tel

豆知識

不用品回収

藤沢市でベッドを処分する方法―最安値は500円・買取・無料処分はできる?

引っ越しや子どもの成長に伴い、長年使ったベッドが不要となることがあります。
ベッドは場所をとるため早めに処分したいところですが、自治体によって処分方法が異なるため、どのように処分するべきか悩む方も少なくありません。
今回は、藤沢市でのベッドの処分方法をご紹介します。処分にかかる金額の目安も記載しているので、参考にしてください。
この記事を読むと、藤沢市でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

藤沢市はマットレスの種類によって処分方法が違う

藤沢市,ベッド,処分
藤沢市では、粗大ごみを「大型ごみ」と「特別大型ごみ」に区分しています。
長さがおおむね50cm以上のごみは大型ごみで、その中でもベッドやタンスなどの16品目については特別大型ごみとなります。
ベッドとスプリング入りマットレスは特別大型ごみに分類され、スプリング無しのマットレスは大型ごみに分類されます。
藤沢市では、ベッドとスプリング入りマットレスはセットで処分することが可能です。
ベッドとスプリング無しマットレスは、ごみの分類が異なるため、分けて処分します。
処分方法は、戸別収集と持ち込み処分の2通りです。

参考:【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

藤沢市でベッド・マットレスを処分する方法

藤沢市でベッド・マットレスを処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。

藤沢市の戸別収集でベッド・マットレスを処分する

藤沢市,ベッド,処分

手順

戸別収集とは、自宅付近まで粗大ごみを引き取りに来てもらう方法です。ベッドを車で運搬するのが難しい人に適しています。

1.収集予約をする
藤沢市では、電話かインターネットでの収集予約が可能です。
収集日と収集場所を指定されるので、メモが必要です。
予約状況により収集日は変わりますが、通常は申し込んでから10日前後が目安となります。
【電話受付】

名称 株式会社藤沢市興業公社
電話番号 0466-23-5301
受付日時 平日8時30分~12時、13時~17時
土・日・祝日は休業

【インターネット受付】

名称 藤沢市 大型ごみ・大型商品プラスチック・剪定枝 インターネット受付
URL https://o-gomi.kousya.co.jp/eco/view/fujisawa/top.html
受付時間 24時間

2.大型ごみ納付券を購入する
大型ごみ納付券は、コンビニや市民センター、公民館などで購入できます。
料金は、1枚につき500円です。必要な分だけ購入してください。
大型ごみ処理手数料納付券取扱店一覧

3.納付券を貼る
納付券に名前を記入し、粗大ごみに貼り付けます。
ベッドの収集料金は1000円なので、納付券を2枚貼ってください。

4.収集
指定された日の朝8時までに粗大ごみを出します。戸建住宅は道路際の敷地内に、集合住宅の場合は専用集積所に出します。

料金

粗大ごみ処理手数料は大型ごみ納付券を購入して納付します。
藤沢市では、ベッドとスプリング入りマットレスはセットで1点と数えられますが、ベッドとスプリング無しマットレスはセットでの処分はできません。

ベッドのみ……1,000円
スプリング無しマットレス…500円(3枚まで1セットとして処分できます)
スプリング入りマットレス…1,000円
ベッド+スプリング入りマットレス…1,000円
ベッド+スプリング無しマットレス…1,500円

以下の表は1点ずつ処分する場合の料金です。

ベッド料金表

シングル 1,000円
セミダブル 1,000円
ダブル 1,000円
二段ベッド(梯子を含む) 1,000円
パイプベッド 1,000円
ソファーベッド 1,000円
サマーベッド 500円

1m未満のベッドは大型ごみの扱いとなるため、ベビーベッドはサイズ次第で500円での処分が可能です。

マットレス料金表

スプリング無しマットレス 500円
スプリング入りマットレス 1,000円

スプリング無しマットレスは3枚まで1セットの500円で処分できます。

藤沢市でベッド・マットレスを持ち込み処分する

藤沢市,ベッド,処分
ベッド・マットレスは藤沢市での収集を利用する他に、「石名坂環境事業所」または「リサイクルプラザ藤沢」に持ち込み処分することもできます。
ベッド・マットレスの材質によって、持ち込み先が変わります。
木製などの可燃系大型ごみは石名坂環境事務所、鉄製などの不燃系大型ごみはリサイクルプラザ藤沢で処理が可能です。
自宅のベッドやマットレスが可燃ごみか不燃ごみか判断が難しいようであれば、搬入施設に電話で問い合わせするのが確実です。

