tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

目黒区でベッド・マットレスを処分する方法-最安値は1000円・買取・無料処分はできる?

ベッドを処分する機会は10年に1回程度しかありません。そのため、ベッドの処分が必要な時に粗大ゴミだということは分かっていてもどこに出せばいいのか、料金はいくらなのか、室内から持ち出しをしてくれるのかなど小さな疑問が出てくるのではないでしょうか。

目黒区のベッドの処分方法には決まりがあり、守らなければベッドを捨てることができません。

この記事を読むと、目黒区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

目黒区でベッド・マットレスは粗大ゴミで処分する

目黒区,ベッド,処分
目黒区ではベッドやマットレスは粗大ゴミに分類されます。

目黒区ではゴミの大きさによって粗大ゴミに分けられ、1辺の長さが30cmを超えるものは粗大ゴミになるので、ベビーベッドも粗大ゴミになります。

参考:【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

目黒区でベッド・マットレスを処分する方法

目黒区の自治体では粗大ゴミの処分方法は戸別収集のみで持ち込み処分は受け入れていません。
戸別収集を利用することが目黒区で一番安くベッドを処分できる方法です。ただし、収集予定件数が多い場合には、希望日に収集してもらえないこともあります。時間に余裕のある方におすすめの処分方法です。

目黒区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する

手順
目黒区,ベッド,処分
1.収集予約をする
粗大ゴミの収集予約を電話、インターネットから粗大ごみ受付センターへ申し込みます。
電話の場合、月曜日の午前中と火曜日の午前中は「電話がつながりにくい」場合がありますので、他の曜日や時間帯にかけるか、24時間受付可能なインターネット申し込みを利用すると便利です。

【インターネット受付】

名称 粗大ごみ受付センター
URL https://www2.sodai-web.jp/meguro/index.html
受付時間 24時間

【電話受付】

名称 粗大ゴミ受付センター
電話番号 03-5715-0053
受付日時 月曜日~土曜日(祝日を含む) 8:00~19:00
※日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)はお休み

2.粗大ごみ処理券を購入する
申込時に確認した粗大ごみ処理券を目黒区内のスーパー、商店、コンビニで購入し、手数料を納めます。
粗大ごみ処理券に収集日と氏名又は受付番号を記入し、ベッドやマットレスのよく見える位置に貼ります。
粗大ごみ処理券取扱店一覧

処理券記入例
記入例

3.収集日に搬出する
予約した収集日の朝8時までに指定場所にベッドやマットレスを運び出します。
立ち会いは不要です。粗大ごみは地域ごとに収集曜日が決まっています。
収集日前日であれば収集予定時間の確認ができますので、清掃事業所(03-3719-5345)へ連絡しましょう。

収集曜日一覧表

曜日 地域
月曜日 柿の木坂、八雲、東が丘、自由が丘、緑が丘
火曜日 中根、平町、大岡山、碑文谷、鷹番
水曜日 南、洗足、原町、目黒本町、中央町
木曜日 中町、下目黒、目黒、三田
金曜日 中目黒、上目黒二丁目から四丁目、祐天寺、五本木
土曜日 駒場、大橋、青葉台、東山、上目黒一丁目、五丁目

料金
目黒区,ベッド,処分
目黒区ではベッド、マットレスそれぞれに処理手数料がかかります。
ベッドは種類、大きさによって料金が違います。
マットレスはスプリングの有り、無し、マットレスの厚さによって料金が異なります。
サイズを確認してから申し込みをしましょう。

ベッド料金表

シングルベッド 1,000円
セミダブル・ダブル・クイーン・キングベッド 1,700円
2段ベッド(はしごを含む) 2,000円
パイプベッド 1,000円
ソファーベッド 1,700円
ベビーベッド 600円

マットレス料金表

マットレス(スプリング有) 1,000円
マットレス(スプリング無)
厚さ10cm以下
10㎝以上はスプリング有と同じ扱いになります
300円
ベビーベッド用マットレス 300円

目黒区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

目黒区ではベッドやマットレスを含め、粗大ゴミの持ち込み処分を行っていません
戸別収集を利用するか不用品回収業者に依頼して処分しましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

目黒区,ソファ,処分
引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり、外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者にお任せできます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

目黒区を対応エリアにした不用品回収業者は50社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

目黒区でベッドを買取

目黒区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

目黒区,ソファ,処分
リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。

目黒区でベッド・マットレスを無料処分する方法

目黒区ではベッドやマットレスを分解、解体して燃えるゴミや燃えないゴミとして処分することを明確には禁止していません。

ただし、ベッドのフレーム部分を30cm以下にするにはのこぎりなど工具を用意しなければならず、すべてを解体するまでには時間がかかります。安全性の面からもおすすめできない方法です。そのため自治体のゴミとしてソファを無料処分することは難しいです。

リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

目黒区でベッドを処分する方法のまとめ

目黒区ではベッドやマットレスの戸別収集を行っており、1000円程度でしょぶんすることができます。2020年10月28日現在、新型コロナウィルス感染症予防のため粗大ごみ受付のオペレーターを減らしているので、電話受付は繋がりにくくなっています。インターネットから申し込むとスムーズに収集予約ができます。

戸別収集は安い反面申し込みから収集までに2週間以上時間がかかります。
引越しや買い替えで期日が迫っているときには、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。料金は戸別収集と比べ4倍以上ですが、自身の都合の良い時に引き取りに来てくれ、処分手続きまで全て代行してくれるため手間がかかりません。

目黒区の不用品回収業者