豆知識

不用品回収

板橋区でテレビを処分する-早く・簡単に失敗しない4つの方法

テレビはリサイクル対象家電なので粗大ゴミとして各市区町村で処分できません。
一度買ったら、壊れるまでや引越しのタイミングまでテレビを処分する機会がないので依然捨てた時とは処分方法が変わっている場合もあります。

テレビや状況に合わない捨て方をすると5000円以上損することもあります。

<この記事がおすすめの方>
・買い替えるのでテレビを捨てたい
・引越しでテレビを早く処分する方法が知りたい
・板橋区でテレビを安く処分したい

この記事を読むとテレビの正しい処分方法が分かり、自分に合った方法でテレビがすっきり捨てられます。

テレビはリサイクル家電

板橋区,テレビ,処分
テレビはリサイクル家電なので大きさや年式に関わらず粗大ゴミとして処分することができません。14型のブラウン管テレビも50型以上の液晶テレビも家電リサイクル法に従って処分する必要があります。

家電リサイクル法が制定されるまで、テレビも他の粗大ゴミと同様に各市町村が収集・処理を行ってきました。しかし、リサイクル家電は大型で重く、硬い素材からできているものが多いため、粗大ゴミ処理施設での処理が困難です。

2001年4月1日より、有用な資源を正しく分けリサイクルするため、家電リサイクル法が本格施行されました。2020年現在、テレビを含むリサイクル対象家電は全国の市区町村で同じ方法で処分する必要があります。

平成21年4月からは、液晶テレビ、プラズマテレビ、衣類乾燥機も対象に追加されました。

テレビは資源が豊富

テレビの中には資源が豊富にあるため手作業で分解してでも資源を取り出し、資源をリサイクルする価値があります。

国内では回収されたテレビから一部のブラウン管ガラスを建築用の吸音・断熱材であるグラスウールの素材として利用しています。
液晶パネルは、大液晶ガラス、プラスチック板、バックライトユニットの大きく3つに分けられます。そして、液晶ガラスとプラスチック板は、それぞれ破砕されてガラスとプラスチックとして回収され、バックライトユニットは、さらにバックライトとフレームに分けられます。

ネジの取り外しから仕分けまで分解のほぼすべての工程を手作業で行っており、リサイクル料金はこの作業に必要な経費にあてられます。

テレビのリサイクル料金がメーカーで違う理由

テレビのリサイクル料金は、メーカーによって異なります。例えば、パナソニックや東芝など大手家電メーカーのテレビは引き取ったテレビを分解する工場を持っているので、リサイクル料金が安くなります。

KOIZUMIなど家電の製造に力を入れていない場合は他社の分解工場に委託するためリサイクル料金は高くなります。

テレビのリサイクル料金

ブラウン管テレビ

15型以下 1320円~3100円
16型以上 2420円~3700円

液晶テレビ

15型以下 1870円~3100円
16型以上 2970円~3700円

テレビのリサイクル料金は、ブラウン管とプラズマ・液晶テレビの2つに分かれます。
大きさは、料金区分なし、15型以下、16型以上の3つに分類されます。

テレビの大きさは品番から確認でき、品番はテレビの裏側にメーカー名や警告などと一緒に記載されています。
例えば「TH-L37C3」と記載されていた場合、Lの次に書いてある37が大きさになり、単位は型(インチ)です。この場合は37型と分かります。

板橋区で4つのテレビ処分方法

板橋区,テレビ,処分
テレビの廃棄処分方法は大きく分けると4つあります。

故障などでテレビを買い替えに伴い処分する場合は今からご紹介する方法の中から選ぶと失敗しません。また使える場合は欲しい方に譲ったり、売却する方法もありますので、このページの下部分でご紹介します。

ここからは簡単に処分できる順番でご紹介します。

1.不用品回収業者

不用品回収業者を利用するとテレビを早く、簡単に処分できます。
不用品回収業者の中でも買取サービスを行うところに依頼すると、市場で需要があるテレビは買取をしてくれます。国内で需要がないテレビは海外への輸出品として扱われます。

