tel

豆知識

不用品回収

消火器3つの処分方法と費用・引き取り依頼先-処分するタイミング

家を購入した時から消火器を一度も触ったとこがない方も多いのではないでしょうか。
消火器には使用期限があり、切れているものは火災が発生した時に使用できません。

この記事を読むと消火器の処分方法が分かります。

1.消火器の3つの処分方法と費用

消火器,処分

消火器は廃棄物処理法に基づく一般廃棄物広域認定制度(リサイクル法)の対象となっているため、燃えるゴミや不燃ごみなど一般ごみと一緒に処分することが出来ません。
下記では、消火器の正しい処分方法をご紹介します。

1-1.引き取り処分する

消火器を引き取ってもらえる方法は大きく分けると3つあります。
「買い替えに伴い引き取りを希望する場合」、「処分だけをする場合」とで手順が異なるので、用途に合った処分方法を選びましょう。

消火器リサイクルセンターに依頼する
消火器リサイクルセンターの特定窓口は、主に「消火器の販売代理店」や「防災・防犯事業者」が担っており、全国に約5,200ヵ所あります。

「エアゾール式消火具」や「外国製消火器」は引き取り対象外で、この2つの処分方法はこのページの下部でご紹介します。

料金
料金はリサイクル料金(500円~600円)と収集運搬料金(1,000円~3,000円)を合わせた合計金額(1,500円~3,600円)になります。

2010年以降に購入した消火器は、最初からリサイクルシールが貼られているため、リサイクルシールは不要です。
2010年以前に購入したものやリサイクルシールの付いていない消火器は、リサイクルシールを購入し貼り付ける必要があります。リサイクルシールは特定窓口または指定引取場所にて購入することが出来ます。ただし料金はオープン価格ですので、特定窓口によって100円程度異なります。

収集運搬料金は地域によって異なりますが、1,000円~3,000円が相場となります。

手順
1. 手元にある消火器が「引き取り対象か」と「リサイクルシールの有無」を確認します。リサイクルシールが必要な場合は購入し、貼り付けましょう。
2. 自分の住む地域の特定窓口を検索し、引き取りの申し込みをします。
3. 収集運搬料金を支払い、処分したい消火器を引き取ってもらいます。

不用品回収業者に依頼する
不要品回収業者に消火器の引き取りを依頼することもできます。特定窓口や指定引取場所を利用するのに比べて1,500円程度高くなる場合もありますが、自宅まで訪問して回収してくれる上、リサイクルシールの有無にかかわらず引き取ってくれるので手間がかかりません。

料金
不用品回収業者に依頼した場合の料金は、基本料金(3,000円)+消火器の処分料金(2,000円)の合計金額(5,000円程度)になります。
基本料金には人件費や車両代、作業台が含まれ、処分料金は回収後に適切に処分するための費用が含まれています。

消火器の処分料金は、住宅用消火器で1本あたり2,000円程度、業務用消火器は3,000円程度です。

手順
1. 自分の住む地域の不用品回収業者を検索し、電話又はメールで問い合わせ、回収してもらう日時を決めます。
2. 回収日当日、回収作業が終わったら、業者のスタッフに料金を支払います。
支払方法は業者によって異なりますが、規模が大きい不用品回収業者ではクレジットカードの他、paypayやTポイントで支払える業者もあります。

1-2. 持ち込み処分する

処分,消火器

消火器を特定窓口又は指定引取所へ持ち込んで処分することができます。
指定引取場所は、「消火器メーカー営業所」や「廃棄物処理業者」が担っており、全国に約210ヵ所あります。

料金
指定取引場所であれば、費用はリサイクルシール代(500円~600円)のみとなります。

特定窓口に持ち込む場合は、リサイクル料金の他に保管費用がかかる場合があります。保管費用は家庭用消火器の小型のものは500円程度、業務用消火器の大型のものは1,500円~2,500円程度になります。いずれも、既にリサイクルシールが貼られているものはリサイクル料金を払う必要はありません。

手順
1. 手元にある消火器の品目を確認します。
2. 自分の住む地域の特定窓口を検索し、手元にある消火器が処分できるものかを問い合わせます。
3. 処分したい消火器を持ち込み、処分してもらいます。

