tel

豆知識

リノベーション

子育てがはかどるリノベーションアイデア集!子供が喜ぶ子供部屋のアイデアをご紹介

新たに家族が家をリノベーションして住むことを望んでいる時、一番気になることは奥深い関係にある「家と子育て」ではないでしょうか?

立地条件の良い場所の家を子供の将来を考えて、創意工夫をした家づくりを実現して輝きのある子育てをしていきましょう。

子育てがはかどるリノベーション?理想の子供部屋づくりとは

子供のプライバシーの権利を守りながら、家族が一番集まる時間が長いリビングを必ず通って子供部屋に行くことを重視した間取りになることをお勧めします。なぜなら一日数回は、家族と会話をしてお互いの考えていることを知って社会性を身に付けることや子供がどのような友達を連れてきているのか家族が見定め、子供に助言することができるからです。

また、子育てをしながらリノベーションした家に住むことを希望していることでの悩みが子供部屋だと言われています。なぜなら子供部屋を確保するとなると、夫妻の部屋とゲストルームがなくなってしまう可能性があることや、子供の人数に応じて子供部屋を作るのか両親の目が届くリビングで勉強させるのかなど、お互いのコミュニケーションについて考え抜いた結果新しい家をリノベーションすることが重要です。

子育てがはかどるリノベーションで成長に合わせて変化する子供部屋に

子供部屋づくりとは、子供の成長に合わせて自由自在に変化可能な部屋にしていき、子供の自立や人格形成が育まれていくための空間づくりです。家族が適度な心の距離感を保つことにより、家族のプライバシーを守って、好循環なコミュニケーションを生み出して良好な関係を築いていくための子供部屋づくりをお勧めします。

子育てがはかどるリノベーションで適切と言える子供部屋の広さ

適切な子供部屋の広さは、6畳から8畳だと言われています。しかし小学校入学当初は情緒が不安定で遊びが主流のため、学習に集中できる環境づくりができていない状況です。学校生活に馴染んでいく過程で、両親と子供がじっくり話し合ってどれくらいの広さであれば学習と遊びと掃除そして睡眠がバランス良くでき、毎日を快適に過ごすのかを家族のきずなを深めていきながら決めていきましょう。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方

両親と子供が話し合っていく中で、子供が好きな色も取り入れて部屋の世界観を決めていくことによって、子供も自分の部屋に愛着が芽生えて情緒が安定していくことでしょう。

そして子供の成長に合わせて調節することができて、長く使える机、椅子、ベッドなどの家具があるので幅広い視点から選んで用意しましょう。そして、両親の目が届かないところで怪我にならないためにも、できるだけ角のない丸みのある家具や生活に良いリズムを生み出す家具を選ぶことをお勧めします。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方①学習机の位置 

一般的に勉強に集中できる子供部屋を作るコツは、学習机の位置が大切だと言われています。学習机は、ドアに背を向けることがないように配置し、家族が一つになって暮らすことにより、お互いの五感を刺激し合って感性が豊かになる空間づくりをしていきましょう。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方②カーテンの選び方

カーテンの余命は10年と言われています。子供は、成長するので飽きやすいものではなく長い間使い続けるものを選ぶことが良いでしょう。そして「夜外から誰かに部屋をみられたくない、でも夜中真っ暗な状態でトイレに行くのもいや」と言う悩みを解決できるのが2級遮光カーテンをお勧めします。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方③子供部屋の仕切り方

子供が中学生から高校生のころになると、生活リズムが変わってくるので子供部屋の仕切りについて考えてみましょう。子供部屋の仕切り方については、いろいろな方法があります。

その中でも移動可能な家具を置くことによって、子供が独立して家を出た時などそのときどきに合わせて仕切ることができます。そして天井に下がり壁を造ったのちに吊りタイプの引き戸をつけることによる仕切り方やアコーディオン・カーテンは、子供部屋の仕切りとして10年ぐらい使い続けることができるので最適だと言われています。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方④子供部屋での収納について

子供が片付けから翌日の準備の仕組みが整った環境で、自立(自律)を助けられることを可能にするためには、動く距離が大きくならないように子供の生活スタイルに合わせて収納スペースを創意工夫していきましょう。

子育てがはかどるリノベーション後に考えたい家具の選び方⑤子供部屋のおしゃれとは

令和時代の教育で重視されていることは、問題解決能力、コミュニケーション能力、想像力(創造力)と言った能力です。これらはすべて日常生活・家庭環境の中で育っていく過程で身に付いていく能力です。周囲のことに気をつかいすぎて意欲低下を招いてしまうのではなく「自由に学習や楽器の演奏などができる空間づくり、変更することが可能な間取り」と言う視点でリノベーションを進めていくことが重要です。

子育てがはかどるリノベーションで快適な子供部屋を作ろう

「快適な子供部屋は何だろう」と考えた時、やはり「心が育まれる安らぎの部屋」に尽きることでしょう。年月を重ねて生きていくためには、一人で孤独に耐えて決断していく空間が必ず必要になってきます。まさに子供が人生の分岐点に近くなれば近くなるほど備えておくべき空間です。

家族が適度な心の距離感を保つことにより、家族のプライバシーを守って良好な人間関係を築いて家族の絆を深めていくことです。子供の成長に合わせて、自由自在に変化可能で自立と人格形成が育まれる子供部屋づくりをお勧めします。

そして理想の子供部屋とは、子供の成長に合わせて大人も成長していくことができる部屋づくりと言うことができるのです。子供が大人に気をつかい過ぎて意欲の低下を招いてしまわないように、家具の配置に気を配りましょう。なぜなら令和時代は、問題解決能力、コミュニケーション能力、想像力(創造力)と言った能力が求められています。

これらの能力すべては、家庭環境が「心の基地」になって日常生活・家庭環境の中で育まれていく過程で自然に身に付いていく能力です。部屋の色使いにも気を配ったり、好きな置物などを置いて愛着を芽生えさせ、お互いの五感を刺激し合って感性が豊かになる空間を目指して家族の絆を深めていく中で子供が巣立った後の子供部屋をどのように活用したらいいのかアイデアも湧き出てくるでしょう。

子供部屋を仕切りたい時など、複数のお店に行って最新の家具などを見ていると何を使って部屋を仕切ればいいのかヒントを見つけて、子供部屋の悩みを解決することにつながり少しでも理想の家づくりの実現に近づくことでしょう。

リノベーションとは、機能性などさまざまな部分で価値を生み出して高めることを言います。今まで述べてきたことをぜひ活かして、奥深い関係にある「家と子育て」について時間をかけてじっくり話し合いをしていく中で、キラリと光るアイデアやヒントが見つかり、リノベーションをして価値が高くなった理想の子供部屋の光景を目に焼き付ける日も遠くないことでしょう。