tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

豊島区でベッド・マットレスを処分する方法ー最安値は1,200円・買取・無料処分はできる?

ベッドは引越しや子供の成長と共に処分するタイミングがありますが、10年に1回程度しか捨てないので処分方法が分からない方も多いのではないでしょうか。

豊島区でのベッドやマットレスの処分方法は3つ程度しかありません。
この中で最も状況に合った処分方法を選ぶと後悔なく捨てられます。

この記事を読むと、豊島区でベッドやマットレスの処分方法が分かり、すっきりと捨てられます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

豊島区でベッド・マットレスは粗大ゴミで処分する

豊島区でベッドやマットレスは粗大ゴミとして処分します。

豊島区では一般家庭から出る家具や家電の中で1辺の長さが30cmを超えるものは粗大ゴミと定義されています。

以下のサイズを参考にして確認しましょう。

参考:【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

豊島区でベッド・マットレスを処分する方法

豊島区でベッド・マットレスを処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。
自治体での粗大ゴミの処分方法は戸別収集のみで、持ち込み処分はできません。

戸別収集は最も安くベッド・マットレスを処分できる方法なので、費用を抑えたい方にはおすすめです。

2020年10月27日現在、新型コロナウィルスの影響を受け、在宅時間が長くなったので、粗大ゴミの収集の申し込みが増えています。申込から収集日までは1ヶ月以上かかります。
申込者のキャンセルや変更等があった場合、上記の目安期間よりも早い収集になる可能性はありますが、急遽の引っ越しなどで時間に余裕がないときには向いていない方法です。

豊島区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する

手順
① 予約をする
収集予約の方法は2種類あり、電話受付かインターネット受付から選択できます。

インターネットから申し込みすることを推奨していますが、収集日を日曜日に指定する場合や運び出し補助を利用したい方は電話で申し込みます。

【インターネット受付】
名称 粗大ゴミ受付センター
URL http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0
受付時間 24時間 (メンテナンス及び12月29日〜1月3日を除く)

【電話受付】
名称 粗大ゴミ受付センター
電話番号 03−5296−7000
受付日時 月曜日〜土曜日(祝祭日含む) 8時〜19時
(日曜日、12月29日〜1月3日は除く)

② 「有料ゴミ処理券」(シール)を購入する
収集日までに、豊島区内の「有料粗大ゴミ処理券取扱所」の表示がある商店やコンビニエンスストアなどで、該当する料金分のゴミ処理券を購入します。

購入したゴミ処理券に「名前」または「受付番号」を書き、ベッド・マットレスの分かりやすい位置に貼ります。

③ 指定場所に出す
申し込みをした収集日の午前8時までに指定場所に出します。

戸建ての場合は玄関先等のわかりやすい場所に出します。集合住宅の場合は粗大ゴミ置き場、特に決められていないときは1階の共有玄関前の敷地などの邪魔にならない場所に出してください。立ち合いは必要ありません。

ただし、指定場所は地域やマンションによって異なるため、事前に管理会社へ確認する事をおすすめします。

65歳以上の高齢者や障害のある方のみで構成される世帯の方で玄関先への持ち出しが困難かつ他の人の協力が得られない場合は、運び出しの手伝いをしてもらえるサービスがあります。
引越しなど一度に大量に粗大ごみを出したり、緊急で対応することはできません。
大量に粗大ゴミを出す場合や期日が迫っているときは、不用品回収業者を利用します。

料金

ベッド・マットレスの料金はサイズによって細かく分類されているため確認し、不安な時は粗大ごみ受付センターに確認します。処分料金が不足している場合には収集されません。
80kgを超える介護用ベッドは適正処理困難物に該当するため、粗大ゴミとしては処分できないので、不用品回収業者を利用します。
豊島区の不用品回収業者

ベッド料金表
シングル(ロフト型含む) 1,200円
セミダブル 2,000円
ダブル 2,000円
二段ベッド(梯子を含む) 2,400円
パイプベッド(ロフト型含む) 1,200円
ソファーベッド 2,000円
ベッドヘッド 400円
ベビーベッド 400円

マットレス料金表
シングルベッドマットレス
(脚付き、畳タイプ、ソファ兼用型、分割式の厚マットレス含む) 1200円
ダブルベッドマットレス 1900円

豊島区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

豊島区ではベッドやマットレスを含む、粗大ゴミの持ち込み処分は受け付けていません。

不用品回収業者に引き取ってもらう

引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり、外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者にお任せできます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

豊島区には不用品回収業者が20社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

豊島区の不用品回収業者

豊島区でベッドを買取

豊島区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

豊島区でベッド・マットレスを無料処分する方法

豊島区ではベッド・マットレスを解体しても粗大ゴミとして扱われ、手数料がかかるため無料処分できる方法はありません。

小さく解体して、燃えるゴミや燃えないゴミとして出しても収集されません。

リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

豊島区でベッドを処分する方法のまとめ

豊島区でベッドを処分する方法で最も安く処分できるのは自治体の戸別収集を利用することです。ベッドとマットレスを同時に処分しても2400円程度で捨てられます。申し込みから収集までは1か月弱時間がかかるので、処分期日に余裕がある方には向いている方法です。
転勤や退去日が決まっている場合など急いでいる方は不用品回収業者を利用すると最も早くて電話をしたその日に引き取ってもらえます。ベッドやマットレスのみの引き取りであれば、作業時間は30分もかからないでしょう。