tel

豆知識

リノベーション

リノベーション無しでも出来る!間仕切りのアイデアをご紹介

リノベーションを考えるとき、最初に考えるべきことは部屋のつくりです。どんな部屋にしたいかをイメージして、今の部屋のどこをどう変えれば理想の部屋にできるかを考えます。間取りによって理想の部屋を作れるかどうかも変わってきます。しかし、部屋数や間取りを変えるリノベーションは大掛かりになってしまい、期間も長くかかります。本記事は、リノベーションをしなくても出来る、間仕切りのアイデアについて解説します。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデア

リノベーションで理想の部屋を作るために、間仕切りを考えることで作り変える幅が広がります。たとえば、ワンルームの部屋でも間仕切りの仕方によって部屋が1つ増えたかのようなつくりにすることが可能です。家具やカーテン、パーテーションなどを使った様々なアイデアがあるので、今回はその一部を紹介します。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデア①家具を使った間仕切り

家具を使った間仕切りとは、棚、テーブル、ソファなどを使って仕切りを作るアイデアです。このアイデアは、部屋の角においてあるような大きめの家具を間仕切りに使うことで、リノベーションの幅を広げることができるので、非常に汎用性の高いアイデアです。

棚を使った間仕切りは、ワンルームの部屋との相性が非常に良いです。ベッドの横側や足側、頭側に棚を置いて、まるでベッドルームかのようなつくりにすることができます。棚を使って間仕切りすると部屋が狭く感じてしまうという場合は、オープンラックなどを使うと、部屋に開放感を作り出しながら間仕切りすることができるのでオススメです。

テーブルを使った間仕切りは、小さなものでも大きなものでも空間を仕切るのに優れていて、小さいサイドテーブルのようなものでは空間をやんわりと切り分けることができ、大きいテーブルやデスクなら空間をしっかりと分けることができます。

ソファを使った間仕切りは、「ゾーニング」と呼ばれる空間の切り分けを可能にします。ゾーニングとは空間をしっかりと切り分けるのではなく、緩やかに区切りをつけるので部屋を広く感じさせる効果があります。

このように、様々な家具を利用して間仕切りをすることができるので、今ある家具を活用する間仕切りのアイデアを、自分なりに考えてみるのも良いでしょう。家具の配置を変えるだけでもリノベーションのイメージの幅が広がるので、すぐに実践してみましょう。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデア②カーテンを使った間仕切り

カーテンを使った間仕切りは、様々なタイプの部屋で活用できます。広い部屋はもちろん、狭い部屋でもカーテンを開くことで開放感を生むことができるので、気分次第でいつでも仕切り方を変更することができます。

たとえば、ワンルームの部屋でベッドとそれ以外の空間を切り分けたいときは、カーテンを利用することでやんわりと切り分けることができます。壁で仕切られているよりも優しい印象を与えてくれるので、寝室にはもってこいのリノベーションです。

他にも、椅子などを置いてコーヒーを飲んだり読書をしたりと、落ち着きたいスペースを作る場合に、カーテンを使ってそのスペースを囲ってあげると、普段の生活から抜け出したような感覚になり、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

部屋の中に付けるカーテンはインテリア的な要素もあるので、活用の仕方次第で自分好みのおしゃれな空間を作り出すことを可能にします。ホームセンターには様々な模様のカーテンが売っているので、リノベーションのイメージを膨らませるために行ってみるのも良いでしょう。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデア③パーテーションを使った間仕切り

パーテーションとは、よくオフィスなどで見かける仕切りのことです。空間を仕切るために生まれたものなので間仕切りには適しており、活用方法も様々です。ゾーニングと違って空間をきっちりと切り分けるのもパーテーションの特徴です。

例えば、パーテーションを使って部屋を二つに切り分けるアイデアがあります。これは、きっちりと空間を分けてくれるので、部屋が1つ増えたような感覚になり、それぞれ別々の空間を作り出すことができます。寝室に利用したり、娯楽スペースと仕事スペースで分けたりしてメリハリを出すのに利用するのが良いでしょう。

また、和洋さまざまなデザインのパーテーションがあるので、どんな部屋にも活用しやすいです。空間をきっちりと切り分けるのが特徴だと説明しましたが、デザインによってはやんわりと空間を切り分けてくれるものもあり、特に和の雰囲気の部屋には、やんわりタイプのパーテーションが合います。

家具やカーテンなどを利用した間仕切りを考えるのが難しいという方は、パーテーションを利用した間仕切りを利用すると難易度が低いので、まずはパーテーションでの間仕切りを考えて、応用で家具やカーテンでの間仕切りを考えると良いでしょう。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデア④グリーンを使った間仕切り

観葉植物などのグリーンを使って間仕切りをすることで、程よく空間を切り分けることができ、さらにインテリアとしても活躍するので一石二鳥です。部屋の雰囲気ががらりと変わるので、自然が好きな人にはもってこいのアイデアですね。

また、観葉植物にはリラックス効果、空気清浄効果、加湿調整効果などの様々な効果があるので、観葉植物を使って間仕切りをすることは、生活空間を向上させるという意味でもリノベーションに最適なアイデアと言えます。家具やカーテンの間仕切りと合わせてみるのも良いでしょう。

リノベーション要らずの間仕切りのアイデ⑤DIYで作るパーテーションを使った間仕切り

上記でパーテーションを使った間仕切りの説明をしましたが、DIYで自分だけのオリジナルパーテーションを作って間仕切りに使用するということもできます。DIYなので、この世で一つだけのパーテーションとなり、この世で一つだけの空間を作り上げることが可能になります。

たとえば、市販のパーテーションを使ってDIYでオリジナルのパーテーションに作り替えるというアイデアがあります。一からパーテーションを作るのは大変だと思う方は、このアイデアを使ってオリジナリティを出すことができるのでオススメです。

他にも、ブックスタンドを取り付けてみたり、窓枠を作って開放感あるパーテーションにしてみたりなど、自分の理想の空間にするために様々なデザインのパーテーションを作ることがDIYならできます。飽きてもデザインを考え直して好きなように変更可能なので、気分や部屋に合わせて作ることもできます。生活空間が目的であるリノベーションの幅を増やすことのできるDIYは積極的に取り入れることが望ましいです。

リノベーションをしなくてもできる間仕切りを利用して理想の部屋を実現しよう

間仕切りを考えることは生活空間を向上させるための必須事項です。今回様々な間仕切りのアイデアを紹介しましたが、これらはほんの一部であり、ほかにもたくさんのアイデアが存在しています。

いろいろな人のアイデアを参考にして自分だけの部屋作りできるように、まずは間仕切りから考えてみると発想の幅が広がり、今よりも良い生活空間を作り出すことができるでしょう。最終的には、自分にとって理想の空間を作り出すことへのゴールとなります。