豆知識

遺品整理

人形の供養を無料でする方法と供養後の処分方法

押入れの奥で長い時間放置されていた人形をお持ちの方は多いのではないでしょうか。もう必要ないと思いながらも、魂も宿ると言われる人形を、燃えるゴミとして処分するのは気が引けるものです。

人形を捨てる時にはルールに従うと気を病むことなく処分できます。この記事では人形を無料で供養する方法をご紹介します。

記事を読み終わると人形を無料で供養する方法が分かり、すっきりと手放せます

人形の供養は無料でできる?

人形,供養,無料

結論からお伝えすると、人形の供養は無料でできます。
人形を供養する方法は大きく分けると2通りあります。

1つ目は葬儀場や人形店、地域のイベントで開かれる供養祭を利用する方法で、2つ目は自分で供養する方法です。
それぞれの手順や概要についてご説明します。

供養祭を利用する

葬儀場や人形店では、年に数回、人形祭や供養祭等のイベントを開催しており、その多くが無料で人形を供養してくれます。葬儀場が提携する僧侶による供養を受けることができます。

人形の種類には制限は設けられていないことが多いので、リカちゃん人形からフランス人形まで幅広い人形が持ち込まれています。ただし、一家族につき3体までと数量には制限がかけられているため、雛人形を一度に供養してもらえません。

葬儀社や人形店で開催されるイベントは、インターネットで「市区町村名 葬儀社 供養祭」または「市区町村名 人形 供養祭」と検索することで簡単に調べることもできます。
地域で開かれる供養祭の場合は2か月前から人形店の店頭にポスターが掲示されますし、地元の広報誌にも情報が記載されています。主催者は地元の商工会議所であることも多いので、「市区町村名 商工会議所 供養祭」と検索してもサイトにつながります。

自分で供養する

自分で人形を供養する手順をご説明します。この方法は宗派や形式的なものにこだわらない方にはおすすめで、手軽で簡単にできます。

塩と人形1体が包める大きさの和紙や包装紙を用意し、やわらかい布できれいに拭いた人形を紙の上に置き、塩を振りかけます。購入した時の思い出や一緒に遊んだ記憶を思い返し、感謝の気持ちを伝えることが人形への供養になります。

感謝の気持ちを込めたら、敷いていた和紙や包装紙で人形を包み、自治体でのルールに従ってゴミとして処分します。供養が済んだ人形はただのモノになるとされているため、ゴミとして扱っても問題ありませんが、この考え方に抵抗がある方や形式を重んじる方は処分した後に後悔が残るので、自分で供養、処分することはおすすめしません。

自分で供養する場合のメリットは供養の費用がかからないことです。

供養した人形の処分方法

自分で供養した人形を処分する方法は以下の3通りあります。
1.ゴミとして処分する。
2.買取業者を利用する。
3.ネットオークションやフリマアプリで売る。

自身の状況に応じて、最も合った方法で処分することがおすすめです。

お焚き上げについては、自治体や消防法で禁止されている場合が多く、個人で行うことはおすすめできません。
人形の中でも処分しにくい雛人形を例に処分方法とメリット、注意点をご紹介します。

燃えるゴミ、燃えないゴミとして処分する

人形,供養,無料

供養の済んだ人形は魂が抜けてモノになります。そのため、雛人形を家庭ゴミとして処分して問題ありません。

雛人形は土・木・紙・布から作られることが一般的ですが、自治体により分別方法が異なるため、事前にゴミの分別ガイドブックや自治体のホームページで確認しましょう。

雛人形の場合、ガラスケースに入っていることや、小物が金属でできている場合があります。7段飾り以上の土台骨組みは金属でできており、粗大ゴミとして分類される場合が多いので、人形とは別に処分することになります。

形式上は供養が済んでいても人形をそのままゴミ袋に入れることに抵抗がある方や近所の目が気になる方は、浄化作用があると言われる白色の布や、白色の紙袋に入れてからゴミ袋に入れます。

人形によっては小物や装飾品がついており、ゴミとして処分する際に分別が必要となる場合があります。例えば、フランス人形は目がガラスでできているものもあり、一般的にガラスは燃えないゴミや資源ゴミに分類されるので、取り外さなければなりません。

