tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

新宿区で粗大ゴミを回収・処分する3つの方法―積み放題プランは安い?

思い切った家の大掃除をすると、いくつもの粗大ゴミが出ることがあります。粗大ゴミは普段のごみとは別の処分方法になるため、どのように捨てるべきか迷う方も少なくありません。

粗大ゴミ回収の仕組みが分かれば、自分の状況に合わせた処分方法が分かります。
この記事では新宿区での粗大ゴミの処分方法や料金、不用品回収業者を利用した時との比較をご紹介します。

新宿区の粗大ゴミとは?

新宿区,粗大ゴミ
新宿区では、一辺の長さがおおむね30cm以上の大型ごみが粗大ごみにあたります。

例えば、ベッド、学習机、洋タンス、和箪笥、テーブル、自転車、じゅうたん、布団が粗大ゴミに当てはまります。なお、ノコギリなどを使って粗大ごみを解体しても、一般ごみとして出すことはできません。

リサイクル家電やピアノや耐火性金庫などの適正処理困難物は粗大ゴミにはなりません。新宿区で捨てられないゴミについては「新宿区で粗大ゴミとして捨てられないもの」でご紹介します。

1.新宿区の戸別回収で粗大ゴミを捨てる

新宿区,粗大ゴミ
新宿区では、戸別回収を利用して粗大ゴミを捨てることができます。事前申し込みをすれば、家の近くまで収集車が粗大ゴミを引き取りに来てくれます。
なお、新宿区ではごみ処理施設への直接持ち込みは行われていません。

ここからは新宿区の戸別収集での粗大ごみの出し方をご紹介します。

①申込

新宿区,粗大ゴミ
新宿区では、電話かインターネットで粗大ゴミ回収の申し込みができます。
申し込みの際に、収集可能日から希望の収集日を選択する形式で、原則として指定日以外の収集はできません。引越しなどでどうしても急ぐ場合は、粗大ごみ受付センターまで電話で問い合わせてみましょう。なお、新宿区では粗大ごみの日曜収集を行っているため、希望する場合は申し込みの際に伝えてください。

2021年3月現在、新型コロナウイルス感染症に関連して、電話受付オペレータの人数が制限されました。そのため、電話がつながりにくい状況が続いており、新宿区はインターネットによる申し込みを利用するよう呼び掛けています。

電話受付については、粗大ごみ受付センターに加え、粗大ごみ受付臨時センターが新たに開設されました。粗大ごみ臨時受付センターでは新規申し込みのみ対応しているので、予約の取り消し・変更や問い合わせの際は粗大ごみ受付センターに連絡してください。

インターネットで申し込む際は、メールアドレスの登録が必要です。画面上の指示に従って、排出者情報入力・品目選択・品目数入力・排出日選択を行います。

インターネット受付では、一度に申し込める個数は10個までです。それ以上の申し込みを希望する場合は、電話申し込みを行うか、別の収集日に改めて予約する必要があります。

【電話受付】粗大ごみ受付センター

電話番号 03-5296-7000
受付日時 8時~19時、月~土曜

【電話受付】粗大ごみ臨時受付センター

電話番号 0570-03-7000
受付日時 8時~19時、月~金曜

【インターネット受付】

URL http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0/0/0/
受付日時 24時間

②粗大ごみ処理券の購入

新宿区,粗大ゴミ
新宿区専用の「有料粗大ごみ処理券」を購入します。処理券にはA券200円・B券300円の2種類があり、粗大ごみ1点ごとに処理券を貼る必要があるので、購入間違いに注意してください。

<例:電子レンジと扇風機を処分する場合>
処理費用は電子レンジが800円、扇風機が400円です。

電子レンジ…A券200円×4枚
扇風機…A券200円×2枚

このように貼り付けます。
処理費用の合計が1200円ということでB券300円を4枚購入してしまうと、粗大ごみ1点ごとに処理券を貼れなくなってしまうので気を付けましょう。
処理券はコンビニ等の「有料粗大ごみ処理券及び有料ごみ処理券取扱所」の標識がある店や、各特別出張所等で購入可能です。

粗大ごみ処理券販売所

粗大ごみ処理券に氏名(集合住宅の場合は部屋番号も併記)、もしくは受付番号・収集予定日を記入します。粗大ごみ1点ごとに、見やすい場所に処理券を貼ります。

集合住宅の粗大ごみ置き場に事前に出す際は、管理人と相談して収集がスムーズに行えるようにしてください。

新宿区の粗大ゴミ回収料金

新宿区,粗大ゴミ
粗大ごみの処理手数料は品目別に決められており、主な処分費用は以下の通りです。

【処分手数料例】

品目名 処分料金
ベッド(シングル) 1,200円
マットレス(シングル) 1,200円
タンス(腰丈・背丈) 1,200円
自転車(大人用) 800円
ソファ(2人掛け) 1,200円
食器棚(背丈程度) 2,000円

新宿区では、タンスや食器棚などは「箱物家具」というカテゴリーに分けられています。
最長辺と2番目に長い辺の合計で金額が変わるので、注意が必要です。

合計135cm以下…400円
合計180cm以下…800円
合計270cm以下…1,200円
合計360cm以下…2,000円
合計360cm超…2,800円

③粗大ごみを出す

新宿区,粗大ゴミ
申し込んだ排出場所に、粗大ごみを出してください。戸建ての場合は玄関先や敷地の入り口等、共同住宅の場合は粗大ごみ置き場か1階の共有玄関前の敷地等、分かりやすい場所に出しましょう。

