tel

豆知識

不用品回収

世田谷区で粗大ゴミの回収方法3つを比較・口コミと安い不用品回収業者

引越しや模様替えをした時に、ソファやベッド、タンスの処分方法に悩む方も多いのではないでしょうか。粗大ゴミの回収方法は地域によって変わるので、世田谷区のルールに従って処分しなくてはいけません。

こんな方におすすめの記事です。
・1週間以内に粗大ゴミを回収してほしい
・世田谷区で粗大ごみを捨てたことがない
・どこに連絡したらいいか分からない

世田谷区で粗大ごみを捨てるには「戸別収集」「持ち込み処分」「不用品回収業者」の3つの方法があります。この記事を読み終えると自分に合った粗大ゴミの回収方法が分かりすっきりと捨てられます。

世田谷区,粗大ゴミ,回収

ベッド,処分,名古屋市

ベッド,処分,名古屋市 ベッド,処分,名古屋市 ベッド,処分,名古屋市

ソファ,処分,世田谷区

ソファ,処分,世田谷区

 

世田谷区の粗大ゴミとは

世田谷区では、一辺の長さが30cmを超える耐久消費財(長期間使用できるもの)が粗大ゴミに分類されます。解体して30cm以下にしても元の形や用途で判断されるため、可燃ゴミ・不燃ごみとして出せません。

例えば、ベッド、学習机、洋タンス、和箪笥、テーブル、自転車、じゅうたん、布団が粗大ゴミに当てはまります。

不用品回収業者で粗大ゴミ処分

不用品回収業者に粗大ゴミを回収してもらうと、運び出しから処分手続きまでスタッフに任せられます。すぐに捨てたい方や粗大ゴミを家の外まで運び出せない方におすすめの処分方法です。

料金

粗大ゴミ,処分

不用品回収業者の料金は「少量回収プラン」と「積み放題プラン」の2パターンあります。
粗大ゴミの量に合わせてスタッフが見積もりをして最適なプランを提供してくれますので、自分で選ぶ必要はありません。

少量プラン

粗大ゴミの数が3点未満だった時には「基本料金」と「品目の処分料金」の合計で料金が決まります。

基本料金
基本料金は約3,000円でスタッフの人件費や作業料金、車両費などが含まれています。不用品回収業者の倉庫や店舗から近いと1,000円程度割り引いてくれることもあるので、家から近い不用品回収業者を選ぶと安くなります。

品目の処分料金
品目ごとの粗大ゴミ回収費用相場は以下のようになります。

品目名 回収費用
ベッド 6000円
マットレス 3500円
タンス 6000円
食器棚 7000円
学習机 5000円
ソファ 6000円

例えば、世田谷区でベッドとマットレスの回収を依頼した時の相場価格は12,500円となります。

基本料金 3,000円
マットレス 3,500円
ベッド 6,000円
合計 12,500円

トラック積み放題プラン

1室丸ごとや一軒家の中の家財道具をぜんぶ回収してほしい時など量が多い時にはトラックに積み放題プランの方が安くなります。

積み放題プランには「スタッフの人件費」「作業費」「処分費用」「車両費」などすべて含まれているのでお得に感じます。依頼先の状況によってはゴミの分別が必要なケースもあるのでトラック1台あたりの料金に20,000円程度の幅を持たせています。

積み放題プランの料金目安

トラックの大きさ 目安料金
軽トラック積み放題 30,000~50,000円
2トントラック積み放題 80,000~120,000円

 

不用品の買取もできる

買取サービスを展開している不用品回収業者では、粗大ゴミとして回収依頼が来たとしてもその場で査定と買取りをしてくれます。

買取対象となるものは市場で価格が付きやすいブランドの家具や新品の食器、贈答品のタオルなどで、ニトリやイケアのような量産型の家具は新品同様でない限り買取対象にはなりません。

