豆知識


女性専用ページ
不用品回収

ベッド・マットレスが捨てたいのに運べない!タイプ別5つの解決策

引っ越しや買い替えでベッドを処分したい方が最初に気になるのは、ベッドを部屋から出す方法ではないでしょうか。一人暮らしの女性から「どうやって捨てればいいか分からない」というご相談もよくいただきます。

友人や知人に手伝ってもらう以外にもベッドを家から運び出して処分する方法があります。

この記事を読むと分かること
・友人や家族に頼らず、ベッドを捨てる方法
・ベッドの処分にかかる費用
・一人でベッドを運び出す3つのリスク


ベッド,捨てたい,運べない
【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけること仕事のやりがいとしています。

ベッド,捨てたい,運べない

ベッド,捨てたい,運べない

1.家族や友人に手伝ってもらう

ベッド,捨てたい,運べない
ベッドやマットレスを処分するとき、自分一人で運び出すのはほぼ不可能です。

身近に手伝ってくれる家族や友人がいる場合は、手伝ってもらう必要があります。家族や友人に運び出しを手伝ってもらう場合には、当日の作業がスムーズに進むよう、事前に段取りを済ませておくことが大切です。

事前準備は入念に

当日にはベッドを運び出せばすぐに処分できるよう、最低でも「予約」と「粗大ごみ処理券の購入」は済ませておきましょう。

粗大ゴミとしてベッドを戸別回収に出す場合には、自治体の粗大ゴミ受付センターに電話やネットで回収予約を申し込みます。自治体指定の販売店で粗大ゴミの処理券を購入し、当日までに、ベッドとマットレスに貼付しましょう。

持ち込み処分も予約確認

ベッドやマットレスをゴミ処理場に持ち込んで処分したい場合には、ゴミ処理場に連絡して申し込みを済ませておき、ベッドなどの運搬に使う車を手配しておきます。戸別回収や持ち込み処分の手順や金額は自治体ごとに異なるため、事前にルールの確認が必要です。

粗大ゴミの戸別回収は自分の好きな日に出せる訳ではなく、粗大ゴミ受付センターから収集日を指定されます。そのため、手伝いをお願いする場合には、収集日に合わせて相手のスケジュールを空けてもらわなければなりません。

集合時間に注意

粗大ゴミの回収時間に間に合わせるために、早朝から家族・友人を呼ぶことになります。

戸別収集では申し込みのときに「朝7:00-8:00の間に粗大ゴミ置き場に出すように」という指示を受けることがあるためです。夜間に排出すると放火などトラブルの元になることもあるため、基本的には当日の朝でなければ粗大ゴミを収集場所には出せません。

持ち込みも日時に注意

ゴミ処理場への持ち込み回収の場合は、営業時間・受付時間に合わせて集合時間を設定します。

ゴミ処理場の営業時間は平日9:00~16:30などとされているケースが多いので、手伝いを頼む際には、日付・時間帯について相手の許可を得ておくことが大切です。受付時刻は自治体・ゴミ処理場ごとに異なるため、ホームページなどで確認しましょう。

2.不用品回収業者なら簡単に捨てられる

ベッド,捨てたい,運べない
身近に手伝ってくれそうな知人や家族がいない場合には、不用品回収業者にベッドの回収を依頼するのが便利です。部屋の中からの運び出しから処分手続きまで全てスタッフが行うので、見ているだけでベッドが捨てられます。

利用方法

不用品回収業者を利用する場合には、自分の地域を対応エリアとしている不用品回収業者に電話やメールで問い合わせます。

インターネットで「住んでいる市区町村名 不用品回収」と検索すると、近隣の不用品回収業者を検索可能です。ベッドとマットレス1つずつであれば、訪問見積もりをせずに電話口で料金を伝えてくれることもあります。

金額とサービス内容に納得できればそのまま予約に進み、自分の都合のよい日時に回収してもらいましょう。

不用品回収業者のベッド処分料金

ベッドの処分料金は基本料金3,000円とベッドの処分費用約5,000円の合計約8,000円程度です。基本料金にはスタッフの人件費や作業費が含まれており、処分費用には回収した後に処分するための費用が含まれています。

