tel

豆知識

不用品回収

杉並区でベッド・マットレスを処分するー最安値は1200円・買取・無料処分はできる?

東京都23区の中では地価が安い杉並区は都内の住宅地として人気が高く、毎シーズン引越しが多く行われています。

引越しや断捨離でベッドを捨てたことは数回しかないので、どのように処分したらよいか、いつ処分したらよいか迷う方も多いのではないでしょうか。杉並区での粗大ゴミとして処分する方法以外にも可能な廃棄処分方法、売却方法をご紹介します。

この記事を読むと、杉並区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。
処分,ベッド

ベッド,処分,杉並区

ベッド,処分,杉並区

ベッド,処分,杉並区

ベッド,処分,杉並区

ベッド,処分

ベッド,処分

杉並区でベッド・マットレスは粗大ごみで処分

杉並区,ベッド,処分

ベッドやマットレスは杉並区では粗大ごみとして処分します。

杉並区では粗大ごみの定義を家庭から出る家具や家庭用品で、一辺が30cmを超え220cm以内のものとしています。つっぱり棒など普通ごみでも出せるような大きさのものでも、一辺が30cmを超えると粗大ごみになるので注意しましょう。

ベッドやマットレスに関しても、一般的には30cmを超える大きさなので粗大ごみに分類されます。

また、杉並区ではベッドとマットレスそれぞれに処分料金がかかります。

ベッドやマットレスは通常30cmを超えるものなので粗大ごみになりますが、1辺の長さが220cmを超えるものは粗大ごみとして杉並区で処分することはできません。

220cmを超えるベッドやマットレスは適正処理困難物に分けられるので、自身で一般廃棄物収集運搬業者か不用品回収業者を手配して処分します。

ベッドは基本的に30cmを超えるので粗大ごみになりますが、キングサイズなど大きいものだと220cmを超えてしまいます。

【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

マットレス材質の確認

マットレスに関しては、必ず材質を確認するようにします。
杉並区ではマットレスにスプリングが入っているか、入っていないかで粗大ごみ手数料が変わります。

マットレスにカッターやはさみを使って、表面の布部分を切り、中身の確認をします。金属製のコイルやスプリングが入っていればスプリングマットレスに分類され、スプリングが入っていなければ粗大ごみのマットレスになります。

スプリングが入ったベッドマットはサイズによって粗大ごみ手数料が変わりますが、スプリングが入っていないマットレスはサイズによって手数料が変わることはありません。

杉並区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法

杉並区,ベッド,処分

杉並区では自宅の玄関や敷地の入り口で粗大ごみを収集してくれる、戸別収集を有料で行っています。
杉並区の戸別収集には事前予約が必要です。
また戸別収集は有料で事前に「粗大ごみ処理券」を購入します。
玄関先まで処分するベッドやマットレスを自分で運ぶ必要がありますが、比較的安く処分できる方法です。
杉並区の戸別収集でのベッドやマットレスの処分方法をご紹介します。

手順

杉並区の個別収集の手順についてご紹介します。

1.収取予約をする
粗大ごみの戸別収集予約をします。杉並区の粗大ごみ受付センターに電話するか、インターネット・ファックスで申し込みをしましょう。

申し込みの際は処分する粗大ごみの大きさ、住所・氏名などを伝え、収集する日程を決めます。
2.粗大ごみ処理券を購入する
収集日までにコンビニやスーパーで粗大ゴミ処理券を購入します。
処分する粗大ごみの処理料金分購入し、収集日・氏名・受付番号を記入し、処分するベッドやマットレスに直接貼り付けます。

「有料粗大ごみ処理券」を粗大ごみに2枚並べて貼る際は、重ならないように並べて貼ります。見えやすい位置に貼り、粗大ごみとわかるようにしておきます。

3.収集日に出す
指定された収集日の午前8時までに「有料粗大ごみ処理券」を貼ったベッドやマットレスを出しておきます。粗大ゴミの集積所は自宅の玄関や敷地の入口など道路に面した場所など収集スタッフが入りやすく交通の邪魔にならない場所です。

マンションなど集合住宅の場合は管理組合によって決められているので、事前に確認します。

申込先:粗大ごみ受付センター(委託業者:公営財団法人東京都環境公社)
インターネット窓口(24時間受付)

電話:03-5296-5300
受付時間 午前時から午後7時(年末年始(12月29日〜1月3日)を除く)
FAX: 03-5296-7001

料金

杉並区のベッドとマットレスの粗大ごみ個別収集の料金についてご紹介します。
いずれも30cm以上220cm未満のごみが対象となります。

【ベッド】
シングルベッド 1,200円
ベッド(ダブル) 2,000円
ベッド(二段) 2,800円
ベビーベッド 800円

【スプリング入りマットレス】
ベッドマット(シングル・セミダブル) 1,200円
ベッドマット(ダブル以上) 2,000円
ベビーベッド用ベッドマット(スプリングあり) 800円

【スプリング無しマットレス】
マットレス 400円
ベビーベッド用ベッドマット 400円

注意事項

杉並区の戸別収集で粗大ごみを処分する際、何点か注意事項があります。
2020年10月19日現在、杉並区では粗大ごみの戸別取集が混み合い、申し込みをしても1ヶ月から1ヶ月半ほど時間がかかります。戸別収集の日程は申し込み順なので、希望通りの予約日が取れない場合があります。戸別収集日は土曜日・日曜日でも可能ですが、すぐに戸別収集してもらえるわけではないので注意が必要です。