粗大ゴミの回収依頼と同時に買取も依頼すると金額が相殺されて処分料金が無料になったり、買取金額が上回って現金収入になることもあります。

粗大ゴミの無料回収

不用品回収業者では粗大ゴミの無料回収はほぼ行っていませんが、買取金額と相殺して実質無料になることはあります。

不用品回収業者で回収されたベッドやタンス、冷蔵庫などは廃棄処分か海外輸出に分けられ、できるだけリサイクルやリユースされています。資源としてリサイクル処分する際にも輸出されるときにも費用がかかります。

また、回収には人件費や車両費など最低限の経費がかかるので買取り以外の無料回収は難しいです。

手順

粗大ゴミ,処分

不用品回収業者を利用する流れはたったの3ステップです。

1.不用品回収業者を選ぶ

世田谷区を対応エリアとしている不用品回収業者をグーグルや地域の情報誌、不用品回収業者サイトから選びましょう。【世田谷区の不用品回収業者】から自分で選ぶこともできますし、ReLIFEサポートセンターでも受け付けています。

2.問い合わせ・予約

依頼したい不用品回収業者が見つかったら、電話やメールから問い合わせましょう。
2021年8月現在、新型コロナウィルスの影響で電話が繋がりにくい業者が増えていますので、メールやLINEからお問い合わせするのがおすすめです。

メールには下記の事項を書くとスムーズです。

・氏名:
・電話番号:
・回収先の住所:
・回収してほしい不用品:
・その他希望(回収希望日、料金だけ知りたい、ゴミ屋敷の片付け…)

電話だけで回収する量が把握できる時には料金を伝えられますので、納得したらそのまま予約をします。一軒家丸ごとなど粗大ゴミの量が分からない時には訪問見積もりが必要になります。

現地での訪問見積もり後に料金や契約という流れになります。

3.作業終了後、支払い

作業当日はスタッフが搬出や必要に応じて養生をしてくれるので、立ち会うだけです。
ベッドやタンスなど大型家具であっても2点程度であれば、30分~1時間以内に作業は完了します。
粗大ゴミの回収が終わったら、運び残しがないかを確認して作業料金を支払います。不用品回収業者によっては現金払いの他にクレジットカード、Paypayなどの支払い方法も用意されています。

信頼できる不用品回収業者は【世田谷区の不用品回収業者】から自分で探すこともできますし、ReLIFEでも手配させていただきます。

世田谷区,粗大ゴミ,回収

実家,片付け

不用品回収業者の選び方

粗大ゴミ,回収

不用品回収業者を選ぶ時には以下の3つを基準に選びましょう。
不用品回収業者の中にはごく一部ですが、悪徳な業者も存在しており、関わってしまうと不法投棄や高額請求の被害にあうこともあります。

1.資格や許可を持っている

一般廃棄物収集運搬許可または古物商許可をもっているか確認しましょう。

世田谷区の一般家庭から粗大ゴミを引き取るには、世田谷区から一般廃棄物収集運搬許可を受けているか、提携してなければ回収してはいけないことになっています。
また、粗大ゴミではなくリサイクルやリユースの対象となる不用品として引き取る時には、古物商許可が必要です。

「一般廃棄物収集運搬許可(提携業者も可)」または「古物商許可」を取得している不用品回収業者から選びましょう。

2.スタッフの対応がいい

問合せや回収に来たスタッフの対応に清潔感がある不用品回収業者に依頼しましょう。
身だしなみやあいさつなど基本的なマナーが整っている不用品回収業者であれば、作業の質にも期待できます。

万が一、作業中に室内に傷がついてしまった時にも補修など適切に保証してくれるでしょう。

ホームページが綺麗に作られている業者よりもスタッフが丁寧な不用品回収業者を選びましょう。

3.条件に合う

日程、時間帯、作業内容などが自身の条件に合う不用品回収業者を選びましょう。

例えば、一軒家丸ごとの依頼をするときにはクレジットカード払いができた方が便利です。また、引っ越しなどで期日が迫っているときには日程や時間が重要です。

問い合わせ時に状況を話して、希望条件に合う不用品回収業者を選ぶと満足度が高まります。

世田谷区で粗大ゴミ回収の口コミ

粗大ゴミ,回収

ReLIFE(リライフ)で不用品回収をご依頼いただいた口コミをご紹介いたします。

ベッドとマットレスの回収

(20代・女性・学生)
組み立て式のベッドとマットレスの回収をお願いしました。
1人では家から出すことも出来なくて困っていたので、とても助かりました。不用品回収業者がいっぱいあってどこがいいか分からないので、安心できる業者の紹介をお願いしました。