自治体で処分する料金と比べると高く感じますが、知人の手を借りることなく好きな日時に自分だけで処分できる点が選ばれています。

悪質業者に注意

ベッド,捨てたい,運べない
残念ながら、不用品回収業者の中には、不当な高額請求などをしてくる悪質な業者も混在しているのが現状です。独立行政法人国民生活センターの消費生活相談データベースで「廃品回収サービス」を検索すると、2021年には1,424件の相談がありました。(参照:消費生活相談データベース(PIO-NETより)|独立行政法人国民生活センター)

よくあるトラブル事例
・高額請求
「ウェブから申し込んだ不用品回収業者から、サイトの広告と異なる高額な料金請求をされた」
・追加請求
「回収を頼みたい廃品以外の消火器や小型家電なども勝手に持ち出され、数万円の回収費用を追加請求してきた」
・不法投棄
「回収されたあとに近所の空き地に不法投棄されていた」

自治体や国民生活センター、環境省などでも、無許可の回収業者や廃品回収車を利用しないよう呼びかけられています。
あわせて読みたい
廃品回収車は違法!?トラブル体験談と不用品の安全な捨て方

不用品回収業者の選び方

ベッド,捨てたい,運べない
以下の3つの条件をクリアしている不用品回収業者から選ぶと失敗することはほぼなくなります。

(1)必要な資格許可がある
(2)見積もりが相場価格である
(3)スタッフの対応が良い

一般家庭の不用品を回収するには、一般廃棄物収集運搬業許可か古物商許可が必要です。自社には一般廃棄物収集運搬許可がない場合でも、許可を持つ別業者と提携すれば問題ありません。

見積もりが相場より安すぎる業者は、当日に追加請求してきたり、無茶なコストカットの末に不法投棄したりする恐れがあるので避けましょう。スタッフのマナーや態度は会社の経営状態や方針を反映するため、マナーの悪い業者は選んではいけません。

積み放題プラン

引越しで細々したものをまとめて処分したいときは、定額プランや軽トラ積み放題プランがある業者を選ぶと単品回収よりも安く済みます。ただし作業員が一人のプランでは、ベッドのように一人で運べないサイズの粗大ゴミの運搬を、依頼者が手伝わなければならない場合もあります。作業員の人数も含めて費用確認すると安心です。

あわせて読みたい
軽トラ積み放題でだまされない!料金・どれくらい載るかをプロが解説
ベッド,捨てたい,運べない

ベッド,捨てたい,運べない

3.買取業者を利用する

ベッド,捨てたい,運べない
ブランドベッドや未使用に近いベッドであれば買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらうこともできます。出張買取を利用すると自分で運べなくてもひきとってもらえます。

買取対象のベッド

状態の良い人気ブランドのベッドは、買取対象になりやすいです。

ベッド側面やヘッドボードなどに傷がなければ、状態が良いと言えます。目立たない程度の傷がある場合は、売却前に自分で補修するのも一つです。明らかに使用感のあるベッドは、買い手がつかないので売却は困難でしょう。

シモンズやテンピュールのような高級ブランドのベッドは、買値の40%程度で売れる場合もあります。ニトリや無印良品、ホームセンターやノーブランド品などのベッドの高額査定は難しく、状態がよくても買値の20%程度までが相場と言えます。

対応エリア内なら無料で出張査定してくれる業者も多いのですが、依頼前にホームページや問い合わせフォームなどで出張査定費の有無を確認しましょう。買取ってもらえないベッドでも、不用品回収業務も行っている業者ならば有料で廃品回収してもらうことが可能です。

マットレスの買取

マットレスの買取は、ほとんどありません。なぜなら、衛生面を気にして他人が使った中古ベッドを避ける人が多いため、中古市場での需要がないからです。ただし、シモンズなど有名ブランドのマットレスならば、未使用品は高額買取されるケースも見られます。

中古でも状態が非常に良ければ、買取ってもらえる可能性があります。

スプリングが壊れていたり、へたったりしているマットレスは、有名ブランドのものでも買取不可になる可能性が高いです。マットレスは肌に触れるものなので、シミやニオイなどが染み付きやすい家具です。状態が悪くなりやすいため、買取りはあまり期待できません。

