豆知識

不用品回収

2トントラック積み放題で損しないコツと料金相場|4つの安くするコツ

引越しや遺品整理、空き家の不用品回収で利用されるのが、2トントラック積み放題プランです。

・2トントラック積み放題の料金が知りたい
・2トントラックにはどれくらい載るのか知りたい
・絶対に損はしたくない!

お問い合わせ時には上記のようなご相談をよくいただきます。

2トントラックを初めて利用する方に向けて、不用品回収業者のプロが損しない方法をメインに執筆しました。



【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけることを仕事のやりがいとしています。


2トントラック,積み放題

2トントラック,積み放題

2トントラックの積み放題プラン

2トントラック,積み放題

人気の2トントラック積み放題プランの料金相場やサービス内容などを解説します。

パックプランの料金相場

2トントラック積み放題プランの相場料金は60,000円から80,000円程度です。

相場料金の幅が大きいのは2トントラックに3種類以上あり、タイプと荷台の形状によって積載量が異なるからです。さらに、回収する不用品の種類や作業内容によっては別途追加料金が加算されるため、費用の幅が大きくなります。

プランに含まれる内容

2トントラックの積み放題料金には、基本料金と見積もり費用、作業スタッフの人件費、車両費、不用品回収費、積み込み作業費が含まれています。2トントラックの作業は基本的に2名体制なので、人件費には2人分の出張費が含まれているのが一般的です。

基本料金に含まれる内容は、それぞれの不用品回収業者が独自に設定しています。

そのため、実際に契約する前には基本料金や作業内容を確認することが大切です。パック料金に含まれていない作業には追加料金が発生する可能性があるため、事前に見積もりをとってサービス内容を漏れなく確認しましょう。

追加料金が発生するケース

回収する不用品の種類や作業内容によっては、追加料金が発生することもあります。

「追加料金の例」
・スタッフの増員…1名につき10000円~15000円追加
・2階以上でエレベーターがない部屋
・深夜・早朝の作業
・未分別の不用品を片付け作業から依頼するケース

やや特殊な例では、回収品の供養を希望すると供養費が追加されます。

不用品回収業者側は、運び出しの経路を確認するまで追加料金の有無を把握できません。そのため、訪問見積もりをしなければ正確な料金が分からない点に注意が必要です。

2トントラックに載る目安

2トントラック,積み放題

2トントラック積み放題で回収できる不用品の量は、1Kから2DK程度までの単身世帯・2人暮らし世帯の荷物量が目安です。

2トントラックの積載量は、トラックの形とサイズによって2.5畳程度の差が出るので注意しましょう。

トラックと荷台の形

2トントラックには「ショート」「ロング」「ワイド」の3種類があり、さらに荷台の形状は「箱型」と「平ボディ」の2通りに分類されます。ショートは約3畳、ロングとワイドは5.5畳の面積となります。

箱型は宅配業者や生協のトラックのような貨物運搬に適したバンの形状です。

平ボディは屋根や壁がなく荷台の上にベニヤ板を立てただけの形状であり、不安定になりやすいため積み込める不用品の量は少なめになります。

不用品回収業者でよく用いられる3パターンの2トントラックについて、具体例を交えて積載量を解説します。

2トントラック箱型

2トントラック箱型は3畳程度の広さで、目安として1Kから1LDK(2DK)程度の間取りの荷物を載せることが可能です。そのため、単身世帯や荷物が少ない2人暮らし世帯などの荷物量を運び出すのに向いています。

「2トントラック箱型に積める不用品」
具体的には、自転車や食器棚、中型サイズまでの冷蔵庫、ドラム式以外の洗濯機、シングルベッド、ふとん、電子レンジ、3段以下のカラーボックス、衣装ケース3~5個、小型のダンボール10箱程度を積載できます。

就職・転勤で引越しする方や独り暮らしの人、同棲・結婚を機にいらなくなった家具・家電をまとめて捨てたいカップルなどに需要のあるプランです。

2トントラック平ボディ

2トントラック平ボディは3畳程度の広さがあり、1Kから1DK程度の単身者の不用品回収に適した車両です。壁の代わりにベニヤ板を立てて固定しているため背の高い荷物は、横にして載せることになります。