最初から料金のことを伝えてくれましたし、回収当日も料金が上がることは一切なかったので安心しました。

引越しで不用品回収を利用

(30代・女性・主婦)
引っ越すことになったので、棚やベッド、ダイニングテーブルやその他細々したもの回収をお願いしました。使っていない家電や食器もあったので買取もしてほしいと伝えたら、買取で評判の業者を手配していただきました。

ブランド物の食器だったので買取金額が思っていたよりも高くて驚きました。

遺品整理で大量に処分

(60代・男性)
実家の遺品整理で出てきた古いタンスや冷蔵庫、洗濯機、テーブルなどどれだけあるか分からず、金額も大きくなるのでこちらに相談しました。
相見積もりをとった方がいいとのアドバイスをいただき3社手配していただき、一番対応の良い業者から選びました。

2トントラック2台分で金額は200,000円程と決して安くない金額なので、中立に紹介していただけるのはありがたかったです。

 

世田谷区,粗大ゴミ,回収

実家,片付け

戸別収集で粗大ゴミの処分

粗大ゴミ,処分

世田谷区では戸別収集でも粗大ゴミが捨てられます。
粗大ゴミ回収車が家の前や地域の集積所まで回収しに来てくれるので家から搬出できる方にはおすすめの方法です。

2021年7月現在、粗大ごみの申し込みが多くなっており、収集までに最大5週間程度かかります。

ここからは世田谷区の戸別収集での粗大ごみの出し方をご紹介します。

料金

粗大ゴミの処分手数料は品目によって決められており、粗大ごみ処理券を購入して手数料を支払います。
世田谷区の有料粗大ごみ処理券はA券(200円)とB券(300円)の2種類があるので、処理手数料に合うように組み合わせて購入します。

【処分手数料例】

品目名 処分料金
ベッド 1200円~
マットレス 1200円~
タンス 400円~
自転車(大人用) 800円~
ソファ(2人掛け) 2000円~
食器棚 1200円~

世田谷区の粗大ゴミ処理券

世田谷区の粗大ごみ処理券にはA券とB券の2種類あります。
・A券:200円
・B券:300円
A券とB券を処分料金になるように組み合わせます。

購入した粗大ごみ処理券は、世田谷区外への転居や世田谷区外の人が誤って購入した場合など、特別な理由を除いて原則として払い戻しはできません。金額をよく確認して購入しましょう。

手順

①申込
世田谷区では、電話またはインターネットで粗大ゴミ収集の申し込みができます。電話で申し込むときはサイズを聞かれるので、最も長い辺とその次に長い辺を測って準備しましょう。

月曜日の午前中や3・4月の引越しシーズン、年末年始などは、電話が混み合い、繋がりにくいです。繋がらない時には時間をずらして電話をかけましょう。

【電話受付】

電話番号 03-5715-1133
受付日時 月曜日〜土曜日 午前8時〜午後9時
12/29〜1/3は除く
祝日(日曜、年末年始以外)も申し込み可能

インターネット受付

受付日時 毎日・24時間(定期メンテナンス時を除く)
申し込み締め切り 収集日の2日前(日曜を挟む場合は3日前)の午前6時59分

 

②粗大ごみ処理券の購入
世田谷区では、「有料粗大ごみ処理券」を購入して手数料を納付します。
世田谷区内の「有料ごみ処理券取扱所」の標識があるお店、スーパー、コンビニエンスストアで購入し、収集日と氏名または受付番号を記入し、粗大ゴミの見えやすい場所に貼って出してください。

③粗大ごみを出す
収集日の朝8時までに、指定された場所に粗大ごみを運びます。戸建ての場合は家の前、集合住宅の場合は管理者に排出場所が決められている場合がありますので確認してください。

