tel

豆知識

ReLIFE

リノベーション

子供がすくすく育つリノベーション住宅!子育てに最適な住まい作りのコツをご紹介

子供にはすくすく育って欲しいと願うのが親です。すくすく子供が育つためには、家はとても重要になるでしょう。なぜなら、小さい子供は1日の大半を家で過ごします。また、小学生になっても16時には帰宅しますので、家で勉強をしたり、遊んだりすることが多いでしょう。

実際に、子供がすくすく育つリノベーション住宅を検討している親御さんもいるのではないでしょうか。そこで、今回は子供がすくすく育つリノベーションのコツと子供の安全を考えたリノベーションについてチェックしていきましょう。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ

はじめに、子供がすくすく育つリノベーションのコツをご紹介していきます。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ①広い畳スペースを1階に作る

基本的に子供は、地べたに座っておもちゃで遊びます。ですので、畳スペースを設けるのがコツです。畳はフローリングとは違いクッション性があります。そのため、万が一遊んでいるときに転んでも大きな怪我になることがありません。

また、畳は天然素材が使われています。そのため、畳に口をつけても安心です。もし、広い畳スペースがあれば、おもちゃを収納するスペースも確保できます。1階に使っていないお部屋が2部屋あるなら、それを1室の畳スペースにしてみてはいかがでしょうか。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ②広い玄関を造り子供が遠慮せず外で遊べる環境を

子供のために玄関を広くするのもコツです。玄関を広めにすると、遊んで付いたドロを落としてお家の中に入ることができます。また、スポーツを習っている子供の練習スペースにも活用できるので便利です。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ③リビングに大きな黒板を設置

子供は絵を書くのが好きです。特に女の子は絵の好きな子が多いのではないでしょうか。また、子供はママやパパの似顔絵を描いてくれます。それを見ることを楽しみにしている親御さんも多いはずです。

大きな黒板を設置すれば、子供は自由に絵を書くことができます。そのため、リビングも楽しく遊べるスペースになるでしょう。また、子供が大きくなっても家族のコミュニケーションツールとして使うことができます。例えば、「ゴミ出ししておいたよ!」と書いて外出したり、献立メニュー表として使ったりすることもできますので、設置して損はないでしょう。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ④オープンキッチンにしよう

オープンキッチンにすることもコツです。昔の住宅は独立キッチンや壁に顔を向けて料理するというタイプが一般的でした。独立キッチンは、完全にほかの部屋と独立していますので、家族の様子を伺うことができません。また、壁に顔を向けて調理するキッチンは、家族に背を向けることになるので、独立キッチンと同様に子供を見ながら料理することはできないのです。

そんなキッチンをお使いの人はオープンキッチンに変更することをおすすめします。一般的にオープンキッチンはリビングの方向を見ながら料理することができます。つまり、子供が遊んでいる姿を見ていられるので安心です。

また、カウンターを付けることで、お皿を運んでもらったりすることができます。お手伝いをすることを覚えさせるだけでなく、ママも少し負担が減るのでおすすめです。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ⑤ボルダリングボードを設置して遊び場を増やす

子供がすくすく育つためには、住宅内の遊べる空間はとても大切です。アイディアが浮かばないという方は、子供部屋にボルダリングボードの設置を検討してみてはいかがでしょうか。単なる子供部屋を遊び場に変身させられます。

遊べるだけでなく、ボルダリングボードはインテリアにもなります。そのため、室内のおしゃれさを崩すことなく設置することが可能です。ボルダリングは落下する危険性があります。そのため、ボード付近の床に必ずクッションを設置するようにしてください。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ⑥家族の会話が弾む間取りにチェンジしよう

小さい子供と親御さんの会話はとても重要です。特に女の子はお話し好きなので小さい頃からいっぱい会話をしておきたいと思う親御さんも少なくないでしょう。しかし、子供がある程度成長してからも家族の会話はとても重要です。

実際に中学生や高校生になったら会話が少なくなって困っている親御さんもたくさんいます。そのため、子供が小さいうちに家族の会話が弾むリノベーションを検討するといいでしょう。会話を弾ませるためには、間取りを変えるといいです。

子供部屋はリビングの近くに設けると、リビングを通って部屋に行かなければならないので、会話がしやすくなります。また、リビングに学習スペースを設けるとリビングに居ながら勉強ができます。実際に名門大学に通う大学生の中にはリビングで勉強していたという子が多いので、勉強を頑張ってほしいという親御さんは取り入れるといいでしょう。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ⑦汚れを考慮しよう

子供が小さいとき、お家を汚しがちです。例えば、壁にクレヨンで絵を書いてしまったり、食べこぼしをして床が汚れてしまったりします。そのため、汚れを意識したリノベーションが必要です。

例えば、水や汚れに強い床材を使用したり、傷に強いフローリングを使ったりすることで汚れ対策ができます。汚して怒られると子供は萎縮します。住宅が汚れに強くなれば、怒る機会も減りますし、子供は気にせずに遊べますので、すくすく育つ環境を作れるのではないでしょうか。

子供がすくすく育つリノベーションのコツ⑧遮音性を考えてリノベーションをする

小さいときは、叫んだり、バタバタしたりしますので、どうしても大きな音が出やすいです。そのため、遮音性を高くしないと近所迷惑になったり、うるさくて寝られなくなったりする可能性があります。リノベーションをするときは、遮音フローリングなどを取り入れるといいでしょう。

子供がすくすく育つリノベーションで注意すべき点

子供がすくすく育つ住居を作るためには、安全性を最優先しなければなりません。実は、家の中は子供にとって危険なところがたくさんあります。そのような箇所はリノベーションをして安全に暮らせる家を作ってみませんか?

子供がすくすく育つリノベーションで注意すべき点①階段にカーブを作る

基本的に階段は手すりが付いている住宅が多いです。そのため、手すりが付いているから大丈夫と思われている親御さんはたくさんいます。しかし、手すりが付いているだけでは危険です。

手すりが付いていても3歳以下の子供の場合、手すりの位置が高いので、届かないことがあります。また、手すりにつかまっていても踏み外す可能性はゼロではありません。そこで、階段にカーブを加えるリノベーションをします。そうすることで、万が一踏み外したときもカーブ部分で止まるので、怪我を最小限に抑えることができるというわけです。

子供がすくすく育つリノベーションで注意すべき点②登れる場所をできるだけ減らす

子供は登れるところがあれば登るので、できるだけそのような箇所は減らすことをおすすめします。特にギリギリ登れる場所はその分高いので、落ちてしまうと大怪我に繋がる可能性があります。

子供がすくすく育つリノベーションで住まいの環境を整えよう

リノベーションをすることで子供がすくすく育つ住居に生まれ変わらせることができます。例えば、楽しく安全に遊べるように畳の部屋にしたり、安全性を高めるためにオープンキッチンにしたりするなどの方法が挙げられます。子供の成長はあっという間です。タイミングを逃すと育った後にリノベーションということになってしまう恐れもあるでしょう。

いい機会なので、家族で相談して子供がすくすく育つようにリノベーション計画を立ててみてはいかがでしょうか。