「2トントラック平ボディに積める不用品」
1人暮らし用の小型冷蔵庫や容量5kg程度の小型洗濯機、電子レンジ、炊飯器、3段チェスト、衣装ケース1個、テレビ、テレビ台、シングルベッド、小型ダンボール10個弱を積み込むことができます。

1人暮らしの学生や社会人が、新生活を始めるにあたって古い家具・家電をいくつか処分したい場合などには、2トントラック平ボディで十分といえます。

2トントラックワイドロング箱型

2トントラックワイドロング箱型の荷台の広さは約5.5畳です。2DK~2LDKくらいの間取りで、荷物の多い2人暮らし世帯に向いています。3トントラックと同じくらいの体積が載せられるので、子供が小さいファミリーの家財一式も載せられます。

「2トントラックワイドロング箱型に積める不用品」

具体的には、タンスや食器棚、5ドア冷蔵庫やドラム型洗濯機、電子レンジ、パソコン、エアコン、シングルベッド、衣装ケース3個前後、ダンボール20箱であれば積載可能です。

大型家具・家電を処分したい人や、引っ越しに伴い大量の不用品を処分したい人などには、2トントラックワイドロング箱型が適しています。

2トントラック積み放題での失敗例

2トントラック,積み放題

2トントラックの積み放題での失敗例には共通点があり、おもに以下の3パターンに分けられます。

よくある失敗例と対処法を解説します。

1.載り切らない・スカスカ

2トントラックに載りきらなかったり、全部積み込んでも半分以上トラックのスペースが余ってしまったりして「失敗した」と感じる人が多いです。

載りきらなければ追加料金が発生しますし、余白だらけだと費用が無駄になるので積載量ミスは可能な限り避けなければなりません。不用品の量を独断でざっくりと予測して依頼したり、訪問見積もりを利用しなかったりすると、積載量の判断ミスが起こりやすくなります。

スタッフの技術が重要

積載量は業者スタッフの技術によっても多少変動します。

担当スタッフが積み込み作業に馴れていて、不用品を隙間なく載せられる人ならば積載量を増やせます。積み込みスキルの高いスタッフは規模の大きい業者に多い印象です。社員への教育制度が行き届いているからでしょう。

スカスカの対処法

積載量の判断ミスを避けるための現実的な方法は、契約前に業者に訪問見積もりに来てもらうことです。

事前に業者に現場を確認してもらうと、不用品の量に応じてワンサイズ小さいトラックを手配したり、回収日を2日に分けて作業したりといった柔軟なプラン変更を提案してもらえます。

2.追加料金が発生

当日になって追加料金が発生することはよくある失敗例です。
状況や回収する不用品の種別によって、悪徳業者ではなくても追加料金が発生します。

料金定額といわれる積み放題プランでも、作業内容によっては追加料金が生じることがあります。事前に業者から十分な説明がなかった場合には、トラブルにも発展しかねません。

たとえば、冷蔵庫や洗濯機のような家電リサイクル法対象家電を処分する場合には積み放題プランの料金とは別に家電リサイクル料が発生します。

エレベーターのない上階から搬出作業や、早朝・深夜の対応なども追加料金が加算されやすいケースです。

追加料金の対策
追加料金の発生を防ぐには、契約前の訪問見積もりを受けることです。

不用品の種類や量、部屋の階層などを業者に確認してもらったうえで正確な費用とサービス内容を教えてもらえます。

3.トラブルに巻き込まれた

不用品回収業者を利用した際に、近隣トラブルや物損トラブル、不法投棄などさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

作業時の騒音でマンションの隣室からクレームが入ったり、雑な搬出作業によって壁などを傷つけられたりするのがトラブルの一例です。マナーが悪くて配慮が行き届いていない業者を選んでしまうと、失敗するリスクが高くなります。

トラブル回避法

被害を避けるためには、業者スタッフのマナーを事前に見極めることが重要です。

悪質業者は社員教育にコストをかけませんが、良質な業者は予算を投じて社員教育を施しています。そのため、電話応対や訪問見積もりに来たスタッフの接遇マナーがよい業者を選ぶと、トラブル回避につながります。

