tel

豆知識

不用品回収

冷蔵庫が冷えない時の10の原因と対処法ー自分で直す・修理の基準

毎日の暮らしに欠かせない冷蔵庫が突然冷えなくなってしまったら困りますよね。
この記事では冷蔵庫が冷えないときの原因や確かめ方、修理する際の料金、冷蔵庫を買い替えるべきかどうかを分かりやすくご紹介いたします。

この記事を読むと冷蔵庫が冷えない原因と自分でできる対処法が分かります。
自分では原因が分からない場合の修理手順や買い替えの目安を知り次に進めます。

冷蔵庫が冷えない時に確認する10項目と対処法

冷蔵庫が冷えない時は、以下の10項目を確認してみましょう。

1.コンセントが抜けていないか

基本的なことですがプラグが外れかけているときもあるので、まずはコンセントが正しく繋がっているかを確認しましょう。

外れている場合は繋ぎなおすだけで解決することもあり、最も簡単に治る原因です。

2.冷蔵庫内の温度設定が適切か

真夏日に節電設定や冷却の強さを「弱」に設定していると十分に冷えない可能性があります。
冷蔵庫の設定温度は、冷蔵室/4℃以下、冷凍室/-18℃以下と定められてるため、季節に応じて正しく設定しましょう。11月~4月は気温が下がりますが、リビングとキッチンが繋がっている場合には暖房器具の使用で室温が20度以上に保たれていることがあるので、冬場でも庫内の設定温度が「弱」になっていると冷蔵庫の本来の力が発揮できないこともあります。

3.詰めすぎていないか

食品を詰め込みすぎてしまうと冷気が流れにくくなります。

スペースに余裕を持たせるために食品は冷蔵庫の容量の7割程度におさめ、冷気がまんべんなく行き渡るようにしましょう。食材ごとにまとめてトレイなどに入れて収納すると食品と食品の間にすき間を作ることが出来るため、冷気の流れがよくなります。

4.霜が冷蔵庫内についていないか

霜は外からの暖かい空気が庫内に入り温度が上がることによって出来てしまいます。特に冷気を送る吹き出し口は霜が付きやすくそこから徐々に広がっていきます。
吹き出し口は主に冷蔵庫の上部や奥の中央部にありますので、霜でふさがれていないかを確認しましょう。

また、冷蔵庫内の温度を上げないように、ドアの開閉の回数を減らすなどして外の温かい空気を入れないように心がけると霜がつくことを防げます。

5.ゴムパッキンが変形していないか

冷蔵庫の扉にあるゴムパッキンが一部剥がれていたり浮いていたりすると、ピッタリと扉が閉まらず庫内に外の空気が入ってしまうため冷えなくなってしまいます。
変形している場合は40度程度のおしぼりで変形部分をあたためるとパッキンの歪みが元に戻ることがあるので一度試してみましょう。

6.熱いもの・温かいものを冷蔵庫の中に入れていないか

冷めきっていない食べ物を入れるだけで冷蔵庫の中の温度が上がり、元の温度に冷ますまでに時間がかかってしまうため、一時的に冷蔵庫が冷えなくなってしまいます。

熱い・温かい食べ物は人肌に冷ましてから冷蔵庫にいれると消費電力も下がり、節電効果も期待できます。

7.日光が冷蔵庫に当たっていないか

日光や暖房の風が当たってしまうことで冷蔵庫自体の温度が上がり、内部が冷えにくくなることもあります。
庫内をスムーズに冷やすためには、直射日光が当たらず、風通しのよい場所が理想です。
冬場はエアコンの暖気が直接当たらないように注意しましょう。

8.冷蔵庫のドアを頻繁に開閉していないか

冷蔵庫のドアを開ける毎に外の温かい空気が入り庫内の温度が上がってしまうため、ドアの開け閉めは必要最低限にすることを心掛けましょう。

冷蔵庫にホワイトボードをつけて、冷蔵庫に食品を入れたら記入すると開けなくても中身が把握できるので、開閉回数を減らすことができます。

9.冷蔵庫の周りにスペースが空いているか

冷蔵庫の上や側面に隙間が空いていないと、放熱が適切にされずに冷えにくくなってしまう可能性があります。そのため冷蔵庫の周囲は左右5mm以上、上部50mm以上の放熱スペースを確保しましょう。

