tel

豆知識

不用品回収

横浜市でソファを処分する方法-最安値は500円・買取・無料処分はできる?

頻繁に処分することのないソファをどのように処分したら良いか迷う方も多いでしょう。
ソファの処分方法は自治体によって違います。また、自治体以外でも処分する方法はあります。

「費用をかけずに捨てたい」「急いで捨てたい」など自身に合った処分方法を選択することで迷いなく処分することができます。

この記事を読むと、ソファの処分方法と料金が分かり最短で3時間後にソファが家からなくなります。

1. 横浜市でソファを粗大ゴミで処分する

横浜市,ソファ,処分
横浜市の自治体でソファを処分する方法をご紹介します。

横浜市でソファを処分する方法は「戸別収集」か「持ち込み処分」の2通りから選べます。状態が良いソファはリユースされますので、廃棄処分を希望する場合には申込時に伝えます。

1-1.横浜市でソファは粗大ごみ

横浜市で家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外のプラスチック商品や木製品などで50cm以上のものは粗大ごみに分類されます。
そのためソファは粗大ごみとして扱われます。

1-2. 横浜市の戸別収集でソファを処分する

横浜市,ソファ,処分
横浜市でソファを処分する方法をご紹介します。
戸別収集を利用すると自宅前の道路際や集積場所まで粗大ごみを収集にきてくれるため便利です。
ただし受付から収集までは、2週間程度かかります。引っ越しなどで処分を急いでいる方は別の方法を検討しましょう。

手順

①予約をする
粗大ごみの収集には、事前に粗大ごみ受付センターへ予約が必要です。予約方法は電話、インターネット、LINE、チャットの4通りから選べます。
電話受付は月曜日・火曜日や祝日の翌日は回線が込み合い繋がりにくいです。24時間受付可能なインターネット受付やLINE受付を選ぶとスムーズに予約ができます。

【電話受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
電話番号 一般加入電話から:0570-200-530
携帯電話やIP電話から:045-330-3953
受付日時 月曜日~土曜日(祝日を含む) 午前8時30分~午後5時
※日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)はお休み

【インターネット受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
URL https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/eco/view/yokohama/top.html
受付時間 24時間

【LINE受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
ID @cityofyokohama
受付時間 24時間

②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する
市内の市指定の金融機関、郵便局、コンビニで手数料を納付します。納付時に、領収書・収集シールを受け取ってください。金額は受付時に確認しましょう。
領収日付印のないものは無効になるので確認して受け取ります。

コンビニ取扱店一覧
コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン

③指定場所に出す
粗大ごみの見やすい箇所に収集シールをはって、収集日当日の朝8時までにソファを確認した場所に出します。雨の日でも収集はあります。
横浜市では可燃物、資源物、不燃物に分けて粗大ごみを収集しています。1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集される場合があります

料金

横浜市のソファの処分料金は1人用か2人以上用かの2通りに分けられています。
申込時にはスプリングや骨組みに金属を含むかの確認がありますが金額は材質では変わりません。

一般的に1人用ソファの一番長い部分は幅60cm~90cm、2人用ソファの一番長い部分は幅1m~1.9mm、3人掛けのソファ幅2m~2.2mmです。

【横浜市のソファ収集料金】

ソファ(1人用) 500円
ソファ(2人以上用) 1,000円

1-3. ソファを持ち込み処分する

横浜市,ソファ,処分
横浜市には持ち込み処分できる施設が4箇所あります。持ち込む際にも事前予約が必要です。どの施設に持ち込んでも良いですが、受付時に選択した施設を変更して持ち込むことはできません。

自己搬入施設への持込みが大幅に増加しており、各施設での1日あたりの受入個数に上限を設定しています。そのため希望日に持ち込めない場合があります。

手順

①持ち込み予約をする
持ち込み処分の場合も事前に粗大ごみ受付センターへ予約が必要です。
予約方法は電話、インターネット、LINE、チャットの4通りから選べます。
電話受付は月曜日・火曜日や祝日の翌日は回線が込み合い繋がりにくいです。24時間受付可能なインターネット受付やLINE受付を選ぶとスムーズに予約ができます。

【電話受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
電話番号 一般加入電話から:0570-200-530
携帯電話やIP電話から:045-330-3953
受付日時 月曜日~土曜日(祝日を含む) 午前8時30分~午後5時
※日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)はお休み

【インターネット受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
URL https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/eco/view/yokohama/top.html
受付時間 24時間

【LINE受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
ID @cityofyokohama
受付時間 24時間

②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する
市内の市指定の金融機関、郵便局、コンビニで手数料を納付します。納付時に、領収書・収集シールを受け取ってください。金額は受付時に確認しましょう。
領収日付印のないものは無効になるので確認して受け取ります。
収集シールに名前を記入し、ソファの目立つ所に貼ります。

