tel

豆知識

不用品回収

品川区でソファを処分する方法-最安値は300円・買取・無料処分はできる?

使われている材質にもよりますが一般的にソファの寿命は5~7年ほどと言われています。ソファの表面材やクッション部は1番消耗する部分です。小さいお子さんがいる家庭では上に乗って飛びはねたり、お菓子や飲み物をこぼしたりして、表面材の汚れが目立ったり、クッション部分が傷んでしまうことがあります。

ソファはリビングに配置することも多く来客時にも目に触れやすい家具のひとつです。ソファの小さなシミは家全体のイメージも大きく変えてしまいます。

ソファの処分方法はかかる費用も選ぶ処分方法によって10倍以上差があります。品川区でのソファの処分方法をお伝えします。

この記事を読むと、ソファの処分方法と料金が分かり最短で3時間後にソファが家からなくなります。

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

1.品川区でソファを粗大ゴミで処分する

品川区の自治体でソファを処分する方法をご紹介します。
品川区でソファを処分する方法は戸別収集と持ち込み処分の2つです。

1-1.品川区でソファは粗大ごみ

品川区では家庭から出る家具や家庭用品のうち、最大辺が概ね30cmを超えるものが粗大ごみに分類されるので、ソファは粗大ごみとなります。また、1辺の長さは最大180cmまでという規定があります。

ただし、収集作業員の目測になりますが、概ね200cm程度であれば収集可能とのことです。とはいえ収集作業員の目測によるので、確実に収集してもらうには180cm以内に収めるのが良いでしょう。

一般的に1人用ソファの一番長い部分は幅60cm~90cm、2人用ソファの一番長い部分は幅1m~1.9m、3人用のソファ幅は2m~2.2mです。

したがって大きめの2人掛け以上の大きさのソファは解体する必要がある可能性がでてきます。また、解体してソファが2つ以上に分割されたとしても掛かる費用はソファ1つ分です。

なお、解体ができず200cmを超えてしまう物は収集できないので、一般廃棄物処理業者や不用品回収業者に処分を依頼します。

1-2. 品川区の戸別収集でソファを処分する

品川区でソファを処分する方法をご紹介します。この処分方法が本記事でお伝えする中で最も時間がかかる処分方法です。

戸別収集は有料粗大ごみ処理券というシールを貼り指定の粗大ごみ置き場に出しておくと、予約した日時に収集されるといった方法です。申し込みから収集までは概ね2週間ほどかかります。

申し込み方法は電話による申し込みとインターネットからの申し込みがあります。

現在、新型コロナの影響で電話受付体制の縮小を行っており、電話が繋がりにくくなっています。したがってインターネットから申し込む方がスムーズです。

手順

① 予約をする
電話、もしくはインターネットで粗大ごみ受付センターに事前申し込みをします。
【予約受付】
名称 品川区粗大ごみ受付センター
電話受付 03-5715-1122
月~土曜日《祝日含む》午前8時~午後9時
日曜日および12月29日~1月3日は受けていません
インターネット受付 https://www2.sodai-web.jp/shinagawa/index.html

②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する
収集日までに品川区内の「有料ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店や、スーパーやコン
ビニエンスストア、品川区清掃事務所で購入してください。

処理券にはA券(1枚200円)とB券(1枚300円)の2種類があります。購入後、氏名欄に予約した収集日と氏名を記載し、ソファのよく見える位置に貼ります。この時に処理券が重ならないように並べて貼りましょう。

また、品川区発行の処理券のみが有効ですので隣の区で購入した処理券は使用できません。

取扱店一覧

また、以前に購入したものの使いきれず余ってしまった旧券(平成25年10月改定と記載されているもの)をお持ちの場合は、品川清掃事務所 品川庁舎と荏原庁舎の2か所の窓口で差額分を支払うことで同一券種、同一枚数の新券と交換できます。
品川庁舎 TEL3490-7051 東京都品川区大崎1-14-1
荏原庁舎 TEL3786-6552 東京都品川区平塚1-10-11

