tel

豆知識

不用品回収

【川崎市】粗大ゴミの処分方法はたった2つ !安くて、かんたんな回収先

川崎市内にお住まいの方から「引越しに伴ってでた、ベッドやタンスなど粗大ゴミの処分方法が分からないので困っている」というご相談をいただきました。

結論から申しますと、川崎市で粗大ごみを捨てる方法は2つ しかありません。
早く処分したい時には不用品回収業者を利用し、安く捨てたい時には自治体の粗大ゴミ回収を使用するのがおすすめです。自分で持ち出せるのであれば、持ち込み処分という選択肢もあります。

この記事で分かること
・川崎市で粗大ごみを捨てる方法
・安く、簡単に捨てるコツ
・おすすめの不用品回収業者
粗大ゴミ,川崎市

川崎市,粗大ゴミ

川崎市,粗大ゴミ
川崎市,粗大ゴミ
川崎市,粗大ゴミ

川崎市の粗大ゴミとは?

川崎市,粗大ゴミ
川崎市では、1辺が30cm以上の金属類や、50cm以上の家具類 を粗大ゴミとして分類します。

例えば、ベッド、マットレス、学習机、タンス、テーブル、椅子、姿見、自転車、じゅうたん、布団 が粗大ゴミに当てはまります。

粗大ゴミにならないもの

テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンを代表とするリサイクル家電やピアノ、耐火性金庫などの適正処理困難物は粗大ゴミにはなりません。粗大ゴミに分類されない不用品は自身で一般廃棄物収集運搬許可業者や不用品回収業者に依頼して引き取ってもらいます。

川崎市で収集できないもの(一例)
家電リサイクル法対象家電(テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)パソコン、金庫、バッテリー、消化器、ガスボンベ、タイヤ、ピアノ、ボタン型電池、充電式電池、在宅医療廃棄物(注射針・薬)、自動二輪車 など

1.川崎市の粗大ゴミ回収で捨てる

川崎市,粗大ゴミ
川崎市では、家の前まで収集車が粗大ゴミを取りに来てくれる戸別収集を利用して粗大ゴミを捨てられます。
ここからは川崎市の戸別収集での粗大ごみの出し方をご紹介します。

粗大ゴミの手順

1.予約
川崎市では、粗大ゴミの収集申し込みが必要なので、電話またはインターネットで川崎市粗大ごみ受付センターへ申し込みをします。希望する収集日の3日前までに申し込みましょう。

月曜日や祝日の翌日は電話がつながりにくいので、時間をずらしてかけ直すか、インターネットからの申し込みがおすすめです。

2.粗大ごみ処理券の購入
郵便局、コンビニなどの指定取扱店で粗大ごみ処理券を購入します。購入した粗大ゴミ処理券に氏名または受付番号と収集日を記入し、粗大ゴミに貼り付けます。

3.排出
予約した収集日の午前8時までに指定された集積所に出しましょう。

戸別収集の申込先

名称 粗大ごみ受付センター
電話番号 0570- 044-530
044-930-5300(携帯電話からかける場合)
受付時間 月曜日から土曜日 8:00〜16:45
(日曜日・年末年始を除く)
インターネット受付 インターネット受付 (24時間受付)

注意事項

粗大ゴミの収集日は地区ごとに月2回定められているので、川崎市のホームページで事前に確認しておきましょう。

品目の変更・キャンセルは、3営業日前までに電話で粗大ごみ受付センターへ連絡してください。

川崎市の粗大ゴミ回収料金

川崎市,粗大ゴミ
粗大ゴミの処分手数料は品目の最大辺の長さによって決められており、主な処分料金は以下のようになります。

ベッドとマットレスなど1組で出せる場合もあるので、戸別収集の申込時に正確な料金を確認するようにしましょう。

【処分手数料例】

品目名 処分料金
ベッド 1,000円
マットレス 500~1,000円
タンス 1,000円
自転車 500円
ソファ 1,000円
食器棚 500円

2.川崎市で粗大ゴミを持ち込み処分

川崎市,粗大ゴミ,回収
川崎市では持ち込み処分を行っていません。他の方法で処分しましょう。

3.川崎市の不用品回収で粗大ゴミを処分する

川崎市,粗大ゴミ,回収
不用品回収業者に粗大ゴミを回収してもらう方法もあります。
自治体で粗大ごみを捨てる場合と比べて、料金は高くなりますが粗大ゴミを家から運び出すところから廃棄処分まで全て任せられるので便利です。

不用品回収業者の利用方法

1.問い合わせ
ホームページやチラシ、知人の紹介などから自宅から近い不用品回収業者を選び、電話またはメールで問い合わせます。
不用品回収業者に伝える3つのこと
①名前・住所・連絡先
②回収してほしい品目
③いつまでに回収してほしいか

2.見積もり
回収品目が少ない時やはっきりしているときには電話やメールで見積もりの概算金額を出すこともできます。家の種別や道路の幅、階段の有無などの確認が済んでいれば、当日になって大幅に金額が上がることはありません。