10.冷蔵庫から異音が聞こえないか

冷蔵庫から「ブーン」や「カラカラ」という異音がしている場合は冷蔵庫のファンやコンプレッサーの故障が考えられます。
まずは音がどこから聞こえるか確認しましょう。扉をゆっくり開けて音がしなくなった場合はファンの故障、常時音が鳴っている場合はコンプレッサーの異常の可能性があります。

冷蔵庫が冷える仕組み

冷蔵庫が冷える仕組みを冷凍サイクルと言います。
冷凍サイクルとは「冷媒」という熱の運搬役のガスが冷蔵庫の外では液体へ、冷蔵庫の中では気体へと変化しながらぐるぐると回り繰り返す動きのことを言います。

冷凍サイクルの仕組みは、圧縮機(コンプレッサー)、凝縮器(コンデンサー)、膨張弁(キャピラリーチューブ)、蒸発器(エボパレーター)の4つで構成されており、気化した冷媒に圧力をかけて、そのあとに放熱させて液化させます。この液化した冷媒を膨張弁で減圧し蒸発しやすい状態にしてから気化させることにより、再び熱を奪い取るサイクルを繰り返します。

つまり気化熱で冷蔵庫の中を冷やし、代わりに冷蔵庫の外に熱を出すシステムによって、冷蔵庫は動いているのです。

冷蔵庫は冷えないが、冷凍庫は冷えるのはなぜ?

冷蔵室だけ冷えない場合は、冷凍庫からの冷気が正常に送られていない可能性があります。

冷蔵庫を冷やすためのコンプレッサーは、多くのものが冷凍庫側に取り付けられており、冷蔵室は冷凍庫から送りだされる冷気によって冷やされます。
そのため原因の1つとして冷蔵庫の内部や吹き出し口に霜が付き、塞いでしまっていることが考えられます。

霜の取り方
冷蔵庫の中身を取り除いてから1日~3日ほど冷蔵庫の電源を切り、霜を溶かします。この際に床が濡れてしまわないようにタオルを敷いておきましょう。
目に見える部分に霜や氷が付いている場合は温めたおしぼりなどを当てて溶かすことが出来ます。

霜を取る際に固いヘラやドライバーなどで無理矢理削ったりドライヤーで温めたりすると、故障や破損した場合にメーカー保証が利かなくなるので注意しましょう。
霜を取っても直らない場合はコンプレッサーの故障が考えられるため修理を依頼することをおすすめします。

冷蔵庫が冷えなくなった時の対処法

冷蔵庫が冷えていないことに気付いたら焦らずに下記の2つをします。

・冷蔵庫の説明書と保証書を確認
節電設定や備え付けの引き出しの位置など冷蔵庫ごとに仕様が異なる為、上記の10項目以外にも、対応方法が説明書に記載されている場合は試しましょう。

・食材をクーラーボックスや発泡スチロールに入れる
いつ直るか分からないので、冷蔵庫内の食品を守るために取り出した食材は傷みやすい食材を優先し、氷や保冷剤と一緒に入れましょう。

冷蔵庫の寿命とサイン

冷蔵庫の寿命の目安はおよそ9年と言われています。これはメーカーが製品の部品を保管する最低期間が9年であるためです。

冷え方や電気代が変わらないのであれば何年使い続けても問題はありませんが、生産終了後9年を過ぎた冷蔵庫はいざ故障したときに、部品がないために修理ができない可能性があります。

冷蔵庫が故障する前の5つのサイン
1.冷凍庫の機能が低下した
2.冷蔵庫内の冷えが弱くなった
3.冷蔵庫下から水が漏れてくる
4.冷蔵庫からいつもと違う音がする
5.冷蔵庫内の一部分が冷えていない

