tel

豆知識

リノベーション

独身女性が中古物件をリノベーションするのが流行ってる?!悩みやリノベアイデアをご紹介

住みやすい家とは、どんな家ですか、という問いかけに対しての答えは、人によって様々です。家族で暮らす場合と、一人暮らしの場合、性別やライフスタイルで、それぞれの家への求めている事も、変わってきます。

近年では、独身女性が中古物件を、購入するといったケースも、多くなりました。今回は戸建て、マンションに関わらず、独身女性が暮らしやすい家を、形にするリノベーションについて、ご紹介します。

独身女性が中古物件をリノベーションするメリット

独身女性が、家を購入する時に、資金の面や、将来環境が変わった場合などを、考える必要があります。新築の物件となると、リノベーションをする必要がないので、間取りなどは、そのままになってしまい、独身女性には生活のしにくさが、出てきてしまうという問題があります。

中古物件を購入すれば、自分好みにリノベーションして、暮らしやすい家に変える事が出来ます。そして、気になる資金も、中古物件を購入した方が、抑えられますね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み

中古の築年数が、経っている物件になると、住んでみると、予想していなかった不便な部分が、出てきます。特に、独身の女性にとって、水回りやデザインなど、使いにくいと感じる事が、多いです。

快適な生活を送るには、どのようなリノベーションをすれば良いのか、ポイントを明確にする為に、まず、独身女性の家に関しての悩みを、見ていきましょう。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ①治安の問題

一人暮らしにおいて、犯罪に遭ってしまう事に、対する不安を持っている独身女性は、とても多いです。治安の良い立地を、選ぶ事も大事ですが、安全だと感じる地域でも、防犯対策をしっかりしておくことで、安心して暮らす事が出来ますね。自分は大丈夫だと、過信する事は危険です。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ②災害時などの心配

最近は、地震や豪雨など、災害に関する意識が、高まっています。独身女性だけでなく、誰もが不安に思っている、災害について、リノベーションで対策をする事が、可能です。また、食料や緊急時に使えるグッズなどの、備蓄も加えると安心です。

避ける事が難しい自然災害でも、出来る範囲で、災害に備えている事が、重要です。災害が起こった時に、女性一人となると、やはり心細いですが、緊急時にも、冷静に判断が出来るように、備えておきたいですね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ③家事の動線

仕事を持っている独身女性にとって、家事を効率良くこなせる事は、とても重要になります。特に高熱が出た時や、動くのが辛くなった時に、身の回りの事を全て自分でしなくてはいけません。

家事のしやすさは、主婦動揺、独身女性にとっても、気になる点ですね。家事をする時に、負担のかからないスムーズな動線を、取り入れたリノベーションが理想です。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ④衛生面

虫が苦手な女性でも、一人暮らしていると、害虫などが出た時に、一人で対処するといった場面があります。そういった事態にならない為に、住まいはなるべく、清潔に保ちたいですね。

また、忙しくて、頻繁に掃除が出来ないという場合を考えると、お手入れが簡単で、清潔さを維持出来る家が魅力的です。常に綺麗で、気持ち良く過ごせる事は、理想の暮らしには欠かせません。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ⑤騒音の対策

物件によっては、古いものになると、防音が完全ではなく、隣や上下の家庭の生活音に、悩まされる事があります。騒音の問題は、家に関する悩みの中でも、抱えている人は、とても多くいます。

そして、独身女性の生活サイクルの中で、洗濯機を回す時間なども、気になりますね。防音の対策をしっかりして、そういった配慮で、気疲れしてしまわないようにしたいですね。

他の家庭の出す音に、神経質になってしまい、トラブルなどが起こってしまう可能性もあります。快適な暮らしには、隣人との良好な関係も、とても大切です。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ⑥キッチン

自炊している女性には、キッチンの使いやすさは、大きなポイントになります。中古物件になると、キッチンも古いものになり、高さが低かったり、コンロの手入れが難しかったりと、不便が生じます。

リノベーションで、使いやすいキッチンに変える事で、毎日ストレスなく、自炊出来る環境が出来るので、健康の維持や、節約に繋がるなど、メリットがたくさんあります。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ⑦お風呂やトイレ

毎日使うお風呂やトイレは、気持ちの良い空間であることが、理想ですね。広いお風呂や清潔なトイレは、日々の疲れを癒やしてくれます。中古物件では、お風呂やトイレも、年数が経っていて機能性や快適さに、欠けてしまう場合があります。

中古物件を購入して、そういった細かい設備なども、自分好みにリノベーション出来ると、生活の質も格段に上がりますね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際に考える家に関する悩み ⑧間取りに関して

中古物件によっては、細かい間取りになっていて、部屋数は多くても、一つずつの部屋の広さがなく、一人暮らしには、少し使いにくく、感じてしまう物件もあります。

そういった場合は、2つの部屋を1つにしてしまって、開放的な間取りにしたり、部屋ごとに用途を分けたり、独身女性が求める間取りに、変更するリノベーションもおすすめです。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア

独身女性が、快適に暮らす事の出来る、中古物件のリノベーションと、住みやすさを考えた工夫を、取り入れている例を、ご紹介していきます。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア①明るい色を活かして

とても可愛い印象の内装には、使いやすさが詰め込まれていますね。明るい色の壁紙と、広く開けた空間は、気持ちを上げてくれます。海外の絵本のような可愛らしさと、壁面に備え付けられた、テレビボードなどの実用性が、上手く溶け込んでいて、生活している様子が、イメージしやすいですね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア②日々の暮らしを満喫出来る家

リビングからダイニング、キッチンが全て、目の届く場所に配置されていて、安心感があります。色合いも、柔らかさがあり、魅力的ですね。キッチンと対面しているスペースは、カウンターになっていて、手軽に朝食を摂れるのも、忙しい独身女性には便利です。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア③一人の特別な空間

床材のデザインが、安心感とぬくもりを、とても上手く出しています。それぞれの、空間の仕切りに、曲線が入っていて、とてもオシャレな雰囲気です。そして、優しい緑色の壁には、あえて家具を置かずに、絵や植物を飾っている所が、とても贅沢で素敵ですね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア④奥行きが魅力的

壁の色や、床の色、建具などバラエティ豊かなものを、採用しているのですが、とても統一感があって、ワクワクする内装になっていますね。いつでも明るい気持ちで、過ごせるような、雰囲気があります。物件の広さが、それ程大きくなくても、奥行きがあるので、狭い印象は全くないですね。

独身女性が中古物件をリノベーションする際におすすめアイデア⑤シンプルな暮らし

白とグレーの落ち着いた色を、基調としていて、肩の力を抜いて、生活出来る素敵な内装です。女性が重視する収納力も、部屋の中心に、位置する大きなクローゼットで、しっかりカバーしています。

クローゼットの上は、ロフトになっていて、無駄な空間のない、計算された造りになっています。収納スペースを、周回出来るようになっている、ユニークな発想は、リノベーションならではですね。


独身女性だからこそ中古物件をリノベーションして思い描いた住まいを実現する

独身女性が、輝いて生活を送れるような、素敵な家をリノベーションで、叶える事が出来ます。自分の家を持つということは、大きなモチベーションになりますね。そして、快適な住まいは、仕事やプライベート、一人で過ごす時間を、より良いものにしてくれる事でしょう。