tel

豆知識

ReLIFE

不用品回収

足立区でベッド・マットレスの処分―最安値は1200円・買取・無料処分はできる?

転勤などで引越作業をする場合、大型のゴミの処分に困ってしまうことがありませんか?
特にベッドやマットレスは一人で運ぶことも難しく、処分方法がわからず悩んでしまいます。
この記事を読むと、足立区でのベッドの正しい処分方法が分かり、すっきりと処分できます。

処分,ベッド

ベッド,処分

ベッド,処分

足立区でベッド・マットレスは粗大ごみで処分する

足立区ではベッド・マットレスを粗大ごみとして処分することができます。
足立区では家庭で不要になった一辺の長さが30cmを超える大型のごみを粗大ごみとして区分しています。

一般的にシングルサイズのベッドのサイズで幅97cm・長さ205cmのサイズです。
足立区の粗大ごみの定義30cmを超えるので、ベッド・マットレスは粗大ごみで処分することができます。

参考:【ベッドの標準サイズ】
・シングル 幅97cm×長さ205cm
・セミダブル 幅120cm×長さ205cm
・ダブル 幅140cm×長さ195cm
・クイーン 幅160cm(80cm×2)×長さ205cm
・キング 幅180cm(90cm×2)×長さ225cm
・ロング 97~180cm×長さ217cm

足立区でベッド・マットレスを処分する方法

足立区でベッド・マットレスを処分する方法をご紹介します。値段や手軽さから比較してみましょう。

足立区ではベッド・マットレスを粗大ごみとして処分することができます。
粗大ごみの処分方法は、戸別収集と指定施設への持ち込み処分の2通りあり、どちらも粗大ごみ受付センターへ事前予約が必要です。
戸別収集は有料ですが玄関先での収集になり、手軽さがメリットです。
一方、持ち込み処分は自分でごみを指定施設へ持ち込む手間がありますが、処分料金が無料です。

足立区のベッド・マットレスの戸別収集と持ち込み処分の方法についてご紹介します。

足立区の戸別収集でベッド・マットレスを処分する

足立区では自宅の玄関先などで粗大ごみを収集してくれる、戸別収集を有料で行っています。

処分するベッドやマットレスを収集場所まで自分で運ぶ必要がありますが、比較的安く処分できる方法です。

手順

1.戸別収集の予約をする
ベッド・マットレスを処分するにあたって、粗大ごみの戸別収集の予約をします。
粗大ごみ受付センターへインターネット、または電話で申し込みをしましょう。

2020年10月26日現在、粗大ごみ受付センターへの電話での受付が繋がりにくい状況が続いています。インターネットの受付を利用した方がスムーズに収集予約が取れます。

インターネット受付の期限は収集希望日の7日前まで、1度に申し込めるの10点までです。
メールアドレスを登録すると申し込み案内のメールが届くので、24時間以内に申し込みを完了させます。

一度に11点以上粗大ごみを処分したい場合や、粗大ごみの減免制度を利用する場合は電話で戸別収集の申し込みを行います。

年末年始、月曜日など休み明けや引越しシーズンには申し込みが集中することが多く、希望取集日に収集予約が取れないない場合があります。処分する日程には余裕をもって申し込みを行いましょう。

なお、電話受付は英語による対応が可能です。

2.「足立区有料粗大ごみ処理券」を購入する
収集日までに「足立区有料粗大ごみ処理券」を購入します。粗大ごみ処理券はA券200円とB券300円の2種類あり、組み合わせて受付時に案内された料金分購入します。
粗大ごみ処理券は足立区の商店やコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの取り扱い店で購入できます。

粗大ごみ処理券には名前(集合住宅の場合は部屋番号も記入)、または受付番号を記入し処分するベッド・マットレスに直接貼り付けます。
粗大ごみ処理券を2枚貼る場合は、重ならないように並べて、見えやすい位置に貼ります。

3.収集日に出す
予約した収集日の朝8時までに、収集場所へ粗大ごみ処理券を貼ったベッド・マットレスを出します。戸建て住宅の場合は玄関先、マンションなど集合住宅は1階エントランス付近など収集業者が入れる場所に出します。

いずれの場合も交通の妨げにならないよう注意します。

65歳以上の高齢者・身体に障がいがある方のみの世帯で、親族や近所の方などの手助けがなく、収集場所への運び出しが難しい場合は足立区清掃事務所(03-3853-2141)へ問い合わせします。