供養後の処分段階で止まってしまわないように、自分で供養する前には人形の種類や材質を確認しましょう。

買取業者を利用する

雛人形のうち、時代雛や大橋弌峰などの人気作家の作品は高額で買い取ってもらえるケースがあります。
雛人形は海外で高く売れる可能性があるとのことから、貿易での処分ルートを持つ買取業者に15,000円で買い取ってもらえた事例もあります。海外に貿易に出される場合にはガラスケースに入っているものの方が運びやすいので、買い取られる可能性も高いです。

ネットオークション・フリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリで売る方法もあります。
フリマアプリの利用者で雛人形の購入者は20代後半~30代の女性が多いので、コンパクトでかわいらしいデザインのものが人気です。

雛人形の中古品としての取引履歴は2000円~5000円と安い価格帯のものが人気です。

埼玉県で人形の供養が無料でできる神社

埼玉県内で無料の人形供養ができる神社はありませんが、無料で供養できるイベントは複数あります。一部をご紹介します。

埼玉県で人形の供養が無料でできるイベント

1.春の人形供養祭
場所:メモリアルルーム新座(埼玉県新座市馬場1-9-3)
開催日:4月(例年)
受付時間:10:00~13:15
備考:一般の方で人形3体まで無料※4体目から500円
持込不可:ケース、ひな壇、ガラス、金属類
開催:福祉葬祭

2.供養祭
場所:JAさいたまあぐりセンター(埼玉県さいたま市北区宮原町1-146-1)
開催日:9月(例年)
受付時間:9:30~10:30
持込不可:ケース、ひな壇、ガラス、金属類
開催:JAさいたま

3.秋の人形供養祭
場所:北浦和ホール(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-19-13)
開催日:10月(例年)
受付時間:10:00~13:15
内容:一般の方で人形3体まで無料※4体目から500円
持込不可:ケース、ひな壇、ガラス、金属類
開催:福祉葬祭

4.人形供養祭
場所:花ぜんセレモニー f・リビング
開催日:12月(例年)
受付時間:10:00~15:00
持込不可:ケース、ひな壇、ガラス、金属類
開催:花ぜんセレモニー

埼玉県で人形の供養を有料でする3つの方法

イベントは開催時期が決まっているため、タイミングが合わない場合はいつまでたっても人形の供養が進みません。ここからは有料で人形の供養を処分できる方法を3つご紹介します。

1.お寺や神社で供養してもらう。

お寺や神社で供養する場合、供養料のほかに「お布施」や「初穂料」「玉串料」が必要です。供養料は場所によって異なりますが、1体につき500円~3,000円が相場で、場所によっては数に限らず一律5,000円のところもあります。

埼玉県さいたま市岩槻区は、人形のまちとして全国的にも有名で、人形供養祭を開く神社やお寺も多いので、一部をご紹介します。2020年10月現在は新型コロナウィルス感染症対策のため、人形は郵送でのみ受け入れており、持ち込み受付を中止しているお寺もあります。
最新の情報は各サイトからご確認ください。

蓮浄院
注意点:供養料を別途支払えばガラスケース等も受け入れてもらえます。2020年10月現在は新型コロナウィルス感染症対策のため、人形は郵送でのみ受け入れており、持ち込みはできません。

越谷香取神社
注意点:ガラスケース等を含め45リットルの袋1つにつき5,000円で受け付けています。袋が3つ以上になるときは別途料金の相談が必要です。

所澤神明社
注意点:ガラスケース等の飾り棚を受け入れてもらえませんが、人形の数が少ない方は玉串料が安くなる可能性があります。2020年新型コロナウィルス感染症予防対策のために、供養祭の中止が発表され人形を郵送で受付しています。コロナが収束した後、郵送での受付を中止し、持ち込み処分だけになることもあります。

郵送

郵送で人形の供養を受け付けてくれる神社や祭りを紹介します。
日本人形協会に代行を依頼する。
次に、日本人形協会の代行サービスを利用すると、1箱5,000円で年中いつでも協会が人形を引き取り、供養までしてくれます。しかし、送料も別料金なことや、箱のサイズによって料金が大きく変わってくるため、事前の確認が必要です。

最後に、ビッグひな祭りでは、供養料や人形の保管料で5,000円~8,000円の費用が必要となり、毎年費用が異なります。また、一定数の雛人形が集まると、受付を締め切ってしまうことや、受付期間が2日間だけと短いケースがあるため注意が必要です。

所澤神明社
注意点:遠方にお住いの方や、人形の数が少ない方にはおすすめの方法ですが、人形本体しか受け入れてもらえないため、ガラスケースや飾り棚のともなう大きな雛人形はおすすめできません。