販売店・事業者へ持ち込み処分する
新しい消火器を購入した際に古い消火器を無料で引き取ってくれる販売店や事業所もあります。

カーマ、ビバホーム、CAINZ、ロイヤルホームセンターなどでは購入した本数と同等の大きさの消火器を無料で引き取ってもらえます。ただし、引き取りの対象となる消火器は、販売店の販売器種と同等の消火器に限られます。また破損や変形がみられるもの、腐食している消火器は引き取ってもらえない可能性があるため、事前に消火器の状態を確認しておきましょう。

通販で購入する場合、引き取りプラン付きの消火器を購入すると、処分したい消火器を郵送し無料で引き取ってもらえます。ただし業務用小型消火器・住宅用消火器に限ります。その他にもピンを抜いてしまっている消火器は配送事故等にもつながるため引き取りが出来ないなどの条件があるため、購入したい消火器の概要欄を見て確認しましょう。

1-3. 郵送で処分する

エコリサイクルセンターへ消火器を郵送して処分することができます。
郵送できる消火器は「薬剤量3kg以下または3L以下の消火器」が対象になり、必ず事前に申し込みをしましょう。また、法人は利用できません。

料金
2021年1月8日現在、6,270円(税込み)です。
料金は申し込み後、消火器発送用の専用箱が送付された際に代引にて支払います。

手順
1. エコリサイクルセンターへ回収申込をします。
2. エコリサイクルセンターからゆうパック伝票、消火器発送用の専用箱などが送付されるので、代引きにて料金を払います。
3. 消火器を梱包し、ゆうパックにて集荷又は自分で郵便局に持ち込み、再資源施設に運んでもらい完了です。

2.消火器の有効期限

消火器,処分

「住宅用消火器」の使用期限は、おおむね5年です。「業務用消火器」は使用期限ではなく「設計標準使用期限」と表示されており、期限はおおむね10年です。

2-1.期限内でも処分対象の消火器

使用期限内の消火器だからと言って安全に使用できるわけではありません。
下記の5項目に一つでも該当する消火器は処分対象ですので、処分方法を検討します。

①キャップやホースが破損しているもの
消火器のキャップが破損することにより使用できなくなる場合があります。完全に割れてしまっている場合は、使用時の圧力により破裂する恐れがあります。
ホースが破損していると使用時に消化液が出なくなったり、ホースの傷から消火剤が漏れることもあります。

②本体に傷やへこみがあるもの
消火器のレバーや本体に傷やへこみがある場合、使用時の圧力により破裂する恐れがあります。

③腐食しているもの
自宅の屋外や軒下、水回りなどの湿気の多い場所や、直射日光のあたる気温の変化が激しい場所に置いたままにしておくと腐食が進みます。

腐食が進んだ消火器は、容器が黒く変色したり塗装の一部が剥がれています。使用時の圧力により破裂する恐れがあるため、速やかに廃棄処理をしましょう。

④ざらざらとした音がなる
消火器の本体を持ち上げて振った際に小麦粉が入っているようなサラサラとした音ではなく、塩が入ってるようなザラザラとした音が鳴る場合は中身の期限切れが考えられます。

消火器の中身が湿気により固まってしまうとざらざらした音になり、使用時にホースに詰まったり、綺麗に広がらず、消火できないことも考えられます。

⑤圧力ゲージの指針が規定値外を示している
指針が0.7~0.98Mpa以外を指しているしている場合は、薬剤が漏れている可能性があり、破裂する恐れがあります。

2-2.期限切れの消火器事故

老朽化し、腐食した消火器の使用により、思わぬ破裂事故を招くおそれがあります。消火器の整備点検を怠ることなく正しい管理を行いましょう。

事故例①…大阪市内の駐車場に置いてあった古い消火器が破裂し、小学生が重体となる事故が発生しました。
事故例②…福岡県で67歳の男性が、大阪市の事件を知り、自分で処理しようとレバーを握ったところ、底部が破裂し負傷した事故が発生しました。

事故の原因…消火器には「加圧式」と「蓄圧式」があり、事故が起きた消火器は、粉末式ABC10型の加圧式消火器です。この消火器は、加圧式ガスボンベを内蔵しており、レバーを握るとボンベの封板を破り、消火器内部の圧力を高めて消火剤を噴出する構造になっています。この内部圧力に老朽化した容器が耐えられなくなり破裂したため事故が発生してしまいました。