回収費用は出張料金(3000円程度)とテレビに合わせた回収費用の合計金額で、基本料金の中にはスタッフの人件費や車両代、作業代などが含まれています。

不用品回収業者で引き取られたテレビの半分以上はリユース、リサイクルされるので家電リサイクル料金がかからないケースが多いです。

【テレビの回収事例】
①板橋区内でブラウン管テレビを回収する場合
「基本料金」3000円+「回収費用」4500円=合計7500円

②板橋区で液晶テレビを回収する場合
「基本料金」3000円+「回収費用」2000円=合計5500円

基本料金3000円+回収費用500円の合計3500円

悪徳な不用品回収業者

不用品回収業者の中には悪徳な業者も一定数存在しており、その中でも最も身近にあるのは「廃品回収車」です。1度関わると住所や家を覚えられてしまいますので、急いでいても利用しないよう注意しましょう。

廃品回収業者の違法性についてをご覧ください。

板橋区の不用品回収業者

2.家電販売店

家電販売店でテレビを買い替える際は配送と同時に引き取ってもらえるのでスムーズに処分できます。家電販売店ではリサイクルやリユースを目的としていないので、引き取り後は廃棄処分されます。

家電販売電では家電リサイクル料金と引き取り料金として収集運搬料金もかかります。

買い替える場合は不用品回収業者に依頼して処分する場合と同額ですが、処分だけの場合は収集運搬料金が2000円くらい高くなるので、トータルで1000円くらい高くなります。

板橋区の家電販売店

名称 コジマ×ビックカメラ 志村店
住所 〒174-0056 東京都板橋区志村3-26-4
営業時間 10:00~21:00
買い替える際の収集運搬料金 1,650円
引き取りのみの収集運搬料金 2,750円
名称 ジョーシン 板橋前野店
住所 〒174-0063 東京都板橋区前野町3-20-1
営業時間 10:00~19:00
買い替える際の収集運搬料金 1,100円
引き取りのみの収集運搬料金 3,300円

3.廃棄物処理業者を利用する

板橋区,テレビ,処分
板橋区の一般廃棄物処理業者にテレビを引き取ってもらい指定処分場に運んでもらう方法です。家電リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。不用品回収業者と違い、回収されたテレビはすべて廃棄処分されます。

板橋区の収集運搬料金はテレビの大きさによって決まっており、15型以下のテレビは2618円、16型以上だと2750円です。

テレビのサイズに合わせた家電リサイクル料金と収集運搬料金は、引き取りに来た収集業者に現金で手渡します。

家電リサイクル券の購入方法

家電リサイクル受付センターにインターネットまたは電話でテレビの収集を申し込みます。2020年11月13日現在、新型コロナウィルスの影響を受けオペレータ人数を減らしているので、電話がつながるまで時間がかかるので、インターネットからの申し込みをおすすめします。

3月~4月は引越しシーズンなので引き取り依頼が増え、申し込みから引き取りまで時間がかかることがあるため、余裕をもって申し込みを済ませましょう。

【家電リサイクル受付センター】

電話番号 03-5296-7200
電話受付時間 8:00-17:00(月曜日~土曜日)
URL https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index

【テレビの回収事例】
①板橋区でブラウン管テレビを回収例
「リサイクル料金」2420円+「収集運搬料金」2750円=合計5170円

②板橋区で液晶テレビを回収例
「リサイクル料金」2970円+「収集運搬料金」2750円=合計5720円

4.指定引取場所に持ち込む

板橋区,テレビ,処分
収集運搬業者利用せず、自身で指定引取場所に持ち込む方法もあります。テレビの廃棄処分の中では安く処分できる方法です。

自身で郵便局へ家電リサイクル券を購入し、指定引取場所に持ち込み日時を予約し、家電リサイクル券とテレビを持ち込みます。

家電リサイクル券の購入方法

板橋区にはリサイクル家電の指定引取場所が1か所あります。

【板橋区の指定引取場所】

名称 東亜物流株式会社板橋リサイクルセンター
電話番号 03-5914-6440
受付日時 9:00~12:00 13:00~17:00
定休日:日曜、祝日、年末年始、お盆休み、一部土曜も休みの場合あり
住所 板橋区舟渡一丁目6番8号

