tel

豆知識

リノベーション

リノベーションを諦める?諦めてしまう理由やコストカットの方法を解説

自分のこだわりを実現するために、リノベーションをするという方もいます。しかし、費用がかかりすぎるので、こだわりを諦めなければならないという場面に遭遇することもあるでしょう。また、設計上、どうしても設備を入れられないこともあります。そこで、今回は諦めたくないという要望にお応えするために、こだわりを諦めずにリノベーションする方法をご紹介していきますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

リノベーションで諦める主な原因

基本的にこだわりを諦めて工事を開始してしまうという方も珍しくありません。では、どのようなことが原因で諦めてしまうのかチェックしていきましょう。

リノベーションを諦める原因①予算が原因でこだわりを諦める

リノベーションにはどうしても費用がかかります。特に、高価な床材やオリジナルの壁紙を使用すると、その分費用も多くなりがちです。リノベーションにこだわりを持っている方は使う内装材にもこだわりがあるという方が多いので、予算が原因でこだわりを断念しがちになります。

また、ただ費用が足りないから予算オーバーということだけではありません。ご家庭によってはリノベーションできる最大の金額が決まっていて家計を圧迫させてまでこだわりを押し通したくないという方も多いです。余裕を持ってリノベーションをしたいという方はこだわりよりも出費を抑えることを優先させます。

さらに、工事には追加費用が発生することも少なくありません。つまり、思わぬ出費です。例えば、断熱性が低いので断熱材を追加しなければならない、シロアリ対策が必要といったケースになります。このような追加費用が発生すると、こだわりの部分を諦めて追加費用のお金に補填してしまうという方も多いです。

リノベーションを諦める原因②物件選びが原因でこだわりを諦める

戸建住宅やマンションを購入して、リノベーションをし、自分好みの住宅にしてから住むというご家庭もたくさんいます。この場合、まずは物件を選ぶことからはじめることになりますが、そこで過ちを犯す方もいます。例えば、壁が構造体になっていて間取りの変更に制限が設けられるケースです。間取りにこだわりがあっても自由に変更できないことがあります。

また、床下や天井の空間が少ない住宅です。この部分の空間が不十分である場合、浴槽やキッチといった水回りを移動させることができません。そのため、水回りにこだわりがある人は注意が必要になるでしょう。

このように、物件で“できる・できない”があります。物件によってはこだわりを実現できなくなる可能性があるので、慎重に検討するといいでしょう。

リノベーションを諦める原因③業者選びを間違える

そのほかのケースとしては、業者と意思疎通ができておらず、諦めざる得ない場合です。業者選びをしっかりとしていないと納得するリノベーションができない可能性があります。業者によって分野の得意不得意がありますので、事前に確認して得意な業者を選択するようにしましょう。また、しっかりと内容を伝えて意思疎通を図る必要があります。

費用問題でリノベーションを諦めた人必見!おすすめコストカット術

さまざまな原因で諦めてしまう方がいますが、その中でも費用が原因で諦めるという人が多いのではないでしょうか。実は、コストカット術を知ることで諦めたくないこだわりを実現できる可能性があります。早速、コストカット術をチェックしていきましょう。

洗面所の扉をコストカット

洗面所の扉を設置しないことでコストカットができます。間取りによっても異なりますが、洗面所に扉がなくてもプライバシーが気にならないというご家庭もいるのではないでしょうか。扉を取り付けなければ、その分をコストカットできます。

コストカット以外の利点としては、オープンな洗面所になりますので、開閉の手間がなく簡単にお手洗いを済ませられます。また、見せたくないモノは洗面台の下に棚を設置し、そこに収納するというような工夫も可能になりますので、おすすめのアイディアです。

収納扉をコストカット

収納棚の扉を取り付けないことで、その分の材料費を削減することができます。キャスター式の収納ケースを使用すれば、モノを見せずに収納することが可能です。

お部屋のドアをつけない

お部屋のドアは費用がかさむ部分です。そのため、お部屋のドアをつけないことでコストカットができます。ドアがないことで、お店のような開かれた空間に大変身します。生活感を感じづらく、すっきりとした印象になるでしょう。

また、浴室や洗面室のドアもつけなければ、さらに開放感が増します。プライバシーが気になるという方は、カーテンなどを取り付けて仕切りを設けるといいでしょう。

市販の家具を取り付ける

本棚にこだわりを持つ方も多く、その部分だけは諦めたくないと思われている方もたくさんいます。しかし、オリジナルの本棚を設置しようと思うと造作工事になりますので、費用がかさみがちです。それでも諦めたくないという人は市販の家具を活用してみませんか?

造作工事よりも市販の家具を使うことで値段が下がり、大幅にコストカットできます。また、市販の本棚などの家具は種類が豊富で重厚感のある空間を作ったりすることも可能です。そのため、コストが気になる人は検討することをおすすめします。

IKEAの既成品を使う

家具にこだわりがある人は、そこにお金をたくさんかけてしまうため、予算オーバーになってしまう方も珍しくありません。しかし、諦めずにリノベーションする方法があります。それは、既成品を使いほかの部分をコストカットする方法です。

例えば、テレビボードなどは造作工事で用意して、収納棚にはIKEAの既成品を取り入れ、節約する方法もあります。そうすることで造作工事の家具を減らすことができるので、コストカットに繋げられる可能性があります。

壁の塗装は自分たちで行う

壁の塗装を自分で行うことでコスト削減になります。例えば、リビングの塗装などは、人に見られる部分ですし、住宅の中心部分になりますので、業者にお願いします。一方、トイレなどは見た目があまり気にならないので、ご家族で塗装を行うようにします。

諦めたくないこだわりは数年かけてリノベーションする

諦めたくないこだわりを1度のリノベーションでやり遂げたいと思う気持ちはわかります。しかし、どれだけコスト削減を行ったとしても諦めたくない部分をどうしても諦めざる得ないことになる方もいるでしょう。そのような人は数年かけてリノベーションをし、理想に近づけてみてはいかがでしょうか。

例えば、1年目はキッチン、来年は浴室、再来年はリビングというように、わけて行うことも可能です。そうすることで、1度にかかる費用が少ないので、無理せずに予算内でリノベーションすることができます。また、その部分にお金をたくさんかけられるので、諦めたくないこだわりを実現できる可能性が高くなるでしょう。

リノベーションを諦める必要はありません!費用節約と計画性で理想の住まいを手に入れよう

せっかくリノベーションをするなら、こだわりのある部分は諦めたくないという方が多いでしょう。諦めてしまうと理想の家から遠ざかってしまいます。もし、予算に原因がある場合、コストカットをしたり、数年かけてリノベーションしたりすることをおすすめします。また、構造上、リノベーションができないのなら、業者に相談するといいでしょう。