コンビニ取扱店一覧
コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン

③持ち込みをする
申込みした日時、搬入施設にソファを持ち込みます。
搬入施設では手数料シールを取り扱っていないため、事前に用意して持ち込みましょう。
施設での荷下ろしは自分で行います。

【横浜市の持ち込み施設】

施設名 鶴見資源化センター
所在地 横浜市鶴見区末広町1-15-1
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日、年末年始
施設名 港南ストックヤード
所在地 港南区日野南3-1-2
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)、年末年始
施設名 長坂谷ストックヤード
所在地 横浜市緑区寺山町745-45
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日、年末年始
施設名 神明台ストックヤード
所在地 横浜市泉区池の谷3949
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日、年末年始

料金

料金は戸別収集の料金と同じです。1人用か2人以上用かの2通りに分けられています。

【ソファの持ち込み処分料金目安】

ソファ(1人用) 500円
ソファ(2人以上用) 1,000円

ソファを持ち込み処分時の注意事項

道路の渋滞に繋がる恐れがあるので、必ず9時以降に持ち込みをしましょう。
人と人との接触機会を減らすため最小限の人数で来場するようにしましょう。

横浜市の処理手数料の減免制度

横浜市では生活保護世帯など対象の12世帯については、年間で4個まで粗大ごみの処理手数料を全額免除しています。
対象の方は粗大ごみ受付センターへインターネットまたは電話での申し込みの際に減免対象であることを申し出てください。

粗大ごみ受付センター
URL:https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/eco/view/yokohama/top.html
電話:一般加入電話から:0570-200-530
携帯電話やIP電話から:045-330-3953

【対象者】
・生活保護世帯
・特定中国残留邦人世帯
・身体障害1級または2級の認定を受けている方が属する世帯
・精神障害1級の認定を受けている方が属する世帯
・知的障害A1またはA2の認定を受けている方が属する世帯
・身体障害3級かつ知的障害B1の認定を受けている方が属する世帯
・福祉医療証の交付を受けているひとり親世帯
・介護保険要介護4または5の認定を受けている65歳以上の高齢者が属する世帯
・粗大ごみを自己搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者で福祉保健センター長が認めた方

2. 横浜市でソファを不用品回収業者で処分する

横浜市,ソファ,処分
ソファの処分を不用品回収業者に依頼する方法もあり、最も早くて簡単な方法です。

家まで取りに来てくれる点は戸別収集と同じですが、不用品回収業者は室内から運び出してくれる点が大きく違います。ここからは料金・日数・手間・安全面でソファを粗大ゴミとして処分する場合と比較します。

手順

不用品回収業者にソファの回収を依頼し、訪問見積もり日や回収日、料金を確認します。スケジュールや料金に納得できれば回収予約をし、回収日に不用品回収業者スタッフに引き取ってもらい、料金を支払います。

室内から搬出し、トラックに積み込み、処分してくれるので依頼者がすることは電話と料金の支払いのみです。

横浜市の不用品回収業者

3.不用品回業者と横浜市での持ち込み処分・戸別収集を比較

横浜市,ソファ,処分

3-1.料金で比較

不用品回収業者を利用した時の料金は出張料金3000円とソファの処分料金5000円の合計8000~12000円程度です。

粗大ごみ収集の料金500円と比較すると16倍以上の費用がかかりますので、費用を抑えたい場合は横浜市の粗大ゴミ収集や持ち込み処分を利用した方が安いです。

3-2.回収日数で比較

自治体の戸別収集では、申込みから収集まで2週間程度の時間が必要です。処理施設への持ち込みも現在申し込みが多く、受け入れ数を制限しているため、今日、明日とすぐに持ち込めるわけではありません。

不用品回収業者を利用すると最短で即日の収集、処分が可能です。アパートの退去日が決まっている場合など早く処分したい場合は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。

3-3.簡単さで比較

横浜市の戸別収集では地域やマンションによって決められた粗大ゴミ集積所までソファを運び出さなければいけません。不用品回収業者は家の中から運び出し、トラックへの積み込みも行ってくれます。

特にマンションの2階以上に住んでいる時や一人暮らしの方は不用品回収業者を利用する価値があります。また、不用品回収業者の料金には処分料金も含まれているので、粗大ごみ処理券を買いに行く必要もありません。

2階にあるソファの処分で比較

戸建て、集合住宅に関わらず2階以上に設置してあるソファの処分方法に悩む方には不用品回収業者を利用した方が安全です。
不用品回収業者は戸建ての2階に設置してあるソファを回収する時には階段に養生をし、室内の壁や床が傷つかないようにします。階段を通るのが難しい時には2階のベランダから吊り作業をして運び出します。