上記の項目が当てはまる場合は、修理、買い替え、処分などを検討しましょう。

冷蔵庫を修理する

冷蔵庫の状態にもよりますが、製造年数が9年以内の冷蔵庫は修理できます。
9年以上経っている冷蔵庫でも修理用部品をメーカーが保有しているのであれば、修理できる可能性はあります。
ここでは修理可能な場合の料金と手順をご紹介いたします。

メーカー別の修理費用

冷蔵庫の修理にかかる修理費用には出張費も含まれており、修理費用は故障の原因や交換部品によって異なります。
購入日から1年以内であればメーカー保証期間内なので修理費は無料です。メーカー保証を利用する際は保証書が必要になるため準備しておきましょう。

2020年11月25日現在、公表されている4社の出張料を含めた修理料金表

症状 東芝 三菱 日立 SHARP
冷蔵室が冷えない 10,000円~35,000円 9,000円~28,000円 27,000円前後~31,000円前後 12,000円~31,000円
冷凍室が冷えない 10,000円~96,000円 9,000円~28,000円 27,000円前後~85,000円前後 12,000円~55,000円
冷蔵室・冷凍室が冷えない 14,000円~81,000円 16,000円~89,000円 27,000円前後~85,000円前後 12,000円~55,000円
氷ができない 14,000円~21,000円 11,000円~26,000円 26,000円前後~31,000円前後 10,000円~25,000円
パッキンの交換 10,000円~19,000円 16,000円~23,000円 18,000円前後 15,000円~24,000円
水漏れがする 6,000円~19,000円 9,000円~29,000円 19,500円前後 6,000円~24,000円

Panasonicの冷蔵庫は、公式ホームページから「診断ナビ」を使って型番ごとに修理診断を行い、修理費用の目安を確認できます。

家電の修理業者に依頼する場合の修理料金は各業者によって異なる為、問い合わせた際に確認しましょう。出張費用相場は、およそ2,000円~4,000円です。

修理する前に確認しておくこと

以下の3項目を確認しておくとスムーズに修理を依頼できるため正確に把握しておきましょう。
1. 保証期間、又はご購入先の販売店での延長保証加入の有無
2. 製品の型番
3. 発生している症状、箇所

修理の流れ

1. 問い合わせ、訪問日時を決める
冷蔵庫を購入した販売店に修理依頼をすると、販売店と提携している修理業者を手配してくれます。修理業者と直接、修理日の日程を調整します。

夏場は特に冷蔵庫以外の家電も壊れやすくなり修理業者も忙しくなるため修理が完了するまでに早くても2日、遅くて1週間程かかることもあります。

販売店の延長保証サービスを利用している場合は、必ず購入先の販売店へ相談・依頼をしましょう。

2. 点検・修理をしてもらう
修理業者のスタッフが冷蔵庫の故障個所を確認します。
製品の設置状況や部品の手配状況により、その日のうちに修理が行えずに後日、部品が揃ってから再訪問・修理となることがあります。

3. 料金を支払う
支払い方法は店舗や修理業者により異なります。
カード支払いが対応していない店舗もある為、事前に確認しておきましょう。
また修理ではなく点検と説明での対応となった場合でも、出張費のみの支払いが必要です。

冷蔵庫を買い替える・処分する

修理以外の方法として故障した冷蔵庫を処分して新しく買い替える方法もあります。
使い始めてから9年以上経っている冷蔵庫は、修理ではなく買い替えのほうがおすすめです。

冷蔵庫を処分する方法

冷蔵庫を処分する手段としては、回収業者や家電量販店、市区町村に問い合わせて引き取ってもらうことができます。その他にも買取業者に依頼をする手段などもあります。詳細は「冷蔵庫を処分する方法」をご覧ください。

冷蔵庫が冷えないときの対処法まとめ

今回は冷蔵庫が冷えないときの対処法をご紹介しました。

冷蔵庫が冷えない場合、まずは10項目を確認し、直らなかったら修理か買い替えを検討しましょう。購入から1年未満であればメーカー保証が利き無料で修理してもらうことができますが、購入から9年以上経過している冷蔵庫は修理が出来ない可能性もあるため買い替えることをおすすめします。

冷蔵庫を出来るだけ長く使用できるように日頃から丁寧に扱いましょう。