tel

豆知識

ReLIFE

布団の処分方法(市区町村別)

新潟県新潟市で布団を処分する方法/手順・料金・布団カバーの捨て方

布団の寿命は一般的に、掛け布団なら約5年、敷き布団では約3年といわれています。長年使用することで繊維がつぶれてしまい、綿が硬くなってしまいますが、打ち直しをすることでふっくらと元の状態に戻すことができます。
布団の打ち直しは専門店に依頼しなければならず、布団専門店が少なくなっている現在では、打ち直しではなく買い替えを選ぶ人が増えています。布団は自治体によって処分方法が異なるため、古い布団の処分方法に困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では新潟県新潟市の布団の処分方法をご紹介します。

新潟県新潟市で布団は粗大ごみで処分する

新潟県新潟市では、指定ごみ袋に入る大きさでも広げると大きいものを粗大ごみに分類しています。
布団は布や綿などの燃えやすい素材でできていますが、面積の大きな物なので粗大ごみに分類されます。

指定袋に入る大きさの枕は、燃やすごみとして処分できます。

新潟県新潟市で布団を処分する方法

新潟県新潟市で布団を処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。

新潟県新潟市の粗大ゴミ収集日に布団を処分する

◆手順
新潟県新潟市で布団は、自治体の粗大ごみ戸別収集を利用して処分します。
電話かFAXまたはインターネットから、粗大ごみ受付センターに戸別収集の申し込みをし、料金と収集日を確認してください。
収集日までに、指定された料金分の粗大ごみ処理券を購入します。粗大ごみ処理券は新潟市内の「指定袋・粗大ごみ処理券取扱所」のステッカーがあるお店で購入することができます。
粗大ごみ処理券を布団の見やすい位置に貼り、収集日の8:00までに指定された排出場所に出してください。

粗大ごみ受付センター
電話:025-290-5353  受付時間は月曜日~土曜日・9:00~17:00
(祝休日及び12月29日~1月3日を除く)
FAX:025-290-5371(聴覚・音声・言語機能障がい等がある方専用)

◆料金
戸別収集を利用した布団の処分料金は、1枚100円です。
粗大ごみ処理券を購入して料金を納めます。

新潟県新潟市で布団を持ち込み処分する

布団は新潟県新潟市での収集を利用する他に、地区ごとに指定されたごみ処理施設に持ち込み処分することもできます。
搬入できる施設はお住まいの区により異なります。

区名 施設名
北区 豊栄環境センター・新田清掃センター・亀田清掃センター

新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)

東区・中央区

江南区・秋葉区

南区

新田清掃センター・亀田清掃センター

新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)

西区 新田清掃センター・亀田清掃センター
新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)
(四ツ郷屋地区に限り、鎧潟クリーンセンターへの搬入も可能)
西蒲区 鎧潟クリーンセンター・新田清掃センター・亀田清掃センター

新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)

◆手順
布団を車両に積み、地区ごとのごみ処理施設に直接持ち込みます。布団はたたんで紐で縛っておくと持ち運びやすいでしょう。
ごみ処理施設では、新潟市内から出た布団であることを確認するために、身分証明書を確認しています。運転免許証や保険証などを忘れずに持参してください。

処理施設では係員の指示に従って布団を降ろし、料金を支払います。

◆料金
新潟市内のごみ処理施設では、家庭系ごみ10kgごとに60円の処分料金がかかります。布団1枚を6kgとすると、1枚当たりの処分料金は60円です。
持ち込んだ布団の重さによって料金を計算するので、指定袋や粗大ごみ処理券を用意する必要はありません。

新田清掃センターの口コミ

利用する機会が少ない方は新田清掃センターの雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“ゴミを持ち込めるならその方が早く片付くし安上がりなので助かります。”
“家庭ごみを直接搬入するとかなり安く処分してもらえる。”
出典元:Google

処分施設名称 新田清掃センター
料金 10kgまでごとに60円
住所 新潟県新潟市西区笠木3644-1
電話番号 025-263-1416
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~12:15/13:00~16:00
土曜日・8:30~12:15/13:00~15:00
定休日 日曜日、祝休日

亀田清掃センターの口コミ

利用する機会が少ない方は亀田清掃センターの雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“自己搬入出来る人は是非自分で捨てに行った方が費用が安くすんでお得です♪燃えるゴミも専用袋はいらないし、粗大ゴミ券も買う必要なし!!”
出典元:Google

処分施設名称 亀田清掃センター
料金 10kgごとに60円
住所 新潟県新潟市江南区亀田1835-1
電話番号 025-382-4371
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~12:15/13:00~16:00
土曜日・8:30~12:15/13:00~15:00
定休日 日曜日、祝休日

新津クリーンセンターの口コミ

利用する機会が少ない方は新津クリーンセンターの雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“手際が良く、スタッフが親切でした。”
出典元:Google