不法投棄や強引な買取などのトラブルを起こす悪質業者は、提示料金が安すぎる業者に多く見られます。具体的な被害例やトラブルに合わないためのポイントを次に解説します。

悪質な業者に注意

2トントラック,積み放題

不用品回収業者のなかには、ごく一部ですが悪質業者が混在しています。積み放題プランを利用する際には、悪質業者を避けるために異化のポイントをおさえておくことが重要です。

被害例

悪質業者が不当な高額請求をしてきたり、回収した不用品を適正に処分しないで不法投棄したりする被害が報告されています。

不用品をトラックに積み込んだ後で料金をつり上げて請求し、支払いを拒まれると自分で荷物の積み下ろしをするよう依頼者に迫るケースが挙げられます。不法投棄された場合には、依頼者も「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第25条の定めによって5年以下の懲役か1000万円以下の罰金、あるいはその両方が課せられることとなるので大変危険です。

さらに、不用品回収時に室内の貴重品を物色して窃盗行為を行ったり、買い取りを強要したりやしつこい居座り行為を働いたりする悪質業者も稀に存在します。

関わらないコツ

悪質な業者を避けるには、依頼前に業者情報のリサーチを徹底し、さらに複数業者で相見積もりを取ることが重要です。

「チェックポイント」
・許可と資格のチェック…「一般廃棄物収集運搬許可」や「古物商許可」を取得している
・所在地のチェック…グーグルマップで業者の所在地を検索して実在している

古物商許可の有無は、都道府県公安委員会のホームページからを検索できます。一般廃棄物収集運搬許可を持つ業者は、市区町村のホームページに掲載されています。なお、自社で一般廃棄物収集運搬許可を持っていない業者でも、一般廃棄物収集運搬許可を持つ他業者と提携していれば問題ありません。

提携の有無については、不用品回収業者に電話やメールで直接確認する必要があります。

3社程度の業者に見積もりを出してもらうと不当な料金を提示する業者を除外することができます。高すぎる・安すぎる業者はトラブルを起こすリスクが高いので避けたほうが賢明です。

2トントラック積み放題が人気の理由

2トントラック,積み放題

2トントラック積み放題は、ユーザーからの人気が高いプランです。2トントラック積み放題がユーザーに支持される3つの理由を紹介します。

料金が分かりやすい

2トントラック積み放題は「どれだけ積んでもぽっきり価格」と提示されており、料金が分かりやすいという特徴があります。依頼者側が料金を把握しやすいので、通常の不用品回収に比べて安心感につながりやすいといえます。

通常の不用品回収にかかる費用は、基本料金と品目ごとの回収費用との合計金額です。しかし、品目ごとの回収費用がサイトなどに明記されていない場合もあり、見積もりを取らないと詳細な金額が分からないため依頼者が抵抗感を持つ場合もあります。

一方、積み放題プランはパック料金で最低料金が明示されているので、依頼者が費用をイメージしやすいのがメリットです。

ただし、実際には積み放題プランでも最低料金でおさまらないケースも多く見られます。作業内容次第で追加料金が発生するにもかかわらず、広告には最低料金しか書かれていないという裏事情もあるため、注意が必要です。

作業時間が短い

2トントラック積み放題プランは、作業時間が短いのも人気の理由です。

軽トラに積み込む場合は解体作業を行わなければならないような大型の家具でも、2トントラックなら解体せずにそのまま積み込むことができるので作業時間の短縮につながります。

たとえば、婚礼家具や本棚などを解体するには30分程度の時間がかかりますが、2トントラックで運ぶ場合は解体作業が不要になるので軽トラ積み放題プランよりも30分程度早く終わらせることが可能です。

スピーディに作業が終了する2トントラック積み放題プランは、引っ越しや単身赴任などで忙しく、作業に長時間立ち合えない人から重宝されています。

軽トラ積み放題でだまされない!料金・どれくらい載るかをプロが解説

当日、不用品が増えても大丈夫

2トントラック積み放題プランの人気の理由として、当日に回収品がいくつか増えても料金が変わらない点も挙げられます。「トラック1台に積み込める分だけ定額〇円」というプランなので、多少の品目追加にも追加料金なしで対応できるのです。

