tel

豆知識

ReLIFE

布団の処分方法(市区町村別)

新潟県長岡市で布団を処分する方法/手順・料金・布団カバーの捨て方

暑い夏に涼しく寝られる素材や、寒い冬に温かく寝られる素材を使った布団など、快眠におすすめの布団が手頃な価格で発売されています。年中同じ布団を使うのではなく季節によって使い分けるようになり、昔ながらの布団を処分する方が増えています。

布団は大きく指定ごみ袋に入れることができないので、買い替えた際に処分方法がわからず、押し入れやクローゼットにしまい込んでいる方も多いようです。

この記事では新潟県長岡市の布団の処分方法をご紹介します。

新潟県長岡市で布団は粗大ごみで処分する

新潟県長岡市で布団は、「粗大ごみ」に分類されます。
布や綿などの燃えやすい素材でできている布団は、燃やすごみと思われがちですが、面積が大きく繊維が密集しており燃えにくいため、粗大ごみとして処分します。

枕は素材によって処分方法が異なります。そば殻・ビーズ・マイクロビーズ・パイプ素材の枕は燃やすごみ、スポンジ素材の枕は燃やさないごみとして処分します。

新潟県長岡市で布団を処分する方法

新潟県長岡市で布団を処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。

新潟県長岡市の粗大ゴミ収集日に布団を処分する

◆手順
粗大ごみ申込専用電話、FAXまたはインターネットで、粗大ごみ戸別収集の申し込みをします。
[粗大ごみ戸別収集申込先]
 粗大ごみ申込専用電話:0258-25-0053
(月曜日~金曜日8:30~17:00、祝日・振替休日および年末年始を除く)
 粗大ごみ申込専用FAX:0258-25-0064

申込受付時には住所・氏名・電話番号またはFAX番号・品目・数量を伝え、品目ごとの金額と収集日を確認します。
「長岡市指定ごみ袋販売店」のシールが貼ってあるお店で、粗大ごみ処理券シールを購入して収集日を記入してください。布団が広がらないようにたたんで紐やロープで縛り、粗大ごみ処理券シールを貼りつけます。

申込みの際に指定された収集日の8:30までに、玄関先の道路から見える場所や集合住宅の1階入り口付近に出してください。

◆料金
長岡市で粗大ごみとして布団を処分する際の料金は、1枚200円です。粗大ごみ処理券シールを購入することで処分料金を支払います。

新潟県長岡市で布団を持ち込み処分する

新潟県長岡市では、布団をはじめとする家庭ごみの持ち込み処分を「引っ越しなどでやむを得ず多量のごみが出た時に限る」としています。布団を処分する時は原則、自治体による戸別収集を利用しなければなりません。
引越しなどで布団を含む多量のごみが出た場合は、前日までに鳥越クリーンセンターに連絡しましょう。
[鳥越クリーンセンター]
 電話:0258-47-1100
 住所:新潟県長岡市鳥越甲2818

新潟県長岡市では布団を切ると燃えるゴミとして処分できる?

新潟県長岡市で布団は、50cm四方に切って燃やすごみとして処分することができます。
長岡市の燃やすごみ用指定袋に入れて持ち手の部分を縛り、燃やすごみ収集日の8:30までに決められたごみステーションに出しましょう。

布団を切ると中の綿に入っているダニやホコリが空気中に舞います。これらはハウスダストアレルギーや喘息を引き起こすこともあるので、おすすめできない処分方法です。

新潟県長岡市で布団の処分を不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に布団を回収処分してもらう方法もあります。

不用品回収業者に回収してもらう流れは、電話で見積もり依頼をし、訪問見積もり後の金額に納得し、当日または希望日に回収してもらいます。

不用品回収業者に依頼した時の値段は3500円程度です。複数枚回収してもらう時には、軽トラック積み放題プランが適応され、布団5枚以上の布団でも処分料金が約10000円になることもあります。

収集日に出す場合と比べ、料金が高いですが回収や処分手続きを全て行ってくれますし、電話をしたその日に回収しに来てくれることもあります。一度に複数枚布団を処分したい方にはおすすめの方法です。

布団を無料で処分する方法と寄付する方法

新品の布団であれば、フリマアプリやネットオークションを通して売ることもできます。
10000円以上での取引されたこともあります。一度でも使用したものは基本的に売却できません。

一度使用した布団であっても支援団体へ寄付することはできます。
支援団体「ワールドギフト」では家庭で不用になった布団を発展途上国へ届ける活動をしています。集荷された布団はそのまま利用される他、工場で再利用されています。

約3000円の集荷料金がかかりますが、発展途上国への支援やリサイクルに貢献できる環境と人に優しい処分方法です。

新潟県長岡市で布団カバーを処分する方法

布団の処分と同時に布団カバーも処分する方も多いのではないでしょうか。
ここからは新潟県長岡市での布団カバーの処分方法をご紹介します。

新潟県長岡市で布団カバーは燃やすごみまたは古着・古布として処分する

新潟県長岡市で布団カバーは、燃やすごみとして出す方法と古着・古布として出す方法のいずれかで処分することができます。汚れや破れがない布団カバーは、古着・古布として出すことで、リユース専門業者を通じて国内外に送られます。

布団カバーを燃やすごみの収集日に出す

布団カバーを50cm四方以内に切って、燃やすごみ用の指定ごみ袋に入れます。指定ごみ袋は「長岡市指定ごみ袋販売店」のシールが貼ってあるお店で購入することができます。

ごみ袋の持ち手部分を縛り、燃やすごみ収集日の8:30までにゴミステーションに出しましょう。

布団カバーを古着・古布の収集日に出す

汚れや破れがない布団カバーは、古着・古布として出すことができます。自分が譲り受けた時に使用できるかどうかで判断してください。
布団カバーはたたんで透明または半透明の袋にまとめて入れ、濡れないように口を結びます。古着・古布の収集日の8:30までに決められたごみステーションに出してください。

新潟県長岡市で布団カバーを持ち込み処分する

新潟県長岡市で布団カバーは、原則として燃やすごみまたは古着・古布として出さなければなりません。ごみ処理施設に持ち込みできるのは、引っ越しなどで多量にゴミが出た場合に限られます。布団カバーを処分する時は、燃やすごみまたは古着・古布の収集日8:30までにごみステーションに出しましょう。

新潟県長岡市で布団を処分する方法のまとめ

新潟県長岡市での布団の処分方法をご紹介しました。
長岡市で布団は、自治体の粗大ごみ戸別収集を利用して処分します。料金は布団1枚当たり200円で、粗大ごみ処理券シールを購入して料金を支払います。長岡市ではごみ処理施設への持ち込み処分が、引っ越しなどで多量にゴミが出た場合に限定されていますので、急ぎで布団を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。
また、布団カバーは燃やすごみまたは古着・古布に分類されます。収集日や処分方法が布団と異なりますので注意しましょう。