tel

豆知識

ReLIFE

リノベーション

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズさせよう!成功させる秘訣も一緒にご紹介

賃貸物件をリノベーションして、入居者により良い暮らしを提供したいと思われている方もいるのではないでしょうか。実際に、古い物件を購入し、カスタマイズ後に賃貸物件として貸し出す方もいます。それほど、リノベーションは多くの賃貸物件に取り入られているのです。そこで、今回は、賃貸物件をリノベーションするメリットや注意点、カスタマイズを成功させる秘訣をご紹介しますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリットとは?

そのままの状態で貸し出すよりも、カスタマイズをしたほうがメリットは多いです。具体的にどのようなメリットを得られるのかチェックしていきましょう。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリット①デザイン性に優れた物件を提供できる

基本的に、リノベーションをする場合、デザインにこだわりをもってカスタマイズするという方が多いです。例えば、デザイナーズ物件のように、オシャレ感たっぷりのお部屋にしてみたり、個性的な外観にしたりすることもできます。そのため、見た目を重視したいという入居者に適した物件を提供できるでしょう。

デザイン性がアップすることで、ほかの物件と差別化を図ることができます。また、見た目がよくなりますので、入居したいという方が増えたり、相場より高い家賃でも借りてくれたりするでしょう。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリット②新築に近い状態で提供できる

リノベーションの内容によっても異なりますが、大規模改装する場合、床や壁などが新しくなります。つまり、新築同様の状態に生まれ変わるのです。綺麗な状態で貸し出すことができるため、入居率アップを狙うことができるでしょう。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリット③築年数を活かした物件を貸し出せる!

カスタマイズを検討している方の中には、物件がずいぶん古いという方もいるのではないでしょうか。もし、そのような物件を持っている方なら、古き良き部分を残したリノベーションが可能です。例えば、古民家らしさを残しつつ、キッチンなどには最新設備を入れることで、古いお家でありながら住みやすい住居を実現することができます。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリット④工期が短い

工期が短く済ませられるという点はメリットです。工期が長いとその間、物件を貸し出すことができませんので、家賃収入を得られなくなります。基本的にオーナーはそのお金で生活しているので、困ってしまうという方も多いでしょう。特に、新築物件を購入してから貸し出すという場合、工期が4〜5ヶ月程度かかりますので、影響が大きくなります。

一方、リノベーションは規模によっても変化しますが、新築物件を建てるよりも工期が短いです。例えば、フローリングの変更のみならば、3日間程度で完成します。また、キッチンを入れ替えるだけなら、2日間で済ませられるでしょう。工期が短く家賃収入に影響を与えないので、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすることのメリット⑤間取りをカスタマイズして提供することも可能

間取りをカスタマイズできることもメリットです。間取りは住む人にとってとても重要な部分になります。間取りが悪いと、動線が原因で家事の負担が大きくなったり、子育てしづらかったりするでしょう。実際に、間取りが原因で入居してくれる人が増えないという方もいるのではないでしょうか。

リノベーションでは、間取りを変更することも可能です。例えば、リビングをカスタマイズして広くしたり、壁を作ってお部屋を1つ増やしたりすることができます。間取りの悩みを解消できるので魅力的です。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズする時の注意点について

リノベーション賃貸物件にはメリットだけでなく、注意点もあります。そのため、今ある物件をカスタマイズしたいという方はチェックしてください。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズする時の注意点①電気容量を変えることはできない

賃貸物件がマンションで築年数が長い方は、電気容量の変更ができません。また、30A以下というケースが多いので、リノベーションしても大家族への貸し出しはできない可能性があります。しかし、一軒家の場合は、電気容量を変更することができますので、気にする必要はありません。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズする時の注意点②耐震性に注意しよう

中古物件を購入し、カスタマイズしてから賃貸物件として運用したいという方もいるでしょう。そのような方は耐震性に気を配ったほうがいいです。特に、築年数が古い物件は耐震基準を満たしていないものも多いため、注意が必要になります。もし、満たないなら、耐震工事をすることで解決することできるでしょう。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズする時の注意点③配管工事できないこともある

築年数が長いと配管を交換できないことがあります。例えば、下水や水回りを変更するとき、物件によっては基礎部分からの工事が必要です。基礎工事から行うとなると、新築が建つぐらいの値段がかかってしまいます。そのため、ほかの部分はリノベーションできても、配管部分は諦めなければならないというケースもありますので、確認しておくといいでしょう。

賃貸物件のリノベーションカスタマイズを成功させるコツ

せっかく賃貸物件をカスタマイズさせるなら、成功させたいと思われる方も多いのではないでしょうか。ここでは、成功させるためのコツをご紹介していきますので、失敗したくないという方はチェックしてください。

賃貸物件のリノベーションカスタマイズを成功させるコツ①流行の間取りにカスタマイズする

物件を借りる人がもっとも重要視する部分は、間取りといっても過言ではありません。実際に、間取りを検索して賃貸物件を選ぶという方も少なくないのです。住む人にとって重要になりますので、流行りの間取りにカスタマイズすれば、リノベーションを成功させることができるでしょう。

トレンドの間取りにするためには、リビングを広げましょう。広いリビングに憧れを持つ方も多く、狭いものよりも人気があります。また、トイレも同様です。広いトイレが好まれますので、できるだけ大きくしたほうがいいでしょう。

収納を増やすのもポイントです。元々収納が付いているお家は、収納棚や食器棚などを買わなくて済みます。そのため、人気が高いです。また、収納スペースが豊富にあると室内をすっきりとさせることができるので、好まれる傾向にあるでしょう。

賃貸物件のリノベーションカスタマイズを成功させるコツ②動線を意識してリノベーションしよう

動線を意識することもカスタマイズのコツです。住みやすいお家を求める方も多いでしょう。動線が確保されていないと、動きづらいので暮らしやすさが欠けてしまいます。そのため、できるだけ使い勝手が良いようにカスタマイズするといいでしょう。

賃貸物件のリノベーションカスタマイズを成功させるコツ③最新設備を充実させる

現在では、家電製品の性能が格段に進化し、生活する上でなくてはならない存在になっています。特に最新家電は、家事を楽にしてくれるので便利です。そのため、最新家電を積極的に取り入れるようにしましょう。入居率もアップするので、リノベーション成功の秘訣のひとつといえるのではないでしょうか。

賃貸物件をリノベーションでカスタマイズすればいいことがたくさんある!

今回、リノベーション賃貸物件のメリットやカスタマイズ成功の秘訣についてお話しました。築年数が経過した物件は、見た目が古いので、なかなか借り手が見つからないというケースは多いです。しかし、リノベーションをすることで、見た目を大きく改善することができ、さらに現代の生活に合ったお家を作り上げることができます。借りてくれる人が増えるので、入居者がいないことに困っている賃貸物件オーナーは、物件のカスタマイズを検討してみてはいかがでしょうか。