tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

大田区で粗大ゴミを回収・処分する3つの方法―積み放題プランは安い?

引越しや断捨離でベッドや食器棚を捨てる方は粗大ゴミの出し方や料金が気になるのではないでしょうか。

この記事では大田区での粗大ゴミの処分方法や料金、不用品回収業者を利用した時との比較をご紹介します。

大田区の粗大ゴミとは?

大田区,粗大ごみ
大田区では、一辺の長さが30cmを超える家具、寝具、電気製品等が粗大ゴミに分類されます。また、粗大ゴミは、品目(製品)で判断しますので、切り刻んだり、壊したり、分解しても「粗大ゴミ」となります。

例えば、ベッド、学習机、たんす、畳、テーブル、自転車、布団、ベビーカー、ミシンが粗大ゴミに当てはまります。

リサイクル家電やピアノや耐火性金庫などの適正処理困難物は粗大ゴミにはなりません。大田区で捨てられないゴミについては「大田区で粗大ゴミとして捨てられないもの」でご紹介します。

1.大田区の戸別回収で粗大ゴミを捨てる

大田区,粗大ごみ
大田区では家の前まで収集車が粗大ゴミを取りに来てくれる、戸別収集を利用して粗大ゴミを捨てられます。
収集は予約制で、電話またはインターネットからの申し込みが可能です。2021年3月現在、申込時から収集日まで4週間程度時間がかかっていますので余裕を持って申し込みましょう。

ここからは大田区の戸別収集での粗大ごみの出し方をご紹介します。

①申込

大田区,粗大ゴミ
大田区では粗大ゴミの収集申し込みが必要で、電話とインターネットで受け付けています。
2021年3月現在、粗大ゴミ受付センターで新型コロナウイルスのクラスターが発生したため電話受付体制の規模を縮小しています。また、3月は粗大ゴミの申し込みが多い時期と重なっているため電話が繋がりにくくなっています。それに伴い、大田区ではインターネットやスマートフォンでの申し込みを推奨しています。

【電話受付】

電話番号 03-5465-5300
受付日時 月曜日から日曜日(祝日も含む)
午前8時から午後7時

【インターネット受付】

URL https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0/0/0/
受付日時 24時間、365日

②粗大ごみ処理券の購入

大田区,粗大ゴミ
大田区では、粗大ゴミ処理券を購入して手数料を納付します。

大田区発行の処理券をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入し、収集日と名前または受付番号を記入して粗大ゴミの見やすい場所に貼ります。
1度購入した粗大ゴミ処理券は返品や返金ができませんので、事前に調べてから購入しに行きましょう。

粗大ゴミ処理券取扱所一覧

大田区の粗大ゴミ回収料金

大田区,粗大ゴミ
粗大ゴミの処分手数料は品目によって決められており、主な処分料金は以下のようになります。大田区の粗大ゴミ処理券は「A券200円」と「B券300円」の2種類あるので、処分料金ぴったりになるよう組み合わせます。

【処分手数料例】

品目名 処分料金
ベッド(シングル) 1,200円
マットレス(シングル) 300円
タンス 300円/800円/1,200円/2,000円/2,800円
自転車(大人用) 800円
ソファ(2人掛け) 2,000円
食器棚 300円/800円/1,200円/2,000円/2,800円

タンス及び食器棚の処分料金は高さと幅を合わせた長さによって料金が5段階に設定されています。

③粗大ごみを出す

大田区,粗大ゴミ
予約した収集日の朝8時までに玄関先等予約の際に決めた場所に粗大ゴミを運びます。

マンションや団地では可燃ごみや資源ごみの収集場所とは違うこともありますので、排出場所については管理人・管理者等に確認しましょう。

収集時の立会いは不要です。基本的に午後4時頃までには回収されますので、夜になっても粗大ゴミが回収されない時は

・大田区以外の処理券の貼付
・粗大ごみ処理券の料金不足
・申し込みしていない

等が考えられます。受付センターに収集状況を電話で確認しましょう。

2.大田区で粗大ゴミを持ち込み処分

大田区,粗大ごみ
大田区では自身で粗大ゴミ処理場に持込処分もでき、戸別収集よりも早く処分できます。
持ち込みは、1世帯年度内4回まで1回につき10個まで可能です。
処分場に持ち込む前に、申し込みが必要で持込日2日前の午後7時まで可能ですが2021年3月現在、持ち込みによる処分の申し込みが多く、持込日まで10日程度かかる場合もありますので余裕を持って申し込みましょう。

大田区では京浜島中継所に持ち込みます。

名称 京浜島中継所
住所 東京都大田区京浜島3丁目5-7
持ち込み可能日時 月曜日から土曜日/午後1時から午後4時
日曜日/午前9時から午後4時

京浜島中継所の口コミ

大田区,粗大ごみ
京浜島中継所の口コミをご紹介します。
“引っ越しで不要になったものを粗大ゴミとして捨てようと大田区に問い合わせたところ、捨てるのに予約が必要とのことでした。しかも引き取りに来てくれる日がコロナの影響で込み合っているため、引き取り日がだいぶ先になるとのことでした。自分は引っ越しの日程が近かったので間に合わないことから他に方法がないか尋ねたところ京浜島に持ち込めばすぐに引き取ってくれるとのことでした。
引っ越しの場合、20点まで引き取ってくれて大きなものでなければ無料とのことでした。
(引っ越し以外は10点まで)
持ち込みも予約が必要ですが急いでいる場合はアリだと思います。
自分はレンタカーを借りて平日に捨てに行きましたが現地でも待つことなくスムーズに引き取ってくれました。”
出典元:google

