tel

豆知識

リノベーション

家屋の外壁をリノベーションでお住いの外観を美しく!

外壁のリノベーションを行うとお住まいの家屋の外観が変わり、家が生まれ変わったように美しくなることに加え、外壁の保護力も向上するため、家屋の耐用年数を延ばすこともできます。

どうせリノベーションをするのであれば、家屋の中だけでなく外側もキレイにしたいですよね。もし、現在のお住まいの外壁が汚れていたり、劣化している場合には、「家の外観を新築時のようにキレイにしたい。」「外壁をオシャレにしたい。」というニーズを持っている方は多いのではないでしょうか。

しかしながら、外壁の工事には様々な種類があり、何をどうしたらいいか分からないという方も少なくないと思います。

そこで、この記事では外壁のリノベーションについておおよその費用も含めご紹介します。

家屋の外壁リノベーションってどんなもの?

家屋の外壁をリノベーションするための工事には主に補修、塗装、新調の3つの種類があります。

外壁の補修とは、外的要因や時間経過によってゴム製部分(シーリング)が劣化したものを修繕するものです。外壁に大きな損傷が起こらないように外壁を補修することは大切です。

塗装とは、建物の色を変え美観を保護したり、防水機能を持たせるために塗料(たいていの場合はシリコン樹脂塗料)を塗る工事のことをいいます。建物のメンテナンスには欠かせない工事になります。

新調には、外壁の重ね張りと張替えの2種類がありますが、外壁のリノベーションにおいて皆さんが思い浮かぶのはこちらの工事ではないでしょうか。真新しい外壁へのリノベーションを希望している場合は、こちらの工事が必要になります。

この記事では、「塗装」とサイディング(パネル状のボードを張って外壁を仕上げる工法)に代表されるような「新調」に焦点を当てていきたいと思います。

家屋の外壁リノベーション 塗装

https://www.instagram.com/p/Bz3xmq7gK6w/

「外壁の塗装」は最も手軽なリノベーション方法です。サイディングやモルタルの外壁が劣化してきたときには、塗り替えを検討することが一般的です。

前述の通り、外壁塗装の大きな役割は「建物を美しくすること」「建物を保護すること」です。
それぞれの効果について見ていきましょう。

家屋の外壁を塗装リノベーションすると得られるメリット①美観の保護

外壁を新しい風合いを持ったものに塗装すると、家屋の外観が美しくなる効果と同様に、家屋が新しく見える効果もあります。新築同様に建物の外観が生まれ変わることに加え、住宅を売却する際に有利な価格で売却できる可能性も上がりますよね。

家屋の外壁を塗装リノベーションすると得られるメリット②保護機能の向上

家屋の保護機能の向上については、具体的に遮熱効果、遮断効果、防カビ効果、外壁塗料の素材の種類によっては防藻効果も期待できます。

それに加えて、外壁は常に紫外線を含む強い日光に晒されますので、そのダメージを蓄積していくことになります。しかしながら、塗装をしっかりすることで光の多くを反射できるようになり、外壁が吸収する光を最低限に抑えることができます。そのため外壁の塗装工事には断熱効果もあるのです。

外壁塗装の保護機能向上についての効果はそれだけではありません。例えば、地震のような自然災害から住宅火災についても効果を発揮することができます。耐震補強の役目が果たされるよう、壁材の守りを硬くしたり、もらい火を防ぐ効果も期待できます。

家屋の外壁を塗装リノベーションする際の費用は?