また、戸別収集の申し込みは月曜日や休日の翌日は混み、電話がつながりにくいことが多いのでこの時間帯を避けるか、インターネットから申し込みます。ファックスでの申し込みについては、回答が翌日になることもあります。

杉並区の粗大ゴミ手数料減免・補助制度

粗大ごみの戸別収集の手数料には減免制度があります。
以下に当てはまる方は免除または減額になり、利用する際には電話で申し込みます。

・生活保護法第11条に掲げる保護を受けている方
・児童扶養手当、特別児童扶養手当の支給を受けている方
・火災等の災害を受けた方
・暴風、豪雨、地震等の天災その他大規模な災害を受けた方
・老齢福祉年金の支給を受けている方
・その他区長が特別の理由があると認めた方

また、玄関先まで運べない高齢者や障害者のみの世帯は清掃事務所へ相談が可能です。

杉並区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

杉並区,ベッド,処分

杉並区ではベッドやマットレスの持ち込み処分も可能です。手数料は1点につき400円なので、最も安く処分できる方法ですが、制限や手順が決められています。

杉並区での持ち込み粗大ごみの処理方法についてご紹介します。

手順

1.持ち込み予約をする
粗大ごみを持ち込み希望日の5日前までに、粗大ごみ受付センターへ電話またはファックスで申し込みをします。
持ち込み日は申し込み順での予約になるので、希望日に沿えない場合もありますので、余裕をもって申し込みます。

2.処理券を購入する
持ち込み日が決定したら戸別収集と同じように「有料粗大ごみ処理券」を買って事前に処分するソファやマットレスに貼ります。

3.持ち込み処分する
持ち込み予約日にごみ処理所へ自家用車などで運びます。
ごみの持ち込み時に本人確認が必要なので、免許証や住民票・健康保険証などを必ず持参します。

料金

杉並区の持ち込み粗大ごみの料金は一律400円です。
「有料粗大ごみ処理券」Aの200円券を2枚買って貼り付けます。
ただし1回の持ち込みにつき、5点までの持ち込み制限があります。

持ち込み可能な施設

粗大ごみの持ち込み可能施設は「堀ノ内中継所」です。
所在地の詳細については申し込み時に教えてもらえるので、電話予約の際はメモを用意しておきます。

名称 堀ノ内中継所
住所 堀ノ内2-11-32
電話番号 03-5296-5300
持ち込み日 指定された日曜日のみ
持ち込み時間 午前9時から午後4時

注意事項

杉並区の持ち込み処分は1回につき5点までと制限があります。インターネットでは申込できませんので、電話やファックスで申し込みましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

杉並区,ベッド,処分

ベッドやマットレスを不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。
その際には自分で不用品回収業者を探し、見積もりを取って比較してから回収を依頼しましょう。
不用品回収業者へ依頼するとまとめて粗大ごみを処分することが可能で、量が多い場合や自分で処分する手間が面倒な場合はおすすめです。

料金目安

杉並区には不用品回収業者が60社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

ReLIFEおすすめの杉並区の不用品回収業者

杉並区でベッドを買取

杉並区,ベッド,処分

杉並区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ReLIFEおすすめの杉並区の不用品回収業者

ベッドを売って処分する

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

杉並区でベッド・マットレスを無料処分する方法

杉並区でベッドやマットレスを無料処分したい場合は、掲示板サービスを使って、欲しい人に譲るという方法もあります。
掲示板サービス「ジモティー」などを利用すれば、同じ区域で処分したい人と欲しい人をマッチングさせることができます。

電話やメールでやりとりするので手間はかかりますが、時間がかかっても無料で処分したい場合にはおすすめです。また実際に譲る物を見て、思っていたものとイメージが違ったので返品したい、などとトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

ベッドやマットレスを解体して、燃えるゴミ・燃えないゴミとして処分することも禁止されてはいませんが、慣れていない方には危険な作業ですのでおすすめできません。

杉並区でベッドを処分する方法のまとめ

杉並区,ベッド,処分

杉並区の自治体でベッドやマットレスを自治体で処分する方法は戸別収集と持ち込み処分があります。持ち込み処分は1点につき400円で処分できるので最も安く処分できます。

自治体での処分は収集申し込みから収集まで1か月以上時間がかかるので、時間がない場合は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。不用品回収業者に依頼する場合は3社以上から見積もりを取り、サービスや料金を比較して業者を選ぶと失敗が少ないでしょう。

手間や時間、料金を比較し自分に合う処分方法でベッドやマットレスを処分しましょう。

杉並区,ベッド,処分

杉並区,ベッド,処分

粗大ゴミの処分

杉並区での粗大ゴミの処分方法は以下のページをご覧ください。
粗大ゴミテレビエアコン冷蔵庫洗濯機ソファタンス学習机マッサージチェア仏壇

粗大ゴミ回収の口コミ

リライフ東京で粗大ゴミ回収のご依頼いただきましたお客様からの口コミを掲載しています。
婚礼家具金庫学習机マッサージチェア冷蔵庫洗濯機ベッドタンス仏壇

杉並区のおすすめ不用品回収業者

杉並区のおすすめ遺品整理業者



【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけること仕事のやりがいとしています。