tel

豆知識

リノベーション

メーカー別トイレを選りすぐり!各メーカー一押しのトイレの性能をご紹介

生活を送る上で、水回りはとても大切ですよね。特に、トイレは新しいものは、機能がどんどん良くなっているので、リノベーションをする時に、重要視したい人も多いでしょう。頻度も多く、毎日使うトイレは自分好みに、落ち着ける空間にしたいですね。

メーカーによって、機能の違いが出てくるので、どこに重点を置くか、考えるのも必要です。また、高齢者がいる、小さい子供がいるなどの家族構成によって、どのような機能が必要になるのか、いらない機能はないか、などをしっかり選びたいですね。

メーカーも種類も多いので、全て比べるのは大変ですね。料金にどれくらいの差があるのかも気になりますね。そこで、今回はそれぞれのメーカーの人気があるトイレの特徴や、価格などを比較して見ていきましょう。

メーカー別トイレを選りすぐる前に知りたいトイレのリノベーションの事

近年では、和式トイレが減って、ほとんどのトイレは、洋式トイレに変わっていますね。また、デザインも、改良されています。メーカーによって、売りが違いますが、最新のトイレに共通しているメリットは、あるのでしょうか。まず、そちらを確認しましょう。

メーカー別トイレを選りすぐる前に知りたいトイレのリノベーションの事①節 水・節電機能

最近のトイレは、節水の効果を持つものが多く、仮に4人家族で利用した場合、1年で14000円程度の水道代の節約になります。

そして、一昔前のトイレでは、便器を暖かく保ったり、ウォシュレットに関しても、予想外に電気代がかかっていたものが、近年のトイレでは、節電がしっかり出来るので、年間で7000円もの節電が期待出来るものもあります。

メーカー別トイレを選りすぐる前に知りたいトイレのリノベーションの事②掃除がより楽に

最近出ているトイレは、全てのメーカーで水の流れが、旋回するようになっているので、汚れを落としながら、水が流れていくイメージになります。便器そのものの素材も、汚れや臭いのつきにくいものを使っているので、清潔を維持出来るようになっています。トイレ掃除は、とても大変なので、掃除が楽になるのは、ストレスがなくなって良いですね。

メーカー別トイレを選りすぐる前に知りたいトイレのリノベーションの事③タンクレスのトイレ

昔の洋式トイレでは、大きなタンクが後ろにあるタイプのものが、ほとんどでしたが、近年のトイレはタンクがないものが多くなっています。

タンクがないことで、スタイリッシュなデザインになるので、トイレがオシャレになりますね。タンク部分の掃除も、必要ないので助かります。

メーカー別トイレを選りすぐる前に知りたいトイレのリノベーションの事④トラブルが起きにくい

トイレのトラブルといえば、トイレットペーパーなどが、詰まってしまう、水が漏れてきてしまうなどがありますね。最近のトイレは、そういったトラブルが起きにくいように、設計されています。昔のトイレでは、よくあったこのような故障は、近年のトイレでは、ほとんど起こりません。

トイレのトラブルがあると、場合によっては、便器自体を取り外す必要があったりするので、業者に頼むしかなくなってしまい、お金もかかってしまいますし、自分で直せる場合も、修理の手間がかかります。最近のトイレは、そういった故障がなく、長く使えるトイレになっています。

メーカー別トイレを選りすぐるりご紹介

それでは、ここからはメーカー別で、ご紹介していきます。

メーカー別トイレを選りすぐるりご紹介①TOTOのトイレ「ネオレスト」

皆さんよくご存知の、トイレの大手メーカーTOTOは、掃除が楽になるトイレや、除菌水で洗浄出来るトイレなど、たくさんの種類を取り揃えています。TOTOは、ウォシュレットを開発した会社だけあって、ウォシュレットの使用感も、とても良いです。現在のシェアは、TOTOが1位となっています。

画像引用:TOTOホームページより

https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

その中でも、多くの支持を得ているのが、ネオレストになります。ネオレストは、トイレに関する3つの困りごとに寄り添って、作られています。

画像引用:TOTOホームページより

https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

ナノレベルで、表面を仕上げているセフィオンテクトは、汚れが付きにくいので、掃除の頻度が少なくても、清潔に保つことが出来ます。そして、自動でミストが出るので、相乗作用で汚れを防ぎます。

画像引用:TOTOホームページより

https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

使っているうちに、菌が発生して、便器が黒くなってしまうという問題も、ネオレストの除菌水によって、キレイを維持する事が出来ます。除菌水で除菌してくれるので、輪っか状に付いてしまう黒ずみも、防ぐ事が可能です。ウォシュレットを使用していない時でも、洗浄してくれるのも特徴です。

画像引用:TOTOホームページより

https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

ネオレストは、汚れが溜まりやすく、掃除が大変になる便器のフチをなくしている事で、掃除が格段に、楽になっています。また、フチがないので、水が流れる時に、しっかり行き渡るので、汚れにくくなっています。ここまで掃除が手軽になれば、トイレ掃除にかかる時間や、ストレスもなくなって快適ですね。