4.引っ越し業者を利用する

ベッド,捨てたい,運べない
引っ越し業者によっては、引っ越しのついでに不要なベッド・マットレスの引き取り回収をするサービスを用意している業者もあります。

利用方法と料金

まずは引っ越し業者のホームページで、引っ越し時に不用品回収サービスを利用できることを確認します。次に問い合わせフォームや電話で引っ越しの見積もりを申し込み、「不要なベッドとマットレスの回収も頼みたい」と伝えます。

引っ越し当日にいきなり依頼しても断られる可能性が高く、仮に断られなくても追加料金が発生する可能性があります。引っ越し業者の迷惑になるので、必ず見積もり時に相談しましょう。

引っ越しのサカイのように、不用品の回収だけでなく買取対応をしている業者もあるため、状態の良いベッドなら売却することも可能です。

なお、ヤマトホームコンビニエンスの不用品買取サービスは2021年5月31日をもって終了しています。

引越し業者の不用品の回収料金は、引っ越し費用に加えて、1点あたり3,000~5,000円が相場です。

あわせて読みたい
引越しで粗大ごみの処分が間に合わない!5つの解決方法

5.一人で解体して捨てる

ベッド,捨てたい,運べない
運び出しを頼める知人がおらず、業者への依頼も避けたい場合には、自分ひとりでベッドやマットレスを解体して捨てる方法があります。非常に時間がかかりますが、数百円で処分できます。

電動のこぎりやボルトクリッパーなどの工具が必須であり、これらの工具を持っている・誰かに借りられるという方は、解体を検討するのも一つです。工具代だけで数千円するので、持っていない方には解体はおすすめできません。

ベッドの解体方法

基本的には1辺30cm以内のサイズまで解体すれば不燃ゴミや可燃ゴミに出せます。

解体に必要な道具
・ドライバー
・六角レンチ
・電気のこぎり
・ブルーシート

その他、目を保護するゴーグルや軍手、汚れてもいい長そで長ズボン・靴下を着用します。

まずは、ベッドの構造を見て解体可能であることを確認します。ブルーシートを敷いて、床板、ヘッドボード、脚など分解できる部分をすべて分解し、電動のこぎりで一辺30cm以下になるまで切断します。電動のこぎりが出るため集合住宅に不向きであり、用いる場合は早朝・深夜を避けましょう。

素材ごとに分別し、可燃ゴミは指定のゴミ袋にまとめ、金属部品は金属ゴミの指定日に出します。解体の所要時間には個人差がありますが、プロの業者でも30分程度かかります。一般男性でも1時間程度見込む必要があるでしょう。日曜大工に不慣れで腕力の弱い女性などでは、さらに時間がかかる可能性が高いです。

マットレスの解体方法

マットレスを解体するには布を切るはさみと、硬い金属を切断するボルトクリッパーが必要です。ベッドと同様に、ゴーグルや軍手も着用しましょう。ブルーシートにマットレスを置き、表面の布や中の綿をハサミで切断・除去していきます。

金属のスプリングコイルが出てきたら、ボルトクリッパーで切断して30cm未満のサイズにします。かなり手間がかかり、腕力も必要な作業なので、数日に分けて行うことをおすすめします。金属片で怪我をしないよう注意が必要です。

ベッド・マットレスの分別

ベッド,捨てたい,運べない
解体後には、素材ごとに分別していきます。木製ベッドは可燃ゴミ、パイプベッドは燃えないゴミとして扱います。マットレスは布資源または燃えるゴミと、金属ゴミに分別します。自治体ごとにルールが定められているため、ルールに従って分別しましょう。

ベッドは一人で運ばない方がいい3つの理由

ベッド,捨てたい,運べない
ベッドを一人で運ぶことはおすすめしません。その理由は次の3つです。

大きくて、重いので無理

そもそも自分の背丈よりも大きく、幅や厚みのあるものを一人で持ち運ぶのは無理があります。階段を降りるときは足元が見えず、通行人がいても見えづらいなどの問題があるためです。

標準的なシングルサイズのポケットコイルマットレスは20kg前後、ベッドフレームは40kg前後の重さがあります。重量、サイズともに、一人で持ち運べるようなものではありません。