不用品回収業者はその日のトラックがいっぱいになっても大丈夫なように前後の時間枠に回収予定を入れないことが多く、当日に小型家電や段ボールが2、3点ほど増えても荷台に余白があれば積み込んでくれます。

依頼者にとって積み放題は予算が明確で安心感につながりやすいプランといえます。

積み放題をしない業者も増えている

2トントラック,積み放題

人気の積み放題プランですが、近年は積み放題プランを設けていない業者も増えています。

「積み放題」という言葉に対する「依頼者側の認識」と「業者側の常識」がずれている点が多く、トラブルやクレームにつながりやすいからです。

依頼者と業者の認識のずれは、具体的にどのようなポイントで生じやすいかを解説します。

料金でトラブルになりやすいから

料金は業者側と依頼者側で認識のずれが生じやすく、消費者トラブルになりやすいポイントです。

依頼者の多くは広告の最低料金を見て「どんなものでも積み放題で、最低料金〇〇円程度で回収してくれる」と考えますが、一方で業者は「作業や回収物によっては追加料金が発生するのは当然」ととらえているのが通常です。

結果として広告には「〇〇円から」など表示してあっても、実際には表示金額の倍以上の費用となるケースも珍しくありません。積み放題プランを提供していない業者の多くは、料金に関する認識のずれによるトラブルやクレームを避けたいという意図を持っているのです。

回収できない不用品もあるから

不用品回収業者には回収できない不用品もあり、依頼者の誤解を生む背景となっています。

不用品回収業者では、法律に触れるものや回収後に処分できないものは引き取ることができません。たとえば、汚物や生ごみ、観葉植物、飲み物のような液体類や、爆発のリスクがあるガスボンベなどは回収できません。

注射器や点滴バックなどの医療廃棄物も、感染リスクがあるため回収不可とされています。

回収不能な不用品が含まれていると、業者にとっては「これは回収できません」と説明する手間がかかり、依頼者側にとっても「せっかく積み放題プランを頼んだのに回収できないなんて!」という不満やクレームの原因にもなります。

双方にとってデメリットが多くなってしまうため、積み放題プランをやめる業者が増えています。

2トントラックのサイズが豊富だから

2トントラックのサイズや形によって積み込める量が大きく変わるのも、依頼者と業者の認識がずれやすい部分です。

2トントラックには3種類のサイズ展開と2種類の荷台タイプがあるので、3×2=6パターンのバリエーションが存在します。積み込める量は大きなタンス2個分ほどの差が出ることもあり、どのタイプの2トントラックが来るのか確認してから依頼することが重要です。

依頼者が箱型ロングの2トントラックを想定していたのに、当日に来たのは2トンショート平ボディタイプのトラックだったため不用品が載りきらなかった、というケースも実際に見られます。

依頼者がトラックの形や種類まで納得したうえで契約するのなら問題ありませんが、大半の依頼者はトラックの種類を理解せずに依頼してしまうのでトラブルに発展しやすいです。

2トントラック積み放題を安くする4つのコツ

2トントラック,積み放題

2トントラック積み放題プランを安く利用するための4つのコツを紹介します。

1.無料!相見積もりを利用

3社程度の不用品回収業者から相見積もりを取るのが、コストカットの面で最も効果的といえます。

積み放題プランは料金体系が比較的分かりやすいものの、家からの搬出経路や不用品の内容によっては追加料金が発生し、業者ごとの料金差が出る可能性があるためです。

たとえば、エレベーターのない団地の4階からの搬出では、階段料金が別途加算される可能性が高いです。追加料金の金額は業者ごとに異なりますし、相見積もりで手に入れた他社の見積もり費用を見せれば本命業者と値下げ交渉しやすくなります。