大田区の持ち込み処分料金

大田区,粗大ゴミ
持込時の処分料金は、品目によって無料または減額になりますので申込時に確認しましょう。

有料の場合は、粗大ゴミ処理券を購入します。処理券には、収集日、名前または受付番号を書いて品目ごとに収集職員の見えるところに貼付します。受付番号は申込時に案内されます。持込場所やその周辺では処理券を販売していません。また、現金による支払いは出来ませんので前以って用意しましょう。

ベッドやタンスなど大型ごみを持ち込むときには友人や家族に同行してもらうといいです。
処分場では係員の指示に従い、事故や怪我の防止に努めましょう。

3.大田区の不用品回収で粗大ゴミを処分する

大田区,粗大ごみ
不用品回収業者を利用して粗大ゴミを回収してもらう方法もあります。
自治体で粗大ごみを捨てる場合と比べて、料金は高くなりますが粗大ゴミを家から運び出すところから廃棄処分まで全て任せられるので便利です。

不用品回収業者の粗大ゴミ回収料金

大田区,粗大ゴミ
不用品回収業者に依頼した時の料金は2パターンあります。
1つ目は「基本料金+品目ごとに決められた料金」の合計で料金が決まるパターンです。

ベッド、タンス、食器棚、学習机、カラーボックスなど粗大ゴミの品目が明確で、大型家具が5点以内の時にはこちらの方が安くなります。

基本料金は3000円から4000円で、不用品回収業者の店舗や倉庫から近いと安くなることもあります。例えば、大田区に事業所を構える不用品回収業者は大田区からの依頼には通常3000円かかる基本料金を2000円にしている業者もあります。

品目ごとの粗大ゴミ回収費用相場は以下のようになります。

品目名 回収費用
ベッド 6000円
マットレス 3500円
タンス 6000円
食器棚 7000円
学習机 5000円
ソファ 6000円

2つ目はトラックに積み放題で○○円と決められている場合です。
積み放題プランの中には「基本料金」「処分費用」が含まれており、料金は以下のようになります。

トラックの大きさ 目安料金
軽トラック積み放題 30,000~50,000円
2トントラック積み放題 80,000~120,000円

WEB広告では軽トラック1台9800円~という料金設定がよく見られますが、この料金では回収後の廃棄処分は難しいです。

回収された家具や家電が美品でリサイクルショップに引き取られるのであれば、処分費用がかかりません。しかし、一般的に引き取られる粗大ゴミの半数以上は市場価値がないものです。

それらを処分するには費用がかかります。処分費用の他に人件費やトラック代もかかりますので、積み放題プランを9800円で提供すると不用品回収業者は赤字になってしまいます。
また、訪問時に「作業代」として別途料金を徴収される場合や処分料金を抑えるために、回収した粗大ゴミを不法投棄したりや個人で出したごみとして処分場に運んで処分している可能性もあります。

不法投棄は違法ですし、自身で出していない粗大ゴミを偽って処分場に持ち込むのは条例違反にあたります。

詳細は【不用品回収業者の選び方トラブル事例】をご覧ください。
信頼できる不用品回収業者は【大田区の不用品回収業者】から自分で探すこともできますし、ReLIFEでも手配させていただきます。

大田区で粗大ゴミとして捨てられないもの

大田区,粗大ごみ
大田区の粗大ゴミとして捨てられないゴミがあります。また、可燃ゴミや不燃ゴミにも当てはまらないので、不用品回収業者や一般廃棄物収集運搬業者に個人で依頼して捨てます。

例えば、パソコンは捨てる部品がない電子機器と言われています。
PCリサイクル推進法によって小型家電回収ボックスに入れたり、リネットジャパンに郵送して処分します。回収されたパソコンは工場で分解され、再資源化され新たな製品へと生まれ変わります。

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機はリサイクル対象家電なので、粗大ゴミでは捨てられません。家電販売店で引き取ってもらったり、自身でリサイクル券を購入して工場へ持ち込んだりして処分します。
リサイクル対象家電は大田区が管理していないので、料金の支払い方法や処分手続きも粗大ゴミとは異なります。
リサイクル対象家電の処分方法は
大田区でテレビを処分する
大田区で冷蔵庫を処分する
大田区でエアコンを処分する
大田区で洗濯機を処分する】で詳細をご確認ください。

パソコンやリサイクル対象家電以外にも金庫やピアノ、農薬などゴミ処理場では粉砕できない固いものやゴミ収集車の作業員がトラックに積み込めないものは粗大ゴミとして処分できません。大田区のWEBサイトやゴミ処理ガイドブックで確認できます。

不用品回収業者では大田区で適正処理困難物に指定され、引き取りされない粗大ゴミも回収してくれます。

大田区の粗大ごみ処分方法まとめ

以上、大田区の粗大ゴミ処分方法をご紹介しました。

大田区では30cmを超える不用になったものは粗大ゴミに分類され、戸別収集、持込処分を利用して処分できます。持込処分は、品目によって手数料無料になるのでうまく活用しましょう。冷蔵庫や洗濯機などリサイクル対象家電やピアノや耐火性金庫などは適正処理困難物に指定され、大田区では回収・処分ができませんので、自身で廃棄物処理業者を手配して処分します。

不用品回収業者では粗大ゴミからリサイクル家電、適正処理困難物まで電話1本で回収しますので、ReLIFEのお問い合わせフォームまたは電話(通話料無料)でご相談ください。