いずれの場合も交通の邪魔にならない場所に出しましょう。収集時間については地区によって異なりますが、夜になっても回収されていない場合は粗大ごみ処理券の料金不足や収集日の勘違いなどが考えられます。もしくは収集漏れというケースもあるため世田谷区粗大ごみ受付センターに問い合わせてください。

粗大ゴミを持ち込み処分

粗大ゴミ,回収

世田谷区では粗大ゴミを「船橋粗大ごみ中継所」に自分で持ち込み、処分する事ができます。
戸別収集の半額で処分できるので、ゴミ処理施設まで持ち込める車両がある方にはおすすめの方法です。

持ち込み料金

手数料は戸別収集の場合の半額(最低200円)になり、粗大ごみ処理券を購入して納付します。

品目名 処分料金
ベッド 600円~
マットレス 600円~
タンス 200円~
自転車 400円~
ソファ 1000円~
食器棚 600円~

持ち込みの手順

①持ち込み予約
インターネット、電話のどちらかで持ち込み予約をします。持ち込める日は指定された土曜日と日曜日に限られます。受付の際に持ち込み日、手数料のシールの枚数、金額を確認します。
週始めの月曜日や火曜日の午前中、3月、4月の引越しシーズンや連休明け、年末年始などは電話受付が混み合います。混み合っている場合はテープが流れますが、そのまま電話を切らずに待ちます。
言語や聴覚に障害がある方はFAX(03-6673-4243)での受付も可能です。

 

インターネット受付

受付時間:24時間・365日年中無休

【電話受付】

世田谷区粗大ごみ受付センター
電話番号:03-5715-1133
受付時間:月曜日~土曜日 午前8時~午後9時(日曜日及び12月29日~1月3日は除く)

 

②粗大ごみ処理券の購入
持ち込み日までに必要な枚数の粗大ごみ処理券を購入します。

粗大ごみ処理券は世田谷区内の「有料粗大ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店、スーパー、コンビニエンスストアなどで販売されています。
有料粗大ごみ処理券に「受付番号またはお名前」及び「持込日」を記入し、品目ごとに貼ります。

③持ち込む
指定日に処理施設に粗大ゴミを車両に積んで持ち込みます。

持ち込みができるのは申し込み者本人または同一世帯の方に限られており、運搬業者に依頼して持ち込むことはできません。受付では本人確認があるので免許証など本人確認ができる書類を持参しましょう。

車両からの粗大ゴミを降ろす作業は自身で行うように指示されています。

世田谷区の粗大ゴミ持ち込み施設

粗大ゴミ,回収

名称 船橋粗大ごみ中継所
住所 東京都世田谷区船橋7丁目21番15号
電話番号 03-5715-1133(粗大ごみ受付センター)
持ち込み日 申し込み時に指定された土曜日・日曜日
持ち込み時間 9:00~12:00、13:00~15:30
制限 1日1回、1回あたりの個数は10個までの制限があります。

船橋粗大ごみ中継所の口コミ

船橋処分場の口コミをご紹介します。
“とても親切丁寧な接客対応をしてくれました
粗大ゴミ処理券を忘れてしまったのですが、頼んでいた金額をすぐ弾き出してくれて助かりました
収集より時間はかかりますが、親切なスタッフが対応してくれて気持ち良くゴミを捨てることができるので、時間的に余裕のある方はおすすめです”
出典元:google

世田谷区の粗大ゴミ補助制度

世田谷区では粗大ゴミの手数料の補助制度が整えられています。

手数料の減免制度

世田谷区が認める方に対して、粗大ごみや一度に大量にごみを出す時に手数料が減額または免除される制度があります。

手数料の減免を受けるためには、事前に申請が必要です。

対象者

“暴風、豪雨、地震等の天災その他大規模な災害を受けた方
(注意)東日本大震災で被災し、世田谷区に避難して来た方は区内避難者への粗大ごみ・臨時ごみ処理手数料等の免除についてをご覧ください。
生活保護を受けている方
児童扶養手当または特別児童扶養手当の支給を受けている方
(補足)「児童関連手当一覧」内「児童扶養手当(国の制度)」、「特別児童扶養手当(国の制度)」をご覧ください。
世田谷区ひとり親家庭等の医療費の助成を受けている方
老齢福祉年金の支給を受けている方
(注意)老齢基礎年金とは異なります。ご注意ください。
火災等の災害を受けた方
中国残留邦人等の支援給付を受けている方”
引用:世田谷区ホームページ