③指定場所に出す
予約した収集日の午前8時までに指定されている自宅の玄関前やマンション専用の置き場に出しておきます。指定されている場所は地域やマンションなどによって異なりますので、事前に確認しておきます。

収集予定のソファは、いたずらや火災事故防止のため収集日当日に出します。

料金

品川区のソファの処分料金は600円です。最大辺の長さは関係なく、1人掛けか2人掛け以上かで変わります。以下の料金分の処理券を購入して納付します。金額分の処理券が貼られていないと収集されませんので気を付けましょう

【品川区のソファ収集料金】
1人掛け 600円
2人掛け以上 1400円

1-3. ソファを持ち込み処分する

品川では区民の方に限り持ち込み処分が可能です。戸別収集と同じく、粗大ごみとして出せる大きさの規定が180cmもしくは200cmまでとなっています。規定を超える場合、確実に持ち込みたいのであれば180cm以下に解体した方が良いです。

持ち込み時間は午前9時から午後4時までの7時間です。

持ち込み処分料金は300~700円で、この方法が品川区で最も安くソファを処分できます。しかし、運搬を業者に頼むことができないので自分で運搬と荷下ろしをする必要があります。また持込可能なのは日曜日のみです。

持込までかかる期間は最短で申し込みした週の日曜日になりますが、申し込み状況によって翌週の日曜日になる場合もあります。

労力がかかるというデメリットがありますが、最も費用が安い処分方法なので自家用車などの運搬手段や手伝ってくれる人に心当たりがある方にはおすすめです。

持ち込んだソファの状態次第では手入れをして、NPOエコタウンしながわが運営するリサイクルショップ「リボン」で販売することがあります。

手順

①収集予約をする

【予約先】
名称 品川区粗大ごみ受付センター
電話受付 03-5715-1122
月~土曜日《祝日含む》午前8時~午後9時
日曜日および12月29日~1月3日は受けていません
インターネット受付 https://www2.sodai-web.jp/shinagawa/index.html

②「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する
戸別収集と同じく収集日までに品川区内の「有料ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店や、スーパーやコンビニエンスストア、品川区清掃事務所で購入してください。品川区発行の処理券でなければ受け付けてもらえないので気を付けましょう。

③指定された持込場所へ持ち込む
品川区から排出された粗大ごみであることを確認するために区内住所と氏名がわかる免許証などの身分証明書を持参する必要があります。また、持ち込みは申込者本人か申込者と同一世帯の方に限ります。

【品川区の持ち込み施設】
名称 品川区資源化センター
住所 東京都品川区八潮1丁目4-1
電話番号 03-5715-1122
持ち込み可能日時 毎週日曜日の朝9時~夕方4時まで

料金

品川区でソファの持ち込み処分にかかる費用は1人掛けなら300円、2人掛け以上なら700円と戸別収集の半額になります。本記事で紹介する確実な処分方法の中で最も安く処分できる方法になります。こちらも戸別収集の時と同じく、よく見える場所に重ならないように並べて貼りましょう。

【ソファの持ち込み処分料金目安】
1人掛け 300円
2人掛け 700円

ソファを持ち込み処分時の注意事項

・ソファは重量物なので二人掛け以上のソファを運搬し荷下ろしする際には、安全のため2人以上で持ち込みましょう。

・品川区の粗大ごみ持込場所は首都高湾岸線入り口近くになります。交通量の多い場所なので自家用車などでの運搬は交通法規を守り、事故に気を付けましょう。

・2020年10月23日現在、品川区資源化センターへのご案内地図の北部陸橋(首都高速の標識の交差点)が工事中のため令和3年1月31日まで右折できません。北部陸橋の交差点を一旦左折して大きく右折する必要があります。

品川区の処理手数料の減免制度

品川区では特別児童扶養手当を受けている世帯に対して粗大ごみ処理手数料の免除が設けられています。

申請により粗大ごみの収集にかかる手数料が免除されるので、粗大ごみ受付センターへ申し込みをする際に、特別児童扶養手当を受給していると伝えます。

申請すると後日、粗大ごみ受付センターから手数料減免申請書が送付されます。手数料減免申請書と手当受給証書等を持参し、品川区清掃事務所品川庁舎または荏原庁舎窓口で申請手続きをしてください。

