豆知識

不用品回収

世田谷区でベッドを処分する方法ー最安値は200円・買取・無料処分はできる?

生活の中で引っ越しや子供の成長によりベッドを処分する機会がでてきます。
ベッドは家具の中でも大きく、場所を取るため不要となったらすぐに処分したいものです。しかし、「処分したくても処分方法が分からない」「重くて処分するために運び出すことができない」と悩むものです。

この記事を読むと、世田谷区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

世田谷区でベッド・マットレスは分けて処分


世田谷区では1辺の長さが30cmを超える耐久消費財と呼ばれる家具などの長期間使用できるものは粗大ごみに分類されます。そのため、ベッドとマットレスはどちらも粗大ごみとして処分することが出来ます。
同時に処分することができますが、ベッド、マットレスそれぞれに粗大ごみの処理手数料がかかります。

ベッド・マットレスが何ごみになるか確認する方法

ベッド、マットレスともに粗大ごみとして処分しますが、ベッドは大きさ、材質で、マットレスは大きさにより処理手数料が変わります。

まずベッドがパイプベッド、ソファーベッド、サマーベッド、二段ベッド、三段ベッドのいずれかでないかを確認しましょう。二段ベッド、三段ベッドの場合は、梯子も一緒に粗大ごみとして処分できます。

それ以外のいわゆる普通のベッドの場合は、ベッドの大きさを確認しましょう。同様にマットレスの大きさも確認します。

長さを計る

ベッド、マットレスの大きさがシングル、セミダブル、ダブル、ベビーベッド用などによって手数料が変わります。
大きさが不明な場合は、ベッドの1番長い辺をメジャーで計ります。下記のサイズを目安にサイズの確認をしましょう。

【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

世田谷区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法


世田谷区では、戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法があります。
粗大ごみの収集は、有料で事前申込制です。

令和2年7月14日現在、申込みが混み合い受付から収集まで4週間程かかるため処分をするのに時間を要します。

また、家から収集場所までベッドを運び出す作業も必要です。
時間に余裕があり、自宅から運び出せる方におすすめの方法です。

手順

①インターネット又は電話で粗大ごみ収集の受付をする。
インターネット、電話のどちらかで受付をします。受付の際に収集日、指定場所、手数料のシールの枚数、金額を確認します。

【インターネット受付】 
https://www.sodai-setagaya.jp/ 
受付時間:24時間・毎日
パソコン、携帯、スマートフォンから受付可能

【電話受付】 
世田谷区粗大ごみ受付センター
電話番号:03-5715-1133
受付時間:月曜日~土曜日 午前8時~午後9時(日曜日及び12月29日~1月3日は除く)
②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する。
収集日までに世田谷区内の「有料粗大ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店、スーパー、コンビニエンスストアなどで購入します。購入する金額は受付時に確認した金額を買います。粗大ごみ1点ごとに手数料が必要なのでベッド、マットレスそれぞれの分が必要です。
取扱店一覧
③有料粗大ごみ処理券を貼って指定場所に出す。
ベッドやマットレスに購入した有料粗大ごみ処理券を貼り、収集日の午前8時までに指定場所に出します。自宅の場合は玄関先など分かりやすい場所に出します。集合住宅の場合は粗大ごみ置き場又は1階共有玄関前の敷地に出します。立ち会いは不要です。

料金

ベッド料金表

シングル 1,200円
セミダブル 1,200円
ダブル 2,000円
二段ベッド(梯子を含む) 2,400円
三段ベッド(梯子を含む) 3,600円
パイプベッド 1,200円
ソファーベッド 2,000円
サマーベッド 400円

マットレス料金表

シングル 1,200円
ダブル 1,200円
ベビーベッド用 400円

※解体しても手数料は変わりません
※この項目以外のベッド、マットレスは粗大ごみ受付センター(03-5715-1133)に問い合わせましょう。

注意事項

週始めの月曜日や火曜日の午前中、3月、4月の引越しシーズンや連休明け、年末年始などは電話受付が混み合います。混み合っている場合はテープが流れますが、そのまま電話を切らずにお待ちください。

言語や聴覚に障害がある方はFAX(03-6673-4243)での受付も可能です。

世田谷区でベッド・マットレスを持ち込み処分する


世田谷区に住んでいる場合、ベッドやマットレスを「船橋粗大ごみ中継所」に自分で持ち込み、処分する事ができます。戸別収集では収集までの時間がかかるため、処理施設への持ち込みの方が早く処分することが出来ます。