世田谷区で回収できない粗大ゴミ

粗大ゴミ,回収

世田谷区では以下のゴミや不用品は適切に処理できないので、回収されません。

リサイクル法対象家電

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機はリサイクル対象家電なので、粗大ゴミでは捨てられません。以下の4つのいずれかの方法で処分しましょう。

1.家電販売店に引き取ってもらう
2.自身で持ち込み処分する
3.一般廃棄物収集運搬業者に引き取ってもらう
4.不用品回収業者に引き取ってもらう

は買い替えの場合には家電販売店で交換する形で引き取ってもらうとスムーズですが、処分だけの時や買取対象のリサイクル家電は不用品回収業者に買い取ってもらう方法もあります。

パソコン

パソコンはPCリサイクル推進法によって、リサイクルするように指定されているので粗大ゴミでは回収されていません。

ノート型パソコンは小型家電回収ボックスに入れて処分することもできますし、リネットジャパンに郵送して処分する方法もあります。回収されたパソコンは工場で分解され、再資源化され新たな製品へと生まれ変わります。

一般社団法人パソコン3R推進協会(03-5282-7685)
リネットジャパン株式会社https://www.renet.jp/

世田谷区の適正処理困難物

ゴミ処理場で粉砕できない固いものやゴミ収集車の作業員がトラックに積み込めないものは粗大ゴミとして処分できません。

例えば
・事業活動に伴って生じた粗大ごみ
・ピアノ、消火器、耐火金庫、バッテリー、タイヤ等
・有害性・危険性のあるもの、著しく悪臭を発するもの
が当てはまります。

合わせて読みたい
金庫の処分5つと費用・20年以上の金庫は買い替え、無料で捨てる
エレクトーンの処分方法6つ・無料で捨てるたった2つの方法と買取条件
消火器3つの処分方法と費用・引き取り依頼先-処分するタイミング

世田谷区で処分できない不用品の捨て方

世田谷区で処分できない不用品は「一般廃棄物収集運搬許可業者」または「不用品回収業者」を利用して処分します。
一般廃棄物収集運搬許可業者は世田谷区役所でも紹介してもらえますし、世田谷区のサイトから確認することもできます。

不用品回収業者ではゴミ屋敷や遺品整理など分別や仕分けが必要な依頼にも対応できます。お気軽にお問い合わせください。
世田谷区の不用品回収業者を探す

世田谷区,粗大ゴミ,回収

実家,片付け

世田谷区の粗大ゴミ回収の比較

世田谷区の粗大ゴミ回収をサービスや料金面から比較すると以下のようになります。

不用品回収 戸別収集 持ち込み処分
回収日 最短即日 1か月~ 1か月~
回収時間 都合のいい時間 8:30までに指定場所へ 決められた日時
料金 3,000円~ 200円~ 200円~
個数制限 無制限 1回につき10点まで 1世帯あたり1日1回

 

1回につき個数10個まで

よい点 買取も可能 処分費用が安い 処分費用が安い
悪い点 自治体よりは処分費用が高い 回収まで時間がかかる 指定日時にしか持ち込めない

自治体で粗大ゴミ処分がおすすめの方

安く処分したい方で以下に当てはまる方は戸別収集や持ち込み処分がおすすめです。

・自分で家の外まで出せる
・処分期日まで余裕がある

自分で処分する手続きや作業をする分、手間と時間はかかりますが安く処分できます。

不用品回収業者がおすすめの方

引っ越しなどで処分期日が迫っている方や自分たちでは手が付けられなくなっている方は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