2-3.消火器の設置場所

消火器を正しい場所に設置すると、劣化のスピードを緩やかにし使用期限まで安全に保管できます。
消火器の正しい設置場所について、屋内の場合と屋外の場合との2つに分けて説明します。
屋内
台所の火元の近くや玄関、寝室などに設置するのが望ましいです。浴室など多湿の場所は、本体の錆びから破裂の恐れがあるため設置することは避けましょう。

屋外
専用の格納箱に収納しておくのが望ましいです。格納箱はホームセンターや通販などで3,200円~7,000円で購入することができます。

格納箱に収納できない場合は必ず直接水に触れない場所に設置しましょう。床面からの高さ1.5m以下に設置し、「消火器」の標識が見えるようにしておくといざというときにすぐに使用できます。また地震や振動で消火器が転倒、落下しないように安定させておくことも重要です。

エアゾール式簡易消火具について

消火器,処分

消火器の類似品でエアゾール式簡易消火具があります。
エアゾール式簡易消火具は消火器ではなく、商品に表示されている「小規模普通火災適応」、「てんぷら油火災適応」などの適応火災の絵表示によって使用目的が異なります。

そのため全ての火災に有効というわけではありません。

エアゾール式簡易消火器の処分方法をご紹介します。

エアゾール式簡易消火具とは

エアゾール式簡易消火具は、消火薬剤を液化ガス又は圧縮ガスの圧力により噴霧状等に放射して消火するもので、家庭内で発生する天ぷら鍋の油の過熱による発火、石油ストーブの注油中の引火による火災、火の不始末によるくずかごの火災などの「比較的初期段階」の火災に有効な消火具のことです。

処分方法

エアゾール式簡易消火具の設計標準使用期限は、製造年月より3年です。使用期限を経過したのものは、殺虫剤・化粧品などのエアゾール缶と同様、内部の薬剤・圧力を抜いて廃棄することができます。以下では詳しい処分方法を紹介します。

1. ごみ用の30L程度のビニール袋の中に数枚新聞紙を丸めて入れます。
2. 肌に消火剤がかからないように注意しながら、ビニール袋内に圧力が完全に抜けるまで中身の消火薬剤を放出します。
3. 内部の圧力を全部放出させた後の缶は、お住まいの地域の自治体のルールに従って処分しましょう。消火薬剤を吸い取らせた新聞紙は、燃えるゴミとして廃棄できます。

3.消火器を買い替える

市川市,洗濯機,処分

消火器は各家庭に1~2本設置することをおすすめします。マンションの場合は1本、戸建ての場合は各階に1本ずつ置いておくと、いざというときも安心できます。
消火器はホームセンター、防災機器取扱店、ガソリンスタンド、通販などで購入することができ、値段は3000円~6000円程度です。

3-1.消火器を買い替えるタイミング

使用期限を過ぎた消火器は破裂による人身事故の危険があるため、放置せず速やかに新しい消火器に取り替えましょう。腐食、キズ、変形などがみられる消火器も、たとえ使用期限に達していなくても直ちに交換する必要があります。

3-2.消火器を詰め替える

「住宅用消火器」は、構造上、薬剤の詰め替えができません。
「業務用消火器」は詰め替えることができます。消火器の詰め替えは「消防設備士」でないとできません。消防設備士は国家資格で、消防設備の設置・点検・整備を請け負っている会社・ビルメンテナンス業務を行っている業者に在籍しています。
有資格者を保有する業者に委託した場合や、市区町村での斡旋の金額はだいたい以下の料金になります。
4型粉末消火器…4,000円~
6型粉末消火器…5,000円~
10型粉末消火器…6,000円~

買い替える場合とさほど料金は変わらないので、5年に1回程度であれば買い替えた方がコストパフォーマンスが良いです。

消火器の処分方法のまとめ

今回は消火器の処分についてご紹介しました。

消火器はリサイクル法の対象となるため、一般のゴミと一緒に処分することはできません。処分する方法は「引き取ってもらう」、「持ち込んで処分を依頼する」、「郵送して処分してもらう」の中から自分の生活に合った方法を選び処分しましょう。

消火器には使用期限が定められていますが、期限内でも全ての物が安全とは限りません。
日頃から消火器の安全状態を確認して、万が一の時に備えるようにしましょう。