見積もりは無料が常識

優良な不用品回収業者は、訪問見積もりを無料で行ってくれます。

複数の業者に無料の訪問見積もりを依頼して不用品の量などを確認してもらえれば、自分のケースでの相場費用を把握できるため適正価格の業者を選ぶうえで有用です。

2.時間に余裕をもって依頼

片付けの期日に余裕をもって依頼すると、不用品回収業者を安く利用できます。

目安として、「片づけなければならない日」の1か月前から不用品回収業者への問い合わせを開始するのがおすすめです。
不用品回収業者の都合の良い日に予約すると料金を5%以上安くしてくれることもあるので、楽に節約することができます。

不用品回収業者はスケジュースの空きをなくして回収予約で埋めたいと考えており、業者の空いている日程で契約すると値引き額が大きくしてくれるのです。反対に、今週中や明日までなど依頼者が急いでいる場合には、業者が急遽スタッフやトラックを追加で手配しなければならず、費用も割高になってしまいます。

時間にゆとりがあれば相見積もりや訪問見積もりの業者数も増やせるので、早めの依頼が節約の秘訣です。

3.買取りも利用する

不用品の買取サービスにも力を入れている業者に依頼すると、費用をおさえやすくなります。買取に力を入れている業者では、市場価値のある不用品については回収と同時に買取査定も行ってくれるので、その場で回収費用と相殺することが可能です。

買取サービスを提供している業者では、家電や貴金属などメジャーな品物から骨董品・コレクション品など専門性の高いものまで、さまざまな物品の買取に対応しています。業者によって買取品目の得意分野が異なるので骨董品の鑑定可能な業者や宝飾品鑑定士、ブランド専門鑑定士などが在籍している業者など、自分の買い取り希望品目との相性の良い業者を選ぶと高価買取の可能性が高くなります。

4.単品プランも検討する

2トントラック積み放題プランよりも単品回収のほうが安くなる場合もあるため、単品プランも検討するのがおすすめです。とくにリサイクル・リユースできる物品が多かったり、こまごました不用品が多かったりすると、トラックの余白が多くなってしまい積み放題プランのほうが損になるケースもあります。

訪問見積もりの際に単品プランと2トントラックプランの両方で見積もりを取ると、より安い費用のプランを選ぶのに役立ちます。

また、訪問見積もりで事前に不用品のサイズと量を把握してもらうと、作業費用が安くなる可能性が高まります。なぜなら、業者側が作業時間の見通しを立てやすくなり、前後の時間枠に他の依頼者からの回収作業も組み込めるようになるからです。

2トントラック積み放題のまとめ

2トントラック,積み放題

・2トントラックの積み放題プランは60000円~80000円
・プランには作業料金から処分費用など、必要最低限の内容が含まれている
・リサイクル家電や時間外では追加料金がかかる

・2トントラックに載る目安は1K~2DKの家財一式
・トラックの荷台の形によって、積載量は2畳分以上変わる

・2トントラック積み放題での失敗は共通する内容が多い
1.載り切らない・スカスカ
2.追加料金が発生
3.トラブルに巻き込まれた

・悪質な業者に関わると、費用面や作業面で損をする
・関わらないためには事前に知識を入れることが有効手段

・2トントラック積み放題が人気の3つの理由
1.料金が分かりやすい
2.作業時間が短い
3.当日不用品が増えても問題ない

・積み放題をしない業者も増えているのは料金面で食い違いが起きやすいから
・2トントラック積み放題を安くする3つのコツ
1.相見積もりを利用すること
2.買取りも利用すること
3.時間に余裕をもって依頼すること
2トントラック,積み放題

2トントラック,積み放題
テレビ洗濯機冷蔵庫マッサージチェアベッド学習机電子レンジ座椅子プリンター炊飯器物置消火器カーペット日本刀亡くなった方の布団自転車金庫カラーボックス衣装ケーススーツケース婚礼家具家財整理ぬいぐるみ物干し竿毛布食器位牌エレクトーン灯油家具扇風機ゴミ箱

失敗しない!遺品整理の見積もり。たった3つのコツで安くする
一軒家の遺品整理にかかる費用を3つのコツで安くする
空き家の不用品安く処分する5つのコツ!遺品整理士が教えます!