tel

豆知識

リノベーション

住みながらでも出来るマンションのリノベーション工事!メリットやデメリットと合わせてご紹介

購入したマンションのリノベーションを検討している方も多いのではないでしょうか。住んでみたら動線がライフスタイルと合っていなかった、家族が増えたので家の中をより住みやすいように変えたい、古くなってきたので部屋の状態を新しい状態に近づけたいなど理由は様々な事でしょう。既存のマンションにリノベーションを行えば、機能性も快適性も合わせて向上させることが出来、さらに住みやすく暮らせるお部屋へと変えることが可能です。

しかし、機能性や快適性を求めてのリノベーションは大規模な工事になることも多く期間も長いもので数ヶ月になります。少しでも負担を減らす為引越しせず、住みながらリノベーションを選ぶという方もいますが工事をしている家に住むのは大変なことも多いようです。
今回は住みながらマンションのお部屋をリノベーションするメリットやデメリット、更にポイントなどをお伝えいたします。是非ご一読ください。

住みながら出来るマンションにリノベーションのメリット

 

こちらではマンションに住みながらリノベーションをするメリットを何点かまとめてみました。我が家に住みながら間近で工事を行ってもらえることはどのような良いことがあるのでしょうか?早速見ていきましょう。

住みながら出来るマンションリノベーションのメリット①引越しの手間と費用が減らせる

リノベーション時の引越しは、通常の引越しとは違い往復行わなければなりません。近くにご実家があればそちらの場所を借りて住むことも多いようですが、お子様がいる家庭であれば学区内にご実家ないこともあり、転校を伴わない為に賃貸の物件を借りる必要が出てきます。数か月にわたって住む場合であれば必要な生活道具も一式移す必要があり大変な手間と費用がかかってくることでしょう。その手間と費用を抑えられる事は大きなメリットと言えるでしょう。

住みながら出来るマンションリノベーションのメリット①近くで出来上がっていく様子を見れる

住みながらのリノベーションをすることで自分の家が、日々新しくキレイになっていくところを見る事が出来ます。先週まで古かった箇所が今週では見違えるほどきれいになったなど、成長していくように日々変わっていく部屋により愛着をより持つことが出来るでしょう。

住みながら出来るマンションリノベーションのデメリット

では、反対にデメリットはどのような点なのでしょう。毎日工事の方が来る期間はたかが数週間と言えども負担が大きくなるイメージがあります。早速デメリットを見ていきましょう。

住みながら出来るマンションリノベーションのデメリット①細かいコストがかかってしまう

住みながらリノベーションを行うと、お風呂が使えないときの銭湯代、落ち着いてご飯を食べれないという理由での外食など、生活費がかかってくる傾向にあります。また、箇所によっては家具を移動したり、工事のホコリなどが出てしまうこともあるでしょう。家具の養生、ホコリ対策などが都度必要になると考えると費用は思っている以上にかかってくると言えます。また、業者側にも不都合は多く、水を思った時に止めれないなどの気遣いで工期が延びる傾向にあり、工賃も増えてしまうことがあるようです。

住みながら出来るマンションリノベーションのデメリット②他人がいつも家にいる状態が続くので、ストレスを感じる

家で工事を行われる点では、工事の方が常にいるという点で精神的なストレスになる方が多いようです。いつも気兼ねなくしていた昼寝が出来ない、職人さんたちと同じ仮設トイレを使わなければならない、知らない人がいるから出かけられない、など通常の生活自体でも気を使ってしまう事でしょう。更に、大工さんにお茶を出すことや日々の挨拶なども核家族となってしまった現代では苦手意識をもって老いる方もすくなくありません。これは大きなデメリットと言えます。

住みながら出来るマンションリノベーション種類

メリットとデメリットを見比べて、デメリットの方が負担が大きいように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、住みながらマンションのリノベーションを行うこともリノベーションの種類さえ押さえれば不可能ではありません。どういった種類のリノベーションが住みながら出来るのでしょうか?

住みながら出来るマンションリノベーションの種類①耐震補強工事

20年以上前に建築した中古マンションは新築のマンションと比べると耐震性がなく、災害が多い日本ではリノベーションによって耐震性を高めることが必要不可欠です。中古マンションにおいては、耐震補強工事を行うことで、耐震性を高めることが可能となります。木造物件でも同じく工事が可能ですが、マンションの場合には、工事自体も大規模な工事となることもあります。
補強工事は、建物の土台に耐震金物を数カ所に取り付けしますが、工事価格は業者次第で、小規模工事ならば3万円程度から可能な業者もあります。耐震性の工事を行う際には、各自治体の助成金も利用可能です。工事費用の一部が助成されるので、見積もり価格から更に割引した価格で工事を行うことが可能となります。

住みながら出来るマンションリノベーションの種類②防音リノベーション工事

防音リノベーションは建物の防音性能を高めることが出来ます。特に大きな道路沿いや、商店街などにお住まいの方など、日々の騒音が気になる場所に住んでいる方にはかなりおすすめの工事と言えます。
また、反対に各部屋を防音にして、音楽制作のためのスタジオ等も用意することが可能です。窓も防音ガラスに取替をするだけで、屋外の騒音を30%以上改善することが出来ると言われています。

住みながら出来るマンションリノベーションの種類③キッチンのリノベーション工事

キッチンを新しく蘇らせるリノベーション工事も住みながら行うことが可能です。古くなったキッチンは使い勝手が悪かったり、こびりついた汚れから見た目も綺麗に見えないことが多いです。対面キッチンや、アメリカンなキッチン、最近ではカフェやバーのようなキッチンもとても人気が高く、キッチンだけでもリノベーションを行うと、リビングから見える景色が大きく変わります。デザインと機能面の両方を快適に向上させることも出来ます。また、ただ作業スペースを広くするだけなどの工事は簡単で短期間で行うことができます。主婦の方にはかなりおすすめのリノベーションと言えるでしょう。

住みながらでも中古マンションのリノベーションをすることで機能と利便性をアップグレードしよう!

中古リノベーションのマンションは大規模な改造を行うことで、新築のマンション同様、もしくはそれ以上の価値を付帯したマンションに生まれ変わることが出来ます。しかし、住みながらリノベーションをすることは負担が多くなってくるようです。
その中でも住みながら出来るリノベーションは沢山あります。リノベーションは、物件の寿命を伸ばすことも出来ますし、常に安心して住めるような環境を保つためには必要な選択と言えるでしょう。費用や工事の方法などは各業者さんによって様々ですが、是非ご自身の住んでいるマンションのリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。