【対象者】
・特別児童扶養手当を受けている世帯

生活保護法による各種援助を受けている世帯、児童扶養手当を受けている世帯にも同じ内容の制度があります。該当の方は下記の問い合わせ先に問い合わせましょう。

品川区清掃事務所 品川庁舎 TEL3490-7051
品川区清掃事務所 荏原庁舎 TEL3786-6552

2. 品川区でソファを不用品回収業者で処分する

ソファの処分を不用品回収業者に依頼する方法もあり、最も早くて簡単な方法です。

家まで取りに来てくれる点は戸別収集と同じですが、不用品回収業者は室内から運び出してくれる点が大きく違います。ここからは料金・日数・手間・安全面でソファを粗大ゴミとして処分する場合と比較します。

手順

不用品回収業者にソファの回収を依頼し、訪問見積もり日や回収日、料金を確認します。スケジュールや料金に納得できれば回収予約をし、回収日に不用品回収業者スタッフに引き取ってもらい、料金を支払います。

室内から搬出し、トラックに積み込み、処分してくれるので依頼者がすることは電話と料金の支払いのみです。

品川区の不用品回収業者

3.不用品回業者と品川区での持ち込み処分・戸別収集を比較

3-1.料金で比較

不用品回収業者を利用した時の料金は出張料金3000円とソファの処分料金5000円の合計8000~12000円程度です。

粗大ごみ収集の料金600円と比較すると13倍以上の費用がかかりますので、費用を抑えたい場合は品川区の粗大ゴミ収集や持ち込み処分を利用した方が安いです。

3-2.回収日数で比較

戸別収集は申し込みから収集まで約2週間かかります。持ち込み処分は空きがあれば申し込みした週の日曜日に持ち込めますが、申し込み状況次第では翌週の日曜日になることもあります。

一方で不用品回収業者は依頼から即日の回収可能な場合があります。空いた時間に素早くソファを処分したい場合は不用品回収業者を利用する方が便利です。

3-2.簡単さで比較

品川区の戸別収集では地域やマンションによって決められた粗大ゴミ集積所までソファを運び出さなければいけません。不用品回収業者は家の中から運び出し、トラックへの積み込みも行ってくれます。

特にマンションの2階以上に住んでいる時や一人暮らしの方は不用品回収業者を利用する価値があります。また、不用品回収業者の料金には処分料金も含まれているので、粗大ごみ処理券を買いに行く必要もありません。

2階にあるソファの処分で比較

戸建て、集合住宅に関わらず2階以上に設置してあるソファの処分方法に悩む方には不用品回収業者を利用した方が安全です。
不用品回収業者は戸建ての2階に設置してあるソファを回収する時には階段に養生をし、室内の壁や床が傷つかないようにします。階段を通るのが難しい時には2階のベランダから吊り作業をして運び出します。

品川区の粗大ごみ収集では2階にあっても自身で家から集積所まで搬出しなければならないので、搬出時に壁や床を傷つける恐れもあります。

信頼できる不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の中には悪徳業者も存在します。悪徳業者とは関わらないことが一番のトラブル回避方法です。ReLIFEが審査した不用品回収業者をご紹介していますので、右下のチャットからお気軽に「品川区のソファ処分方法」とご相談ください。

信頼できる不用品回収業者の選び方」では不用品回収業者の選び方をご紹介しています。

品川区の不用品回収業者を探す

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

4.ソファを買取処分する

リサイクルショップや買取業者、不用品回収業者ではソファの買取も行っています。買取り対処のソファだった時は買取金額と回収料金や出張手数料が相殺されることもあります。

