tel

豆知識

ReLIFE

リノベーション

アンティークな風合いにリノベーション!具体的なポイントもご紹介

アンティークの風合いを持つ住宅は、レトロな雰囲気と高級感があります。そのため、住宅をリノベーションしてアンティークの風合いを実現したいという方もいるのではないでしょうか。今回は、アンティーク風の魅力やリノベーションする際のポイントなどについて詳しく解説していきますので、ぜひチェックするといいでしょう。

アンティークな風合いの住宅の魅力とは

アンティーク住宅は、ある程度の年月が経過し、そのレトロな風合いを活かしたお家です。そのため、ほかの住宅にはない魅力がたくさんあります。

アンティークな風合いの住宅の魅力①お部屋の雰囲気をガラリと変えることができる

アンティーク風にリノベーションすることで、歴史を感じられる洋風な雰囲気になります。大げさに言えば、美術館のような高級感ある雰囲気を感じられるでしょう。独特なので、ほかの家との差別化を図ることができる点も魅力です。

アンティークな風合いの住宅の魅力②経年変化を楽しむことができる

経年変化を楽しめることも魅力になるでしょう。アンティークの風合いを持つ住宅は、長年の使用によりできた傷や凹みを活かしたお家です。その傷みが住宅の魅力を引き立たせるため、ほかのタイプの住宅と比べて経年変化を楽しめます。

アンティークな風合いの住宅の魅力③結露ができづらく空気環境を整えてくれる

アンティーク住宅の中には、築年数が非常に経過したお家もあります。古いお家は、漆喰や珪藻土が使用されているため、結露ができにくいです。そのため、カビの発生も抑えることができます。また、無垢材が使用されているケースが多く、空気環境を整えてくれるので、良い環境で暮らせるという魅力があるでしょう。

アンティークな風合いにリノベーションする際のポイント

アンティークの風合いを出すために知っておきたいリノベーションのポイントがあります。把握しておくとためになるので、興味のある人は参考にしてください。

アンティークな風合いにリノベーションする際のポイント①床を無垢材に変更する

一般的なフローリング材を無垢材に変更すれば、アンティークな雰囲気を作れます。無垢材は自然素材になりますので、木の風合いを感じることができ、印象をガラリと変えることができるのです。また、無垢材にあらかじめ傷をつけたり、凹みを入れたりすることで、さらにアンティーク感を出すことができるようになります。

アンティークな風合いにリノベーションする際のポイント②塗り壁に変更する

ビニールクロスの壁を漆喰などにリノベーションすることで、お部屋をレトロな印象にすることができます。漆喰には趣を感じられるといった魅力があるでしょう。また、先程も言ったように、結露防止などの効果も期待できます。

また、タイル壁や腰壁を取り入れるのもポイントです。これらを使用することで、メリハリをつけられるので、オシャレ感がものすごくアップします。

アンティークな風合いにリノベーションする際のポイント③木製格子窓を取り付けよう

一般的な窓を使用していると、現代の雰囲気を隠せませんので、アンティーク感が失われます。一方、窓には断熱性が求められるので、現代技術を駆使した断熱性能の高いものを使用したいという方も非常に多いでしょう。見た目と機能性を同時に実現するためには、木製格子窓を内窓に取り付けるのがおすすめです。

木製格子窓を使うことで、断熱性能を維持したまま、レトロな雰囲気に仕上げることができます。さらに、エイジング加工をしたり、好みのカラーでペイントしたりすれば、さらにアンティーク風の住宅を実現できるのではないでしょうか。

アンティークな風合いにリノベーションする際のポイント④玄関や水回りはタイルを使う

玄関にはタイルを使うのがポイントです。玄関はリノベーションがしづらい部分ですが、タイルを活用することで印象がレトロ風に変わります。また、水回りにはモザイクタイルを使うことで、アンティークを実現できるでしょう。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム

アンティーク風の住宅にするためには、取り入れる家具や雑貨も慎重に選ぶ必要があるでしょう。どのような雑貨や家具を取り入れればいいのか解説していきます。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム①アンティークなガラス製品を雑貨として使う

現代のように、技術が発達しておらず、未熟な機械で作られたため、気泡や歪み、プレスしたときにできた跡が残っています。また、製造から長年経過しているため、傷や部分的な破損が見られるでしょう。しかし、このような未熟さがアンティークの風合いを引き出させます。

商品の中には、製造から100年以上経過したものもあります。そのため、このような商品を購入すれば、レトロ感を出せることができるでしょう。例えば、果物入れのガラス製品などがあります。机の真ん中におけば雰囲気を出すことができるのではないでしょうか。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム②アンティーク陶磁器を積極的に購入

釉薬を使用して仕上げている陶磁器です。お皿の中やコーヒーカップの外側に、お花などの絵柄がペイントされており、その模様がアンティークさを引き出させます。また、商品の中にはひび割れ模様ができているものもあり、レトロさがにじみ出ているものもあるでしょう。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム③アンティークステンドグラスを取り入れる

柄の模様が着色ガラスで表現されています。境界や西洋館の窓に見られることも多く、アンティークさを感じられます。当時は、ガラスを作る技術が進歩しておらず、ガラスの中に小さな気泡があるものも少なくありません。しかし、それが反ってアンティークの風合いを引き立たせます。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム④ホウロウ雑貨を取り入れる

ホウロウ雑貨を取り入れるのがおすすめです。例えば、ホウロウの収納ケースや傘立てなどがあります。キッチンや玄関に飾ることで、経年を感じられるでしょう。また、ポストなどもあります。庭もアンティーク風にこだわりたいという方は、取り入れることをおすすめします。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム⑤アンティークミラーを設置しよう

アンティークミラーは、ミラーの周り木製の枠が取り付けられており、それが歴史を感じさせます。また、木ではなく鉄素材のフレームで作られたものもあり、取り入れれば昔の西洋の住宅のようになるでしょう。玄関に設置したり、お化粧台に活用したりしてみてはいかがでしょうか。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム⑥アンティークのテーブルを導入しよう

テーブルには、アーコール社やG-planのヴィンテージ家具がおすすめです。木の風合いが感じられ、アンティーク住宅に適しています。ダイニングテーブルとして活用したり、コーヒーテーブルとして使ったりすることもできるためおすすめです。

また、アンティーク家具でありながら、機能性を持ったものもあります。例えば、伸張式のものなどです。そのため、機能性を求めている方でも導入しやすいでしょう。

アンティークな風合いを実現するためにリノベーション以外で取り入れるべきアイテム⑦キャビネットを導入する

アンティークのキャビネットがあります。木枠がガラスを囲んでおり、収納したものを見せることが可能です。例えば、その中に本を入れたり、写真立てを入れたりすることで、おしゃれな家具になるでしょう。

しかし、キャビネットは小物を入れるための家具です。重たいものを乗せすぎると耐えられなくなる可能性があるので注意するようにしましょう。

アンティークな風合いを持つ住宅にリノベーションしよう

アンティーク風の住宅にリノベーションすることで、お部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。また、独特な雰囲気になるので、魅力を感じる方も多いでしょう。リノベーション業者では、アンティーク風に変えたいという要望にも対応してくれるところが多いので、リノベーションを検討している方は相談してみてはいかがでしょうか。