【インターネット受付】
名称 粗大ごみ受付センター
URL :https://sodai.tokyokankyo.or.jp/index.aspx
受付時間 24時間

【電話受付】
名称 粗大ごみ受付センター
電話番号 03-5296-7000
受付日時 月曜日〜土曜日:8時〜19時

料金

ベッドとマットレスの料金はサイズと材質によって異なり、以下のようになります。
粗大ごみ処理手数料は粗大ゴミ処理券を購入して納付します。

ベッド料金表
シングル 1,200円
セミダブル 1,200円
ダブル 1,200円
二段ベッド(梯子を含む) 2,400円
三段ベッド(梯子を含む) 3,600円
パイプベッド 800円
ソファーベッド 1,200円
ベビーベッド 800円

マットレス料金表
シングル 1,200円
ダブル 1,200円
ベビーベッド用 400円

足立区の粗大ごみ減免制度

足立区の粗大ごみ戸別収集手数料には減免制度があります。
以下に当てはまる場合は減免になるので、該当する方は粗大ごみ受付センター(03-5296-7000)へ連絡します。
電話での申し込み後、郵送のみで手続きが可能になります。

・生活保護受給者の方
・児童扶養手当受給者の方
・特別児童扶養手当受給者の方
・遺族起訴年金受給者の方(国民年金)
(世帯に18歳未満到達年度の末日までの扶養者がいる方)
(世帯に20歳未満で障害年金の障害者等級1級または2級の被扶養者がいる方)
・老齢福祉年金受給者の方(明治44年以前に生まれた方)
・震災被災者のうち足立区被災者情報に登録している方
・中国残留法人等支援給付受給者の方

上記の他に天災・火災その他災害を受けた方は、足立清掃事務所(03-3853-2141)に問い合わせします。
減免申請はインターネットでの申し込みはできないので、電話で申し込みます。

足立区でベッド・マットレスを持ち込み処分する

足立区ではベッド・マットレスを持ち込み処分することもできます。
足立区の粗大ごみ持ち込み場所は、白井運輸(株)と(株)新井商店の二箇所で、事前申し込みが必要です。
足立区では粗大ごみを指定場所へ持ち込む場合は手数料が免除(無料)になります。

手順

足立区の粗大ごみの持ち込み処分の手順についてご紹介します。
持ち込み場所二箇所のどちらも同じ手順となります。

1.持ち込み処分の予約をする
粗大ごみ受付センターへ持ち込み日の3日前までに申し込みしましょう。

【インターネット受付】
名称 粗大ごみ受付センター
URL https://sodai.tokyokankyo.or.jp/index.aspx
受付時間 24時間

【電話受付】
名称 粗大ごみ受付センター
電話番号 03-5296-7000
受付日時 月曜日〜土曜日:8時〜19時

2.粗大ごみを搬入する
自家用車などにベッド・マットレスをのせ、粗大ごみ持ち込み場所へ搬入し、受付を済ませます。
足立区の粗大ごみ持ち込み施設は足立区民のみ使用が可能で、持ち込み時には身分証明書が必要になるので、運転免許証・健康保険証・パスポートなどを必ず持参します。

自分で搬出する分、手間がかかりますが無料で処分できる方法となります。

料金

足立区でのベッド・マットレスの処分料金は無料です。

持ち込み可能な施設

名称 白井運輸(株)
住所 足立区鹿沼3-28-7
電話番号 03-3897-1331
持ち込み日 年中無休(年末年始を除く)
持ち込み時間 午前9時〜午後4時

名称 (株)新井商店
住所 足立区北加平町8-26
電話番号 03-3605-7031
持ち込み日 土曜・日曜・祝日(年末年始除く)
持ち込み時間 午前9時〜午後4時

注意事項

粗大ごみの持ち込み処分は一度に10個まで、一世帯あたり一年に2回までと制限があります。

持ち込みしたベッドやマットレスは搬入者自身でおろしますので、2人以上で持ち込むことをおすすめします。また、処分施設では粗大ゴミや機械が置かれており危険ですので、同乗した子供が車から降りないよう指示されています。