処分施設名称 新津クリーンセンター
料金 10kgまでごとに60円
住所 新潟県新潟市秋葉区小口1289-1
電話番号 0250-22-0917
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~12:15/13:00~16:00
土曜日・8:30~12:15/13:00~16:30
定休日 日曜日、祝休日

白根環境事業所(白根グリーンタワー)の口コミ

利用する機会が少ない方は白根環境事業所(白根グリーンタワー)の雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“新潟市内の他の処分場は16:00あるいは16:30までだが、ここは17:00までなので利用しやすい。他の評価では担当者の態度が悪いというのがあるが、自分が行ったときはそんなことはなかった(さすがに時間ぎりぎりに入ったときにはイヤミっぽく言われたが)。受付と清算が同じ場所のため、込み合うときは入る車と出る車が交互通行になり、先に入った方の対応が終わるまで待たなければならない。Google Mapに案内させると入口ではなく裏の斎場側に案内されるので注意。”
出典元:Google

処分施設名称 白根環境事業所(白根グリーンタワー)
料金 10kgまでごとに60円
住所 新潟県新潟市南区臼井2135-1
電話番号 025-371-5070
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・8:30~12:15/13:00~16:00
土曜日・8:30~12:15/13:00~17:00
定休日 日曜日、祝休日

鎧潟クリーンセンターの口コミ

利用する機会が少ない方は鎧潟クリーンセンターの雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“作業員の方々や搬入ゲートの職員が丁寧な対応でいつもお世話になってます。”
出典元:Google

処分施設名称 鎧潟クリーンセンター
料金 10kgまでごとに60円
住所 新潟県新潟市西蒲区鎧潟12618
電話番号 0256-76-2831
搬入可能日・時間 月曜日~金曜日・9:00~16:30
土曜日、日曜日、祝休日・9:00~16:00
定休日

豊栄環境センター(豊栄郷清掃施設処理組合)の口コミ

利用する機会が少ない方は豊栄環境センター(豊栄郷清掃施設処理組合)の雰囲気が気になる方もいるのではないでしょうか。利用した方の口コミを参考にしてみましょう。

“北区と聖篭町の家庭ゴミを、車に積んで持ち込むことが出来ます。先ずは受付にて、職員さんに聞きながら書類を記入。車で処理場内に入ります。燃えるゴミと不燃物の処理区画は、分かれております。指示に従って下さい。また、持ち込み不可の物もありますので、ご注意下さい。行き帰りの車体重量の差がゴミの重量となり、料金の支払いとなります。料金は10kgごとでの設定です。とても安いです。年末は混み合いますので、避けた方が無難かと思います。”
出典元:Google

処分施設名称 豊栄環境センター(豊栄郷清掃施設処理組合)
料金 10kgまでごとに60円
住所 新潟県新潟市北区浦ノ入418
電話番号 025-386-0909
搬入可能日・時間 月曜日~土曜日・8:30~12:00/13:00~16:30
定休日 祝日・日曜日

新潟県新潟市では布団を切ると燃えるゴミとして処分できる?

布団を1辺50cm以内に切って新潟市の指定ごみ袋に入れれば、燃やすごみとしても出すことができます。
折りたたむだけでは広げた時の面積が大きいため、指定袋に入れても燃やすごみに出すことができないので注意しましょう。

布団を切ると中の綿に入っているダニやホコリが空気中に舞います。これらはハウスダストアレルギーや喘息を引き起こすこともあるので、おすすめできない処分方法です。

甲府市で布団の処分を不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に布団を回収処分してもらう方法もあります。

不用品回収業者に回収してもらう流れは、電話で見積もり依頼をし、訪問見積もり後の金額に納得し、当日または希望日に回収してもらいます。

不用品回収業者に依頼した時の値段は3500円程度です。複数枚回収してもらう時には、軽トラック積み放題プランが適応され、布団5枚以上の布団でも処分料金が約10000円になることもあります。

収集日に出す場合と比べ、料金が高いですが回収や処分手続きを全て行ってくれますし、電話をしたその日に回収しに来てくれることもあります。一度に複数枚布団を処分したい方にはおすすめの方法です。

布団を無料で処分する方法と寄付する方法

新品の布団であれば、フリマアプリやネットオークションを通して売ることもできます。
10000円以上での取引されたこともあります。一度でも使用したものは基本的に売却できません。

一度使用した布団であっても支援団体へ寄付することはできます。
支援団体「ワールドギフト」では家庭で不用になった布団を発展途上国へ届ける活動をしています。集荷された布団はそのまま利用される他、工場で再利用されています。

約3000円の集荷料金がかかりますが、発展途上国への支援やリサイクルに貢献できる環境と人に優しい処分方法です。

新潟県新潟市で布団カバーを処分する方法

布団の処分と同時に布団カバーも処分する方も多いのではないでしょうか。
ここからは新潟県新潟市での布団カバーの処分方法をご紹介します。

新潟県新潟市で布団カバーは粗大ごみとして処分する

新潟市で布団カバーは粗大ごみに分類されます。
切って指定袋に入れれば燃やすごみとしても処分することができ、綺麗に洗濯をしたものであれば資源物としても出すことができます。