なお、2021年1月現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、処理施設への持ち込みは可能な限り自粛を求められています。

手順

処理施設に直接持ち込みます。
受付窓口で搬入票に記入し、料金支払いの手続きをします。
場内は狭いため、車両通行に気を付けつつ、職員の指示に従ってください。

料金

不燃ごみ 10kgにつき110円
大型ごみ 1点につき500円
特別大型ごみ 1点につき1,000円

ベッドとスプリング入りマットレスは特別大型ごみのため1,000円、スプリング無しマットレスは大型ごみのため500円となります。

持ち込み可能な施設

【可燃系大型ごみ・特別大型ごみ】

名称 石名坂環境事業所
住所 藤沢市本藤沢2丁目1番1号
電話番号 0466-81-6211
持ち込み日 月~金曜(祝日も受付。年末年始は除く)
持ち込み時間 <平日> 9時~12時、13時~16時
<祝日> 9時~12時

【不燃系大型ごみ・特別大型ごみ】

名称 リサイクルプラザ藤沢
住所 藤沢市桐原町23番地の1
電話番号 0466-45-4090(北部環境事業所内)
持ち込み日 月~金曜(祝日も受付。年末年始は除く)
持ち込み時間 <平日> 9時~12時、13時~16時
<祝日> 9時~12時

注意事項

2021年1月現在、藤沢市では新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、強く警戒を呼び掛けています。
処理施設への粗大ごみの持ち込みは可能な限り自粛し、戸別収集を利用してください。
なお、「火災・災害・引越等で緊急に処理が必要なごみ」に該当する場合は持ち込み可能です。
来場時は必ずマスクを着用し、体調不良や風邪の症状がある場合の利用は控えてください。
滞在時の短縮を図るため、事前に大型ごみ納付券を用意してから搬入してください。
混雑の状況によっては、受付を制限する場合があります。

不用品回収業者に引き取ってもらう

藤沢市,ベッド,処分
引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり、外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者にお任せできます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

藤沢市には不用品回収業者が30社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

藤沢市でベッドを買取

藤沢市,ベッド,処分
藤沢市にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

藤沢市の不用品回収業者を探す

ベッドを売って処分する

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円という取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

藤沢市でベッド・マットレスを無料処分する方法

藤沢市,ベッド,処分
藤沢市でベッドやマットレスを無料処分するのは、現実的には難しいといえます。
ベッドやマットレスを細かく切断し、可燃ごみや不燃ごみとして出す方法もあります。
藤沢市による明確な禁止の規定はないため、処分方法の候補に挙げることは可能です。
しかし、50cm以下に解体するのは大変な労力が掛かります。かなりの時間を要する上、ノコギリなどの特別な道具も必要です。
手間を考えると、おすすめできません。

リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

藤沢市でベッドを処分する方法のまとめ

藤沢市でベッドやマットレスを処分するには、戸別収集を利用して「大型ごみ」や「特別大型ごみ」として処分するのが一般的です。
ごみ処理施設に持ち込む方法もありますが、大型ごみや特別大型ごみの処理費用は重さ単位ではなく1点ごとに金額が決まっており、戸別収集と持ち込み処分の処理費用に大きな差がないため、運搬の手間を考えると戸別収集の方が効率的といえます。
2021年1月現在、コロナウイルス感染症の対策のため、ごみ処理施設への持ち込みは控えるよう呼び掛けられている点からも、戸別収集を利用するのがおすすめです。

ただし、戸別収集では日時を指定されるため、仕事や家庭の事情で日程調整が難しい場合には向いていません。
その場合は、不用品回収業者に依頼するとコストは上がりますが、日程が相談できるため忙しい方に適しています。また、引っ越しなどで早く処分したい方にもおすすめです。

ブランド品のベッドやベビーベッドは、買取を行っている不用品回収業者やリサイクルショップの利用も選択肢の1つです。

自分に合った処分方法を選び、ベッドやマットレスをすっきりと処分しましょう。