横浜市の粗大ごみ収集では2階にあっても自身で家から集積所まで搬出しなければならないので、搬出時に壁や床を傷つける恐れもあります。

信頼できる不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の中には悪徳業者も存在します。悪徳業者とは関わらないことが一番のトラブル回避方法です。ReLIFEが審査した不用品回収業者をご紹介していますので、右下のチャットからお気軽に「横浜市のソファ処分方法」とご相談ください。

信頼できる不用品回収業者の選び方」では不用品回収業者の選び方をご紹介しています。

横浜市の不用品回収業者

4.ソファを買取処分する

リサイクルショップや買取業者、不用品回収業者ではソファの買取も行っています。買取り対象のソファだった時は買取金額と回収料金や出張手数料が相殺されることもあります。

横浜市の戸別収集ではソファの買取はしていないので、処分したいソファが買取り対象だった場合には利用する価値があります。

4-1.買取対象のソファ

買取対象になるソファは合成皮革製だと製造から3年以内、本革・布製だと5年以内で、ブランド品で状態が良いものに限られます。

例えば、カッシーナ、アルフレックス、B&B italia、IDC大塚家具、カリモクなど専門店でしか購入できず、販売価格が10万円以上するソファです。反対に、ニトリやIKEAなど工場で大量生産される組み立て式の家具など販売価格が10万円以下のソファは買い取られないことが多いです。

例外もあり、10万円以下のソファでも未使用品であれば買い取られることもありますし、ブランドのソファでも汚れや臭いがひどいソファの買取は断られることが多いです。

4-2.ソファの買取相場

ノーブランドのソファの買取相場は500円から2,000円で、人気ブランドの場合は1万円〜60万円程度です。

5.横浜市でソファは無料で処分できる?

生活保護世帯など減免対象世帯を除いて、横浜市の自治体でソファを無料で処分する方法はありません。ソファを解体しても品目は変わらないため手数料も変わりません。

販売価格が10万円を超えるソファの場合はリサイクルショップなどで買取してもらい無料で処分できる可能性もあります。

6.ソファはニトリ・無印良品で引き取ってもらえる?

ソファの引き取りサービスを行っているニトリや無印良品などの家具店もあります。それぞれに引き取りには条件が決まっていますが、当てはまる状況であれば便利なサービスです。
引き取りを行っている家具店と条件、内容をご紹介します。

ニトリのソファ回収

ニトリでは「配送員設置商品」を購入したときは1回の配送につき3,000円(税別)で引き取りを行っています。

引取りできる家具は、ニトリ製品以外も受け入れてくれますが、購入した商品と同数量もしくは同容量までの物に限定されるので、同じサイズのソファを買い替える時には有効な手段です。

注意事項

ニトリでは配送先以外から引き取りはできませんし、引き取ったソファを別の住所へ転送するサービスは行っていません。引き取りには配送者側に事前に準備が必要なので、配送日の4日前までに依頼します。

また、引取サービス利用する時には午前中指定ができません。

無印良品のソファ回収

無印良品では配送する家具を購入した時に限り、購入商品と「同種」かつ「同数」の不用品の搬出作業や引き取りを1点につき3,000円で引き受けてくれます。

ネットストアでの注文でショッピングカートに「引き取り」のチェックができる商品に限ります。

注意事項

2.5人掛け以上のソファや電動ソファなどは、吊下げ搬出には対応していませんし、引き取り作業をスムーズに行うため、組み立て式のソファは事前に解体しないと引き取ってくれないので事前に確認します。

開梱設置、組み立てサービス等の作業が発生する商品のご注文時のみ、引き取りを承ります。

ソファの回収ができる家具店

ニトリや無印良品以外にもソファを引き取りしてくれる家具店をご紹介します。

ディノス

通信販売のディノスでは購入した商品と同等・同数の品を引き取りしています。
商品のご注文時に無料引き取りを選択することが条件で、注文時以降は対応できませんし、日時指定も出来なくなります。

配送と同時に古いソファを交換する形で引き取ってくれるのでディノスでソファを買い替える方には便利なソファの処分方法です。

まとめ

横浜市でソファを処分する方法をご紹介しました。
横浜市の自治体でソファを処分する場合、戸別収集と持ち込み処分の2通りの方法があり、処理手数料が変わりません。そのため、戸別収集を利用するほうが手間なく処分することができ、おすすめです。ただし収集までに2週間程度の時間がかかるため、急いで処分したい人には不向きです。

その場合は不用品回収業者を利用すると即日回収可能です。費用はかかりますが、家からの持ち出しからすべて任せることができます。

ソファを買い替える時は、販売店での下取りや引取を依頼するとスムーズに処分することができます。

神奈川県横浜市で布団を処分する方法/手順・料金・布団カバーの捨て方
横浜市でベッドを処分する方法-最安値は1,000円・買取・無料処分は可能?
横浜市で冷蔵庫を処分する5つの方法―無料処分はできる?】
神奈川県横浜市で布団を処分する方法/手順・料金・布団カバーの捨て方