tel

豆知識

リノベーション

リノベーションでの近隣トラブル?困る事と解決法

リノベーションをすることになったとき、近隣トラブルにならないように気を配るのが一般的です。リノベーションは住宅を工事することになるので、業者の人が出入りしたり、大きな音が出てしまったりします。そのため、近隣の方が困り事を抱きがちです。そこで、今回は、リノベーション中にありがちな近隣トラブルとそれを防ぐための方法をご紹介しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

リノベーション中に困る近隣トラブルのケース

では、実際にリノベーションをするとどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか?

リノベーション中に困る近隣トラブルのケース①工事車両による通行の妨げ

何をリノベーションするかによっても異なりますが、必ず工事車両が来ることになります。工事によっては、乗用車だけでなく、トラックなどの大型車両が必要というケースも珍しくありません。住宅街にさまざまな車両が入ってくるわけですから、近隣トラブルになりやすいです。

駐車位置が適切でないとご近所さんが困り事を抱くことになります。例えば、隣の家の駐車場の前に工事車両を停止させてしまうと邪魔になります。また、駐車禁止エリアは道路交通法に違反しますので、必ず駐車してはいけません。さらに、駐車禁止エリアでない場所に駐車していても、その分道幅が狭くなります。そのため、長い時間駐車しているとクレームが入ることがあるでしょう。

工事車両はできるだけ自分の駐車場に停めるようにしましょう。もし、停めるスペースがないのであれば、コインパーキングなどあらかじめ駐車スペースを確保してリノベーションをすることをおすすめします。

リノベーション中に困る近隣トラブルのケース②騒音による近隣トラブル

騒音はリノベーションをするときの困り事になります。リノベーションをするときは、車の出入りが多いので、エンジン音がうるさいです。また、取り付けをするとき、業者の方は電気工具を使用しますので、その音が騒音になります。さらに、建物を壊す音、釘をたたく音はものすごく迷惑でしょう。

リノベーションをするときは必ず騒音が発生します。しかし、仕方ないと思わずに対策しなければなりません。例えば、休日は昼まで寝ている方も多いので、工事を休みにしてもらいましょう。また、早朝や深夜は眠りについている人が多いです。そのため、そのような時間帯は避けることをおすすめします。

リノベーション中に困る近隣トラブルのケース③境界の問題が発生

キッチンやお風呂など、室内のリノベーションだけなら気にしなくてもいいです。しかし、庭に大きな倉庫を設置するといった工事をするとき、お隣との境界をしっかりと守らないと近隣トラブルに発展する可能性があります。

リノベーション中に困る近隣トラブルのケース④ホコリの飛散や悪臭

特に古いお家はホコリがたくさんたまりがちです。そのため、モノを移動させたり、取り壊しをしたりするとホコリが舞い、それが隣の家に流れてご迷惑になる可能性があります。隣の人が窓を閉めていれば問題ないのでは?と思われる方もいますが、外で布団や洗濯物を干すご家庭も多いので、ホコリが飛散するとご迷惑です。

また、ほこりと同時に匂いも発生しますので、近隣トラブルに発展することも珍しくありません。しかし、完全に対策する方法はありません。できるだけ扉を閉めて作業したり、リノベーション前から徐々にホコリを取り除いておいたりすると軽減される可能性があるでしょう。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐ方法は?

リノベーションをして近隣トラブルに発展してしまうとご近所の評判が悪くなり、住みづらい環境になります。せっかく、住みやすいお家にリノベーションしたのに、周囲から嫌われてはもったいないです。そのため、できるだけ金利トラブルを防ぐ対策をしたほうがいいでしょう。ここでは、近隣トラブルを防ぐための方法をご紹介していきます。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐ方法①リノベーションを開始する前に挨拶をする

工事が着工する前に、ご近所さんに挨拶まわりをしましょう。そして、そのときに菓子折りを持っていくことをおすすめします。こうすることで、ある程度の困り事を抱いても寛容な心で見守ってくれる方が増えるので、クレームがかなり少なくなるでしょう。

挨拶するときは、工事をすることを伝えます。そして、工事を終えるのにどのぐらいの期間がかかるのか、具体的なリノベーション内容もお話しましょう。また、騒音などが発生する可能性があるなど、ご迷惑をかけることがある旨を伝えます。

内容をしっかりと伝えることで、どのような工事が行われるのか想像することができるので、ご近所さんは安心して過ごすことができます。菓子折りの値段に関してですが、長期間かかるリノベーションをする場合、高価な菓子折りを渡すといいです。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐ方法②挨拶をしたほうがいいご近所

一軒家の場合、両隣3軒と裏のお家に挨拶をします。マンションの場合は、両隣と上の階3軒、下の階3軒の合計8軒挨拶をするといいでしょう。また、マンションは管理規約や共用部分に注意し、近隣トラブルにならないように配慮しなければなりません。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐ方法③リノベーションが終わったら挨拶に行く

リノベーションが終わったら、ご近所さんにもう一度挨拶をします。着工前の挨拶とは異なり、基本的に折り菓子は不要です。しかし、工事中にほこりが流れてしまった、騒音で迷惑をかけたという場合はお詫びの意味も込めて折り菓子を再度準備したほうがいいでしょう。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐポイント

次に我が家のリノベーションが原因で近所に困り事を引き起こさせないポイントをご紹介していきます。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐポイント①近隣トラブルに配慮があるリノベーション会社を選ぶ

そもそも、近隣トラブルが発生する原因は工事です。そのため、大部分の責任は工事会社にあると言ってもいいでしょう。そのため、お願いする会社を慎重に選ぶ必要があります。

例えば、丁寧に作業をしてくれるところ、近隣に配慮してくれる業者にお願いすると近隣トラブルになりづらいです。業者の中には、工事以外の部分を保護するために養生してくれたりするところもあります。また、騒音対策のために防音シートを使ってリノベーションしてくれる業者もあるので、そのようなところにお願いすると安心です。

実際に業者の中には大きな声で作業に関係のない話で盛り上がっているところもあります。住宅街で大きな声で話されたら響きますので迷惑です。また、車両の駐車位置に配慮がないところや雑に作業をして騒音を出してしまう業者もあります。このような業者は選択しないほうがいいでしょう。

リノベーションで困る近隣トラブルを防ぐポイント②一緒に挨拶回りをしてくれる業者を選ぶ

基本的にリノベーションをするときは挨拶回りをすることになります。普段慣れていない方は、不安に思う方も少なくないでしょう。一人で行くのは心細いという方は一緒に挨拶回りをしてくれる業者を選択してください。

また、業者の人と一緒に挨拶回りすることで工事の詳しい説明をしてくれます。ご近所にリノベーション内容を明確に伝えられるので、納得してもらいやすく近隣トラブルに発展しづらくなるでしょう。

リノベーションで困る近隣トラブルを避けて仕上がりを心待ちにしましょう

リノベーションには工事車両が来たり、騒音が発生したりするので、ご近所の困り事になる可能性が高いです。そのため、しっかりと挨拶をして近隣トラブルにならないようにしてください。また、近隣トラブルにしないためには業者も慎重に選ぶといいでしょう。