1部屋丸ごとや一軒家の遺品整理など仕分け作業が必要な時にはスタッフが現地で見積もりを行います。

金額と日程に納得がいけば予約が完了します。

3.作業当日と支払い
作業日当日、依頼者は見ているだけで何もすることはありません。不用品回収業者のスタッフが運び出しからトラックへの積み込みまで全て行います。

作業が終わったら運び残しがないことを確認して、支払へと進みます。
現金払いの他にクレジットカード、paypay、振込など支払方法は業者によって異なります。

不用品回収業者の粗大ゴミ回収料金

川崎市,粗大ゴミ,回収
不用品回収業者に依頼した時の料金は2パターンあります。
1つ目は「基本料金+品目ごとに決められた料金」の合計で料金が決まるパターンで、2つ目はトラックに積み放題で○○円と決まるプランです。

ベッド、タンス、食器棚、学習机、カラーボックスなど粗大ゴミの品目が明確で、大型家具が5点以内の時にはこちらの方が安くなります。

基本料金は3000円から4000円で、不用品回収業者の店舗や倉庫から近いと安くなることもあります。例えば、川崎市に事業所を構える不用品回収業者は川崎市からの依頼には通常3000円かかる基本料金を2000円にしている業者もあります。

品目ごとの粗大ゴミ回収費用相場は以下のようになります。

品目名 回収費用
ベッド 6000円
マットレス 3500円
タンス 6000円
食器棚 7000円
学習机 5000円
ソファ 6000円

積み放題プラン

積み放題プランの中には「基本料金」「処分費用」が含まれており、料金は以下のようになります。

トラックの大きさ 目安料金
軽トラック積み放題 30,000~50,000円
2トントラック積み放題 80,000~120,000円

安すぎる広告に注意

WEB広告では軽トラック1台9800円~という料金設定がよく見られますが、この料金では回収後の廃棄処分は難しいです。

回収された家具や家電が美品でリサイクルショップに引き取られるのであれば、処分費用がかかりません。しかし、一般的に引き取られる粗大ゴミの半数以上は市場価値がないものです。

それらを処分するには費用がかかります。処分費用の他に人件費やトラック代もかかりますので、積み放題プランを9800円で提供すると不用品回収業者は赤字になってしまいます。
また、訪問時に「作業代」として別途料金を徴収される場合や処分料金を抑えるために、回収した粗大ゴミを不法投棄したりや個人で出したごみとして処分場に運んで処分している可能性もあります。

不法投棄は違法ですし、自身で出していない粗大ゴミを偽って処分場に持ち込むのは条例違反にあたります。

詳細は【不用品回収業者の選び方トラブル事例】をご覧ください。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶ時には以下の3つのポイントを基準にします。

よい不用品回収業者3つのポイント
・スタッフの対応が心地よい
・資格や許可を取得している
・料金が明瞭

見積もり時には「なにに、いくらかかるのか」「回収した不用品の処分方法」など気になったことを質問すると対応力の違いが分かります。作業の質の高い業者のスタッフからは納得できる答えが返ってきます。

信頼できる不用品回収業者は【川崎市の不用品回収業者】から自分で探すこともできますし、ReLIFEでも手配させていただきます。

粗大ゴミの処分方法を比較

不用品回収業者 戸別収集
料金 3000円~ 200円~
運び出し スタッフにお任せ 集積所まで運ぶ
支払い 現金
クレジットカード
PayPay
振込
粗大ゴミ処理券
回収日時 好きな日時 朝8:00
制限 無制限 記載なし
収集日 年中無休 毎月2回

川崎市で安く粗大ゴミを処分したい!

川崎市の戸別収集を利用すると安く処分できます。
品物によっては200円から処分できるので、不用品回収業者を利用した時の半額以下になることもあります。
たとえば、川崎市でベッドを処分するときの手数料は1,000円となっています。

粗大ゴミを家から運び出せる方や、処分までの日数に余裕がある方にはおすすめの方法です。

川崎市で早く粗大ゴミを処分したい!

不用品回収業者を利用すると即日回収に来てくれることもあります。土日祝日問わず、スケジュールが空いていれば自分の都合のいい時間に引き取ってもらえる点も魅力の一つです。

川崎市を対応エリアとした不用品回収業者は関東近郊 に63社以上いるので、相見積もりをとって料金を抑えることも可能です。

川崎市の粗大ごみ処分方法まとめ

川崎市では、1辺が30cm以上の金属類や、50cm以上の家具類 が粗大ゴミに分類され、戸別収集や持込処分を利用して処分できます。

冷蔵庫や洗濯機などリサイクル対象家電やピアノや耐火金庫などは適正処理困難物に指定され、川崎市では回収・処分ができませんので、自身で廃棄物処理業者手配して処分してください。

 



【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけること仕事のやりがいとしています。