品川区の戸別収集ではソファの買取はしていないので、処分したいソファが買取り対象だった場合には利用する価値があります。

4-1.買取対象のソファ

買取対象になるソファは合成皮革製だと製造から3年以内、本革・布製だと5年以内で、ブランド品で状態が良いものに限られます。

例えば、カッシーナ、アルフレックス、B&B italia、IDC大塚家具、カリモクなど専門店でしか購入できず、販売価格が10万円以上するソファです。反対に、ニトリやIKEAなど工場で大量生産される組み立て式の家具など販売価格が10万円以下のソファは買い取られないことが多いです。

例外もあり、10万円以下のソファでも未使用品であれば買い取られることもありますし、ブランドのソファでも汚れや臭いがひどいソファの買取は断られることが多いです。

4-2.ソファの買取相場

ノーブランドのソファの買取相場は500円から2,000円で、人気ブランドの場合は1万円〜60万円程度です。

5.品川区でソファは無料で処分できる?

5-1.解体して可燃ごみ・不燃ごみとして処分

品川区では30cm以下に解体できるのであれば可燃もしくは不燃ごみとして出せます。ただし、解体したごみを1度に出してしまうと収集されないので、出すときは小分けにしたものを数日にわたって出す必要があります。

しかし、この方法は品川区としては禁止してはいないが推奨しておらず、ソファは金属部品が使われていることが多いので、危険で手間もかかるこの方法はおすすめしません。

その他には品川区が毎月1日に発行するリサイクル情報誌「くるくる」で、品川区内在住の方を対象とした個人間譲渡があります。

5-2.譲って処分する

「くるくる」では不用品を譲りたい方と、譲ってほしい方がそれぞれの要望を掲載できます。譲渡したい物品と共に町名のみの住所と連絡先電話番号、苗字のみの記載が必要です。

掲載後うまくマッチングし、個人間譲渡の交渉が成立した場合は成立した旨、品川区清掃事務所リサイクル推進係までご連絡します。ただし、行政は個人間での紛争には一切責任を負わないので注意が必要です。

この方法はうまくいけば無料で処分できる場合もありますが、個人間での譲渡はトラブルが起きる可能性もあり、確実な処分方法ではないのでおすすめできません。

その他にはNPOエコタウンしながわが運営するリサイクルショップ「リボン」に委託販売を依頼する方法もあります。「リボン」は旗の台店と大井町店の2店舗あるのですが、家具の取り扱っているのは大井町店のみとなっています。

この方法は高さ180cm幅120cmまでの家具を自身で持ち込むことができる、18歳以上の方が利用できます。
初めて利用される方はまず「リボン」大井町店へ行き、利用登録をします。その際に免許証や保険証などの住所と氏名が確認できる身分証明書が必要になります。

委託できる数の上限はソファなどの大型家具の場合、3点程度までとなっています。また販売価格は上限3万円までで、価格は販売員との相談によって決めます。

出品が成立した場合は4週間、商品として店頭で展示されます。展示期間中に売買が成立すれば、販売価格から42%を販売手数料として「リボン」に支払います。そしてその差額の58%が利用者に支払われます。

委託販売は出品時に1点につき100円~500円の手数料と品川区が定める粗大ごみの処分費用と同程度、1人掛けソファの場合だと600円程の保証金がかかります。手数料と保証金は出品物の大きさで変わります。ただし、明確な基準ではなく、ざっくりとした大きさによって判断されるので多少の増減があります。

展示期間中に売れなかった場合、出品物を自身で引き取るのであれば保証金は返還されますが、自身で引き取らず処分を委託するのであれば、保証金から処分費用が支払われることになります。

あくまで販売を目的としているので、ソファの状態次第では出品を断られる可能性もあります。

したがってこの方法も確実な処分方法ではないのでおすすめできません。

名称 リサイクルショップ リボン 大洗店
電話番号 03-5742-6933
住所 品川区広町2-1-36第三庁舎2階
営業時間 午前10時~午後5時30分
定休日 ・毎週土曜日 ・12月30日~1月4日 ・お盆(8月)

6.ソファはニトリ・無印良品で引き取ってもらえる?