価格は、工事費込みの料金で、大体20万円から40万円程の設定になっています。グレードや追加機能によって、価格の幅が大きいので、注意してください。

パナソニックのトイレ「アラウーノ」

画像引用:Panasonicホームページより

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/

電化製品で有名な、パナソニックは、テレビや冷蔵庫など、高品質な製品を出しています。トイレの機能などもしっかりしていて、人気のメーカーです。パナソニックのトイレの中では、アラウーノが人気です。

画像引用:Panasonicホームページより

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/

アラウーノの特徴としては、水が流れる際に、泡も出てくる激落ちバブル機能があります。こちらは、タンクに食器用洗剤を補充して、流す度に掃除してくれるので、掃除の手間がかかりません。水がはねるのを、防ぐガードや節電機能も、搭載されています。そして、少ない水でしっかり流れるので、節水機能も素晴らしいです。


画像引用:Panasonicホームページより

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=material

便器の素材を、陶器ではなく、有機ガラス系のものにすることで、汚れや水垢をはじきます。こちらの素材は飛行機の窓などにも、使用されている大変強い素材なので割れや傷も防ぎます。


画像引用:Panasonicホームページより

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=teiden

また、一部のシリーズでは、停電時に乾電池を使って、排水出来ます。これは、災害時とても助かりますね。

画像引用:Panasonicホームページより

http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/spec/index.html#color

アラウーノは、色の種類も多く、好みの色を選べるので、トイレ=白で無機質な印象を、華やかに変える事が出来ます。価格は、20万円から30万円が相場になります。肘掛けなどの、オプションも充実しているので、介護世帯などは検討しても良いですね。

メーカー別トイレを選りすぐるりご紹介②LIXILのトイレ「サティス」

画像引用:LIXILホームページより

https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

キッチンや、浴室など多くの分野で、有名なLIXILはトイレにも、力を入れていて、とても高機能なトイレが、揃っています。LIXILのラインナップの中でも人気商品はサティスです。

画像引用:LIXILホームページより

https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

除菌の機能が優れていて、プラズマクラスターを搭載しています。トイレのイヤな臭いを、しっかり脱臭してくれるので、強い芳香剤で、ごまかす必要がありません。

画像引用:LIXILホームページより

https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/feature/#feature01

アクアセラミックを使用している便器は、100年経ってもキレイに保てるというキャッチコピーで、LIXILのこだわりが見えますね。洗浄機能はもちろん、節電や節水の機能も、しっかりしていて高い評価を得ています。

画像引用:LIXILホームページより

https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/concept/

サティスは、デザイン性が高く、無駄を取り払ったシンプルな形状に、全体がブラック一色という珍しいカラーのものもあり、まさに、新時代のトイレという言葉がピッタリです。価格帯は、こちらも工事費込みで、20万から30万前後になっています。

メーカー別トイレを選りすぐるりご紹介③ジャニスのトイレ「スマートクリン」

ジャニスは、衛生陶器の老舗のメーカーで、トイレの他にも、洗面台を製造しています。価格帯がTOTOなどに比べて、設置の総額がリーズナブルなので、総額が高くなってしまうフルリノベーションの際にも、注目されています。

画像引用:ジャニスホームページより

http://www.janis-kogyo.co.jp/product/toiletroom/smartclean.html

ジャニスの主力商品スマートクリンはリーズナブルな価格でも、機能はしっかり充実しています。サイクロン洗浄を、採用しており、排水の仕様に合わせて、少ない水量でもしっかり洗い流せるように、工夫されています。また、本体もコンパクトになっていて、室内を圧迫することなく、設置出来ます。


画像引用:ジャニスホームページより

http://www.janis-kogyo.co.jp/product/toiletroom/smartclean.html

ジャニスのトイレは、お手入れが大変な、便器の手前部分のフチを、極限まで細く作っているので、とても掃除がしやすくなっています。

画像引用:ジャニスホームページより

http://www.janis-kogyo.co.jp/product/toiletroom/smartclean.html

センサーが、人を感知して、自動でフタが開閉するタイプのものもあります。洗浄もリモコンで出来る機能もあるので、とても便利です。

画像引用:ジャニスホームページより

http://www.janis-kogyo.co.jp/product/toiletroom/smartclean.html

また、ジャニスの強みは、リノベーションのしやすさにもあります。戸建ての2階や、マンションに多い、壁排水にも対応しているので、排水のタイプに合うトイレがなくて、困っている方には、オススメです。価格は、15万円から20万円前後となります。

メーカー別トイレの選りすぐりを確認して進化したトイレ空間にチェンジ!

日常生活で、使用頻度が高いトイレが、心地よい空間になれば、生活の質もあがりますね。お店などでも、トイレがキレイに保たれている所は、人気店だと言われています。家に招かれた時に、トイレがキレイだと、とても印象も良いですよね。

清潔にしておくためには、頻繁に掃除が必要だったり、忙しい毎日の中で、お手入れに悩んでいる方が、たくさんいます。それをふまえて、メーカーも試行錯誤を重ねて、掃除のしやすさを重視したり、除菌が出来るトイレなどを販売しています。

デザインや機能、価格など納得のいくトイレに、リノベーションして、快適に生活を送りませんか?