・早く処分したい
・自分で家の外まで運べない
・分別や仕分けまでやってほしい

遺品整理やゴミ屋敷、引越しで大量の不用品が出る時には不用品回収業者にまとめて依頼した方が時間の短縮につながります。

不法投棄・違法業者は犯罪

粗大ゴミ,処分

世田谷区でも違法な不用品回収業者に依頼しないよう呼びかけられています。
悪質な不用品回収業者に依頼すると高額請求や押し買いの被害者になってしまうこともあります。

ネットの釣り広告に注意

極端に安い金額で出しているときには釣り広告の可能性が高いです。

例えば、ネットの広告では軽トラック1台5800円~という料金設定がよく見られますが、この料金では回収後に適切な廃棄処分は難しいです。

処分費用の他に人件費やトラック代もかかりますので、積み放題プランを5800円で提供すると不用品回収業者は赤字になってしまいます。その為、訪問見積もり後に追加料金として提示されることが考えられます。

不法投棄の被害にあうことも

悪質な不用品回収業者は回収した不用品を不法投棄することもあります。資格や許可を取得していないので、業者としてゴミ処理場を利用できないことができないからです。また、個人としてゴミ処理施設に持ち込んでいることもあります。

不法投棄は懲役5年以下、罰金1000万円以下またはその両方が科せられる違法行為ですし、依頼者にも責任が問われます。不用品回収業者が自身で出していない粗大ゴミを偽って処分場に持ち込むのは条例違反にあたります。

詳細は【不用品回収業者の選び方とトラブル事例
廃品回収車は違法!?トラブル体験談と不用品の安全な捨て方】をご覧ください。

トラブルの相談先

悪質な不用品回収業者に依頼してしまった後であれば「消費者ホットライン」または「居住地の消費生活センター」へ電話で相談しましょう。

相談する時には、依頼した日時や支払った金額、回収業者の特徴などを伝えると同様の被害がないか確認しやすくなります。

消費者庁が管理する 消費者ホットライン 電話番号「188」(市外局番なし)
居住地の消費生活センターは「行政独立法人 国民生活センター」から検索できます。

世田谷区の粗大ゴミ回収でReLIFEが選ばれる5つの理由

粗大ゴミ,処分

絶対に失敗できない粗大ゴミ回収でReLIFEが選ばれる理由を5つだけご紹介します。

1.明朗会計

ReLIFEではお客様に依頼から作業完了まで安心していただけるように料金の明確化を大切にしています。訪問見積もり時には無駄のない人数、車両、処分費用、所要時間を判断するので、追加料金が発生することはありません。

ご希望あれば、見積書に「お見積内容に変更がなければ、追加料金は一切頂戴しません」と書かせていただきます。

不用品回収業界の透明化に向けて、お客様に信頼していただくこと最高のサービスを適正価格でお届けしています。他社様の金額が妥当か分からない時も目安にしていただけます。

2.回収から処分まで電話一本

世田谷区の自治体では処分できない、冷蔵庫や洗濯機からコンクリートブロックなどもまとめて回収できます。ゴミ屋敷や汚部屋など自分たちでは手が付けられない状態でもお任せください。

3.即日対応可能

365日、年中無休で粗大ゴミ回収のお問い合わせを受け付けています。
お客様が気になったその時に悩みを解消できるよう、オペレーターが素早い対応に努めています。

例えば、立ち会える日が1日しかない時にはお見積りと回収を同時に行うことも可能です。お問い合わせ時に急いでいる旨をお伝えいただければ、最短で手配し、即日対応も可能です。

4.お立会不要

粗大ゴミの回収先が世田谷区から遠方にある時やお仕事でお立会いが難しい時にはお立会いは不要です。

見積もり時だけでもお立会いただくのが理想ですが、日程調整が難しい時には事前に鍵をお預かりしてお見積りからや回収サービスまで現地に来ていただくことなく対応します。その場合には回収前と回収後のお写真をお送りさせていただきます。

実家の遺品整理でのご依頼時によく利用されるサービスです。

5.無料査定・買取

ReLIFEでは遺品や不用品の買取を積極的に行います。
古物商許可を取得したスタッフが適正価格で査定と買取を行います。社会情勢によって変化する市場価格を常に把握し、少しでも高く買いとれるように努めています。

