスや食器棚などを粗大ゴミとして自治体のルールに従い、戸別収集に出したり、ゴミ処理施設に持ち込むと最も安く処分ができます。

大型家具を搬出するのが難しい場合は、プラスチックの衣装ケース、椅子など、自分で持ち出せる遺品を処分するだけでも多少の効果はあります。

また、破棄処分する以外にも、遺品を売って処分をする方法もあります。

買取サービスを利用する

遺品整理,料金

遺品の中でも市場価値が高いものは、リサイクルショップやインターネット(メルカリやラクマ、ヤフオクなど)で売ることもできます。

遺品整理業者の中には、遺品の買取も行ってくれるところがありますが、鑑定が必要なカメラ、フィギュアコレクション、骨董品、ブランドバックなどの遺品はそれぞれの買取専門店に依頼したほうが、高く買い取ってもらえるケースが多いです。

家具・家電の買取基準
家電の買取ですが、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は製造から5年未満、空気清浄機や掃除機など小型家電は製造から3年未満が買取の基準になります。正常に動くことが条件で、故障品は買取されません。

ニトリやイケアなどの家具の量販店が増えたこともあり、中古家具の需要が下がっています。アンティーク家具、カリモクなど一部の人気ブランド品を除いては、買取対象外となることが多いです。また、30年以上の古い家具の場合は状態やブランドに関わらず買取対象外となる場合もあります。

相見積もりをとる

3社以上から相見積もりをとると遺品整理業者同士での価格競争で安くなりますし、サービス内容やスタッフの対応も比較できる効果があります。

遺品整理業者に払う金額はどのくらいが妥当なのか自分でも分かってきます。

高すぎる、安すぎる場合でも、正当な理由で料金が他社と違うケースもあるので、悪徳業者と決めつけずに、「どうしてこの金額なのか」説明を求めましょう。

また、相見積もりは値引き交渉の強い材料となります。遺品整理業者には「他社にも見積もりを依頼している」と事前に伝えることで、最初から値引き額を提示した見積もりをもらえることもあります。

数社から見積もりをとるのは時間がかかりますが、適正価格を把握し、正しい遺品整理業者に依頼するためにも訪問見積もりは必ず行います。

作業期日に余裕をもつ

遺品整理,料金

作業日を遺品整理業者に合わせると料金が安くなることがあります。
遺品整理業者は予定がない日や時間を減らしたいと考えているので「今月中ならいつでも大丈夫」や「この日なら、何時でも大丈夫」と作業時間を指定せずに依頼すると、値引きしてくれる場合もあります。

時間にゆとりのある方におすすめの方法です。

退去日が迫っている賃貸の場合などは、期日に余裕がないのでこの方法は使えません。
また、土日、祝日は遺品整理業者の予定が早く埋まるので、土日に作業をお願いしたい場合は1カ月以上前に見積もり依頼することをおすすめします。

安くて優良な遺品整理業者の理由

遺品整理,料金

遺品整理料金は遺品の量や質によってある程度の相場料金が決まりますが、企業努力によって安くしている料金幅も多少はあります。ここからは企業努力の例と見分け方をご紹介します。

リピーターや紹介が多い

利用者からの口コミ、または紹介で集客をしている遺品整理業者は、集客のための広告宣伝費に費用を投資しなくていいので、経費をおさえられます。

遺品整理は、故人の遺品を整理するだけではなく同時に、遺族の心の整理をするとも言われています。1つ1つの依頼に対して、誠実に丁寧に向き合ってきた遺品整理業者は自然と良い評判が広まります。

CMや新聞広告だけではなくリスティング広告やYouTube広告などインターネット上に広告を出稿する遺品整理業者も多くなりました。例えば「遺品整理業者」とインターネットで検索した時にPR広告として一番上に表示される業者やYouTubeでCMが頻繁に流れる業者は、毎月数十万円~100万円以上の高額の広告費使っています。

広告でよく見かける遺品整理業者が出す見積もりには、広告費が上乗せされてると考えた方がいいでしょう。

リユース・リサイクルルートが豊富

遺品整理,料金

回収した遺品を再利用するルートをたくさん持っている遺品整理業者は処分費を下げることができ、結果、依頼者が払う金額も下がります。

例えば、遺品には洗濯機や冷蔵庫などリサイクル家電があります。
リサイクル家電を廃棄処分する時には「リサイクル料金」や「収集運搬料金」などが発生し、合計3,000円以上支払わなければいけません。ですが、廃棄処分をせずにリユース処分ができるルートを持っている優良な遺品整理業者もいます。

リユースルートには
・国内で需要がある冷蔵庫はリサイクルショップに買取ってもらう
・国内では需要がない冷蔵庫を、東南アジアへ貿易品として輸出する

など国内外でのルートを持っている業者は遺品をゴミにしないことで処分料金を抑え、遺品整理料金に還元しています。処分ルートは簡単に作れるものではありません。

数十件以上ものリサイクル業者に交渉したり、海外輸出へのルートを開拓したりと企業努力の成果といえます。

廃棄物処分が安い地域

リユース・リサイクルできない遺品は、ゴミとして処理されます。そして、ゴミは遺品整理業者によって提携しているゴミ処理場に持ち込まれます。

ゴミの処分費用は、地域によって違います。
基本的に都心に行くほど高くなり,郊外になれば低くなる傾向があります。

例えば、名古屋市のゴミ処理施設「大江粉砕工場」では10kg毎に200円の処分料金が発生しますが、同じ愛知県の岡崎市では100kgまでは無料で処分ができます。

遺品整理でよく回収される家具は、1つあたり30kg以上あります。なので、遺品の量の違いは、支払う料金の違いとなります。

分別が細かく、リサイクルを徹底している

遺品整理,料金

良い遺品整理業者は、リユースできない家具や家電を再資源化して資源として業者に買い取ってもらっています。資源として売却し、廃棄処分費用を減らしています。

例えば,傷が多いタンスや汚れている食器棚などは家具としては買取ってもらうことはできませんが、取っ手やガラス部分を分解し「木」「金属」「ガラス」として分別し、それぞれを資源買取業者に買い取ってもらうことはできます。

