tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

板橋区でベッドを処分する方法ー最安値は600円・買取・無料処分はできる?

ベッドは一度購入したら長く使うイメージがあります。
しかし、実はその寿命は3~5年と意外と短いものなのです。きしみ音が気になったり寝起きに体の痛みを感じたりしたら買い換え時の目安です。
いざ、ベッドやマットレスを買い換えるときにまず困るのが処分方法をどうすればよいかということです。

この記事を読むと、板橋区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

板橋区でベッド・マットレスは分けて処分

板橋区,ベッド,処分
板橋区ではベッドとマットレスはどちらも基本的には粗大ごみとして処分することになりますが、別料金での取り扱いになります。手順は共通ですが、ベッドの大きさや材質等により処分にかかる料金が変わります。
ロフト型のベッドも粗大ゴミとして処分できます。

家庭用介護ベッドやダブルを超えるサイズのベッドやマットレスは、事前に管轄の清掃事務所へ問い合わせが必要です。

ベッド・マットレスが何ごみになるか確認する方法

先ほどお伝えしたように、板橋区ではベッドやマットレスは基本的に粗大ごみに分類されます。マットレスについても材質等によって料金が変わるため、確認が必要です。
メジャーとメモ、カッターナイフを用意してベッドの大きさや材質を確認しましょう。

長さを計る

まずは、ベッドとマットレスの一番長い辺を測ります。粗大ごみの処分にかかる料金は大きさによって決められています。
ベッドの標準サイズは以下のとおりですが、判断に迷う場合はサイズを測ったうえで管轄の清掃事務所に問い合わせをしましょう。

【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

マットレス材質の確認

カッターナイフなどでマットレスを切り裂き、中の材質を確認します。
中にバネのようなスプリングが入っていた場合は、「家庭用ベッドマット」に分類され、サイズに応じて料金が変わります。

また、脚付きマットレスや畳タイプ、分割式の分厚いマットレスも「家庭用ベッドマット」に分類され、サイズに応じて料金が異なります。

板橋区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法

板橋区,ベッド,処分
板橋区では有料の戸別収集でベッド、マットレスを処分する方法が一般的です。
板橋区でベッドを有料で処分するのであれば、区の戸別収集が最も安い方法になります。しかし、申し込みから収集までに手間と時間がかかります。時期によっては10日以上先の収集となることがあります
まずは粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで申し込みを行います。
その後、収集日と料金を案内されますので、料金分の「有料ごみ処理券」を購入し、収集日当日の朝8時までに指定場所までベッドやマットレスを運び出しておくという一連の作業が必要です。
特に急ぎではなく、自宅からベッドやマットレスを運び出せる人にはおすすめの方法となります。

手順

板橋区の戸別収集でベッド、マットレスを処分する手順をご紹介します。

1.粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで、申し込みをする
まずは粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで申し込みを行います。
【電話受付の場合】
・粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)
受付時間:午前8時~午後7時
月~土曜日(祝日を含みますが、年末年始休業日を除きます。)

【インターネット受付の場合】
https://sodai.tokyokankyo.or.jp/
24時間受付 (システムメンテナンス時及び年末年始休業日を除きます。)
※聴覚に障がいのある方は、ファクス:03-5296-7001が利用いただけます。

2.「板橋区有料ごみ処理券」を購入する
コンビニエンスストアや区内の施設・店舗でベッドを捨てるのに必要な納付券を購入します。納付券の記入欄に氏名または受付番号と収集日を書いてベッドに直接貼ります。
また、ベッドやマットレスの材質上、券が剥がれやすい場合は端を養生テープで補強しておくと安心です。なお、有料ごみ処理券は原則払戻しを行っていませんので、料金が確定してから購入するようにしましょう。
取扱店一覧

3.指定場所に出す
収集日当日の朝8時00分までに、指定場所にベッドを出します。
立会いは不要なのでベッドを出して作業は終わりです。指定場所ですが、マンションの場合は管理会社によって決められているケースもあるので、管理人にルールを確認します。

料金

板橋区,ベッド,処分
板橋区ではベッドやマットレスは一般的に粗大ごみとして収集されます。
料金はサイズや材質等により以下のとおりです。
判断が難しい場合や必要に応じて、管轄の清掃事務所へ問い合わせをしてください。

品名 種別 料金 備考
ベッド家庭用 シングル・パイプベッド 1,200円 家庭用介護ベッド、ダブルを超えるサイズは管轄の清掃事務所へ問い合わせが必要です。
セミダブル 2,000円
ダブル 2,000円
ソファベッド 2,000円
二段ベッド 2,400円
ベッドマット家庭用 シングル 1,200円 脚付きや畳タイプ、分割式の厚いマットレスを含みます。 ダブルを超えるサイズは管轄の清掃事務所へ問い合わせが必要です。
セミダブル、ダブル 2,000円
マットレス 400円 スプリング入りは上記ベッドマットを参考にします。