怪我をしやすい

ベッドやマットレスを運び出すときには怪我をしやすいので、一人で運ぶのはやめたほうが良いでしょう。重いベッドを持ち上げるときに腰・腕・背中など全身に負担がかかり、急性腰痛症(ギックリ腰)などを起こす危険があります。

引越し業者で働いている方など、普段から重いものを持つことに慣れている方ならば問題ありません。しかし、腰に負担をかけない運搬法が身についていない方、特にデスクワークメインの方は、怪我のリスクが高いので注意が必要です。

室内や共有部分を傷つける

一人でベッドやマットレスを運んでいると、室内の壁紙やマンション共用部分の壁、エレベータなどを傷つける可能性が高くなります。一人で運んでいると、足元や壁に見えない部分が増えてしまうためです。

専門業者は運搬時に必ず養生をしていますが、素人が運び出す際には養生の手間を省いて失敗するリスクがあります。ベッドを安く処分できても、補修費用の方が高くなることもあるのです。住宅に傷をつけるリスクを減らすためには、養生してから複数人で運搬することをおすすめします。

自治体の運び出しサービス

ベッド,捨てたい,運べない
自治体によっては、粗大ゴミの運び出しサービスが用意されている場合もあります。利用条件や料金は自治体によって多少異なりますが、健康な30代には利用できないことが多いです。

厳しい利用条件

自治体の運び出しサービスには、利用条件が決められています。

例えば、母子家庭や65歳以上の高齢者のみの世帯、障害のある方のみの世帯で、身近な人などの協力が得られない場合に限られており、女性の一人暮らしなどは条件に当てはまらないことが多いです。利用条件に当てはまる場合は、管轄の清掃事務所に相談すると申し込めます。

運び出し料金

自治体が行う運び出しサービスの利用料金は、無料であることが多いです。粗大ゴミ自体の回収費用はかかりますが、運び出し作業に料金はかかりません。島根県松江市や兵庫県猪名川町など、地域のシルバー人材センターで粗大ゴミの運び出しサービスを紹介してくれるケースもありますが、その場合には1回につき1,000円~4,000円程度の料金が発生します。

ベッド・マットレスは粗大ゴミ

ベッド,捨てたい,運べない
ベッドやマットレスをゴミとして排出する場合には、粗大ゴミ扱いとなります。

粗大ゴミになる理由

自治体では、ゴミ収集車での回収が難しいゴミを粗大ゴミに分類しています。粗大ゴミの基準は1辺の長さが30cmを超えるゴミや、指定サイズのゴミ袋に入らないゴミなど、自治体によってさまざまです。ベッドやマットレスは大きいため、粗大ゴミに分類されます。

マットレスの分別に注意

スプリング入りマットレスを、適正処理困難物に指定している自治体もあり、そのような自治体では、粗大ゴミに出すことはできません。適正処理困難物とは、廃棄物処理法に規定される「適正な処理が困難であるもの」のことです。スプリング入りマットレスは、金属類と布類が混ざっているため、解体しないとゴミ処理場で処分できないため、適正処理困難物に指定されます。

適正処理困難物に指定されていても、さいたま市のように、処分料金を支払えば戸別収集してくれる自治体もあります。一方で、千葉市や栃木県佐野市のように受け入れていない自治体もあるので注意が必要です。受け入れのない自治体にお住いの方は、自分で廃棄物処理業者を手配する必要があります。

ベッド・マットレス5つの処分方法

ベッド,捨てたい,運べない
最後にこれまでご紹介したベッド・マットレスの処分方法の要点をまとめます。

自治体の粗大ゴミ回収

地域の粗大ゴミ回収の日に、ベッドとマットレスを処分する方法です。運び出しを手伝ってくれる知人がいれば、おすすめの方法と言えます。費用は自治体ごとに異なりますが、安く処分できるのがメリットです。シングルサイズならベッド、マットレスともに1000円台からの処分費用となることが多いです。

デメリットは、指定された日の朝に排出しなければならず、自分の都合が通しづらいことです。協力してもらう相手にも早朝対応を頼まなければならず、負担となります。自治体によっては、マットレスは適正処理困難物扱いとされ粗大ゴミ回収に出せない場合もあるので、事前確認が必要です。