しかし、持ち込みできる曜日が受付時に指定された土曜、日曜に限られているため注意が必要です。

また自分で持ち込まなければいけないため、ベッドやマットレスを運ぶ事のできる車も必要です。運ぶことの出来る車がある場合は、処分手数料が戸別収集の半額になるため費用の面からおすすめの方法です。

手順

①インターネット又は電話で粗大ごみ収集の受付をする
インターネット、電話のどちらかで受付をします。持ち込める日は指定された土曜日と日曜日に限られます。
受付の際に持ち込み日、手数料のシールの枚数、金額を確認します。

【インターネット受付】 
https://www.sodai-setagaya.jp/ 
受付時間:24時間・毎日
パソコン、携帯、スマートフォンから受付可能

【電話受付】 
世田谷区粗大ごみ受付センター
電話番号:03-5715-1133
受付時間:月曜日~土曜日 午前8時~午後9時(日曜日及び12月29日~1月3日は除く)
②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入して、貼る。
収集日までに世田谷区内の「有料粗大ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店、スーパー、コンビニエンスストアなどで購入します。購入する金額は受付時に確認した金額を買います。粗大ごみ1点ごとに手数料が必要なのでベッド、マットレスそれぞれの分が必要です。
有料粗大ごみ処理券に「受付番号またはお名前」及び「持込日」を記入し、品目ごとに貼ります。
取扱店一覧

③持込の指定日当日に処理施設にベッド、マットレスを持ち込む
受付で指定された日に、申し込み者本人または同一世帯の方が自家用車で持ち込みをします。運搬業者に依頼して持ち込むことはできません。持ち込む際には申込者の本人確認ができる書類、証明書等を持参します。
ベッド、マットレスの荷降ろしは自分で行います。

料金

持ち込み処分の場合、手数料は戸別収集の半額です。

ベッド料金表

シングル 600円
セミダブル 600円
ダブル 1,000円
二段ベッド(梯子を含む) 1,200円
三段ベッド(梯子を含む) 1,800円
パイプベッド 600円
ソファーベッド 1,000円
サマーベッド 200円

マットレス料金表

シングル 600円
ダブル 600円
ベビーベッド用 200円

※解体しても手数料は変わりません。
※この項目以外のベッド、マットレスは粗大ごみ受付センター(03-5715-1133)に問い合わせましょう。

持ち込み可能な施設

世田谷区の持込可能な施設は1ヶ所です。

名称 船橋粗大ごみ中継所
住所 東京都世田谷区船橋7丁目21番15号
電話番号 03-5715-1133(粗大ごみ受付センター)
持ち込み日 申し込み時に指定された土曜日・日曜日
持ち込み時間 9:00~12:00、13:00~15:30

案内図

注意事項

持ち込みは1日1回、1回あたりの個数は10個までの制限があります。
週始めの月曜日や火曜日の午前中、3月、4月の引越しシーズンや連休明け、年末年始などは電話受付が混み合います。混み合っている場合はテープが流れますが、そのまま電話を切らずにお待ちください。
言語や聴覚に障害がある方はFAX(03-6673-4243)での受付も可能です。

不用品回収業者に引き取ってもらう

世田谷区,ベッド,処分
引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者にお任せできます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

世田谷区には不用品回収業者が20社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

ReLIFEでは安心してご利用いただける不用品回収業者をご紹介しています。右下のチャットからのご相談も受け付けています。
世田谷区の不用品回収業者を探す

世田谷区でベッドを買取

世田谷区,ベッド,処分
世田谷区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

世田谷区,ベッド,処分
リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

世田谷区でベッド・マットレスを無料処分する方法

世田谷区ではベッド・マットレスを解体したとしても可燃ごみ、不燃ごみに出すことは出来ません。そのため自治体のゴミ回収で無料処分出来る方法はありません。

しかし、リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

世田谷区でベッドを処分する方法のまとめ

世田谷区でベッドを処分する方法は粗大ごみとして処分する方法が一般的です。戸別収集も行っていて、自宅前まで回収に来てもらえるため便利です。しかし、現在収集までの期間が4週間程かかります。

早く処分したい場合は不用品回収業者に依頼する方法もあります。その際は見積もりを3社以上から取り、妥当な料金を把握してから依頼することをおすすめします。

処分料金を抑えたい場合は、処理施設へ持ち込みをすることで粗大ごみの処理手数料は戸別収集の半額になります。また、人気のあるブランドベッドは、リサイクルショップやフリマアプリでの販売により無料処分が可能です。