分解は非常に手間がかかる作業ですが、地道な作業によって処分費用を減らして依頼者の遺品整理料金を安く抑えています。資源の買取業者を探して契約することは、遺品整理業者に実績と評判、必要許可がないと難しく、リサイクルルートを持っているということは企業の間でも信頼がある業者という証でもあります。

仲介業者でない

遺品整理,料金

インターネットで「遺品整理業者」と検索すると、関東圏であれば100社以上の遺品整理業者がヒットします。しかし、その中の数社は「遺品整理の仲介業者」です。

仲介業者とは、自分達では遺品整理をせず提携している遺品整理業者に依頼者を紹介し、その遺品整理業者から紹介料をもらうことで利益を得る業者のことです。紹介料の相場は、遺品整理の総額の20%~30%、また紹介1回つき3万~5万円が相場価格です。

遺品整理業者が仲介業者に支払う紹介料は、依頼者への請求金額に上乗せされますので、請求金額は、仲介業者を通さない場合に比べて1~3割高くなります。

仲介業者の見分け方をご紹介します。
遺品整理を頼もうとする業者の住所をインターネットで検索した時に、住所がアパートなどの1室になっていたら要注意です。さらにホームページを見て、トラックの保有台数や倉庫の記載、スタッフの写真がなければ仲介業者の可能性が高いです。

失敗しない遺品整理業者の選び方

遺品整理,料金

遺品整理は人生で何度も経験することではありませんので、1度の失敗は一生の後悔になることもあります。
大切な身内の遺品整理を失敗しないために「遺品整理業者の選び方」をご紹介します。

必要許可を取得している

遺品整理業者はサービス内容によっては自治体や警察から「許可」を取得する必要があります。例えば、遺品の買取りには警察署から古物商許可の承認が必要になります。

遺品整理先がゴミ屋敷状態で、生ゴミや汚泥の引き取りする場合は、一般廃棄物収集運搬許可が必要となります。一般廃棄物収集運搬許可は市区町村ごとに取得できる業者数が決まっている、限りのある許可ですので、持っていない遺品整理業者もいます。

一般廃棄物収集運搬許可を取得していない時には提携している廃棄物処理業者と協力して対応してくれる場合もあります。一般廃棄物収集運搬許可は各自治体のホームページから確認ができます。

もし、依頼しようと考えている業者が一般廃棄物収集運搬許可を持っていない場合、「許可を持ってないけど廃棄処分はどうされますか?」と確認をしてください。そのとき、話をすり替えられたり、明確に答えてもらえない場合は依頼しないほうがいいでしょう。

スタッフの対応が丁寧

良い遺品整理業者はスタッフの対応や身だしなみが心地よいです。

遺品整理は、単に遺品を処分するだけではありません。依頼者の不安や悲しみを和らげる、取り除くものでもあります。スタッフの対応が心地いい遺品整理業者は、社員教育が行き届いている証拠です。

正式に依頼する前にスタッフの対応を確認できるチャンスは、2回だけです。

1回目は、問い合わせの電話です。最初の電話では、現地見積もりの日程を決めるのが主となります。そのときの電話対応者の声のトーン、言葉遣いなどに注意してみてください。

状況や依頼したい内容をスムーズに聞き出してくれるのが良いスタッフです。

2回目は、訪問見積もり時です。
挨拶、身だしなみ、清潔感など接客業として最低限のラインをクリアしていることは見た目で分かります。見積り時間は30分~1時間くらいですが、短時間で遺品や室内から依頼者の気持ちを汲み取ってくれます。

スーツや制服で訪問する業者がほとんどですが、中にはスニーカーにTシャツなどカジュアルな洋服で現れる担当者もいます。見積もり時に不信感を感じたらその場では断らず、「後日、ご連絡します。」と早く帰ってもらうようにします。

見積書が詳細に書かれている

遺品整理,料金

誠実な遺品整理業者が出す見積もりは急いでいても、項目が詳細に書かれています。
例を紹介します。

【基本料金】
人件費(〇人分) 〇〇円
車両費(2tトラック〇台分) 〇〇円
運送費・交通費  〇〇円
簡易清掃費 〇〇円
資材費   〇〇円
リサイクル料金 〇〇円

【オプション料金】
遺品のお焚き上げ  〇〇円

【値引き】
紹介割引(値引き) -〇〇円

このように細かくわけて明細を出せる業者は、経験や実績がしっかりある信頼できる遺品整理業者です。不明点や疑問があれば、正式に依頼する前に確認しましょう。

また、後のトラブルを避けるために追加料金の発生について書いてもらうのをおすすめします(例えば「本見積書通りの作業であれば、追加料金は発生しません」など)。

見つけて欲しいものや残してほしいものがあれば、見積もり書の備考欄に書いてもらうと認識の相違を防げます。追加料金や取り置き品などは、後にトラブルになりやすいので、見積書などの書面にしっかり書いておくことが大事です。

遺品整理料金のまとめ

遺品整理,料金

遺品整理料金の料金の決まり方や安くするコツをご紹介しました。
遺品整理の料金には相場料金がありますが、企業努力によって安くできる部分も
数万円から数十万円程度あります。

遺品整理は一生に数回しか関わらないことなので、業者選びを失敗した時には深い後悔につながります。値段が安い事よりも値段が妥当であるかを基準に選びましょう。