不用品回収業者に引き取ってもらう

引っ越しまで時間がなく時間をかけずに処分したい方、車がなくて処分場まで運べない方、ベッドが2階にあり、外まで運び出しが出来ない方などベッドの処分に困っている方は不用品回収業者を利用するのが便利です。
搬出から回収、処分まですべて業者に任せられます。費用はかかりますが、自分で運ぶ手間や労力を考えるとおすすめの方法です。

料金目安

足立区には不用品回収業者が60社以上あり、価格競争が激しい地域です。
ベッドの回収価格は
シングル:¥5,000~
セミダブル:¥7,000~
ダブル:¥9,000~

で上記の金額に出張料金3000円が加算されます。また、家の状況によって作業料金が加算される場合もあります。
例えば階段がないアパートの3階から搬出する場合と、戸建ての一階から搬出する場合では価格が3,000円以上変わることもあります。

このように価格差が大きいので安くしたい時は相見積もりを最低でも3社は取り、料金やサービス内容を比べることが大切です。

足立区でベッドを買取

足立区にはベッドの買取を行っている不用品回収業者もあります。
買取対象になるベッドはブランド品で状態が良いものに限られます。
例えば、シモンズやフランスベッド、カッシーナ、テンピュールは中古品であっても買い取られています。

買取後はリサイクルショップの店頭に並びますので、次に購入する方が購入の目安にするのは状態の良さです。買取り業者も高く売れるベッドは欲しいと思っていますので、査定員が来る前には掃除やメンテナンスをすると高く買い取ってもらえる効果があります。

足立区の不用品回収業者

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は慎重に選びましょう。不用品回収を無料で行う、と謳っていながら交通費やトラック走行費用を請求するトラブルが多数発生しています。

このような悪徳な業者にひっかからないために、口コミを参考にすることも有効です。ベッドを回収するには自治体や公安委員会から「一般廃棄物運搬業許可」「産業廃棄物収取運搬許可」「古物商許可」を取得している不用品回収業者を選びましょう。

ベッドを売って処分する

リサイクルショップでベッドを売って処分する方法もあります。

マットレスの衛生的な問題や、売り場の場所をとるため買取と同様にブランドのベッドで状態が良いものは需要があります。
また、ベビーベッドは一定の需要があり、500円~1000円くらいで買い取られることが多いです。

リサイクルショップで出張料金のみで引き取ってくれるの場合もあるので、一度リサイクルショップに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションでベッドを売る

リサイクルショップで買取が付かない場合でも、フリマアプリやネットオークションで売れる場合があります。シモンズの高級ベッドは70,000円、無印の足つきマットレスは1500円というの取引履歴もあります。
ただし送料が10,000円以上になることも多いので、着払いか引き取りに来てもらうなど送料は事前に交渉します。
リサイクルショップやフリマアプリなどでベッドを売り、買取金額が回収費用や送料を上回れば実質無料で処分することは可能です。

足立区でベッド・マットレスを無料処分する方法

足立区ではベッド・マットレスを粗大ごみ持ち込み場所へ搬入すれば無料で処分することができます。ただし、粗大ごみ持ち込みは車を使って自分で搬入するため、一人で運べない場合や車を手配できない場合には困難な処分方法です。

この他に、ベッドを解体して燃えるごみ、燃えないゴミとして無料で処分する方法もあります。
ベッドフレームが木製の場合は各パーツを30cm以下に解体し、指定袋に入れて燃えるごみや燃えないゴミとして処分します。

マットレスは表面の布部分を切り、中に入っているスプリングとウレタン部分を燃えるゴミ、燃えないゴミに分別し指定収集日に出します。

ベッド・マットレスの解体は時間がかかり、慣れていないと危険な作業になるのでおすすめできません。

足立区でベッドを処分する方法のまとめ

足立区でベッド・マットレスを処分する方法をご紹介しました。
足立区ではベッド・マットレスは粗大ごみに分類され、戸別収集と持ち込み処分の二通りの方法で処分できます。

持ち込み処分は無料でベッド・マットレスを処分することができます。
自治体での処分はいずれも申し込みから収集日まで最低でも3日以上日数が必要です。

直ぐに処分したい方は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。料金は8000円程度かかりますが、電話をかけたその日に引き取りに来てくれることもありますし、搬出から引き取り・処分まで全て代行してくれます。

足立区の不用品回収業者