tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

新宿区でベッド・マットレスを処分ー最安値は1200円・買取・無料処分はできる?

子供の成長と共にベビーベッドやシングルベッドは不要になります。
新宿区でもベッドは捨てる時には正しい処分方法をしないと引き取ってもらえません。

安さ・早さ・手軽さどこを優先するかでベッドの処分方法と満足度が変わります。

この記事を読むと、新宿区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

新宿区でベッド・マットレスは粗大ゴミで処分

新宿区ではベッドは1辺の長さが30cm以上になるので粗大ゴミに分類されます。
マットレスも同様に粗大ゴミで、それぞれに処理手数料がかかります。

【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

新宿区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法

新宿区,ベッド,処分

新宿区の戸別収集でベッド・マットレスを粗大ゴミで処分する方法をご紹介します。この方法は安くて、手間もかからないので家からベッドを運び出せる方におすすめの方法です。

手順

1.収集申し込み

電話またはインターネットから収集申し込みをします。2020年10月15日現在、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、オペレーターを減らしているので、電話が繋がりにくい状況が続いているようです。

インターネットから収集申し込みをするとスムーズ予約が可能です。
名称 粗大ごみ受付センター
電話 03-5296-7000
(月~土曜日、午前8時~午後7時)
インターネット http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0/0/0/

2.粗大ごみ処理券の購入
処分したいベッドの処理手数料分の粗大ごみ処理券を購入します。粗大ごみ処理券はコンビニ、スーパー、など取扱店のステッカーが貼ってある店舗や清掃事務所・清掃センター・各特別出張所・ごみ減量リサイクル課(区役所7階)で購入できます。
購入した粗大ごみ処理券に「氏名(集合住宅の場合は部屋番号も記入)」または「受付番号」と「収集予定日」を記入しベッドのよく見える位置に貼ります。記名をすると誤収集を防ぐことにもつながります。

3.収集日にベッドを集積所に出す
予約した収集日に粗大ごみ処理券をはったベッド、マットレスを指定された排出場所に出します。戸建ての場合は道路に面した交通の邪魔にならない場所、マンションなど集合住宅の場合は一般ごみとは違う場所に指定されていることがあるので、管理会社に確認しましょう。

高齢者・障がい者への運び出し補助制度

新宿区では65歳以上の1人暮らしの方や障害があり一人でベッドを部屋の外に運び出すのが困難な方に向けて、粗大ゴミの運び出し収集を行っています。新型コロナウィルスで一時的に休止していましたが、2020年10月15日現在また再開されたことが確認されています。

料金

収集手数料は以下のようになります。

【ベッドの処理手数料】
シングルベッド
ロフト型を含むパイプベッド 1200円
セミダブル・ダブルベッド 2000円
ベビーベッド 800円
2段ベッド 2000円
電動リクライニングベッド(50㎏以下) 2000円
ベッドヘッド(品物の一部分) 400円

【マットレス処理手数料】
シングルマットレス
脚付マットレス 1200円
折り畳みができるマットレス 400円
ウォーターベッドマットレス
エアーベッドマットレス
(水や空気を抜き、畳んだ状態) 400円
ベビーベッドマット 400円

注意事項

箱物家具等の場合、中に入れたものは一緒に収集してくれないので、引き出し付きのベッドやベッドヘッド部分の中身は空にします。

シングルサイズ以上のマットレスと電動リクライニングベッドはインターネットでは申込できないので「粗大ごみ受付センター(電話:03-5296-7000)」に電話申し込みします。

新宿区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

新宿区では持ち込み処分が許可されている施設はありません。
ベッドを含む粗大ゴミは戸別収集か不用品回収業者を利用して処分します。

不用品回収業者に引き取ってもらう

料金目安

新宿区には不用品回収業者が60社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社から取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

新宿区の不用品回収業者を見る

新宿区でベッドを買取

新宿区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

新宿区,ベッド,処分

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

新宿区でベッド・マットレスを無料処分する方法

新宿区ではベッドは解体しても粗大ゴミとされているので、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分できず、無料で処分することは難しいです。リサイクルショップやネットオークションで売却できるベッドの場合は実質無料になることもあります。

新宿区でベッドを処分する方法のまとめ

新宿区でベッドを廃棄処分するには粗大ゴミの戸別収集を利用する他に、不用品回収業者を利用する方法があります。新宿区には持ち込み可能な施設がないので、廃棄処分する際に一番安い方法は戸別収集を利用することで、処分料金はシングルベッドであれば1200円です。

電動リクライニングベッドやダブルベッドマットレスは戸別収集で処分できますが、電話予約が必要で、処理手数料も高くなります。

引越しや買い替えで期日が迫っているときは不用品回収業者を利用すると、最短でその日のうちに処分できます。時間や料金、手間など自身に最も合った処分方法を選ぶと満足のいくベッドの処分ができます。

新宿区の不用品回収業者を見る