空き家となった実家の遺品整理をするときには遺品整理費用だけで100万円以上かかることもあり、相続人への負担となるケースも少なくありません。

お客様のもとから買い取った遺品・不用品はオークションや市場など独自のリサイクルルートを持っているので買取り価格が高い秘訣です。買取価格と回収費用を相殺して粗大ゴミの回収費用が無料になることもあります。

3つの約束

安心してご利用いただけるよう、ReLIFEとお客様との間に3つの約束をしています。

1.秘密厳守

お客様からいただきました、住所や電話番号など個人情報はもちろん、作業時の周囲への配慮も欠かしません。
また、ReLIFEではお客様を不快にさせる営業は行っておりません。「相談したらまた電話が来るのでは…」という方や「概算料金を知りたいだけ」という方に気軽に聞いていただける体制を整えています。

2.お伺いするのは許可業者だけ

ReLIFEでは厳選した遺品整理業者・不用品回収業者しかご紹介しません。
『多少高くても信頼できる業者に粗大ゴミの回収を頼みたい』というお声をいただきます。ReLIFEがご紹介するのは「古物商許可」や「一般廃棄物収集運搬許可」、「遺品整理士」など粗大ゴミの回収や処分に必要な知識と許可を取得している業者のみですのでご安心ください。

それでも作業内容に不備などありましたら、ReLIFEが不用品回収業者・遺品整理業者の間に入り対応いたしますので、お申し付けください。

3.お見積り・相談無料

粗大ゴミの処分で最も気になるのは料金ではないでしょうか。

ReLIFEはお客様が不用品回収業者に直接聞きにくい、料金についての相談も無料です。実際に見て見ないと粗大ゴミの回収料金が決められないこともありますが、単品の場合でしたら相場料金を電話でお伝えすることも可能です。
「地域」「粗大ごみの種類」をお伝えいただくだけでも構いません。
訪問見積もりも無料ですので、お気軽にお問い合わせフォームまたは電話でご相談ください。

ReLIFEの粗大ゴミ回収対応エリア

粗大ゴミ,処分

ReLIFEは東京都全域の粗大ゴミ回収・遺品整理・不用品回収を行っています。
お見積りやご相談は無料ですので、ご遠慮なくご相談ください。

千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 | 八王子市 | 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 青梅市 | 府中市 | 昭島市 | 調布市 | 町田市 | 小金井市 | 小平市 | 日野市 | 東村山市 | 国分寺市 | 国立市 | 福生市 | 狛江市 | 東大和市 | 清瀬市 | 東久留米市 | 武蔵村山市 | 多摩市 | 稲城市 | 羽村市 | あきる野市 | 西新宿区 | 瑞穂町 | 日の出町 | 檜原村 | 奥多摩町 | 大島町 | 利島村 | 新島村 | 神津島村 | 三宅村 | 御蔵島村 | 八丈町 | 青ヶ島村 | 小笠原村 | 西東京市

世田谷区の粗大ゴミ回収まとめ

・世田谷区の粗大ゴミ処分方法は「戸別収集」「持ち込み処分」「不用品回収」の3つある
・世田谷区では一辺の長さが30cmを超える不用品が粗大ゴミに分類される
・早く処分したい時には不用品回収業者を利用するといい
・安く処分したい時には戸別収集や持ち込み処分を利用するといい
・悪質な不用品回収業者に関わらないためには、不用品回収業者選びが重要
・ReLIFEでは安心できる不用品回収業者の紹介やゴミ屋敷・遺品整理の相談を受け付けている

世田谷区,粗大ゴミ,回収

実家,片付け

粗大ゴミの処分

世田谷区での粗大ゴミの処分方法は以下のページをご覧ください。

タイヤマッサージチェア学習机タンス仏壇粗大ゴミエアコンテレビ冷蔵庫洗濯機ベッドソファ

粗大ゴミ回収の口コミ

リライフ東京で粗大ゴミ回収のご依頼いただきましたお客様からの口コミを掲載しています。
婚礼家具金庫学習机マッサージチェア冷蔵庫洗濯機ベッドタンス仏壇

 

世田谷区のおすすめ不用品回収業者

世田谷区のおすすめ遺品整理業者



【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけること仕事のやりがいとしています。