家屋の外壁の塗装費用はおおよそ50万〜80万円が目安となっています。
ただし、使用する塗料のグレードにより費用が異なりますので注意してください。一般的には、効果な塗料ほど耐久性が高く、外壁を長持ちさせ、家屋の耐用年数を延ばすことにもつながります。

普通であれば、外壁塗装の詳しい費用については塗布面積をもとに算定されますので、業者に見積もりをお願いした方が良いでしょう。

外壁の塗装のリノベーションを検討する際には、どんな効果を期待するのかによって、塗料の選択も含め業者と相談してみると良いですね。

家屋の外壁リノベーション 新調

外壁の新調はお住いの外壁を真新しいものに変更できます。リノベーションすることによりまっさらな新しい気持ちで生活を送ることができそうですね。さらに、外壁の新調にも前述のような外壁塗装と同様の効果が期待できます。

前述の外壁の新調には大きく分けて2つの種類があります。重ね張りと張替えについて詳しく見ていきましょう。

家屋の外壁を新調リノベーションすると得られるメリット①外壁の重ね張り

「外壁の重ね張り」とは、既存のサイディング等の外壁の上から、新しい外壁を張り付ける工事のことです。「外壁の張替え」と比較すると安価で工事できるのが特徴です。

重ね張りのメリットは以下の通りです。
・廃材がほぼ発生しないので、廃材処理費がほとんど必要ない
・外壁が二重になるので、遮断・遮音性が向上する
・工期が短い
などです。

重ね張りのデメリットはこちらです。
・外壁の重量が増す
・外壁の劣化状況によっては、施工できない場合がある
・選択できる外壁材の幅が狭まってしまう
などです。

重ね張りの費用は?

外壁の重ね張り費用はおおよそ150万円〜が目安となっています。

もちろん、外壁材のグレードによって値段は変わりますのでリノベーションをご希望するのならご自宅の様子とメリットデメリットを考えながら、施工業者に見積もりを作ってもらうと良いでしょう。

家屋の外壁を新調リノベーションすると得られるメリット②外壁の張り替え

https://www.instagram.com/p/B1gEEJCBRYL/

「外壁の張り替え」工事は既存の外壁を撤去し、新しいボードを張る工法が張替え工法です。既存の外壁を剥がす手間がかかるため、重ね張りよりもコストがかかるのが特徴です。
モルタル外壁をサイディング外壁に変更する、モルタル外壁をタイル張に変更する等の変更もできます。

外壁のリノベーションを検討されていて、外壁の雰囲気を変えたり、風合いを変更したい方は張り替えを検討しているかとも思います。

張り替えのメリットは以下の通りです。
・既存の外壁を全て取り外すことができるので、防腐紙などの壁の内側の下地のメンテナンスが可能になる
・今までのものとは違う外壁を設置するので、お住いのイメージチェンジができる
・既存の外壁材と比較し軽い外壁材を使用するので耐震性が向上する
などです。

張替えには費用面以外のデメリットもあります。
・構造的に張り替えられないもの(モルタル・コンクリート)もある
・長期の工事になりやすい
・お住まいの築年数によっては外壁の選択肢が限られる
などです。

張り替えの費用は?

外壁の張替えの費用はおおよそ200万円〜が目安となっています。

既存の外壁を取り外すので、その廃材を処理する費用等も合わせてかかってしまいます。
こちらも重ね張りと同様に外壁材のグレードによって値段は変わります。
張り替えでのリノベーションを検討しているのであれば、工期が長くなってしまう可能性もありますので、工事日程等も必ず勘案のうちに入れておきましょう。

家屋の外壁をリノベーションするなら家の悩みに合ったやり方を考えよう

外壁のリノベーションには様々な方法が考えられることがわかりました。耐用年数の延長に加えて、遮熱効果、遮断・遮音効果、防カビ効果など様々な効果をもたらしてくれることもわかりましたね。

お住まいの外壁は、日頃の洋服と同じように簡単に「着せ替え」できるものではありません。
そのため、ご自身の理想にあった外壁を実現するために工法を選択したり外壁材を選択したりする必要があります。外壁のリノベーションをご検討の方は、よくよく様々な業者と相談して見積もりをしてもらい比較するのはどうでしょうか?

お住まいの状況によっては、補修を選択した方が良い場合もありますし、安い買い物ではありませんので後悔をしないようにしたいですね。

お住まいの内装だけでなく、外側もリノベーションして理想の住まいを実現してみませんか?