注意事項

収集の変更や取り消し等は、収集日の3日前までに粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)に連絡します。それ以外の場合、板橋西清掃事務所(03-3936-7441)に電話で連絡が必要となります。

収集日の変更や収集品目の追加は希望に添えないこともあるためご注意ください。

高齢者・障がい者の粗大ゴミの運び出し

65歳以上の高齢者の方、身体が不自由な方の中で、自分で外に運び出せない、かつ、他の人の協力が得られない時は、粗大ゴミを運び出す手伝いをしてくれる制度があります。
管轄の清掃事務所で相談を受け付けているので、該当する方は一度ご相談ください。

板橋東清掃事務所 東坂下2-20-9 03-3969-3721
板橋西清掃事務所 徳丸1-16-1 03-3936-744

板橋区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

板橋区,ベッド,処分
板橋区内在住の方または同一世帯(同一住所)の方であれば、ベッド・マットレスを持ち込みで処分することもできます。

手順

1.粗大ごみ受付センターに電話またはインターネットで、申し込みをする。
【電話受付の場合】
・粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)
受付時間:午前8時~午後7時
月~土曜日(祝日を含みますが、年末年始休業日を除きます。)

【インターネット受付の場合】
https://sodai.tokyokankyo.or.jp/
24時間受付 (システムメンテナンス時及び年末年始休業日を除きます。)
※聴覚に障がいのある方は、ファクス:03-5296-7001が利用いただけます。

2.持ち込み予約日の受付時間内にベッドやマットレスを持ち込む。
車等で指定の持ち込み場所に運びます。板橋区から出たごみであることを証明するため、受付時では本人確認が行われますので、必ず免許証や保険証を持参します。
戸別収集と同様に有料ごみ処理券を必ず事前購入し、ベッドやマットレスには貼らずに持参します。係員の指示に従ってごみを下ろし、ごみ処理券を受け渡したら完了です。現金やクレジットカードなどでその場で料金の支払いはできません。

料金

戸別収集と同じく有料ですが、持ち込む場合は戸別収集と比べて手数料が半額になります。

持ち込み可能な施設

・持込場所 西台粗大ごみセンター 板橋区西台2-39-11
・持込受付時間 月曜~金曜の13時から16時、土曜・日曜・祝日の9時~16時

注意事項

※「粗大ごみ受付センター」で事前に申込みをしていない粗大ごみは持込みできません。
※持ち込める粗大ごみは1回につき10個までで、車での持ち込みの場合は2トンまでと制限があります。

持ち込み施設での新型コロナウィルス対策

板橋区,ベッド,処分
板橋区では、持ち込み施設において新型コロナウィルス対策での制限は特段行っておりません。ただし、通常のごみも含めて減量を努めていただくことや、マスクやティッシュ類等は袋にまとめて直接触れることのないように呼びかけを行っております。

そのため、粗大ごみを持ち込む際にも、手指の消毒やマスクを付ける等、個人ができる範囲の新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行うことをおすすめします。

不用品回収業者に引き取ってもらう

板橋区,ベッド,処分
区の有料収集では、必ずしも希望日に回収が可能とは限りません。
引越しなど処分期日が迫っているときは不用品回収業者を利用するのが便利です。

不用品回収業者がベッドやマットレスの搬出からごみ処理まで一括で代行するので手間がかかりません。急いでいるため、業者にお任せしたいという方にはおすすめの方法です。

料金目安

板橋区には不用品回収業者が10社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

ReLIFEでは板橋区では安心してご利用いただける不用品回収業者をご紹介しています。
ベッドの処分でお困りの方は右下のチャットからお気軽にご相談ください。

板橋区の不用品回収業者を探す

板橋区でベッドを買取

板橋区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

板橋区,ベッド,処分
リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

板橋区でベッド・マットレスを無料処分する方法

板橋区では、原則、一番長い辺が30cm以上で、家庭で使用していたものを粗大ごみとしており、解体や分解した場合でも粗大ごみとして取り扱います。
そのため、ベッドやマットレスをゴミとして処分する場合は有料です。

ルールに沿っていない出し方をした場合はごみとして収集されません。
周囲の方の迷惑にもなりますので、決められた方法で処分しましょう。
ブランド品などの買取可能なベッドの場合は、買取してもらうことで無料で処分することが可能です。

板橋区でベッドを処分する方法のまとめ

板橋区でベッドやマットレスを処分する方法は有料で戸別収集や指定のごみ処理施設に持ち込む方法が一般的です。

早く処分したい場合は不用品回収業者に依頼する方法もありますが、悪質な業者の被害に遭わないためにも、見積もりを3社以上から取り、妥当な料金を把握して依頼しましょう。

なお、処分料金を抑えたい場合で、処分する予定のベッドがある程度きれいなものであれば、フリマアプリ等で販売するという方法もあります。
こちらの方法ですと、出品や購入者とのやりとり、梱包など手間や時間がかかりますので時間がある方におすすめします。