tel

豆知識

ReLIFE

布団の処分方法(市区町村別)

山梨県甲斐市で布団を処分する方法/手順・料金・布団カバーの捨て方

毎日の睡眠に欠かすことができない布団ですが、天日干しをするなどこまめなメンテンナンスを必要とします。お手入れをせずに使用し続けると、3年から5年といわれる耐用年数よりも早く繊維がつぶれてしまいます。

潰れてしまった布団は寝心地も悪く不衛生なため、打ち直し作業が必要になります。最近では手ごろな値段で販売されている布団が多くあるので、打ち直しではなく買い替えを選ぶ方も多いことでしょう。

この記事では山梨県甲斐市の布団の処分方法をご紹介します。

山梨県甲斐市で布団は燃える粗大ごみで処分する

山梨県甲斐市で布団は「燃える粗大ごみ」に分類されます。布や綿でできており、燃えやすい素材ではありますが、全体の大きさが大きいため燃えにくく、粗大ごみとして出さなければなりません。

市指定のごみ袋に入る大きさの枕は、燃えるゴミに出すことができます。

山梨県甲斐市で布団を処分する方法

山梨県甲斐市で布団を処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。

山梨県甲斐市の粗大ゴミ収集日に布団を処分する

◆手順
折りたたんだ布団を紐やリープで縛ってまとめます。掛け布団は四つ折り、敷き布団は蛇腹折にすると縛りやすく、解けにくくなります。
燃える粗大ごみ収集日の指定された時間までに、収集場所に出してください。収集日時や収集場所は地区によって異なります。

[燃える粗大ごみの収集日時]
地区 収集日 収集時間
竜王地区 北部 毎月第3木曜日 8:30まで
南部 毎月第3金曜日
敷島地区 毎月第2木曜日 7:00~8:00
双葉地区 毎月第2火曜日 8:00まで

[燃える粗大ごみの収集場所]
・竜王地区/敷島地区:収集場所

・双葉地区:ごみ収集小屋

◆料金
処分料金は掛け布団、敷き布団ともに無料です。

山梨県甲斐市で布団を持ち込み処分する

布団は山梨県甲斐市での収集を利用する他に、中巨摩地区広域事務組合清掃センターまたは峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)に持ち込み処分することもできます。

◆手順
事前に、中巨摩地区広域事務組合清掃センターまたは峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)に連絡し、持ち込み日や持ち込み方法の確認が必要です。指示に従って直接処分場へ布団を持ち込みます。
処分場では係員の指示に従って布団を降ろし、料金を支払います。

処分施設名称 中巨摩地区広域事務組合清掃センター
料金 10kg 157円(税抜)
住所 山梨県中央市一町畑1189-1
電話番号 055-273-5711
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~11:30/13:00~16:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

年末年始の受け入れ状況は事前にご確認ください。

峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)の口コミ

利用する機会が少ない方は峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)の雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“綺麗な処理場です。”

出典元:google

処分施設名称 峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)
料金 10kg 220円(税抜)
住所 山梨県韮崎市龍岡町1895
電話番号 0551-22-3437
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~11:45/13:00~15:45
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

年末年始の受け入れ状況は事前にご確認ください。

山梨県甲斐市では布団を切ると燃えるゴミとして処分できる?

山梨県甲斐市では、布団を市指定の燃えるゴミ用袋に入る大きさに切れば、燃えるゴミとして処分することができます。
薄手の布団や毛布なども同様で、燃えるごみ用の袋に入るのであれば燃えるごみとして処分できます。

布団を切ると中の綿に入っているダニやホコリが空気中に舞います。これらはハウスダストアレルギーや喘息を引き起こすこともあるので、おすすめできない処分方法です。

甲斐市で布団の処分を不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に布団を回収処分してもらう方法もあります。

不用品回収業者に回収してもらう流れは、電話で見積もり依頼をし、訪問見積もり後の金額に納得し、当日または希望日に回収してもらいます。

不用品回収業者に依頼した時の値段は3500円程度です。複数枚回収してもらう時には、軽トラック積み放題プランが適応され、布団5枚以上の布団でも処分料金が約10000円になることもあります。

収集日に出す場合と比べ、料金が高いですが回収や処分手続きを全て行ってくれますし、電話をしたその日に回収しに来てくれることもあります。一度に複数枚布団を処分したい方にはおすすめの方法です。

布団を無料で処分する方法と寄付する方法

新品の布団であれば、フリマアプリやネットオークションを通して売ることもできます。
10000円以上での取引されたこともあります。一度でも使用したものは基本的に売却できません。

一度使用した布団であっても支援団体へ寄付することはできます。
支援団体「ワールドギフト」では家庭で不用になった布団を発展途上国へ届ける活動をしています。集荷された布団はそのまま利用される他、工場で再利用されています。

約3000円の集荷料金がかかりますが、発展途上国への支援やリサイクルに貢献できる環境と人に優しい処分方法です。

山梨県甲斐市で布団カバーを処分する方法

布団の処分と同時に布団カバーも処分する方も多いのではないでしょうか。
ここからは甲斐市での布団カバーの処分方法をご紹介します。

山梨県甲斐市で布団カバーは燃えるごみとして処分する

山梨県甲斐市で布団カバーは燃えるごみとして処分できます。布団を粗大ごみとして処分する際には、布団から外して分けて処分する必要があります。
小さいサイズのごみ袋を使用している場合などで、ゴミ袋に入りきらない大きさの場合は、布団カバーを小さく切って分けて袋に入れましょう。

布団カバーを燃えるごみの収集日に出す

布団カバーを市指定の燃えるごみの袋に入れて、燃えるごみ収集日の指定された時間までに、収集場所に出します。
収集日時や収集場所は地区によって異なります。こちらからご確認ください。
https://www.city.kai.yamanashi.jp/soshikinogoannai/kankyoka/seikatsukankyokakari/1_1/1/1760.html

山梨県甲斐市で布団カバーを持ち込み処分する

山梨県甲斐市では布団カバーも布団と同様に、中巨摩地区広域事務組合清掃センターまたは峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)に持ち込んで処分することができます。
布団カバーは燃えるごみに分類されるので、処分場では布団と別の場所で降ろす必要があります。事前に布団カバーを外して分別してから持ち込みましょう。

山梨県甲斐市で布団を処分する方法のまとめ

山梨県甲斐市での布団の処分方法をご紹介しました。
甲斐市では布団は燃える粗大ごみに分類され、粗大ごみの収集日に収集場所に出す方法と、中巨摩地区広域事務組合清掃センターまたは峡北広域環境衛生センター(エコパークたつおか)に持ち込む方法で処分できます。収集場所や処分場まで自力で運ばなければなりませんので、複数の布団を処分する際などには不用品回収業者を利用すると便利です。
また、布団カバーは燃えないごみに分類され、処分方法が布団と異なりますので注意しましょう。