日本人形協会
注意点:ガラスケース以外の飾り棚も受け入れてくれるため、3段飾りの雛人形等はおすすめです。しかし、大き過ぎるもの、例えば170cm以上の大きさや30㎏以上の重さのものは受け入れてもらえませんので、ご注意ください。

ビッグひな祭り
注意点:ガラスケース・飾り棚を含む、すべての雛人形を受け入れてくれます。料金も大きさにかかわらず、一律で受け入れてもらえるため、大きな雛人形をお持ちの方にはおすすめです。送料も個人負担のため、小さな雛人形の場合は割高になってしまうケースや、受付期間が短い可能性があります。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者では希望すると人形の引き取った後、供養してから処分してくれます。

料金相場は7段飾りの雛人形で10,000円、3段飾りのもので7,000円で、この中に供養料と出張手数料、処分費用が含まれています。買取もしている遺品整理業者では状態が綺麗で、有名作家の作品を買取りしてくれることもあります。

ReLIFEでは人形の供養が得意なさいたま市の遺品整理業者全国の遺品整理業者をご紹介しています。

コロナで変わる人形供養

2020年10月現在は新型コロナウィルスの影響により、人形を供養できる多くのイベントが中止となってしまっています。一部のイベントは方法を変えて開催を予定しています。

蜜や空間を作り出すことや接触を避けるため、従来のように人形を直接持ち込むことが禁止され、郵送で供養する人形の受付を行っています。
福祉葬祭、JAさいたまの人形供養祭は開催未定となっていますが、花ぜんセレモニー(http://hanazen-ceremony.co.jp/)の人形供養祭は、しっかりとコロナ対策をとった上での開催を予定しています。
参考:第12回人形供養祭

人形供養をする時期

人形を供養するタイミングは十数年に1度しかないので、一度逃すと先延ばしになってしまい、遺品整理に対象にもなりかねません。ここからは雛人形を処分する3つのタイミングをご紹介します。

嫁に行ったとき

雛人形は、女の子の成長と幸せを願って飾られるものです。そのため、女の子が無事に成長し、育った家を離れる「結婚」は役目を果たしたとも考えられます。

実家に残された雛人形は将来、遺品整理の対象となり、子供や孫の世代が雛人形の処分に困ることもあります。持ち主である娘が嫁いだ時は雛人形を処分するタイミングの一つです。

使わなくなった時

子どもの成長につれ雛人形を3年以上飾らなくなった時も処分するタイミングの一つです。7段飾りの雛人形は大きくなるほど小物が多くなり、飾るのに時間がかかります。ひな人形を飾るのが面倒だと感じ始めたら処分しても良い時期は近づいています。

思い立った時

断捨離や生前整理、遺品整理、引っ越しで雛人形をしまうスペースがなくなったときや「もういらないのでは…?」と考えたら処分時です。家を変える時には生活スタイルや家族構成の変化があり人生の分岐点とも言えます。
また、「もういらないのでは…?」と考える時にはその背景にいらなくなった理由が必ずあります。なぜ、いらないと思ったのかを突き詰めると手放す決心がつきます。

人形が捨てられない理由

人形が捨てられない理由のほとんどは科学的根拠のない心理的なものです。
日本の言い伝えには人形には魂が宿るとされており、「人形を捨てたら不幸が続いた」など怖い話の題材にもされます。

呪いや魂は科学的根拠はありませんが、日本人には根付いている考え方ですので、人形が捨てにくくなってしまいます。心理的原因を取り除くためにも供養があると考えられます。

手のひらサイズのひな人形も人気

マンション住まいの家庭が増えたので、カウンターやテレビボードに飾れるコンパクトなサイズの雛人形も人気です。
お内裏様とお雛様の2人だけがガラスケースに入っているものは飾る時間も短くて済みますし、手のひらサイズの雛人形は、収納スペースも取りません。

人形の供養を無料でする方法のまとめ

人形の供養を無料でする方法は「葬儀場や人形店で開かれる供養祭を利用する方法」または「自分で供養する方法」の2つあります。

自分の好きな時に人形の供養をしたい時には有料になるケースが多く、「神社」「お寺」「遺品整理業者」「人形供養専門店」など選択肢が広がります。供養方法は無料でも有料でも問題なく、大切なことは人形へ感謝の気持ちを伝えることです。

人形を供養するタイミングは十数年に1回しかありませんので、逃さないよう人形の供養や処分をします。