売って処分する

板橋区,テレビ,処分
テレビを売る方法は大きく分けると2つあります。
1つ目はリサイクルショップや出張買取など買い取り専門業者を利用する方法で、2つ目はフリマアプリやネットオークションを利用する方法です。

ただし、売れるテレビには条件があります。

テレビを売る手順

買取業者で売る
買取り相場は型式と年式で決まります。
リサイクルショップや買取業者を利用する場合、電話で型式番号やテレビの状態を伝えると買取金額の相場を出してくれることが多いです。提示された金額に納得したら自宅まで引き取りに来てもらうか自身で買取業者へ持ち込みます。

引き取りに来てもらう場合には出張料金として3000円程度かかりますが、買取金額と相殺されます。自身で持ち込むときには出張料金がかからないので、手元に残るお金が多くなります。配送時には破損がないよう揺れや衝撃に注意して申し込みましょう。

ネットを通して売る
フリマアプリやネットオークションなどネットを通じてテレビを売る場合、出品、取引連絡から梱包、発送まで、すべて自分一人でこなさなければなりません。小物や小型家電の取引で慣れている方もテレビは梱包に大きな段ボールや緩衝材が必要ですし、送料も5000円以上かかります。手間を考慮して値段設定をしましょう。

売れるテレビ

売れるテレビは製造年数とスペックによって決まります。正常に動いても条件に当てはまらないテレビは買取価格も付きませんし、無料での引き取りも難しいでしょう。

売れるテレビは製造から5年以内で、4Kテレビや有機ELテレビ、リモコンにhuluやネットフィリックスなどのボタンが標準装備されていれば壊れていても買取が可能な場合もあります。

リサイクルショップの場合、再販売を目的にして買取りするので国産のパナソニック、東芝など家電メーカーに限定されていることが多いです。個人間で売買する時には落札者本人が使う目的で購入されるので、ドメスティックブランドでも正常に動けば売れます。

テレビを高く売るコツ
テレビを売るときにはリモコンや説明書、箱など付属品を揃えるほど買取価格が下がりにくいです。特にリモコンは大切で、ない場合には2000円程度価格が下がることもあります。

フリマアプリやネットオークションで売却する場合は出品時に登録写真の枚数を増やすことも有効です。購入者側の気持ちになり、細かい傷や汚れの写真を掲載すると信頼度が上がり売れやすくなりますし、後からトラブルを防ぐことにもつながります。

テレビを譲って処分する

友人や親戚、ネットの掲示板を通じてテレビを譲って処分する方法もあります。この場合も買取時と同様に正常に動く、新しいテレビであれば需要がありますが、画面に傷があったりリモコンなどの付属品が揃っていないときは引き取り手が見つかりにくいです。

寝室用や動画視聴用の2台目のテレビを探している方は比較的小さめの20型以下のテレビを選ぶ傾向があります。反対に32型以上の大型テレビは、引き取る側も今使っているテレビの処分が面倒なので断られることも多いです。

知人に譲るときは譲った後に故障するリスクや配送方法も事前に話し合い、後からトラブルにならないよう気を付けましょう。

板橋区でテレビを処分する方法のまとめ

板橋区には指定引取場所があるため、廃棄処分をする際は自分で持ち込みをすると収集運搬料が節約できておすすめです。ただし、日曜日や祝日は営業をしていないため持ち込むことができません。

自分の都合に合わせてほしいときは不用品回収業者に引き取りを依頼するのが便利です。
年中無休、24時間対応の不用品回収業者も多数あり、急いでいる場合は即日回収にきてくれます。

正常に動く、製造から5年以内のテレビを処分したい場合は買取してもらうことを検討してみましょう。買取が成立すれば、家電リサイクル料もかからず無料で処分できる可能性があります。

板橋区の不用品回収業者