ソファの引き取りサービスを行っているニトリや無印良品などの家具店もあります。それぞれに引き取りには条件が決まっていますが、当てはまる状況であれば便利なサービスです。
引き取りを行っている家具店と条件、内容をご紹介します。

ニトリのソファ回収

ニトリでは「配送員設置商品」を購入したときは1回の配送につき3,000円(税別)で引き取りを行っています。

引取りできる家具は、ニトリ製品以外も受け入れてくれますが、購入した商品と同数量もしくは同容量までの物に限定されるので、同じサイズのソファを買い替える時には有効な手段です。

注意事項

ニトリでは配送先以外から引き取りはできませんし、引き取ったソファを別の住所へ転送するサービスは行っていません。引き取りには配送者側に事前に準備が必要なので、配送日の4日前までに依頼します。

また、引取サービス利用する時には午前中指定ができません。

無印良品のソファ回収

無印良品では配送する家具を購入した時に限り、購入商品と「同種」かつ「同数」の不用品の搬出作業や引き取りを1点につき3,000円で引き受けてくれます。

ネットストアでの注文でショッピングカートに「引き取り」のチェックができる商品に限ります。

注意事項

2.5人掛け以上のソファや電動ソファなどは、吊下げ搬出には対応していませんし、引き取り作業をスムーズに行うため、組み立て式のソファは事前に解体しないと引き取ってくれないので事前に確認します。

開梱設置、組み立てサービス等の作業が発生する商品のご注文時のみ、引き取りを承ります。

ソファの回収ができる家具店

ニトリや無印良品以外にもソファを引き取りしてくれる家具店をご紹介します。

ディノス

通信販売のディノスでは購入した商品と同等・同数の品を引き取りしています。
商品のご注文時に無料引き取りを選択することが条件で、注文時以降は対応できませんし、日時指定も出来なくなります。

配送と同時に古いソファを交換する形で引き取ってくれるのでディノスでソファを買い替える方には便利なソファの処分方法です。

まとめ

品川区におけるソファの処分方法をご紹介しました。

2020年10月23日現在、品川区の自治体でソファを処分する方法は区が行う戸別収集と品川区資源化センターへの持ち込処分があります。その他には不用品回収業者による回収、売却もしくは販売店での下取りか引き取りがあります。

この中で最も安い処分方法は持ち込み処分で、最も簡単に早く処分できるのは不用品回収業者を利用することです。

不用品回収業者を利用する場合は、業者によって早朝や夜間の回収に対応している所もあります。数社から見積もりを貰うことでより自身のニーズに合った選択が可能です。

販売店での下取りや引き取りは本記事で紹介した販売店以外でも下取り可能な場合もあるので、ソファを買い替え予定であるのなら購入予定の販売店へ問い合わせてみましょう。

時間に余裕があり、費用を抑えたい方は戸別収集や持ち込み処分を利用し、時間をかけずに簡単に処分をしたい方なら不用品回収業者を利用する。また、ソファを新しく買い替えるのであれば販売店での下取りや引き取りを利用するなど、ご自身のライフスタイルに合った処分方法を選ぶことをおすすめします。

ソファ,処分,東京

ソファ,処分,品川区

ソファ,処分,品川区

粗大ゴミの処分

品川区での粗大ゴミの処分方法は以下のページをご覧ください。
粗大ゴミテレビエアコン冷蔵庫洗濯機ベッドタンス学習机マッサージチェア仏壇

粗大ゴミ回収の口コミ

リライフ東京で粗大ゴミ回収のご依頼いただきましたお客様からの口コミを掲載しています。
婚礼家具金庫学習机マッサージチェア冷蔵庫洗濯機ベッドタンス仏壇

品川区のおすすめ不用品回収業者

品川区のおすすめ遺品整理業者



【監修】遺品整理士協会認定 遺品整理士
片山 万紀子

祖父の遺品整理をきっかけに遺品整理や不用品回収に興味を持ち、遺品整理士協会認定・遺品整理士の資格を取得。ReLIFE(リライフ)のディレクターをする傍ら、年間600件以上の遺品整理に携わる。遺品整理を通して「ありがとう」という言葉をいただけること仕事のやりがいとしています。