tel

豆知識

不用品回収

中野区でベッド・マットレスを処分する方法-最安値は1200円・不用品回収・買取・無料処分はできる?

マットレスの寿命は長くても10年程度と言われています。
毎日使用し、コップ1杯の汗を吸収しているにもかかわらずクリーニングは専門業者でなければできないので、定期的に買い替えが必要な家具の一つです。

10年に1度しか捨てる機会がないので、処分方法に迷う方も多いのではないでしょうか。

この記事を読むと、中野区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

中野区でベッド・マットレスは粗大ごみ

中野区では、ベッドもマットレスも粗大ごみに分類されます。

中野区では高さ・幅・奥行きのいずれか1辺の長さが30㎝を超える家具や家電製品は粗大ごみになります。ベッドは幅や奥行きなど30㎝は超えているので、粗大ごみとして扱われます。

【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

事業活動(会社・商店)から出るベッドは事業ゴミに分類され、中野区の戸別収集は利用できませんので、サロンやマッサージ店から出されるベッドやマットレスの処分時には産業廃棄物収集運搬業者や不用品回収業者を利用して廃棄処分します。

中野区の不用品回収業者

中野区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する方法

手順

① インターネット又は電話で粗大ごみ収集の受付をする。
「中野区粗大ごみ受付センター」

【インターネット受付】
https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13114/0
・受付時間:24時間・毎日
・パソコン、携帯、スマートフォンから受付可能

【電話受付】
03-5715-2255
・営業日:(月)~(土) ※年末年始除く
・営業時間:8:00~19:00
・多言語対応(英語、中国語、韓国語、朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)

② 「有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する
中野区の「有料粗大ごみ処理券」をコンビニやスーパーなど粗大ごみ処理券取扱店で必要枚数分購入します。「有料粗大ごみ処理券」は処理券A 200円、処理券B 300円2種類あるので、必要料金になるように組み合わせます。

粗大ゴミ処理券には必要事項を記入し、ベッドやマットレスのよく見える位置に貼ります。

③指定場所に出す
予約した収集日の朝8時までに指定された収集所にベッドやマットレスを出します。粗大ゴミの集積所は地域やマンションによって異なりますので事前に確認します。

料金

ベッド料金表

シングル 1200円
セミダブル・ダブル・クイーン・キング 2000円
二段ベッド(梯子を含む) 2400円
ベビーベッド 800円
ソファーベッド 2000円
サマーベッド 400円
ベッド棚・ベッド板 400円

マットレス料金表

シングル(スプリング入) 1200円
ダブル(スプリング入) 2000円
ベビーベッド用 400円

注意事項

インターネットでの受付では10点までですが、電話受付では特に制限はありません。

中野区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

中野区ではベッドやマットレスの持ち込み処分は受け入れていません。
戸別収集や以下で紹介する方法で処分します。

不用品回収業者に引き取ってもらう

引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者にお任せできます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

中野区には不用品回収業者が20社ほどあり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

中野区の不用品回収業者

中野区でベッドを買取

中野区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

中野区でベッド・マットレスを無料処分する方法

中野区ではのこぎりやなたの使用で解体が可能で小さくできるものは可燃ごみもしくは不燃ごみとしての処分が可能ですが、ケガの危険もありますし、時間と手間がかかるのでおすすめできない方法です。

リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

中野区でベッド・マットレスを処分する方法のまとめ

中野区でベッド・マットレスを処分する方法をご紹介しました。
中野区では持ち込み処分を受け入れていないので、戸別収集を利用するのが最も安く廃棄処分できる方法です。2020年10月19日現在、収集申し込みから収集日までは1か月以上期間が空くことがあります。引越しや買い替えですぐにでも廃棄処分したい時には不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

ベッドやマットレスはその大きさから郵送が難しいですし、衛生面からは買い手が見つかりにくいので、無料で処分できる可能性は少ないです。

状況や予算から最も自分に合った方法を選ぶと後悔がありません。