収集日の朝8時までに粗大ごみを出します。立ち会う必要はなく、おおむね朝8時から15時半ごろの間に回収されます。

ごみ処理料の減額・免除について

新宿区,粗大ゴミ
以下に該当する方は、ごみ処理手数料が減額・免除になる可能性があるため、粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)に電話で問い合わせてください。

・天災その他大規模災害を受けた方
・火災等の災害を受けた方
・生活保護受給者
・児童扶養手当受給者
・特別児童扶養手当受給者
・老齢福祉年金受給者
・中国残留邦人等支援給付受給者

2.新宿区で粗大ゴミを持ち込み処分

新宿区,粗大ゴミ
新宿区ではごみ処理施設への直接持ち込みは行われていません。

3.新宿区の不用品回収で粗大ゴミを処分する

新宿区,粗大ごみ
不用品回収業者を利用して粗大ゴミを回収してもらう方法もあります。
自治体で粗大ごみを捨てる場合と比べて、料金は高くなりますが粗大ゴミを家から運び出すところから廃棄処分まで全て任せられるので便利です。

不用品回収業者の粗大ゴミ回収料金

新宿区,粗大ゴミ
不用品回収業者に依頼した時の料金は2パターンあります。
1つ目は「基本料金+品目ごとに決められた料金」の合計で料金が決まるパターンです。

ベッド、タンス、食器棚、学習机、カラーボックスなど粗大ゴミの品目が明確で、大型家具が5点以内の時にはこちらの方が安くなります。

基本料金は3000円から4000円で、不用品回収業者の店舗や倉庫から近いと安くなることもあります。例えば、新宿区に事業所を構える不用品回収業者は新宿区からの依頼には通常3000円かかる基本料金を2000円にしている業者もあります。

品目ごとの粗大ゴミ回収費用相場は以下のようになります。

品目名 回収費用
ベッド 6000円
マットレス 3500円
タンス 6000円
食器棚 7000円
学習机 5000円
ソファ 6000円

2つ目はトラックに積み放題で○○円と決められている場合です。
積み放題プランの中には「基本料金」「処分費用」が含まれており、料金は以下のようになります。

トラックの大きさ 目安料金
軽トラック積み放題 30,000~50,000円
2トントラック積み放題 80,000~120,000円

WEB広告では軽トラック1台9800円~という料金設定がよく見られますが、この料金では回収後の廃棄処分は難しいです。

回収された家具や家電が美品でリサイクルショップに引き取られるのであれば、処分費用がかかりません。しかし、一般的に引き取られる粗大ゴミの半数以上は市場価値がないものです。

それらを処分するには費用がかかります。処分費用の他に人件費やトラック代もかかりますので、積み放題プランを9800円で提供すると不用品回収業者は赤字になってしまいます。
また、訪問時に「作業代」として別途料金を徴収される場合や処分料金を抑えるために、回収した粗大ゴミを不法投棄したりや個人で出したごみとして処分場に運んで処分している可能性もあります。

不法投棄は違法ですし、自身で出していない粗大ゴミを偽って処分場に持ち込むのは条例違反にあたります。

詳細は【不用品回収業者の選び方トラブル事例】をご覧ください。
信頼できる不用品回収業者は【新宿区の不用品回収業者】から自分で探すこともできますし、ReLIFEでも手配させていただきます。

新宿区で粗大ゴミとして捨てられないもの

新宿区,粗大ゴミ
新宿区の粗大ゴミとして捨てられないゴミがあります。また、可燃ゴミや不燃ゴミにも当てはまらないので、不用品回収業者や一般廃棄物収集運搬業者に個人で依頼して捨てます。

例えば、パソコンは捨てる部品がない電子機器と言われています。
PCリサイクル推進法によって小型家電回収ボックスに入れたり、リネットジャパンに郵送して処分します。回収されたパソコンは工場で分解され、再資源化され新たな製品へと生まれ変わります。

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機はリサイクル対象家電なので、粗大ゴミでは捨てられません。家電販売店で引き取ってもらったり、自身でリサイクル券を購入して工場へ持ち込んだりして処分します。
リサイクル対象家電は新宿区が管理していないので、料金の支払い方法や処分手続きも粗大ゴミとは異なります。
リサイクル対象家電の処分方法は
新宿区でテレビを処分する
新宿区で冷蔵庫を処分する
新宿区でエアコンを処分する
新宿区で洗濯機を処分する】で詳細をご確認ください。

パソコンやリサイクル対象家電以外にも金庫やピアノ、農薬などゴミ処理場では粉砕できない固いものやゴミ収集車の作業員がトラックに積み込めないものは粗大ゴミとして処分できません。新宿区のWEBサイトやゴミ処理ガイドブックで確認できます。

不用品回収業者では新宿区で適正処理困難物に指定され、引き取りされない粗大ゴミも回収してくれます。

新宿区の粗大ごみ処分方法まとめ

新宿区では、おおむね30cm以上の大型ごみが粗大ごみに分類され、戸別収集を申し込んで処分する必要があります。

戸別収集は自宅近くまで回収車が来てくれるため、車でごみ処理施設まで運ぶ必要はありません。
不用品回収業者に依頼すると料金は上がりますが、日程をこちらの都合に合わせてもらうことができ、部屋からの粗大ごみ搬出にも対応してもらえます。
冷蔵庫や洗濯機などのリサイクル対象家電は新宿市では処理できないため、家電販売店に引き取りを頼むか、一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼して処分します。

不用品回収業者では粗大ゴミからリサイクル家電、適正処理困難物まで電話1本で回収しますので、ReLIFEのお問い合わせフォームまたは電話(通話料無料)でご相談ください。