処分場への持ち込み

自治体のゴミ処理施設に、ベッドとマットレスを自分で直接持ち込んで処分する方法です。戸別収集と同じく、運び出しの際に協力者が必要となります。メリットは、処分費が安いことです。合計重量によって費用を算出している自治体が多く、一般的なシングルベッド40kg、マットレス20kgの合計60kgであれば500円程度から処分可能となっています(費用は自治体により異なります)。

一方、自力でのベッド・マットレスの運搬に手間がかかるのがデメリットと言えます。ワゴン車、ミニバンなど、大型家具を運搬できる車両を手配し、最後まで運搬を手伝ってくれる人材を確保しなければなりません。車にベッドを運び込んだり運び出したりと、協力者の負担は戸別回収のとき以上に大きくなります。馴れない大型車両の運転にも、注意が必要です。

不用品回収業者の回収

不用品回収業者に依頼して、ベッドとマットレスを運び出してもらう方法です。手伝いを頼める知人がいないときに、最も簡単で現実的とも言える方法です。電話一本で依頼でき、最短即日で回収可能なのが大きなメリットと言えます。自分は運び出しを手伝う必要がなく、ただ見ているだけで運び出しから処分まで頼めます。

不用品回収業者のデメリットは、費用が自治体のゴミ回収より高くなることです。相場価格はベッドが3000円、マットレスが5000円程度です。また、悪徳業者を避けるための業者選びも重要となります。

リサイクルショップ

リサイクルショップにベッドとマットレスを買い取ってもらう方法です。買取可能なベッド・マットレスならばスタッフが運び出してくれるので、楽に処分することができます。また、買値が付けば収入になるのもメリットです。

デメリットは、使い古したベッドの買い取りがほぼ困難である点です。とくにマットレスは衛生面から敬遠する人が多いので、業者も買取に消極的になってしまうのです。人気ブランドの商品で、ほぼ未使用など状態の良い商品ならば売却を視野にいれるのも良いでしょう。

引越し業者

引っ越し業者の、不用品回収サービスを利用する方法です。引っ越しのついでに、不要なベッドとマットレスを処分できるので便利です。

引っ越し業者を利用するデメリットは、引っ越しのタイミングでなければ利用できないということです。不用品回収・買取サービスを展開していない業者もあるため、事前確認が不可欠となります。

あわせて読みたい
不用品処分・買取できる引越し業者8社と不用品回収業者安いのは

ベッドが捨てたいのに運べない時のまとめ

ベッド,捨てたい,運べない
1.家族や友人に手伝ってもらうときは日時に気を付ける。
自治体では持ち込み処分、戸別収集ともに平日にしか処分できないところが多い。

2.不用品回収業者は運び出しから処分手続きまで全て行ってくれる。
ベッドの処分費用は8000円程度。

3.買取業者を利用する方法もあるが、人気ブランドのベッドや未使用のベッドに限る。マットレスは買取対象外になりやすい。

4.ベッドの回収を行っている引っ越し業者もある。

5.一人で解体して捨てると時間はかかるが安く処分できる。

・ベッドを一人で運び出すと、怪我や家屋を傷つけるリスクが高いので避けた方がいい。

自治体のベッド運び出しサービスもあるが、年齢制限や家庭環境の条件があるので、学生や社会人は対象外となりやすい。

ベッド・マットレスは大きさや材質から粗大ゴミに分類される

ベッド・マットレスには5つの以下の処分方法がある。
・戸別収集
・持ち込み処分
・不用品回収業者
・リサイクルショップ
・引越し業者
それぞれにメリット、デメリットを比較して選ぶといい。
ベッド,捨てたい,運べない

ベッド,捨てたい,運べない
テレビ洗濯機冷蔵庫マッサージチェアベッド学習机電子レンジ座椅子プリンター炊飯器物置消火器カーペット日本刀亡くなった方の布団自転車金庫カラーボックス衣装ケーススーツケース婚礼家具家財整理ぬいぐるみ物干し竿毛布食器位牌エレクトーン灯油家具扇風機ゴミ箱

女性専用ページ