布団カバーを粗大ごみの収集日に出す

電話かFAXまたはインターネットから、粗大ごみ受付センターに戸別収集の申し込みをし、料金と収集日を確認してください。
収集日までに、指定された料金分の粗大ごみ処理券を購入します。粗大ごみ処理券は新潟市内の「指定袋・粗大ごみ処理券取扱所」のステッカーがあるお店で購入することができます。布団カバーの処分料金は、シーツや毛布などと合わせて4枚までごとに100円です。
布団カバーをたたんで紐などで縛り、粗大ごみ処理券を貼りつけます。収集日の8:00までに自宅前などの指定された場所に出してください。

[粗大ごみ受付センター]
電話:025-290-5353  受付時間は月曜日~土曜日・9:00~17:00
(祝休日及び12月29日~1月3日を除く)
FAX:025-290-5371(聴覚・音声・言語機能障がい等がある方専用)
http://www.sodai.city.niigata.jp

布団カバーを燃やすごみの収集日に出す

新潟市内の「指定袋・粗大ごみ処理券取扱所」のステッカーがあるお店で、燃やすごみ用の指定袋を購入します。布団カバーを1辺50cm以内に切って指定袋に入れ、燃やすごみ収集日の指定された時間までに、ごみ集積場に出してください。
収集日や収集開始時間は地域によって異なります。家庭ごみ収集カレンダーでご確認ください。
家庭ごみ収集カレンダー

布団カバーを資源物として出す

新潟県新潟市では幅広くリサイクルの受け皿を確保するため、公共施設を中心に資源物の拠点回収を実施しています。
布団カバーを洗濯して(クリーニングは不要)、無色透明または無色半透明の袋に入れるか、まとめてひもで縛って専用の回収スペースに出してください。

布団カバーなど資源物の回収場所はこちらからご確認ください。
12月29日~1月3日までは回収していませんのでご注意ください。
地区 施設名 回収日時
北区 北区役所(駐車場) 祝休日除く月曜日~金曜日/9:00~17:00
東区 エコープラザ 休館日除く/9:00~17:00
(月曜休館・祝日等の場合はその翌日)
中央区 市役所白山浦庁舎 祝休日除く月曜日~金曜日/9:00~17:00
江南区 亀田清掃センター 祝休日除く月曜日~金曜日/9:00~17:00
土曜日/9:00~15:00
秋葉区 新津クリーンセンター 祝休日除く月曜日~土曜日/9:00~16:30
南区 白根環境事業所
(白根グリーンタワー) 祝休日除く月曜日~土曜日/9:00~17:00
西区 清掃事務所
(西区小新2028-1) 祝休日除く月曜日~金曜日/9:00~17:00
土曜日/9:00~16:00
西蒲区 鎧潟クリーンセンター 祝休日除く月曜日~金曜日/9:00~16:30
土曜日/9:00~16:00

新潟県新潟市で布団カバーを持ち込み処分する

布団カバーは粗大ごみまたは燃やすごみとして、地区ごとに指定されたごみ処理施設に持ち込んで処分することができます。粗大ごみとして持ち込む場合は、布団カバーをたたんで紐などで縛った状態にします。燃やすごみとして持ち込む場合は、1辺の長さを50cmに切り、袋にまとめましょう。
どの施設に持ち込んでも、処分料金は10kgまでごとに60円です。
処理施設では係員の指示に従って、布団カバーを降ろします。

搬入できる施設はお住まいの区により異なりますので、こちらでご確認ください。
区名 施設名
北区 豊栄環境センター・新田清掃センター・亀田清掃センター
新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)
東区・中央区
江南区・秋葉区
南区 新田清掃センター・亀田清掃センター
新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)
西区 新田清掃センター・亀田清掃センター
新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)
(四ツ郷屋地区に限り、鎧潟クリーンセンターへの搬入も可能)
西蒲区 鎧潟クリーンセンター・新田清掃センター・亀田清掃センター
新津クリーンセンター・白根環境事務所(白根グリーンタワー)

新潟県新潟市で布団を処分する方法のまとめ

新潟県新潟市での布団の処分方法をご紹介しました。
新潟市で布団は、戸別収集に申し込む方法と、地区ごとに指定されたごみ処理施設に持ち込む方法のいずれかで処分することができます。処分料金は戸別収集を利用する場合は布団1枚当たり100円、ごみ処理施設に持ち込んで処分する場合は1枚当たり60円です。
戸別収集は平日のみ対応しており、鎧潟クリーンセンター以外の処理施設は日曜日と祝休日の受け入れをしていません。日曜日や祝休日に急いで布団を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するとすぐに対応してもらうことができます。
また、布団カバーは粗大ごみの他に燃やすごみとして処分する他に資源物として出すことができます。